なみへい JR神田駅西口徒歩3分

Namihei2011s_2

なみへいHP  なみへいfacebook
TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964 
地図必須 メルマガ登録 

|

2018年11月16日 (金)

メルマガ11月号 津軽の郷土料理食事会あるよ!

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2018.11.16(金)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
   地域イベント企画代行 & 厨房付き貸し会場 
    小さい市町村と小規模事業者の東京拠点
 なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛  
【1】 津軽平川市の魅力度が1000番中956番目だなんて!
【2】千葉県いすみ市前半の活動報告
【3】故郷のために想いで働く「なみへい大使」募集説明会
【4】厨房付き「なみへい」 シェアして使ってくださる方募集
【5】かつお君とサザエさん主催イベント(会員)
【編集後記】 
本場の津軽弁と本場の津軽の郷土料理食べにこねが?(来ませんか)
 
■□■──────────────────────■□■
【1】 津軽平川市の魅力度が1000番中956番目だなんて!
■□■──────────────────────■□■
先日、地域ブランド調査2018が出まして見ていましたら、ナントいうことか、
我が故郷平川市は、市町村1000番のうち956番目でした。
ひゃ~、びっくり。 
参考までに、電車で15分の弘前市と比べるとこんなにも差があるのです。
認知度 弘前市116位/平川市994位
魅力度 弘前市105位/平川市956位  
    (近隣地域の詳細はこちら) https://bit.ly/2K8ehHO
知られていないというより、多分、町が豊かなので特に外に知らせる
必要も、シティプロモーションも必要なかったのかなーと思っているので
すが、今年はそうはいかない! だからこそ「なみへい」なんです。
頑張りますよ。
  12月に自慢の津軽の郷土料理食事会開催します!
  詳しくは編集後記で。
平川市のご紹介ページ
■□■──────────────────────■□■
【2】千葉県いすみ市前半の活動報告
■□■──────────────────────■□■
なみへいのセカンドステージは、地域に密着して1年間地域の仕事をして
みたいという希望叶って、いすみ市に入り、ようやく半年が過ぎました。
予算は終わったあとの支払いなので、中央区から融資を受けるところから
始まって、あっという間の半年でした。
とにもかくにも初めての経験、ガックリも含めて本当にいい勉強をさせて
もらっています。ありがたや、ありがたや。
この経験の、何をどうやって次につなげるか? それが問題だ。
(是非「なみへい大使」となって、なみへいをサポートしてください)
我ながら、よく頑張ったと思っているのですが、前半の結果、皆様、
どうでしょうか。 
直近のいすみイベントは11月23日(金・祝)【特別企画】です。
 お食い初めと言えばいすみ、いすみと言えばお食い初め
 いすみ在住でなくても大丈夫なんですよ。
 今ある高級食材を使った、新しいブランド創りへの挑戦です。


■□■──────────────────────■□■
【3】故郷のために想いで働く「なみへい大使」募集説明会
■□■──────────────────────■□■
10年前に開店したときからずっと考えていた、「故郷への想いが強い人」
を結集して、今こそ、首都圏にいる私たちが、故郷や地域のお役に立つ
べき時がきたと思うようになりました。
そこで、地域と繋がる仕事がしたい、2拠点生活をしたい、地域との
人脈を創りたい、ノルマで仕事するのではなくて、想いで仕事をしたい
人たちの首都圏ネットワーク「なみへい大使」を募ることにしました。
詳しいことはこちらに書きましたので、興味のある人は是非お読みください。
■□■──────────────────────■□■
【4】厨房付き「なみへい」 シェアして使ってくださる方募集
■□■──────────────────────■□■
なみへいは現在ランチ営業だけで夜は使っていません。
せっかく厨房があるというのに、今年はいすみ市とガッツリ組んで、地域の
仕事がしたかったため、覚悟の上で高い家賃を払っています。
どなたか、夜を使いたい、厨房貸してほしいという企業さんやNPOは
いらっしゃいませんか?
管理会社には了解をとっていますので、シェアできれば大変有難いです。
お心あたりのある方はご連絡ください。
TEL.03-6666-5963 


■□■──────────────────────■□■
【5】かつお君とサザエさん主催のイベント(会員)
■□■──────────────────────■□■
11/17(土)17時30分~ 
 実りの秋田応援感謝!日本酒を楽しむ会in「なみへい」
12/9(日)15時~ 沖縄やんばる★ゆんたくナイト
12/28(金)18時~ 長野県の新そばと、日本酒と、肴で大忘年会
■□■──────────────────────■□■
【編集後記】
本場の津軽弁と本場の津軽の郷土料理食べにこねが?(来ませんか)
■□■──────────────────────■□■
津軽の母さんたちが、青森県平川市からやってきます。
すべて手作りの津軽の郷土料理、是非皆さんに食べさせたいです。
私の故郷を自慢させてください。
私だって、津軽弁喋れますから、TVでしか聞いたことのない人は、
この際、是非、生の津軽弁をききにきませんか?
タイトルの「め~ど in ひらかわ」のめ~ど は うまいよ~、とかおいしいよ~の津軽弁です。
勿論、津軽の日本酒も数種類仕入れますよ。
皆さんのご参加を心からお待ちしていまーす!
平川市の主催ですので、これで4000円は私的には大盤振る舞いでしょうと思います。
12月14日(金)と15日(土)の両日、18時開始です。
お料理の写真もすべてアップしました。(^o^)
既に、14日(金)はあと10名で締切です。お早めに!
15日(土)は、仲間との忘年会として記念に残る会はいかがですか?


☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
のバックナンバーはこちら
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
の配信停止はこちら

|

2018年11月15日 (木)

地域コンシェルジュの育成-おもてなしの心を学ぶ

<いすみコンシェルジュ育成事業>とは、

食材を探しに訪れる料理人や飲食店起業希望者に対し、「食」を通じていすみ市を案内する「いすみコンシェルジュ」を市民の中から3名以上育成するものとする。
------------------

というものですが、最初の3回は実践から学ぶ予定で、首都圏から料理人を連れていって同行しながら生産者さんを知る → からの 直売所めぐり → からの「そもそもコンシェルジュとは」→ からの、おもてなしの心をガイドさんの観光ガイドを通して学ぼうということになりました。コンシェルジュさんたち、激しく柔軟な頭脳です。(^o^)

【目的】 1.お客様目線とコンシェルジュ目線で、観光ガイドさんからおもてなしの心を学びとる 2.龍泉寺の奥さんが進める「いすみのいいところ」の中から、 コンシェルジュの3人が行ってみたいところを選び、そこを観光することでいすみのよいところを改めて知る。

その結果、いすみ市の市民ガイドの会の橘さんに相談をしたら、すぐにお寺の住職さんの奥さんを紹介してくださり、龍泉寺にお伺いすることになりました。
龍泉寺の永野さんがお話してくれた中から、行きたいところを2~3ヶ所を橘さんがガイドとして案内してくださるという、これまた、なかなか臨機応変といいますか、全員一致の希望ポイントを案内してくださることになりました。

まずは、龍泉寺編です。奥様、本当にお話上手でした。

Img_0193

Img_0161

Img_0181

Img_0203

Img_0208


海中桜の跡 ↓ このお話も素敵でした。字のごとく、海の中に桜が咲いていた時代があったんだって。
Img_0218

続いて、永野さんが長福寺さんを紹介してくださいました。
長福寺の歴史もまたすごくて、私は自分は今のままではダメダと思いました。
なんで、こんなにお2人ともお話上手なの?
引き込まれてしまうのです。

Img_0229

Img_0239

Img_0253

普段みせてもらえないところまで、みせてもらいました。感謝です。

Img_0247

Img_0260

もっと早くに知りたかったです。
もっとたくさんの人に、この機会を与えてあげたいと思いました。
写経の時間もほしかったし、忘れかけていた大切な気持ちを思い出すような、もっと目に見えない世界に想いを馳せないといけないと、すごーく思いました。



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■




|

2018年11月13日 (火)

「なみへい大使」 募集

なみへいのコンセプトは「東京から故郷おこし」です。

この10年間、飲食店をツールに、食を通した地域PRのお仕事をしてきました。
その数、150地域以上になります。

開店前からの予想通り、首都圏には私を含め、故郷を想う人たちがたくさんいました。

この人たちの力を結集すれば、もう少し地元で頑張っている人たちの力になれるのではないだろうか。
私達が首都圏で便利に暮らせているのは、頑張っている農業・漁業、地方のおかげです。だからこそ、地域の人口減少と疲弊が叫ばれている今こそ、少しでも故郷のお役に立ちたい、いえ、むしろ、疲れている都会の人ほど、故郷や地域の力を必要としていることを、多くの人に伝え、そして共有したいと思うのです。

そこで、少しでも幸福に繋がる「故郷応援の活動」を実現すべく、かねてから考えていた「なみへい大使」を立ち上げることにいたしました。
                                     “なみへい大使”は
             故郷のために想いで働く首都圏ネットワークです。


<目的>
首都圏に住み、故郷を応援したい、特定の地域を応援したいという想いの強い大使同志の交流と連携を目的とします。
そして、なみへいという“厨房付きの飲食の場”や、これまで飲食経験・地域との繋がり・首都圏の人脈を活かして、なみへい大使が、故郷のPRやシティプロモーションを副業として継続できるようにお手伝いすることを目的とします。
故郷のお役に立つことで幸福感を感じる人をたくさん増やします。
なみへいは、首都圏にいながらも、地域と繋がる人たちの大きな窓口となり、日本中の地域が求めることに応えられるようになります。
<条件>
・自分の故郷や特定の地域に対する想いのある人
・大使同志の交流と、なみへいの場を使って、故郷の紹介やPR活動をしたい人 
・ボランティアではなく、いずれ副業レベルで収入や移住に繋げたい人
・首都圏の人脈や、仕事に対する責任感のある人


<会費>未定
 

<活動>
特産品持ち寄りの交流会
      地域自慢プレゼンテーション
      なみへいが直面している地域活性化の課題や提案を通して意見交換
      地域のための仕事創り
      現地ツアー
      地方銀行や信金、信組さんが困っているバイヤーや飲食店探し 等々
      
まずは説明会にご参加ください。

<説明会> 2018年11月27日(火) 19時~20時(要予約)
         2018年12月22日(土) 13時~14時(要予約)

         1人でもお話します。日程が合わない方は、遠慮なくお電話ください。
         TEL.03-6666-5963

<説明会参加費>無料


<お申込> https://select-type.com/e/?id=MD_OhRC_ZAo 
<設立パーティ>2019年3月か4月予定
-----------
なみへい合同会社 代表社員 川野真理子
東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
https://namihei5963.com/ 
-----------

|

2018年11月11日 (日)

いすみの事業 前半報告

今月21日、いすみ市役所で、ラウンドテーブル会議といって、これまでの事業の報告をする会があります。

全然報告書はできていませんが、まずはこれまでの全事業をHP上で整理してみることにしました。
我ながら、すごいなー。まだ、半分だけれど、よく頑張ったなーと思います。

こちらにまとめました。

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
 https://www.namihei5963.com/ 
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!

|

2018年11月10日 (土)

つぶあえ-津軽の郷土料理-12月14日&15日

当日、10品も出る予定です。まずはつぶあえのご紹介。

他はこちらに
(詳細&申込) 

・つぶあえ

「つぶ貝」は青森で昔から親しまれている貝で、こちらも冬に旬を迎えます。お刺身はもちろん、煮物の食材としても親しまれています。そんなつぶ貝をネギと酢味噌であえた「つぶあえ」も、今でも家庭の食卓で味わえる一品です。
 

|

2018年11月 5日 (月)

こんな素敵な視点で青森県平川市!

まるごと青森 というブログがあります。

----------
青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。

青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。
----------

この中で紹介されている平川市がとっても素敵で、こういう視点の素晴らしさにしばし感動! ここをみてみて。

白い平川市です。
https://bit.ly/2FaQOH1


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
 https://www.namihei5963.com/ 
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!

|

2018年11月 4日 (日)

自分のために・・・自分が報われるようなご褒美を

昨日かなTVをみていたら、羽生君がいいことを言っていた。

「これからは自分のために滑ってもいいのかなと。もう勝ち負けに固執する必要はない。自分のために滑る。今まで大変な道のりを歩んできた自分に対して、報われるようなことをしてあげたい」って。

これって、定年退職して起業する人にも言えることなんじゃないかなーと思った。
昨年「知は力なり 無知もまた力なり」の講演のときに話したことと一緒だもの。

ずっと仕事をし続けていると、楽しむことより、責任感だったり、利益だったり、会社のためだったり、家族のためだったり、だんだん自分が喜べなくなってくることが多くなってきて、それに慣れてくる、、、ことが多いよね。

だからどこかでシフトを変えないとだめじゃないかなーと、今、私は自分のことで思っている。。。
起業は甘くないけれど、60代からの起業は厳しいだけではないのだよ、本当に自分が楽しくなることを、やりたいと思えることを、小さく始めればいいんだよということを伝えてあげたいと思う。

どこにも発表していないけれど、やっと、講演準備のスタートに立ちました。
こっそり、お知らせします。https://www.speakers.jp/speaker/kawano-mariko/



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!

|

2018年11月 3日 (土)

12月14-15日 津軽の郷土料理食事会ですよ!

津軽の郷土料理食事会 大盤振る舞いですゾ~!

津軽から母さんたちも上京します! 市長も参加です。

私、川野真理子の故郷企画ですから、何が何でも満席になります! してみせます!(笑)

お料理の写真も説明も全~部アップしてますからねー。

詳細&申し込みはこちら (必ず申し込んでください)


20181214


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!

|

2018年11月 1日 (木)

安藤くにさんが教える、いすみのおせち料理教室

先日、いすみの家庭料理を教えてくださった安藤くにさんが、12月におせち料理教室を開催されるそうです。興味のある方は、直接安藤さんまで連絡してくださいねー。
Photo
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■

|

2018年10月31日 (水)

いすみの里山散策とくにさんのお話

お昼ご飯の後は、里山散策です。里山ガイドの山口さんご夫婦に案内してもらいました。
里山の会のみなさんは、毎月1回、この里山を手入れしているのだそうです。


里山とは、森林・林業学習館によると

人里近くにあり、昔から人々が生活のために利用してきた山(森林)のこと。 近年の都市化と過疎化の中で里山は荒廃が目立つようになりました。しかし、最近では、都市と山村の交流の場として見直されてきており、里山はかつてとは違う新しい価値を持ち始めています。

ということです。


Img_9175

Img_9848
これは、あけびがぱかーんと口を開いているのをみて、山口さんがとってくださっているところです。あけびを初めて食べた人もいます。

Img_9851

Img_9845

Img_9858

途中に美しい沼もあるのだ。

Img_9856

当初は、里山散策は1時間30分もあるかと思っていましたが、やっぱり自然の中は癒されるし、ゆっくりできるので、もう少し長くてもよかったなーと思いました。

戻ってから、くにさんの手作りのおしることきゃらぶきとお茶を頂きながら、
竹林で、くにさんがお嫁入りしてきた後の、今の活動につながるお話を聞きました。


Img_9870

Img_9865


Img_9194

くにさんのお家の向かい側にあるこの竹林は、本当に素敵なんですよね。
8月にはここでBBQもやりました。



Img_9831

この企画内容はこちらです。

|

2018年10月28日 (日)

今日すごく思ったこと。

こんなかわいいチビちゃんが私の孫だなんて、いまだに信じられない。。。

やっと歩く姿は、ぜんまい仕掛けのおもちゃが巻き一杯で、動き出す様子そのままで、本当に不思議な感じ。

子どもの肖像権もあるから、モザイクかけようかと思ったけれど、モザイクじゃ意味ないでしょ。と思った次第(*^-^)。  名子さんの豆の日。名子さんにもらった豆を持って。


Img_0006 Img_0015


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!

|

2018年10月27日 (土)

地域ブランド調査2018 青森県平川市の魅力度と認知度

平川市って、弘前から電車でたった15分のところにあるのです。
それなのに、弘前市に比べて平川市の魅力度と認知度には驚く、というか、やっぱり・・・というべきか。とってもいいところなのに。。。

認知度 弘前市116位(いずれも1000番中)
認知度 平川市994位(ナント後ろから6番目!(;O;)) 何かの間違いではないか!?
魅力度 弘前市105位
魅力度 平川市956位  

さあ、どうする我が故郷! 
10月からたった半年間だけの首都圏プロモーションだけれど、来年の地域ブランドは、今年よりは絶対に上位に来ますからね!!!
Photo_3




  2018_2   
  2018


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ  お早めに!


|

2018年10月25日 (木)

千葉県いすみ市定食です

ご当地ランチは、千葉県いすみ市定食と、青森県津軽の平川市定食の2つです。

こちらは、いすみ市定食。いすみに行くたびに何かしら買ってきます。
今回は、タコを買ってきました。

Photo_2


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ お早めに!

|

2018年10月24日 (水)

津軽の平川市定食始めました!

今日から毎週 (水)・(木)・(金)・(土)でご当地ランチ始めました。
夏から、いろいろ実験してみましたが、やっぱり特集している地域のシティプロモーションを兼ねて、食材を紹介してあげるのが一番なみへいらしいと思いました。

駅前には500円ランチが一杯ありますので、そこと競争しても始まりませんから、多少高いかもしれませんが、なみへいのランチはお茶付きで1000円(税込)です。

これでも、原価45%位になってるんですよ。送料もかかりますからね。
なので、お米検討中の青天の霹靂まではまだまだ手が届きません。

もっとお客様が一杯入ってくださったら可能になります。

是非、ご来店くださいねー。
Photo



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
12月14日-15日は、青森県平川市が主催する津軽の郷土料理食事会です。
https://bit.ly/2PFt3aQ お早めに!
 

|

2018年10月23日 (火)

いすみの家庭料理教室

<食の魅力伝承事業(食の学校)>です。

いよいよ安藤くにさんのいすみ家庭教室の始まり始まりです。
レシピは、後でアップしますね。

牡蠣フライのように見えるのは、ナント、梨の肉巻きです。
もう、お腹一杯になりました。里山散策しても、全然お腹減りませんでした。

Img_9126

Img_9117

Img_9136

Img_9819

Img_9151

Img_9839
Img_9160

Img_9164

この企画内容はこちらです。


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■
 
 

|

2018年10月22日 (月)

怒涛の10月 大地のエネルギー充電中

10月は7日(日)に800人相当のお客様がいらした食フェスの開催
14日(日)は柿もぎして和菓子教室
20日(土)はいすみの家庭料理教室と里山散策
     (写真は里山散策をさぼってショートカットしてきた私。誰かに撮られた)
21日(日)は「浜の母さん」たちの料理教室
<これでいすみプロジェクトの前半終了>
24日からなみへいでご当地ランチの開始(千葉県いすみ市と青森県津軽・平川市)
29日(月)に後半戦の打ち合わせでいすみへ

大地からエネルギーをもらって、充電中の私です。

S__3039243

|

2018年10月21日 (日)

じあじあの母さんたちの料理教室

 
<食の魅力伝承事業(食の学校)>の事業の一つで、浜のかあさん(じあじあ倶楽部)に何を学びたいかを聞いて、いすみ鉄道専属シェフの 池田さんに講師になってもらって実現しました。じあじあ倶楽部のメンバー15名で参加。

学びたいことは2つ。
①郷土料理の一つで、よく取材を受けている「じあじあ」のボソボソ感を少しでもなくすための料理の仕方と、それに合うソースを教えてほしい。
②いなだを、「煮る・焼く・蒸す・刺身・フライ」以外で食べる新しいおしゃれな料理法と盛付方を知りたい。

本当に前向きですねー。

東京に行かないと食べられないような、ハイカラな料理を知りたいというご希望もあって、ここは和食でなく、洋食の先生でしょうということで、またまた池田さんの登場です。

オレガノとか、EXバージンオイルとか、バルサミコ、プロシュート等々、普段あまりみかけない横文字の調味料をわかりやすく説明するところから始まりました。
44491697_1892681700847570_632391353

Img_9914

ニコニコと、さすが料理教室のベテラン。誰にもわかりやすいように笑いをとって進めます。

Img_9921

みんなで作ってみます。


じあじあとモッツァレラチーズの緑の香草パン粉焼き

Img_9928

イナダと魚介の白ワイン蒸しとプロシュート バルサミコソース
Img_9930

試食中です。
Img_9960

もう一歩進んで質問中
ほんとに、やる気ありますねー。素晴らしい。

Img_9962


|

2018年10月16日 (火)

柿もぎと柿の和菓子作り体験教室-和菓子作り編

和菓子がこんなに丁寧に手間暇かけて作られてるのを知ったら、今までのように一口でパクッと食べてしまわないで、じっくり味わって食べないといけないと思ったという人が多かったのが印象的でした。

予想以上に、和菓子作りって、下準備が大変なんだなーと思いました。
ご参加下さった皆さん、ありがとうございました!
Img_9756

Img_9768

Img_9746

Img_9751

Img_9779

 
Img_9791

Img_9790

Img_9793

Img_9795

|

2018年10月15日 (月)

柿もぎと柿の和菓子作り体験教室-ランチ編

ランチは、星空スペースさんにお願いをしました。パンも特別なパンらしいのですが、準備で聞きそびれてしまいました。(後で聞いておきます)

ご飯はむかごご飯という珍しい「むかご」というものです。知ってます?

Img_9733

44049079_889432078112556_3749110655

43951793_315545072566089_8324900793

44073003_173959260189968_6049194010

44089955_280393832812596_2865734675

Img_9744

ご夫婦できてくださいました。ありがとうございました!


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月14日 (日)

柿もぎと柿の和菓子作り体験教室-柿もぎ編

<いすみの風土・歴史を重視した事業>

フェスから丁度1週間後、14日の日曜日に柿もぎと柿を使った和菓子作り体験を行いました。午後お菓子作りからの人を入れて、15名のご参加でした。

太東の駅に待ち合わせ時から雨がしとしと降って、これは中止かどうしたものかと判断に迷うところでした。とりあえず、農事組合法人みねやの里 さんの集会所まで行こうということになりました。

みねやの里農事組合法人というのは、21の農家さんがみんな組合員となって、自分の畑は自分で・・・ということではなく、みんなでみねやの里の農業に従事するというやり方で、2013年から無農薬無化学肥料の特別栽培に取り組んでいる地域だそうです。いろいろな人から何度も、いすみ市のいすみ米はおいしいと聞いてきましたが、取り組み方が違うんですね。
ちょうど、柿もぎと和菓子作りのランチをお願いした、星空スペースさんのページに、みねやの里さんのことが詳しく紹介されていますので、ご案内しますね。(2017年でした)

みねやの里の矢澤さんから、お米や柿、農事組合のしくみなどを聞いているうちに、雨もあがり、30分遅れではありましたが、予定通りに柿もぎ体験をすることができました。

先週のフェスといい、今日の柿もぎといい、本当に皆様ありがとう。
S_6       
みてください、こんなに晴れたんです。こんなに柿だけたくさん、たわわになっているのをみたのは多分初めてだと思います。私はりんごの国の人なので、リンゴが実っているところは何度も見ているのですが、柿もかわいいですねー。


↓最初のこの写真は、八幡名子さんが写した写真です。飾り巻き寿司の講師をしてもらった名子さんですが、本業が映像関係だときいて、さすが。
なんて、有能な人なんだと感心しきりです。

44057266_1941167339284300_2515031_2 44064454_489570404876969_7700403919

44070837_1388668194601926_203469086

Img_9684

Img_9697

Img_9704


Img_9703_2


↓この人が八幡名子さん。(^o^)
Img_9688


Img_9681

Img_9678

Img_9716


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月10日 (水)

「ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」-ロックとフラ編

いすみというところは、なぜ「フラダンス」なんでしょうねぇ。
朝市のイベントでも「フラダンス」ですし、小さな子どもも大人も、たくさんの人がフラダンス踊るんです。不思議だなーと思ったら、先生がいらっしゃるんですね。先生の熱意でいすみと言えばフラダンスになっているのかもないなーと思いましたが、先生が熱いだけでこんなに広がりがあるのは、何か特別な魅力なのでしょうか。

それから、ノリノリで歌ってくださったのは、地元「フラミンゴ」の皆さん。ロックンロールで大盛り上がりでした。女性たちもほんと、ノリがよくていいですねぇー。
Img_9579
 
Img_9587

Img_9612_2


O1522092014280130351
O1588079814280128678
O1800120014280129492

いすみんは、やっぱり子どもたちの人気。
44083881_2439267599633422_804417894





──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt
 

|

2018年10月 9日 (火)

「ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」-出店者編

7日のフェスは、東京から11店、地元から7店、全部で18のお店が出店してくださり、フェスを盛り上げてくださいました。

心配していた台風もよけてくれ、さほどの強風もなく、それどころか暑すぎる位好天に恵まれました。これもひとえに、関係者の皆様のエネルギーと念じ力でしょうか。

出店者の方たちです。

(手元になかったものは、ご来場くださった、森健いすみさんのお写真がとてもきれいでしたので、許可を得てアップさせていただきました。「酒楽喜 さけらっきい」さんだけどうしても、見つかりませんので、誰かから探してアップしますねー。すみません。)

出店者の皆さん、本当にありがとうございました!


【東京の飲食店からの出店】Img_9459

Img_9470_2

Img_9471

Img_9465
 
Img_9466

Img_9463

Img_9464

Img_9468

Img_9473

↓森健いすみさん撮影
44130490_288480691764253_1296865246

↓森健いすみさん撮影
44151674_1932831733437115_735047687


Img_9460


【地元からの出店】

↓森健いすみさん撮影
44342835_1933051066717305_371338837



Img_9475


↓森健いすみさん撮影
44213871_437414963453957_3295611260


Img_9474

Img_9500_2

Img_9504_2

Img_9498




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月 8日 (月)

食フェス初チャレンジ 「ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」

<飲食店開設実証事業>

10月7日(日)は、なみへいが企画運営した今年一番大きなイベントでした。

プロジェクトリーダーは、店長の川野元基。音響のプロも含めてすべて若い仲間たちと準備し、進めてきました。

出店予定者をいすみに連れて行って食材を見せ、メニューの相談を受け、保健所に何度も通い、会場の配置から、テントやテーブル、警備の手配まで、何から何まで段取りを元基が進めて実行してきました。

本当に、やりたかった企画とはいえ、大変な様子をそばでみていたので、よくここまでやり切ったと思いました。
私がやったことと言えば、いすみの知り合いたちにチラシを巻いてほしくて、車で10数カ所配ってくださいとお願いに回ったり、当日の午前中に、朝市会場でチラシ配りをするくらいでした。

台風・強風の心配の他にもいろいろ心配はありましたけれど、お天気は逆に暑すぎる程の好天に恵まれ、お客様も800人以上の方にご来場くださいました。
本当に、ほっとしました。

たくさんの方たちのご協力に、心から、心から感謝したいと思います。
本当にありがとうございました! この場をお借りしてお礼申し上げます。

川野元基が久しぶりにブログにアップしました。

イベントに参加してくださった方たちの感想もまとめてみました。

Img_9500

Img_8887


私は、これから少しずつ当日の様子をアップしていきたいと思います。
Photo_2 Photo_3




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月 6日 (土)

地域コンシェルジュの育成 -直売所編

最首さんの農園の次に訪ねたところは、こちらの直売所さんでした。
ここで、4人それぞれが、興味のあるものを選んで、詳しく調べてみよう、調理してみようという趣旨です。
Img_9420

この卵はすごい。

Img_9427

みてよ、この白身と黄身のもりもり。

Img_9430

卵かけご飯にお勧めするときには、殻付のまま出すのではなくて、こうやって平らなお皿にいれてみせて説明してお出しするのが、絶対にいいよねという話になりました。

私が選んだ産品はこちら。
お米がおいしいときくので、ならば米粉も絶対においしいのだろうなーと思いました。

Img_9429

試作中に、洋子さんが柿の天ぷらがおいしいよという提案をしてくれて、さっそくみんなで柿の天ぷらを作りました。米粉であげると、サクッとしてべたつきません。

長野の飯田周辺では、干し柿の天ぷらというのがあります。
なみへいの初代の料理長が飯田出身で、干し柿にチーズを挟んで天ぷらにしてだしたことがあって、それはお客様にとっても驚かれ、とってもおいしいと評判になりました。

だから、生の柿の天ぷらもありかな? と思ってやってみましたが、不思議な食感でなかなか新鮮でした。

これはアリでしょう!(これにチーズを挟んでもよいかも。)と思って、なみへいのランチに入れることにしました。
もちろん、柿がとれる時期の期間限定ですけれどね。


Img_9444

なみへいが試作試食、準備したいすみ定食と、津軽の平川市定食です。

見えますか?  いすみ定食の方の、三連のお皿の一番右が「みねやの里」の柿の天ぷらです。
Photo_4

お米のあられは、素揚げにしてきなこといすみの蜂蜜をまぶしてみました。

料理研究家のご意見が必要です。ごめんなさい、私では何がどう違うのかよくわかりませんので、やっぱり、これは直接作っている人を訪ねてお聞きした方が、う~んと、う~んと、その価値がわかるのではないかと思いました。


Img_9447

店に戻ってから、あられを入れて、グラタン風にして作ってみました。(店長がね。)
普通においしかったです。

でも、今は、「普通においしい」ではだめなのよ。

これはね、こんな人が、こんなふうに作っていて、ここが普通のおかきとは違うのよって、説明できてそこで初めてお客様がへぇ~と感心して、お客様の印象に残らないといけない。

それにはやっぱり、想いがある生産者にはちゃんと会って伝えていくことが大事なことだよなーと、改めて思ったことでした。

Img_9619



Img_9448_2 Img_9449

|

2018年10月 5日 (金)

地域コンシェルジュの育成 -訪問先 最首農園さん

この事業は、
食材を探しに訪れる料理人や飲食店起業希望者に対し、「食」を通じていすみ市を案内する「いすみコンシェルジュ」を市民の中から3名以上育成するものとする。

という命題のもとに、地元の食材を知ろうというところから、第2ステージが始まりました。
第1回目の様子
今回は、前回のパプリカの生産者、最首農園の最首さんをお訪ねしました。
(この後は、直売所を回りそれぞれ興味深い生産物を探してなみへいハウスに戻り、みんなで試作をしました。)

最首さんは、前回お邪魔した「ごじゃ箱」を20数年前に立ち上げた人で、直売所の走りなんですね。人と同じことはしないから、ごじゃ箱(ばかやろう的な意味らしい) と命名したということでした。

みんなで話したのですが、最首さん、昔のジェットストリームみたいな声で、渋くてカッコよかったです。
地方の農業青年との婚活交流会がよくあるけれど、実は、先にこうやって畑や田んぼに直接訪ねて行って、その人のお話を聞くというところから始めた方が、その人の魅力がわかりやすいんじゃないかとすごく思いました。2回目に交流&食事会をするわけですよ。

とまぁ、それはいいとして、1時間という時間はあっという間に過ぎてしまいました。
直接こうやってお話を聞くと、買う野菜にも愛着が生まれますね。


Img_9382_2


  Img_9385_3 Img_9384_2 Img_9389_2

下記のお料理は、最首さんの畑で頂いたパプリカを使って、ようこさんが自宅で作ってみた、オリーブオイルとお酢と塩コショウで味付けしたサラダです。
---------------
これがなかなかの美味しさで我ながらびっくり!笑 ---------------
だろうなぁ。。。。食べたかった~。





Img_9401

玉ねぎは、11月後半頃から出来るそうです。このころの玉ねぎはそのままオーブンで焼いて食べると本当においしいということで、これもまた、人と同じことをしないから、誰も作らないこの時期に作るんだと言っておられました。

お花も作っています。この紫は最首さんのテーマカラーなんだそうです。お洒落ですねー。

Img_9412
Img_9417


かえるがいるだけで、喜ぶ女子たち。(笑) 
東京のおばさんもドレドレと喜んでカメラを向ける。

Img_9404



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月 4日 (木)

お食い初めと言えばいすみ、いすみと言えばお食い初め 試作日

11月23日(祝)は、いすみ市の食材を使った新しいブランド創りの挑戦として企画提案した「お食い初めと言えばいすみ、いすみと言えばお食い初め」のお料理の試作・試食日でした。

この企画には、実は背景があります。
最初のきっかけはこちらです。息子のお食い初めの時

これを受けて、私が後日、勝手に企画書を書きました。

こんな経緯があって、いすみ市の事業を受託した時に、この新しいブランド創りへの挑戦を入れることにしたのでした。

この日の試作は本当にすごかったです。
何しろ、感動的なお料理でした。手を抜かないこの2人の料理人さんの意気込みというか、どうだ! という職人魂というか、私は2度とこんなりっぱなお祝いのお料理を目の前にすることはないだろうと思いました。

【和食】 会場となる 割烹かねなか の中村一俊さん
Img_9366

【洋食】イタリア料理ペッシェアズーロ の池田征弘さん

Img_9349


どちらも、2組限定です。

最初の打ち合わせの時からお話していたのですが、この日だけで終わらないで、これをきっかけに、いすみの新しいブランド創りとして、「お食い初めメニュー」を定番化して続けてほしいと願っているところです。

この2店だけでなく、いすみの他のお店にも参加してもらわなければブランドはできません。
だから、お蕎麦屋さんならお蕎麦屋さんらしいそのお店の特徴ある「お食い初めメニュー」を作ってほしいと思うのですね。

いっぺんにはブランドはできませんから、少しずつ、いすみと言えばお食い初めでしょう! と言われるようになっていくといいなーと思います。

既に和食は1組様が決まりましたので、あと3組です。

詳細はこちらです。
3


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年10月 1日 (月)

今週のなみへいランチ900円

7日(日)の大イベントいすみの食フェスが終わったら、ランチの方にも力を入れられるようになるので、いすみ市の食材や地域食材を入れたなみへいランチを準備していきたいと思います。

今週は、それまでこんな感じでやっています。
Img_9269
Img_9270
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月29日 (土)

「長崎厳選食材メーカー5社によるプレゼン付き試食商談会」

参加企業は以下の5社です。

バイヤーさんや飲食関係者の方たちが25名程いらっしゃいました。
そうめんもしいたけも、麦芋焼酎もかまぼこも、特にハトシというのは初めてみたのですが、とってもおいしかったです。長崎おでんって、柚子胡椒をつけて食べるんですよね。さすがに美味しいです。
終わったあとの名刺交換も賑やかでした。

○(有)ふるせ 生そうめん まぜ麺
○(株)翔栄(対馬原木しいたけ)
○大島酒造(株) 麦焼酎・芋焼酎
○(株)杉永蒲鉾 長崎揚げかんぼこ 長崎おでん ハトシ
○(株)小林甚製麺 海苔そうめん 若布そうめん


Img_9257


Img_9259


Img_9260


Img_9266

Img_4656_2

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月25日 (火)

生プルーン入りました!

青森の実家から、生プルーン届きました。

先週のうまいッ! でやっていたのは、長野県佐久地域のものでしたが、うちに届いたのは青森県南津軽産、我が故郷からの直送です。
生のプルーンは、ここ数年、なみへいでも出していましたが、生で食べたことがある人ってあまり多くないんですよね。NHKでもやる位ですからね。
サラダにできるのは知っていましたが、野菜炒めにも入れられるんですねー。

ランチで野菜炒めに入れてみようかしら。


白っぽい粉は、ブルーム(果粉)と言って、果実が雨や病気から身を守るために自身で出している天然物質なのだそうです。


Img_9192
Img_9185
Img_9196
Img_9195




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月23日 (日)

大原はだか祭り

大原のはだか祭り-いすみ市のサイト


トリップアドバイザーのサイトが、一番わかりやすくまとめていました。↓
【詳細】毎年9月23日・24日の2日間、五穀豊穣と大漁祈願を願って地域が一体となって盛り上げる秋のお祭りです。千葉県いすみ市内3地区(大原、東海、浪花)にある18神社の神輿を、男たちが海へと担ぎ込んでは駆け巡るという「汐ふみ」が有名です。フィナーレは大原小学校の校庭で神輿を高く掲げて別れを惜しむ「大別れ式」。大原地区では300年以上前から、東海地区では200年以上前から続いている祭典です。
--------------------------
だそうです。
地域にこんなお祭りがしっかり残っているのはとっても大事なことだなーと思います。
小さな子どもたちまで、みんな家族でお祭りに参加していますもんね。いすみ市はすごいなー。

でも、観光協会のサイトに日程が書いてありますが、初めての人にとっては、何のことだかまったくわからず、何時にどこにいけば、何が観られるのかというのは、やっぱり一度行ってみないと説明できないなーと思いました。

何しろ、18とか19の神輿を担ぐんですから、それはすごい人でしょ。担ぐ人も見る人も。
壮大なお祭りでびっくりしました。写真はあまりいいのが撮れませんでした。

Img_9207_2

何しろ、道のずっとずっと向こうまで、町全体が祭り一色ですということをお伝えしたい写真です。
Img_9224


役場の松崎さん、いた! 同級生と一緒に。
Img_9211

|

«風の古民家 うえみなみ 和歌山県紀美野町