1日も早いコロナの終息を祈ります!

Logo2018l
なみへい合同会社 代表社員 川野真理子
なみへいH
P  川野真理子facebook
TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964 
ネットショップ 【なみへい村の故郷便】
2022年マルシェ出店予定

|

2022年11月 3日 (木)

秋田県湯沢市三関(みつせき)の根付きせりがいよいよ入荷!

Photo_20221103193601 Img_3665 Img_3658 Img_3634 Img_3595
待ちに待った三関産(みつせき)の根付きせりの季節になりました!
きりたんぽ鍋には勿論ですが、せり鍋としてスープも合わせて販売していますので、気楽にご馳走を楽しんでください。

いつも秋田から午前指定で到着しますので、12時以降でしたらお待たせすることなく安心してお渡しできるかと思います。

今年はマルシェだけでなく、遠方の方にも召し上がって頂けるように、産地直送でご注文をお受けすることにしました。
また、マルシェでの受け渡しのご予約もできるようにしました。
https://namihei5963.shopselect.net


セリが入荷するマルシェ出店予定も上記のせりのページの中にご案内していますが、すべてではないので、先の予定まで知りたい方はマルシェ出店カレンダーをご覧くださいませ。


 マルシェ出店カレンダー

|

2022年10月19日 (水)

10月後半マルシェに出店しています!


今週の“嬉し楽しい”マルシェ出店予定をお知らせします!

特に、週末(土)(日)の新宿は中央公園の「ちびっこ広場」がリニューアルオープンするので「オータムフェスタマルシェ」として特別開催のイベントです。
10店舗以上のマルシェが並びますし、お天気も良さそうですから、皆さん、遊びにきてくださいねー。

 
10月20日(木) お茶の水駅聖橋口徒歩1分(10:30~18:00)
10月21日(金) 山手線大崎駅南改札口真ん前コンコース(12:00~19:00)
10月22日(土) 新宿中央公園SHUKNOVA前歩道(10:00~16:00)
10月23日(日) 新宿中央公園SHUKNOVA前歩道(10:00~16:00)


★明日20日(木)はみちのくマルシェのため、人気の長野県小海町の天然酵母の食パンや、熊本県山鹿市のいきなりよもぎ栗団子等は販売していませんが、秋田市のバター餅は入荷します。


★21日(金)からいよいよ、秋田県三関の根付せりが入荷します。
 21~23日(日)の3日間は、せりとスープも入りますので、秋一番のせり鍋はいかがでしょうか。(20日はありませんのでお気をつけて!)
 バター餅、あずきでっち、いきなりよもぎ栗団子等、日頃から人気のものを沢山ご準備いたします。
 皆様のご来店をお待ちしています!

マルシェ出店予定はこちらにあります。
2_20221019111501 Photo_20221019111501 Photo_20221019111601 Img_1973-1_20221019111401 20210414_namihei030 Img_2572

|

2022年10月11日 (火)

岩手県普代村(ふだいむら)に行ってきました

連休、起業支援ネットワークNICeが主催する「頭脳交換会」に参加してきました。

頭脳交換会とは、プレゼンターが自身の事業プランや課題を発表し、それをもとに参加者全員が「自分だったら」という当事者意識で建設的なアイデアを出し合い、問題解決へと前進するNICe流の勉強会のこと。

Niceがさっそく、速報で当日の様子をアップしてくれました。
https://www.nice.or.jp/archives/52381

場所は、盛岡からマイクロバスで約3時間の岩手県の普代村(ふだいむら)。人口2,000人ちょっとだそうです。

翌日はあいにくの雨で、役場の森田安彦室長さんがあれもこれもと予定していたいくつかは中止になりましたが、特別な計らいで鵜鳥神楽を見せて頂くことができ、これは本当に素晴らしかったです。

さすがの国指定重要無形民俗文化財だなーと思ったことでした。

Img_4582Img_4578

310623573_532297981959778_51328724410917 Img_4552 Img_4558

譜代村は、駅の中に道の駅があるんですね。駅の中に道の駅があるのは普代村だけじゃないか?というみんなの話し。

お待ちかねの交流会はお料理も美味しかったし、本当に久しぶりにみんなに会えて楽しかった~。

残念ながらくろさき荘の写真なく、朝食も満足度の高い朝ごはんでしたし、他にももっとたくさん写真写せばよかったんだけれど。。。

地元の人が案内してくれるツアーは、地元の人しかしらないところにも連れていってくれるので、やっぱりとっても充実して楽しめますね。

今回は観光推進室・森田室長さんの普代村に対する情熱がビシバシ伝わってきて、こちらまですごく嬉しかったです。

また普代村に行きたいと思いました。

Img_4553 Img_4570 Img_4568 Img_4567 Img_4573 Img_4575 310410153_631120841720368_14364569201958 Img_4565 Img_4571 Img_4584 Img_4587  Img_4588

 

|

2022年10月 2日 (日)

熊本県山鹿市岳間地区って人も特産も魅力的です

 facebookの表紙を10月号に取り替えました。

川野真理子のfacebookはこちらです。
https://www.facebook.com/mariko.kawano.54/

今月は熊本県山鹿市岳間地区から送ってもらっている「いきなり団子」「よもぎ団子」「栗団子」の古田さんと弓掛さんです。

来年は是非、訪ねていきたいです。

後で、古田さんが掲載された地域の雑誌の表紙をスキャンしてアップしますねー。

 

202210

|

2022年9月24日 (土)

すごい人だなーと思ったこと

マルシェにたまたま立ち寄ってくださった女性が、〇〇県出身だということで郷土の話題になった。
毎年500人以上も集まる県人会を開催しているけれど、この3年は出来なくなってしまって、会える人たちに会えなくなってしまったと。
500人以上集まるなんて!
しかもその役員をやっていて、さらには、会場の厨房を借りて郷土料理や「しとぎもち」を作って出したりするのだという。
なんてパワフルな人だと驚いたけれど、驚くのはまだまだ序の口。

明日はお彼岸だからぼた餅を作って兄弟のところに届けるから、ついでに大崎にもって行ってあげるというではないか。
喜んだよー、あたし。
でも、連日大雨の予報だったし、昨日とは場所が違うので自宅から遠いと申し訳ないと思ったけれど、大丈夫大丈夫と言うので甘えて待つことにした。

持ってきてくれたのをみてたまげた!

普通の栗団子の4倍もあるし。
粒あんじゃなくて、こしあんというのも初めてだし、中にもこしあんが挟まってサンドになってるの。

Img_4497

ぼた餅にも驚いたけれど、フットワークの軽さとキレのいい話ぶりに、一体どんなお仕事をしているのだろうと思ったら、なんと、相当な不動産をもっている不動産業の社長なんだって。

毎日毎日、早く起きてお家のことをすませて、預かっている不動産を訪ねて終日あちこちに電車で回っているから、どこに行くのも全然苦ではないという。しかも、車で回るのは嫌いなので電車であちこち行くのだという。
そのパワーには本当に驚いた。

多分、私よりは年上だと思うから、この年齢でこんなに元気でこんなに経済的に豊かで、やりたいことをやっていて、すごいなーと思わないではいられなかった。

次は「しとぎもち」を作ってあげるから、いつどこに出店しているか教えてというので、SNSをきいたら、LINEもメールもそういうものは一切やっていないというから、さらに驚いた。

そんなものは一切使わずとも経済力があって、健康で毎日忙しく楽しそうに働いて、従業員にお土産買っていくわとパンを買ってくださって。
こんな人とお知り合いになりました。

いやー、すごい人だなーと、久しぶりに口をあけたまま、目をパチクリしていた私でした。

対面販売は楽しい。マルシェはこんなことが起こるから、やめられないのよね。
でも、コロナ以降、全然売り上げが変わってしまったから、働き方を変えなければならないなーとつくづく思っている今日この頃。

彼女の爪の垢を煎じて飲めば、少しは商売人として力がつくだろうか。

 

あ、そういえば私にはもう一人フットワークの軽い友人がいて、彼女にもいつも刺激をうけているのです。
たまたま偶然、ぼた餅をもらった翌日にその彼女がマルシェに遊びにきてくれて、このお話を教えたのでした。
こんな2人が同時に来てくれるなんて、きっと何か意味あるのよね。

|

2022年9月15日 (木)

10月1日(土) 06カフェ2周年記念イベント

今年の3月から毎週日曜日にお借りしている、江東区大島6丁目団地の06カフェが、2周年になったそうで、とっても賑やかなイベントを開催します。和太鼓あり、三線の演奏あり、おもちゃ広場あり。

私も、ふるさとマルシェとして出店させて頂きます。マルシェは食品以外も含めると12店舗出店、団地外からもたくさんの人がいらっしゃるとのことです。8月9月は酷暑のため、お休みしていましたが、久しぶりにいつも買いに来てくださるおばちゃんたちに合えるので嬉しいです。

都営新宿線大島駅から徒歩で3分程度。
西大島のバス停からも徒歩10分位ですので、家族で遊びにきてくださいねー。

 

20221001

マルシェ出店カレンダーはこちらにあります。

|

2022年9月14日 (水)

9月16日(金)のマルシェ出店は大崎駅

久しぶりにマルシェ出店のお知らせです。

9月16日(金)は12時~19時まで、山手線大崎駅南改札口真ん前のコンコースに出店しています。
(11時頃から準備していますので、少し早めにいらしても大丈夫ですよ。)


<出品商品予定>
天然酵母食パン  (長野県小海町)
牛乳パン     (長野県小海町)
ご飯パン おから (長野県小海町)
ご飯パン 野沢菜 (長野県小海町)
ご飯パン カレー (長野県小海町)
ご飯パン よもぎ (長野県小海町)
2枚入りもっちり白 (長野県小海町)
2枚入りもっちりごま(長野県小海町)
わらびそば    (岩手県西和賀町)
いきなり団子   (熊本県山鹿市)
よもぎ団子    (熊本県山鹿市)
栗団子      (熊本県山鹿市)
手焼き豆煎餅 皮付 (青森県平川市)
手焼き豆煎餅 大粒 (青森県平川市)
手焼き煎餅 くるみ(青森県平川市)
いぶりがっこ大  (秋田県大仙市)
うまくて生姜ねぇ (福島県猪苗代町)
ぽんせん     (福島県いわき市)
すき昆布     (岩手県普代村)
ほっけの干物   (北海道鹿部町)
眺海せんべい   (山形県酒田市)
銚子のぬれ煎餅  (千葉県銚子市)
横手市のさくら蜂蜜(秋田県横田市)
ぽんせん     (福島県いわき市)


今月の出店予定はこちらです。

|

2022年9月11日 (日)

石垣島の島バナナのこと

マルシェに立ち寄ってくれた小池梨沙さんが、石垣島のバナナ農家さんが台風被害にあって、島バナナを送料だけでいいので応援してくださいと流れていたので注文したと話してくれました。

本当に大変だろうなーと思って、困ったときはお互い様と、(困って助けられたばかりの私ですし)、マルシェで販売してあげれば少しはお役に立てるかなと思いました。


正直、バナナは日頃から食べませんし、勿論島バナナも知らなかったので、こんなに緑色のバナナはどうすればいいのか、お客様にききながら売りました。売りましたというより、送料と場所代を頂いただけなので、もう少し勉強して、少しでも生産者に売り上げを還元できるようにしないとただの自己満足だなーと思いました。

買ってくださった一人の女性が、島バナナが好きすぎて…とおっしゃって、現地でも高いんですよ、とっ~ても美味しくて、全然市販のものと違うんですよと、色々教えてくれました。

そうか、島バナナはそんなに美味しいのかと思いました。

追熟方法もわからなかったので検索してみたら、こんな親切な素晴らしいサイトを見つけました。

沖縄の旅行サイト 石垣島ナビ
https://ishigakijimanavi.com/eat/shima-banana-aging/

(島バナナの追熟の方法が写真付きで紹介してくれています。2週間もかかるんですね! びっくり)

Img_4438_20220911070601 Img_4439

 

せっかくマルシェに出店しているので、自然災害で困っているものを少しでも販売してあげよーと、改めて思いました。

 

|

2022年9月 6日 (火)

【お礼とご報告】フードロスをなくし、子どもたちへご飯を届けたい!支援チケット購入お願いの件

なみへい合同会社の川野真理子です。

この度は、ビッグサイト出店で抱えてしまった在庫を子ども食堂へ届けたいとして、皆様にお願いをいたしまして、短い間にも関わらず、たくさんの方たちに応援して頂き、本当にありがとうございました。<m(__)m>

両手を合せてお辞儀をしながらお荷物を送り出しました。

コロナの影響とは言え、自分の判断ミスで抱えてしまった在庫ですから、子ども食堂へ寄付したいともっともらしいことを言っても、責任は自分で取りなさいと言われてもおかしくないことです。

初日の昼食時間にはすぐに今回の事態が把握できたので、そこからは、日持ちのしない商品の手配や価格を下げての販売や、減数依頼に奔走しました。
しかし、待ったあげくに宅配便は取りにこれないことになったり、急すぎて知人も都合がつかない、時間もなく車もないため届けることもできず、ましてや子ども食堂の業界はまったく知りませんでしたから、その日の惣菜はやむをえず廃棄をすることになってしまいました。

世の中には満足に食べられない子どもたちがいるというのに、一体自分は何をやっているのだろうかと思いました。
とにかく、明日届く分は、絶対にロスにしない、子どもたちや、自分がかつて一人親だった頃に色々な人に助けてもらったことを思い出し、そんな人たちに届けようと決めました。
正直に助けてくださいと皆さんにお願いする。
責任回避と言われようがなんと言われようが、一人の力では無理なのでお願いの準備を始めました。
特に、ツクツクさんの戸田さんがあっというまに、支援協力のお願いサイトを作ってくださったおかげで、短い間にも関わらず、すぐに皆様が動いてくださり、本当に助かりました。戸田さん、ありがとうございました!

お知り合いの方へ惣菜やおにぎりを贈ってくださったり、メルマガに掲載してくださったり、これからおつきあいをさせて頂くかもしれない温かい方たちに、多くのご協力を頂きました。
期せずして、新旧の友人・知人も支援チケットやおにぎり・惣菜を購入をしてくださったことは大変嬉しいことでした。皆様のおかげで、1個も廃棄しなくてすみました。

本当にありがとぅございました。

まだ、お茶が10ケース以上残っていたり、賞味期限はまだあるとはいえ、想いあまって発注しすぎた特産品も積み上げてありますから、これで終わったわけではありませんが、1人で抱えるには重すぎる負担を、皆様のご支援のおかげでまた頑張ろう、学ぶべきことは後でわかるだろうと、いつものように前向きに、頑張っていくエネルギーを頂きました。

本当にありがとうございました!

まだお目にかかったことがなくてこれからお会いするであろう皆様、また、古くからの友人・知人の皆様、どこかでお目にかかれますように、その際には、ビッグサイト支援のお礼を生の言葉で言わせてくださいね。
この度のご恩返しを、どこかにまた回っていきますように頑張ります。

本当に皆様、ありがとうございました!


以下、お届けした団体様と収支をご報告いたします。
---------------------------------------------
【お届けした子ども食堂8ヶ所】

1.NPO法人 街カフェ大倉山ミエルさんへお惣菜100袋
(購入してくださいました)https://cafemiel.jimdofree.com/

2.原宿「ローランズ」さんが展開している「お花屋さんのこどもごはん」へお惣菜を50袋 
https://lorans.jp/child_restaurant.html

3.江戸川区のNPO法人「らいおんはーと」さんへおにぎり60個
https://npo-lh.com/

4.「せたがや子どもバル・虹」さんへおにぎり60個
https://www.facebook.com/setagaya.rainbow

5.みな風子ども食堂さん(さいたま市)へおにぎり60個
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/minakaze

6.子ども食堂ほっぺさん(八潮市)へおにぎり60個
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/hoppe

7.ほっとほっとタイムさん(上尾市)へおにぎり60個
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/ks-hothottime

8.NPO法人カモミールさん(東京小平市)へ 惣菜40袋
https://news.ntv.co.jp/category/society/891425


------------------------------------------------------
【支援チケットの購入とおにぎり・惣菜をご注文くださった人数と合計金額】
------------------------------------------------------

★ワンコインの支援チケットを購入してくださった方     
   36人  131,500円
★おにぎりや惣菜を購入してくださった方 
   37人  242,900円

   合計  374,400円
--------------------------------------------------・--
【皆様のご支援や購入でお送りできた内容】
--------------------------------------------------・--
子ども食堂さんへおにぎり 300個(30,000円)
子ども食堂さんへ惣菜  190袋(76,000円)

その他の団体施設等で購入してくださったおにぎり580個(58,000円)
個人で購入してくださったおにぎりセット19セット(76,000円)

個人で購入してくださった惣菜セット25セット(100,000円)
送料44ヶ所分   40,200円

    合計 380,200円
---------------------------------------------
収支 -5,800円
----------------------------------------------

以上の結果になりました。

皆様のご協力、本当にありがとうございました。

重ねてお礼申し上げます。
-------------------------------------------------
※寄付を頂いた方のお名前をサイトで発表させて頂くまでには、もう少しお時間をくださいませ。
 よろしくお願いします。

|

2022年9月 5日 (月)

神様からのギフト

ビッグサイト出店による大量在庫解決のために日々猛烈に頑張っているさなかに、息子に3番目の男の子が産まれました。

予定日までには、ビッグサイトの問題はほぼめどがたっている予定で進めていたのですが、予定日より3日早く8月28日(日)に生まれました。

お嫁さんが入院している間、3歳、5歳の子の面倒をみるために、息子の家に泊まり込みです。初日夕方から、3歳が高熱を出し、雨の中病院へ! 

ワナワナのばあば でした。

2日、福岡の久留米からお母さんが上京してくれてバトンタッチ。退院する娘を驚かせようと、到着時間を教えず病院の前で待ってみたりする、お茶目で可愛いお母さんです。

心置きなく、遠慮なく面倒をみてあげてくださいね。

 

もし、自分で人生の脚本を書いて生まれてくるとしたら、私の人生は濃密です。

生まれる前から忙しかったのですね。(笑)

まさか、こんなかわいい孫を抱ける生活が老後に訪れようとは思ってもみませんでした。

母子家庭で育てた息子もしっかり成人してくれ、親としては何の役にもたたないけれど、こんな普通の幸せを与えてもらって心から感謝です。

何より、息子のお父さん(元夫)には、ずっと養育費を送り続けてもらっただけでなく、しっかり、息子の成長に寄り添ってくれているので、それは今でも変わりないので、感謝以外の何物でもありません。

私には、恩返しをしなければならない人たちが、たくさんいます。

健康で、生涯現役で、楽しく頑張りましょう。お世話になっているたくさんの皆様、ありがとうございます!

 

Line_album_2022_592_220904  Line_album_2022_892_220904 Line_album_2022_292_220904

|

2022年9月 4日 (日)

子ども食堂お届け先のご報告⑧ラスト

子ども食堂さんへの最後のお届け先です。

NPO法人カモミールさん(東京都小平市)
https://news.ntv.co.jp/category/society/891425

いつもお世話になっている弁理士の茅原さんがボランティアをされています。
8月に申し出たときは、月に1回の食事会が終わってしまったあとだったので、今回は9月ということで最後にお届けさせてもらえることになりました。

お惣菜を40袋お送りいたします。

皆様、ありがとうございました。

 

|

2022年8月29日 (月)

子ども食堂お届け先のご報告⑤⑥⑦

いよいよ、最終の寄付先のご報告です。

今回は、埼玉の子ども食堂さん3件におにぎりをそれぞれ60個ずつ送らせて頂きます。

みな風子ども食堂さん(さいたま市)
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/minakaze

子ども食堂ほっぺさん(八潮市)
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/hoppe

ほっとほっとタイムさん(上尾市)
https://sikodomoshokudo.wixsite.com/ks-hothottime


今回の団体さんは、(株)グリーゼの江島民子さんを通して、子ども食堂のWeb制作をボランティアで行っている、株式会社システムインテグレータ 代表取締役会長の梅田弘之様を紹介して頂きました。


数は少ないですが、喜んで頂けると嬉しいです。

一つもロスにすることなく、これでほぼ終了することが出来そうです。

これまで子ども食堂とのおつきあいがなかったので、今回は本当に勉強になりました。

皆様、本当にありがとうございました!


改めて、ご報告したいと思います。

|

2022年8月21日 (日)

子ども食堂お届け先のご報告④

「せたがや子どもバル・虹」さんに、おにぎりをお届けすることになりました。

「せたがや子どもバル・虹」さんは、2016年から三軒茶屋で月に2回、子ども食堂を開催して活動している団体さんです。
今年の8月は猛暑や食材管理が難しいため、1回だけの開催だそうですが、会食会というスタイルではなく、「夏休みスペシャルイベント」を開催するそうです。この日に間に合わせて、おにぎりをお送りすることになりました。

「せたがや子どもバル・虹」さんのfacebookはこちら

 → https://www.facebook.com/setagaya.rainbow

三軒茶屋界わいで深夜営業のロックバーを経営していた代表の大内さんが子ども食堂を始める経緯や、賛同して協力している地元のシェフや学生さんたちの活動の様子がよく分かる記事をみつけました。  https://setamin.com/kurashi/31900

子どもたちの居場所作りを通して、大人も地域と繋がるきっかけを頂いているんですね。

 

「箕と環-みのとわ」のオーナー川野元基がつないでくれました。(息子です)

|

子ども食堂お届け先のご報告③


原宿のお花屋さん 「ローランズ」さんが展開している「お花屋さんのこどもごはん」 https://lorans.jp/child_restaurant.html 
に惣菜を30セットお届けできることになりました。
フラワーシーン・プロデューサーの小川典子さんに繋いで頂きました。
今コロナに罹っている子が多いらしく、食べにこれない子もいるそうです。お子さんがコロナに罹ると、本人も大変ですけど、家族もみんな大変ですね。
楽しいはずの夏休み、早く治るといいね。

皆様のご寄付、ありがとうございます!

|

2022年8月20日 (土)

子ども食堂お届け先のご報告②



江戸川区のNPO法人「らいおんはーと」さん 
に、おにぎりを60個お送りすることになりました。

らいおんはーとさんは、一般的な子ども食堂が月に数回なのに対して、365日毎日開催。しかも、開催時間が10時から20時で、朝ごはん、お昼ごはん、おやつ、夕ごはんも提供しているというからすごいです。
ささやかではありますが、私の地元、江戸川区のNPOさんへ貢献できるのはやはり嬉しいです。
繋いでくださったのは、春から大島6丁目団地で一緒にマルシェとワークショップ活動を企画リードしてくださっている、一般社団法人地域コミュニティ振興協会代表の肘井哲也さんです。
ありがとうございます!

|

2022年8月18日 (木)

子ども食堂お届け先のご報告①






横浜のNPO法人 街カフェ大倉山ミエル さんがコロナ禍のひとり親支援配食活動として、お惣菜セット100食分購入してくださいました。

全国食支援活動協力会 https://mow.jp/ の子ども支援の支援金を活用できるということで、来週お届け出来ることになりました。
ありがとうございます!

支援金の副題に
「夏休みの子どもをやせさせない」とあって、今まで漠然と子どもの貧困のニュースはきいていましたが、実際に日本でもこういう状況が身近でおこっていて、活動している人たちがたくさんいらっしゃるのを知って、今更ながら愕然としました。

知っているのに知らないことが多すぎると、つくづく思いました。
繋いでくださった、美美子さん、ありがとうございました!
ミエルさん、ありがとうございます!

清貧の中にも、幸せを感じることって結構ありますよね。
これからも一日一日を大事に、お一人お一人のつながりを大事にしていかないとなーと思わされる毎日です。





|

2022年8月14日 (日)

今一番行きたいところ


弟が送ってくれました。
墓参りに帰りたかったなー。
ご先祖様、毎日、自宅で両手を合わせてるからねー。

台風8号の被害が小さくてすみますように、大きくなりませんように。
Photo_20220814074502 Photo_20220814074501

|

2022年8月12日 (金)

初めてのビッグサイト出店 残念記2

【寄付のお願いと経緯】

「神様は超えられない試練は与えない」と言うけれど・・・


8月5-7日でビッグサイトの骨董ワールドに出店しました。
初めての経験ですから、「何でもやってみなければわからない」精神で、地域の特産品や、おにぎり、惣菜をたくさん準備しました。
小規模生産者の地方の逸品を紹介するには、とてもいい機会だと思いました。

ところが、コロナ第7波の影響が予想以上に大きく、あの大きな会場はガラガラで、入場者数はまったく伸びませんでした。

その結果、魚屋さんに作ってもらったお惣菜と、なみへいが作ったおにぎり(3個入)がどちらもそれぞれ450食(冷凍)ずつ残ってしまいました。
予想だにしなかった在庫を抱え、本当に本当に困っています。

おにぎりは、なみへいの店の冷凍庫ですから小口発送はできますが、お惣菜は魚屋さんが協力してくださり、川崎の市場の冷凍庫に8月一杯預かってくださることになっています。
骨董市出店までにも、沢山の人たちのご協力でここまできましたので、この商品を絶対にロスにすることなく、誰かに喜ばれるようにしないといけません。

クラウドファンディングの時間もないし、色々考えた結果、こども食堂やひとり親家庭、生活困難の人たちにお届けできるように動けば、私自身の力も沸いてくる気がしました。
しかし、すべて寄付でお送りすることは難しく、原材料と送料分だけ、皆様の善意のお力を借りなけれなりません。勿論これで利益が出ることはありません。


まだ、どこに寄付をするかは決めておりませんが、一口500円、ワンコインのご協力を頂きながら、ご協力頂く方とも相談しながら決めたいと思っています。

Photo_20220812124801

チケット 1口500円 https://bit.ly/3zNYZSx


コロナ・猛暑・大雨などの異常気象が重なっており、大変な想いをされている方もいらっしゃると思います。
被害・災害に合われた方には、心からお見舞い申し上げます。
こんな時に、そして、まだまだ暑い日も続くようですが、どうか、皆様の善意と
ご協力をよろしくお願いいたします。

なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子

|

2022年8月 8日 (月)

初めてのビッグサイト出店 残念記


週末3日間ビッグサイトの骨董ワールドというイベントに出店しました。
無事に・・・・というわけにはいかず、コロナの影響が思った以上に響いたらしく、それにしても入場数があまりに少なく、おそらく、今年一番の想定外が起きてしまった感じです。

同じ日に、国際フォーラムでも骨董市が開催されていたということで、お客様がそちらに流れたとも聞きました。

いつも何事もやってみなければわからないという気持ちでチャレンジしていますが、今回は、チャレンジしすぎだよ。自分と思わずにいられないほど、在庫を残しました。

おにぎりセットにつけるはずだった惣菜は真空冷凍で他の冷凍庫に預かってくださっていますのでまだ時間はありますが、賞味期限が8月14日の天然酵母のごはんパンは40個ほど残っています。

マルシェのお得意様にも連絡しているところですが、皆様にお願いなのですが、もし、送ってほしいという方がいらっしゃいましたら、すぐに送るか、または、お届けしますので、直メールをくださいませ。税込み1個250円です。

残った大量の惣菜については、ロスにしないで、なんとか、子ども食堂や母子家庭や炊き出しに使ってもらえないかと、今日の夜先輩やwebの人たちと打ち合わせし、まずは資金集め・・・・の相談をしてからまた、改めて皆様にお願いしたいと思います。

本当に、何事も学び、勉強だとは思いますが、私などは、幾つになっても勉強不足で、本当にしょげてしまいます。いくら初めての経験といえども、売れるイメージしかもてないのは、どうかしてるようです。
でも、次は、この経験を活かして絶対に笑えるビックサイトにしようと、リベンジを誓っているところです。

写真は、ご飯パンの野沢菜とおからです。
天然酵母のパン生地の中に、ごはんつぶを混ぜこんで、中に調理した野沢菜とか、おからが入っています。

信州のおやきのパン生地版という感じです。
こちらも、いつもの人気の天然酵母の食パンの高原のパン屋さんからの直送です。
9日か、10日に出来る限りお届けしますので、ご連絡くださいませ。
よろしくお願いいたします。
-----------------------
皆様のおかげで完売いたしました。ありがとうございました!
-----------------------
Img_4289 Img_4290 Img_4291 Img_4292

|

2022年4月19日 (火)

石坂産業さんに行ってきました-SDGs

グリーゼさんのオリジナルツアーで、埼玉県ふじみ野市にある、石坂産業さんの見学に行ってきました。
石坂産業さんと言えば、
ごみをごみにしない社会「ZERO WASTE DESIGN」をビジョンに掲げ、産業廃棄物の再資源化・環境教育活動に取り組んでいるという会社です。

工場内のごみの分別と再利用のための様々な実践がすごいだけでなく、かなりの広さの森には本当に驚きました。
産廃のごみを分別し、再資源化するしくみや会社の方針の素晴らしさは以前から聞いていましたし、TVでもみたことがありましたが、この森のことは全然知りませんでした。ゆ~たりと散策できます、神社もいくつかあります、広大で豊かな自然を守り、維持している努力は全然予想していなかったので、とっても驚きました。

土日週末は森で様々なイベントをやっているということなので、近くの子たちは幸せだなーと思いました。

あのくぬぎの森は、三富今昔村というのだそうです。そうでした、確かにそう案内されましたっけ。
https://santome-community.com/satoyama-day-camp/

 

なんでこんなりっぱな会社が出来るのかなーと、ただただ、へぇー、へぇーと思うばかりでした。
感想と言われても、私としたことが、すぐには、なかなか言えませんでした。

それと、みんなが揃って写真を写した「まだまだやれる」は、ここまでやってもまだやれるという未来に対する希望のようなものを感じて、なんてすばらしいのだと思ったわけでした。

これも皆さんの感想と一緒でした。

Img_3862 Img_3866 Img_3870 Img_3875 Img_3874 Img_3868 Img_3880 Img_3879

Img_3886

あぁ、それにしても、

手打ちうどん、最高に美味しかったです! 

昼から飲むビールは喜びでした。(笑) 小林さん、ありがとう。(^o^)

それと、数年ぶりに会えた懐かしい人たちや、昨年新しく知り合った素敵な人たちもいて嬉しかった。会えるっていいね。

翌日のマルシェで販売する商品が夜指定で届くので、みなさんより一足早く、福岡から参加した斎藤社長さんと室水社長さんのタクシーに便乗させてもらい、帰宅しましたが、これもまた、密度の濃い楽しいお話ができて、印象に残る出会いでした。

こんな企画に誘ってもらったこと、感謝、感謝の1日でした。

民子さん、ありがとう。グリーゼさん、ありがとうございました。

両手を合わせて、御礼申し上げます。

 

|

2022年4月 5日 (火)

秋田県東成瀬村の郷土菓子「あずきでっち」のこと

ちょっと嬉しかったこと。

私の中では、郷土料理の伝承が一番の興味とモチベーションをしめているので、知られていない地方の逸品を都会の人に知らせて、一杯買ってもらうとすごく嬉しくなります。

買って食べてくれる人がいれば、作る人も頑張って作ってくれるし、地域の食として残っていくだろうと小さいけれど強い願いを込めています。

そんなわけで、全然知られていない「あずきでっち」も、テントにこんなふうにつるして宣伝しています。

先日、この「あずきでっち」という文字をみて、80代のおじいさんが立ち寄ってくれました。
あずきでっちは、秋田県東成瀬村の郷土菓子なのですが、ナント、この東成瀬村のご出身だというのです。

あずきでっちを大層懐かしんでくださって、6個も買ってくれました。

翌日の朝、また寄ってくださり、友達にも配りたいからと残り14個全部買ってくださいました。

東成瀬村って、人口2800人しかいないのに、大崎ではこれで3人の人が、東成瀬村出身ですと言って、立ち寄ってくださいました。

この方たちの故郷を懐かしむ、いとおしむ気持ち、すっごくよくわかります。

小さいときに食べた故郷の懐かしい味を提供してあげたいと思いました。

私だったら、すっごく嬉しいもの。

Img_3819

|

2022年4月 3日 (日)

4月の「ふるさと自慢マルシェ」

一般社団法人地域コミュニティ振興協会の肘井さんのプロジェクトに入れてもらい、4月も毎週日曜日「ふるさと自慢マルシェ」を開催できることになりました。

地域コミュニティの充実を目指して、マルシェはその一つの方法です。

5月1日は、後藤鈴子さんを講師に和菓子の手作り教室を開催することに決まりました。

江東区大島6丁目団地の中にある「カフェ06」をお借りしていますので、デッキの部分ではマルシェ、カフェの中でワークショップなどができます。

私にとっては、通りがかりの人に売るだけではない、人とのつながりを感じる楽しいマルシェです。

色々な展開を期待して、出来る限りの努力をしていこうと思っています。

都営新宿線大島駅A2下車3分程度  6丁目団地内 カフェ06

Img_3822 

Img_3821

20224

 

|

2022年3月23日 (水)

江東区大島6丁目団地で「ふるさと自慢マルシェ」3月


3月から、毎週日曜日、江東区大島6丁目団地の中にあるコミュニティカフェをお借りして、「ふるさと自慢マルシェ」を開催しています。

団地に住んでいる方たちがとても人懐こくて、毎回本当に楽しくて、幸せな気持ちに満たされて販売しています。
そもそも、こちらのカフェは、住民のコミュニケーションを目的にしたカフェで、高齢の女性たちがボランティアで運営していますから、その空気感もあると思うのですが、初めて訪ねた時から、ここは私の「気」が合うとすぐに思ったものでした。

カフェのコンセプトと、マルシェのチラシを添付します。
お近くの方は、是非お立ち寄りくださいね。
桜が咲く時期はとても素晴らしいということです。
都営新宿線大島駅下車。A2出口から徒歩3~4分の団地の中。

なみへいの時の右腕スタッフ宮田さんがお手伝いにきてくれています。ありがたや。懐かしや。嬉し楽しの日曜日です。
32006

















|

2022年3月 3日 (木)

逆さまつ毛で下瞼の手術

逆さまつ毛が眼球に張り付いていよいよ我慢できなくなり、下瞼の手術をしました。
術後のうっ血や青あざがあって、今週のマルシェはお休みすることになりました。

毎週、酵素玄米のおにぎりを買いにきてくださる、小田原のいとうさん、本当にごめんなさい、連絡先がわからないのでお知らせできないことが気になっています。勘弁してくださいね。

Img_3742

今日で3日目ですが、写真より実物の方が赤みが鮮明で、まだ痛々しい感じです。明日くらいは外に出られるかなー。

 

|

2021年12月 5日 (日)

ダイエット報告-楽しい後には・・・

人生は思い通りになりません。

このグラフだと11月は辞めちゃったのかと思うでしょうが、そうではありません。

11月は10月を超えてしまったわけですね。予想外の事態発生(笑)〖緑色の太い線〗

理由は、和歌山のてらがき農園さんに仲間ツアーで行って、美味しい物、楽しいこと、一杯遊んできた結果です。
なので、12月分も引き続き、この用紙の中に収めようと(つまり、64kgを切ろうと)いう意欲で、スタートしました。

 

Img_3593

|

2021年12月 2日 (木)

ゆず大根・いか人参・里芋の胡麻和え作りました


【まごわやさしい田舎料理】

Photo_20211205200001

ゆず大根作りました。美味しい季節になりましたねー。
しばらくお弁当に入れましょう。美味しいから。
里芋は、岩手県一関の南沢地区の里芋ですが、今回は胡麻和えにしました。
色々、メニューを変えて楽しもうと思います。
福島の郷土料理のいか人参は、味がなじむまで2~3日漬けておきましたが、私的にはもうちょっとシナシナ感のある方が好きです。
日本橋にある福島のアンテナショップのミデッテでは、きりきざんだいか人参用のするめを販売しているので便利です。もう一度試作してみましょ。
Img_3579 Img_3577 Img_3580 Img_3591

|

2021年11月28日 (日)

2021年12月マルシェ出店予定

出店予定表を作りました!

前回告知した予定と大分変更がありますので、こちらを優先してくださいませー。

20212022

|

2021年11月24日 (水)

岩手県一関市南沢地区の芋の子 試作しました!


岩手県一関市の小崎龍一さんから、一関「南沢」地区の美味しい里芋を送って頂きましたので、お弁当の1品用に試作してみました。
・里芋とイカの煮物
・里芋の胡麻和え
・里芋の磯部揚げ

どれもとっても美味しく出来ました。イカの煮物は沢山作ったし美味しすぎてダイエットの体重は、和歌山に行ったときから微増中。
里芋はヤバいけれど、体重はまずいよね。

里芋の胡麻和えは、私が大好きなメニューなので、やっぱり一番は胡麻和えでしょうか。お弁当に入れたいと思っています。
磯部揚げは、少し味付けをして煮てから揚げたのと、そのまま揚げたのと両方試作してみましたが、そのままの方がカラッと揚がって私的にはこちらの方がお好みかな。

25日(木)は御茶ノ水マルシェ・26日(金)はいつもの大崎南改札口前 コンコースに出店しています。
お弁当はまだ手をかけすぎていることもあって、しかも、早朝息子の「箕と環-みのとわ」の厨房を借りて作っているので、マルシェに出かけるまでの時間では足りず、数が作れないので昼までには完売してしまいます。
お弁当で手一杯で「朝カフェ」まで手が回らなくなってきました。なんとか、せめて10個は作れるようにならないとなー。と思っている日々です。秋の好天いいですねー。

「箕と環-みのとわ」で、この里芋を使った「みそ仕立ての芋の子汁」を食する会を企画しようと相談中です。美味しいので、この旬を皆さんにも味わって頂きたいです。
Img_3286
Img_3529
Img_3535
Img_3543  

|

2021年10月26日 (火)

きりたんぽの季節到来! 根付きのセリが入ります!

今週28日(木)御茶ノ水マルシェからいよいよ、待ちに待った奥山さんの根付きのセリが入ります!
勿論、きりたんぽとスープも同時入荷です。
(木)は御茶ノ水マルシェ、(金)は大崎に40束限定で午後到着です。
取り置きもいたしますので、ご連絡くださいねー。
Photo_20211026152401 
Image4
Image5

|

2021年10月25日 (月)

マルシェってやっぱり面白い

「マルシェって自分の好きな物ばかり売って、売れた分だけ場所代を払って、残ったものを持ち帰る」

たったこれだけを毎度繰り返す。

ファンがついてくれば、賞味期限を超えるロスはなくなってくるし、売上も上がってくるから、それまでの辛抱。

と初場所初出店の学芸大出店の帰りに思ったら、マルシェという売り方のあまりのシンプルさに、すがすがしさと感動すら覚えた日であった。

マルシェってやっぱり面白い。

他の人のように車の搬入搬出なら、残っても車に積めば何の問題もないけれど、私のように電車での搬入搬出だと行きも帰りも荷物は多いし、当日会場着の商品が残った場合はエライことになるので、そのあたりは経験と知恵を働かせて失敗したり、成功したり。

勿論、これまでも仕入れすぎてたくさんロスも経験したし、細かい什器備品を購入したり買い替えたり、投資もしている。

言ってみれば、日々、自分のやる気と工夫と努力との闘いのようなものだ。

そう思えば何のストレスもない。あるとすれば、なかなか売上が上がらないことだ。(笑)

対面販売が好きということもあるけれど、この単純な売り方の中にはたくさんの私なりのノウハウがあって、小さな挑戦は果てしなく続いて、いずれ成功につながるんだ。というより、つなげるんだな。

秋になると、売りたいものばかりたくさんたくさん増えて嬉しい!





|

«11月以降のマルシェ出店予定