なみへい JR神田駅西口徒歩3分

Logo2018l
なみへい合同会社 代表社員 川野真理子
なみへいH
P  川野真理子facebook
TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964 
地図はなみへいの後継店「箕と環」(みのとわ)
メルマガ登録

|

2020年1月16日 (木)

1月17日(金)と18日(土)のマルシェに出品する商品

「郷土の食の伝承と地域特産のPR」をテーマに、首都圏にはなかなか出てこれない不安定供給の手作りでちゃんと作られた美味しいものの出口作りをしています。 マルシェは出口の一つです。もういくつか、出口を増やしていきたいと思っています。
明日明後日は、山手線大崎駅南改札口前のコンコースにいますので、お立ち寄りくださいねー。
金土ともに、12時~19時までです。

雨だと人通りが少なくなるので、雨降らないといいなー。

<17-18日に出品する商品>
・青森県平川市の金賞受賞の手焼き豆煎餅
・長野県小海町の天然酵母の食パン
・山形県酒田市の手作り無添加ごませんべ
・熊本県山鹿市のいきなり団子・よもぎ団子
・秋田県大仙市のいぶりがっこ
・岡山県新庄村の無農薬・無化学肥料の玄米餅他
・長野県上田市の伝統野菜みどり大根の漬物
・長野県上田市の伝統野菜緑色の切り干し大根
・鹿児島県長島町の不知火(でこぽん)で作った、無添加・無漂白・無砂糖のシラヌヒドライフルーツ

 

#山手線大崎駅南改札口前マルシェ #青森県平川市中畑手焼き豆煎餅 #天然酵母食パン #熊本県岳間地域の手作りいきなり団子とよもぎ団子 #新庄村の無農薬玄米豆餅 #長野県上田市うえだみどり大根切り干しと漬物 #シラヌヒドライフルーツ

|

2019年12月24日 (火)

秋田県田沢湖に行ってきました。

12月22日と23日の1泊2日で、
大崎マルシェの運営会社の社長とそのボスとケーブルTVの人と4人で、2月14-15日に開催する「お新香の逆襲」というイベントの件で、いぶりがっこの地、田沢湖町に行ってきました。
私は、このイベントだけでなく、今後大崎をフィールドにして地域とどんな関わりをもっていきたいかのプレゼンをすることになり、短い時間でしたがお話をしてきました。
現地の佐藤さんという方が、民宿のオーナーや郵便局長さん、観光商工部長さん、都市農村交流の関係者の方、漬物生産者、乳頭温泉郷の会長さん等々、10人以上の人たちを集めてくださいました。宴会で盛り上がり、今後の繋がりのきっかけを確認して帰ってきました。
(と言っても、新人の私は、これからですが。。。)

ボスたちの盛り上がりチームでは、掘り起こせない大根がたくさんあるというお話から、10月にそれを堀りに行って、有名な温泉に入って、いぶりがっこも作って、行った人たちで大崎マルシェで販売しよう!という企画が出来たそうです。
若い女子たちを連れていきたいと、ボスたちは言っております。(笑)

秋にはきっと又行くことになりそうです。楽しみです!
 

民宿の女将さんが、渋柿を使った柿漬をもってきてくださり、他にも違う方のいぶりがっこや醤油漬け、切り干し大根漬けなど、おいしい漬物をたくさん食べてきました。どっさり食べてきました。
柿漬と切り干し大根漬は、きっと首都圏の人にはウケること間違いなし!
これは是非販売してみたいと思いました。

いぶりがっこと、クリームチーズと田沢湖ビールなんかをセットにして、軽めの「自分にご褒美・田沢湖ちょいギフト」なんて作れそうですよねぇ。
私はいぶりがっこタルタルと、白小豆と丹波の黒豆とうずら豆と、ケイラン(クリスマスバージョンだそうです)という団子を買ってきました。

Img_0857 Img_0871 Dsc_0183 Img_0887 Img_0883 Img_0885 Img_0886 Img_0877 Img_0878 Img_0880 Img_0881 Img_0882

さて、この豆はなんの丸かわかりますか?
答えは、白小豆です。珍しいでしょ?

Img_0903Img_0902

Img_0910

 

|

2019年12月17日 (火)

メルマガ登録の方はこちらへ

川野真理子が配信するなみへいの無料メルマガをご希望の方は、タイトルに「メルマガ希望」とお書きになって下記のメルアドに送信してください。

namihei★namihei5963.com (★を@に変えてください)

・お名前
・出身市町村
・配信ご希望メルアド

以上の情報が必要です。よろしくお願いいたします。

|

2019年12月16日 (月)

熊本県山鹿市鹿北町のお母さんたちの手作りの団子のこと

今週やりとりしていて、お母さん達のお写真もらいました。

お団子の写真も一緒にもらいました。この温かさを食べたいなぁー。

・栗だんご
・いきなり団子
・よもぎ団子

今週20日(金)に、いつも出店している山手線大崎駅南改札口前のコンコースのマルシェに、20日(金)の午前着で届きます。12時開始ですがいいねー。楽しみです。
(20日(金)は、私は16時30分までしかマルシェにいられなくて、「箕と環」(みのとわ)の手伝いに戻ります。お団子も全部で50~60個位しか頼んでいませんので、どうしてもほしい方は早めにいらしてくださいね。)

お写真とお団子の写真と、お母さん達が暮らしている地域の写真もあわせてご紹介します!


岳間のお母さん達を紹介してもらったのは、こんなきっかけからです。

岳間のことがわかるfacebookはこちらです。 行ってみたいなぁ。宝物が一杯ありそうです。

 

Photo_20191216191901 

Photo_20191216192001

Photo_20191216192002

|

2019年12月15日 (日)

今週のマルシェ 見せ方を変えてみた

金曜日に完売して土曜日に売るものがないということが出てきました。
新しい課題なので、対策を練らなければなりません。

今回は、初めて、何を売りたいかを明確にして、それらを一杯一杯ならべてお勧め感を出しながら売ることにしました。(って、教えてもらったので)
実際、お勧め品なので堂々と売るのですが、並べ方が違うだけで売れる数も違うんですねー。
今さらですが、思い知ります。

↓ 今回は売れ筋のパンが(金)でなくなってしまったので、翌日酒田の冨樫さんのごませんべを売るぞ! と決めて、初めてロープにまで吊下げてレイアウトしてみました。するといつもの2倍売れました。スゴイ!
夕方からが勝負なのに夕方になると既に喉が痛くなるので、あまり早くから叫ばないように調整しなくっちゃと、いつも思います。
が、なんとしても売切らないと、私の場合、車の搬入・搬出ではなくて電車で帰る組なので手持ちで帰るとなるととっても大変なんです。持ち帰れない場合は、送料をかけて店や自宅に送り返すことになるので、出店料も払って送料もかけて、物販なんて利益僅かだし、バカみたいなことになるわけです。

だから、いつでも売切ろうと必死です。すると、喉が痛くなります。
その代わり、売切れると安心して、そこでエネルギーが切れてしまって今日はもういいかなみたいになるので、それはそれでまた問題なんですけどね。

金曜日のテント↓
Img_0846
土曜日のテント↓
Img_0853_20191217152701

|

2019年12月14日 (土)

鶴岡市の温海(あつみ)かぶ

鶴岡のマルシェで、温海(あつみかぶ)という珍しいかぶを見つけたので買ってみました。

甘酢や浅漬けにすればいいと教えてもらって、両方やってみましたが、真っ赤にならないしイマイチだったのは、翌日すぐに食べたからだということがわかりました。(;O;) ネット検索したら1晩置いて出来上がり! って書いてたからそれが一番早いと思ったんだけれど、本当は下漬けしたあと、2週間とか1ヵ月とか、また漬け直すんですね。
まだ何個かあるので、今度こそしっかり漬けてみよっと。

▼あつみかぶとは
  (この頁から引用させていただきました。https://www.kiyokawaya.com/fs/yamagata/C148

鶴岡市旧温海(あつみ)町で400年以上続く昔ながらの焼畑農法で栽培される伝統野菜「温海かぶ」。山の急斜面にある畑を焼き払い、その灰を肥料にして種を植えます。農薬や肥料を使わずミネラル豊富な灰を栄養として育つので、きめが細かく実が締まって歯応えの良い肉質です。
塩、酢、砂糖だけで一ヶ月じっくりと漬け込むことで、中まできれいな赤色に染まります。カリッとした食感とほのかに辛みのきいた味わいで毎年リピーター続出の美味しさです。冬の食卓を鮮やかに彩る、庄内が誇る伝統の漬物です。

Img_0854

 

Img_0847

Photo_20191216190301

|

2019年12月10日 (火)

弘前の母さんチーム「匠のママネット」

20年以上前から知り合いの弘前の農業リーダー、佐藤芳子さんが率いるお母さんチームです。

漬物や紅玉ジャム、手作り味噌、栗、みょうが、青唐辛子ご飯の供、嶽きみ等々、この夏は本当にいろいろなものを送ってもらいました。懐かしいものばかりで販売していて嬉しい気持ちになっていました。

やっと新しい写真が届きました。

ようやく、りんごの収穫が終わったのでここからまた何をお願いしようかな。
引き続き、よろしくお願いいたします!

Photo_20191217164501

|

2019年12月 9日 (月)

熊本県山鹿市のNPO法人岳間ほっとネットのお母さん達と繋がりそうです。

2016年10月に、熊本出身の江島民子さんが企画して、民子さんの友人の主催・添乗をお願いした 旅のよろこび株式会社代表 宮川 和夫 (Kazuo Miyagawa)さん http://www.tabinoyorokobi.com/ たちと一緒に、「旅して応援! 食べて応援! 熊本美味しんぼツアー」に行ってきました。

      熊本に行ってきました。(生産者写真編)
      熊本に行ってきました。(日程編)


その時の宮川さんに繋いで頂いて、山鹿市のNPO法人岳間ほっとネットのお母さん達と繋がりそうです。
間に入ってもらうのは、役場の北原さん。嬉しいです。

今週末のマルシェ(山手線大崎南改札口前コンコース)では、栗の名産であるという山鹿市のこのほっとネットの熊本から、お母さん手作りの栗だんご+αを送ってもらえそうです。

嬉しいので、まだ決まってもいないに報告しちゃいました!

今年の10月総務大臣賞を受賞して上京していらっしゃったそうです。
もうちょっと早くに繋がっていれば、会いにいけたのになぁ。。。残念。



|

2019年12月 4日 (水)

12/6-7 マルシェで出します!手に入らない美味たち

毎週(金)(土)は、山手線大崎駅南改札口前のコンコースでマルシェを出店しています。
お祭りマルシェとは違って、定期的なコンコースでの開催ですから、そんなにガンガン売れるわけではありませんが、毎週出ているというところで、少しずつリピーターが増えてきています。

今週の(金)(土)は以下のものを出品しますので、是非お立ち寄りくださいねー。両日とも12時~19時です。
このほかに、秋田県大仙市からいぶりがっこ、山形県鶴岡市の玉こんにゃくが入りますよ~。

 

長野県小海町から天然酵母の食パン(卵・牛乳・砂糖を入れていない無添加)

Photo_20191204142102

山形県酒田の冨樫さんが手作りしている無添加ごませんべい

Photo_20191204142104

青森県平川市から過去何回も全国お菓子博覧会で金賞や会長賞を受賞している大粒手焼き豆せんべい。

Photo_20191204142105

先月、新庄村にでかけてみつけてきた地元の直売所でも販売していない玄米豆餅(農薬不使用・無化学肥料のもち米ひめのもち使用)

Photo_20191204142101

東京の人にはちょっと珍しいかも。お鍋にいれるととろ~りとしておいしい。お鍋用のお餅。
Photo_20191204142103

Photo_20191204142301

青森県平川市から直送の玄米ポンせんべい(自然栽培の玄米と天然塩のみ)

Photo_20191204142106

ただ今、「これしかない・今しかない・ネットで売ってない」そんな田舎の手作りの美味しいものを募集中です。
いいものを伝承しないと、食べられなくなってしまいます。少しでもいいので、定期的に売れるように、ファン作りをしていきたいのです。
ご連絡はこちらへ 川野真理子の携帯090-1460-6047

 

 

|

2019年12月 3日 (火)

★☆☆彡 なみへいNews! 12月号  ☆★★

師走の風が吹き込んできました。
風邪をひかない身体に感謝しましょう。
もしひいてしまったら、いつもの健康に感謝できる絶好のチャンスです。
優しく静かに労わってあげましょう。

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2019.12.3(火)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
    なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
 なみへいのお客様 6,300名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛
【1】マルシェから繋げる『なみへいの玉手箱』 お願いごと
【2】いよいよ12月。「箕と環」飲食の持込みも出来ます!
【3】<なみへい協力>『首里城復興支援』のワークショップ

【編集後記】 あなたの故郷作ります!

■□─────────────────────□■
【1】マルシェから繋げる “なみへいの玉手箱” お願いごと
□■─────────────────────■□

今秋から、山手線大崎駅南改札口のコンコースマルシェに
9回出店しました。この間に経験したこと、学んだこと、落ち込
んだこと、面白いと思えたこと、そして、ようやく、マルシェを一つ
の点として、次の点が見えるようになってきました。

あなたにもありますよね?故郷の「無くしたくない食べ物」「作り
続けてほしい食べ物」

皆様にお願いしたいことを、経緯とあわせてブログに書きました。
https://bit.ly/33GDvF9

伝承してほしいと願う美味しいものをしっかりなみへいのブランド
として、小さくても個性のある事業にしていきたいと思っています。

■□─────────────────────□■
【2】いよいよ12月。「箕と環」飲食の持込みも出来ます!
■□─────────────────────□■
「箕と環」(みのとわ)
https://minotowa.therestaurant.jp/

47都道府県レストランという飲食店&居酒屋?だけあって、
地方の食べ物や飲み物を持ち込めるしくみを作りました。
上京される方やお仲間さんとの食事会に、「箕と環」(みのとわ)
をご利用くださいませ。珍しいものを召し上がって頂けます。
スペシャルセット2,000円、おまかせ3,200円、単品も
勿論あります!

最近一番人気なのは、賀茂とうふ近喜の京あげ 
https://bit.ly/34MErJm

次に、「これなあに?」とよく聞かれるのがこちら。
北九州(主に小倉地域)に古くから伝わる郷土料理、さばの
ぬかだき(まいこのぬかだき)です。
https://bit.ly/2Rdatu9

他にも、アンバサダー自身が推薦してくださった地元の美味しい
ものがたくさん揃っています。是非、ご予約ください。
TEL.03-5201-3886 へ

■□─────────────────────□■
【3】<なみへい協力>『首里城復興支援』のワークショップ
□■─────────────────────■□
先月のメルマガで呼びかけをした、
『首里城のこと、話したい!会のお誘い』の、その後の活動が
決まりました。 渡辺 眞理子さん、松下 美香さん主催による
【首里城復興支援】ハーブの寄せ植え&ダイアログワークショップ

facebookのイベントページはこちらです。
https://bit.ly/33IXAuk

なみへいのHP
https://bit.ly/2Y8Syq9

何をするかが決まれば、一歩がでやすいと思います。
是非ご参加ください。

■□─────────────────────□■
【編集後記】あなたの故郷作ります! 
■□─────────────────────□■
「あなたの故郷作ります!」
これから少しずつ、今ある計画を実践しながら、受入れ地域との
ご縁探しをしていきたいと思います。
ざっくりした計画はこちらです。
まだ未完なので、控えめに遠慮がちに皆様にご報告いたします。
これから、経験を活かしながら膨らませて行きますので、途中
経過として、ふ~んと思ってくだされば幸いです。
https://bit.ly/2OIm9Dx

【近況報告】
岩手県岩手町に行ってきました。
<お食事編>https://bit.ly/382otNe
<桜山荘編>https://bit.ly/33CgqDC
<人編> 少々お待ちください。

岡山県新庄村(しんじょうそん)に行ってきました。
https://bit.ly/2LbZUDZ

☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこし なみへい http://www.namihei5963.com/
    TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964  
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
 47都道府県レストラン「箕と環」(みのとわ) の奥に事務所があります
   https://minotowa.therestaurant.jp/
──☆★☆──────────────────────☆★☆

配信停止をご希望の方は、このまま本文に配信を停止してくださいと
お書きになって、返信してください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

|

2019年11月28日 (木)

マルシェから始まる “なみへいの玉手箱” 皆様にお願い

大崎駅南改札口のマルシェに8回出店しました。
最初に決めなければならなかったことは、このテントはどんなテント?とお客様に聞かれるたびに答えられるコンセプト決めでした。

これしかない、今しかない、この人にしか作れない、この地域にしかない、という限定品は規模が小さいのでなかなか流通に乗りにくく、地元でしか売っていない美味しい物がたくさんあります。
勿論、地元でしか買えないことを否定するわけではありませんが、もし、もっと定期的に継続的に作れる分だけ売れるのなら、もう少し作ってもいいと思っている人もいます。今のままなら高齢化して作れる人がいなくなります。一度途切れてしまうと伝承はもはや、郷土の食がなくなってしまうのです。

私のモチベーションは、ここに対する危機感ともう一つは、一生懸命作ってきたおかあさんやおばあさん、お父さんやおじいさんたちが、作ったものが売れて喜ぶ顔がみたいというところにあります。

どうすればそれが可能になるか、漠然とした中で始まったマルシェの出店でしたが、この間、なみへい時代に販売していた物販の中からいろいろ印象に残っているものを選んで、仕入れて販売してみました。
一番大変だったのは、毎回商品が違うので、送料、税金、場所代を含めた1個あたりの原価計算を商品ごとに毎回計算したり、商品の特徴を聞いたり調べてPOPを作ることでした。何しろ、時間がかかるのです。説明できないと売れないのですから。

しかも、私がご縁を復活させてもらった事業者さんは、メールもfacebookもやっていない、田舎の父さん母さんとのやりとりと言った方がいいので、メールがあれば添付で済むことも、印刷して郵便で送るなんてことをしなければなりませんでした。
愛しき母さん達との笑い話もたくさんあります。(これはまた今度)

そんな事前の準備の他に、売れ残りを原価のままでの販売することもありますし、勿論自腹で買うことも多く、さらには、雨の日はそもそも人が通らないし、全然利益を出すところまではいきません。私は一体何をやっているんだ!と落ち込むことの多い日々でした。今でも(;O;)

でも辞めなかったのは、現地である大崎周辺の人が「天然酵母の食パン」をとても喜んで買ってくださることがわかった頃からでした。
定期的に毎週出店しているということは、リピーターがつくということであり、この場所のお客様が求めるものを探し当てればいいということが分かってから面白いと思うようになりました。何が当たるんだろう? という好奇心。

パンは完売する! という安心感があることで、利益のでない無名の田舎の逸品でも、大崎駅を通る人たちに売れるか売れないか実験してみることが出来るようになりました。

ここでしか買えない食べ物、ネットでは買えない地方の美味しいもの。
そんな価値ある物を、価値をつけてお勧めしたい。

そして、来年はマルシェだけでなく、私たちが「無くしたくない田舎の手作り」を全国から集めた「なみへいの玉手箱」として、定期的に皆様にお届けしていきたいと思います。

少しでも喜んで食べてくれる人がいてお小遣いになれば、故郷の母さんたちは喜んで作り続けてくれると思います。
故郷や地域を応援することの小さな一つとして、これしか作れないけれど・・・今しか作れないけれど・・という人がいらっしゃいましたら私に情報をください。

みなさまが「無くしたくない食べ物」「作り続けてほしい食べ物」伝承してほしいと願う美味しいものをしっかりブランドとして、小さくても個性のあるなみへいの事業にしていきたいと思います。

是非ご連絡ください。TEL.03-6666-5963  wave★namihei5963.com(★を@に変えてください)川野真理子@なみへいです。

もし、事業者さん自身が上京の機会がある方は「寄ってみれば?」とお声をかけてあげてください。
私は、平日10時から20時までは、東京駅から一つ目のJR神田駅西口から徒歩3分の「箕と環」(みのとわ)の奥にある事務所で仕事をしています。(土日祝はいません)
金曜日はマルシェに出店ですので、戻ってくるのは19時30分になってしまいます。

第1回の「なみへいの玉手箱」は先着25名~30名の完全予約制で、2月頃を予定しています。
商品、発送日、その他詳細はメルマガで改めてご案内いたしますね。それに間に合うように、たくさんの商品情報お待ちしています!

Img_0812

|

2019年11月26日 (火)

あなたの故郷作ります! 企画書(未完)

東京には故郷のない人がたくさんいます。

これまでずっと在京出身者を意識してきましたが、ある時「故郷のない人に故郷を作ってあげればいいじゃない!」と言われて、かなり新鮮に驚いたのでした。

その後も、マルシェの先の「これしかない、今しかない」ブランド作りのことや、岩手町に行ったり新庄村に行ったりする中で、これまでやってきたことや出来ること、そして何より、やりたいことは何か? などを考えている中でまとまってきた企画書です。

まだまだ未完ですが、これから、岡山県新庄村に受け入れ地域になってもらい、東京から人を連れていって、その人たちが地元の人と繋がること、また個人でも行きたくなること、何年かのうちには第二の故郷になっていくきっかけを作りたいと思います。
新庄村さん、よろしくお願いいたします。

とりあえず今現在の「あなたの故郷作ります!」企画書です。この中から一つずつ、時間をかけてゆっくりちゃんと実現できていけばいいなと思いますし、私的にはやっぱり「地域と食」をテーマにしていきたいと思っています。

そして大事なことは、現地の“足”になってもらう以外は、極力自治体の予算を使わないやり方で実践していきたいです。
協力して頂ける地域さん、受入れ検討の余地がある方はまずはご連絡ください。

TEL.03-6666-5963  wave★namihei5963.com(★を@に変えて送信してください)
担当は、なみへい合同会社 代表社員川野真理子です。 

Photo_20191203145801

1_20191203145801

|

2019年11月24日 (日)

岡山県新庄村に行ってきました!

11月20日(水)、ナント!日帰りで岡山県新庄村に行ってきました。
新庄村は「NPO法人日本で最も美しい村連合」にも加盟している、本当に美しい村です。人口約1,000人。

きっかけは、10月、お店に新庄村の村長さんが気てくださって、いろいろなお話をしてたのですが、一度新庄村に来てくださいということになり、はい! という訳で、本当に行ってきてしまいました。 
いすみ市でも、柿をもいでもいだ柿で和菓子作りの講師をお願いした後藤鈴子さんに声をかけたら、一発で行きたい! ということになり、トントントン拍子で行ってきました。

いやー、日帰りとは思えないほどの充実した旅でした。
あまりに楽しかったので、今度は、実際に女史たちをつれて1泊でいくことを約束しました。

さて、いつ頃行きましょうか。

内容は既に決まっています。(続きは「あなたの故郷作ります!」で)

Img_0772

 

Img_0751

Img_0750

Img_0777

Img_0756

Img_0766

Img_0764

 

Img_0769

Img_0756_20191203133101

 

Img_0774

Img_0749

次回はこの滝の前でバーベキューをやろう!と決まりました。(笑)

Img_0719

Img_0686


突然訪ねた工房で、お母さん達が新庄村特産のお餅を袋詰めしていました。
ここに90分もいて、一緒にお茶っこタイムにまで仲間に入れてもらいました。
ここが何より一番楽しかった! 田舎の母さんたち、大~好き。

 Img_0726 

Img_0743

バナナよりも甘い、ポポという果物だそうです。7年ぶりに木になったようだと言っていました。

Img_0740

Img_0736

Img_0690

農薬不使用、無化学肥料のもち米「ひめのもち」で作った玄米豆餅と豆餅、しゃぶ餅を、その場で購入させてもらって背負ってきました。

マルシェで売ります! この玄米豆餅はすごいよ!

地元の道の駅でも販売していない注文制のようでした。見つけた!見つけた! 地域の逸品!

Img_0784

鍋用のお餅です。東京ではちょっと珍しいかもしれませんね。

Img_0786

Img_0782

村長さんや偉い人と、今度はいついらっしゃいますかの密談。(笑)
企画書出します。

Img_0780

 

2019年12月5日の文春に、新庄村が5頁に渡って紹介されました。
 <文春オンライン>

すっごく綺麗ですよー。是非見てみてください!


|

2019年11月18日 (月)

岩手県岩手町に行ってきました。-お食事編-

素晴らしかったお料理のこと、お料理に合わせて出てきた9種類のくずまきワインのこと、保険に入っているという器のこと、何から何まで本当に感動しました。
明日改めて書き足します。今日はまずは人編も含めて、先に写真だけアップしますね。

77284174_2562110457236068_34230936808508

Img_0482

Img_0483

Img_0485

Img_0490

Img_0491

Img_0492

Img_0502

Img_0430

Img_0496

Img_0669_20191118161801   

|

2019年11月17日 (日)

岩手県岩手町に行ってきました。-桜山荘編-

歴史的な建物である桜山荘(おうざんそう)。柴田和子さんが、おじいさまから引き継いだ個人の建物だそうで、普段はなかなかお邪魔できない特別の計らいでお邪魔させて頂きました。真っ赤なもみじがそれはそれは美しく見事でした。
屏風は、津軽のナナオさんという方が泊まって書かれたということです。
我が故郷津軽から、何のご縁があってここまで来られたのかなーと思いました。

Img_0418Img_0422

Img_0424 

Img_0428 Img_0442

Img_0440

Img_0429
夕方からここでお食事会が始まります。

 

 

|

2019年11月 7日 (木)

★☆☆彡 なみへいNews! 11月号  ☆★★

神様にお祈りします。
被災地の人が、1日でも早く普通の生活に戻れますように。
お願いします。

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2019.11.6(水)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
    なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
 なみへいのお客様 6,300名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛
【1】11/11日(月)地域で活躍する素敵な人紹介します!
【2】1日スナックのママ&マスター募集中。カウンター6席限定
【3】「おだやかな革命」上映会中止のお知らせ
【4】『首里城のこと、話したい!会のお誘い』<2人から呼びかけ>
【5】 「箕と環」(みのとわ)のランチ・貸切・いつものメニュー
【6】11/29(金)なみへい企画協力のイベント
   NPO法人日本で最も美しい村連合スペシャルマルシェ

【編集後記】 「お新香の逆襲」大崎マルシェ 

■□─────────────────────□■
【1】11/11日(月)地域で活躍する素敵な人紹介します!
□■─────────────────────■□
今回の企画内容は我ながら素晴らしい!と思う内容です。
が、人の気持ちがちょっとうつむいている時期のせいでしょうか、
いえ、もっともっと情報の発信をすべきだった、力不足のせいで
しょう、もう少し空席があります。
皆さん、素晴らしいプレゼンターと、地元で頑張る魅力的な人や
チームをご紹介しますので、このお値打ち企画に是非ご参加
ください。 HP→ https://bit.ly/2VJilnD

青森県から神さん登場-本場の津軽弁で平川市の自慢を
聴かせます!
千葉県いすみ市から2地域居住の吉田庸子さん-港の朝市
の縁の下の女性達の活動を紹介します!
静岡県裾野市から志田忠弘さん-「何にもしない合宿」で
全国的に注目を集めている小田圭介さんを紹介します。

facebookのイベントページはこちらです。
https://www.facebook.com/events/386018485609816/

参加できない方でも、面白い企画だなーと思ってくださる
方はシェアの協力をお願いします。

■□─────────────────────□■
【2】1日スナックのママ&マスター募集中。カウンター6席限定
■□─────────────────────□■
こんな感じで、1日ママやってみませんか? 
手ぶらでOK。詳細はこちらです。https://bit.ly/34ic8Ca

http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-1d1654.html

■□─────────────────────□■
【3】「おだやかな革命」上映会中止のお知らせ
□■─────────────────────■□
今だからこそ!と思い企画した、自然エネルギーによる地域再生
の映画ですが、残念ながら中止にいたしました。

自分自身が観たかったからこそ企画したのですが、首里城の火事
が発生し、知られていなかった台風の被災地が日ごとに増えている
現実や加えてボランティアが足りないことなどを知るにつれ、自分
自身の気持ちが、元気に前を見るには、まだ、もうちょっと先かも
しれないと思いました。
お申込がまだ少ないところで早めに決断をさせて頂きました。
また時期を改めて企画させて頂きます。本当に申し訳ありません。
ブログにもお詫びを書きました。
https://bit.ly/33BQIj6


■□─────────────────────□■
【4】『首里城のこと、話したい!会 のお誘い』
  <渡辺眞理子さんと花房美香さんからの呼びかけ>
■□─────────────────────□■
『首里城のこと、話したい!会 のお誘い』

首里城火災のことはすでにご承知のことと思います。そこで
なみへいのメルマガ読者の皆様にお知らせです。
あのニュースを見て「何かしたい!けど、何をしたらいいのか
わからない…」「なんかわかんないんだけどモヤモヤする?!」と
感じた貴方!その思いを言葉にして、みんなで語り合ってみませんか?

もちろん発起人である私たちがそう思ったからこそのこのご提案です。
どう思ったのか、思わなかったのか。
何ができるか、できないのか。
何かしたいのか、したくないのか。
貴方のその言葉たちがどこに着地するのか。正直全くわかりません。
けれど、そこにある確かな思いをみんなでちょっと大事にしてみませんか?

もし、こんな文章をここまで読んでくださったのなら、
11月11日(月)までに下記発起人に以下要領でご一報ください。
その後連絡を取り合って、みんなで集まる日時を決めたいと思っています。
ともかくご連絡をお待ちしています。

--------------
件名:首里城のこと話したい!会 参加希望
本文:お名前/メールアドレス/コメント(あれば)
-------------
■発起人(★を@に変えて送信してください)
渡辺 眞理子(ワークショップデザイナー)
 :paransae95★yahoo.co.jp もしくはメッセンジャー
花房 美香(オーガニックガーデナー)
 :mk.hanabusa★gmail.com もしくはメッセンジャー
■協力
なみへい合同会社:wave@namihei5963.com
■首里城のこと、話したい!会 会場提供
箕と環(東京/神田):https://minotowa.therestaurant.jp


■□─────────────────────□■
【5】「箕と環」(みのとわ)のランチ・スペシャルプラン・貸切
■□─────────────────────□■
いよいよ忘年会の時期がやってきました!
私、川野真理子もお手伝いで入っていることが多くなると思います
ので、皆様、どうぞ久しぶりに顔を見せにいらしてくださいね。

「箕と環」(みのとわ)のサイトはここです。
https://minotowa.therestaurant.jp/

★通常メニュー
単品/おまかせ3,200円/前菜5点スペシャル2,000円

★貸切プラン20名から
5,000円コースと6,000円コース(飲み放題&セレクト)

★ランチ 火~金11:30~14:00(13:30 L.O)週4回
大分丼・銚子定食・福井自然薯そば・瀬戸内サンド淡路パスタ

最近特に好評だったもの
<山形>庄内麩の鍋/<千葉>ぬれ煎餅ピザ
<滋賀>白黒キクラゲの中華風
http://bit.ly/2nV2J40

まだ47都道府県は揃っていませんが、メニューは他で食べられない
ものが多く、皆さん喜んでくださいます。ご予約をお待ちしています!

箕と環 -MINO TO WA-ご予約はこちら
http://bit.ly/2neUwqY  TEL.03-5201-3886

■□─────────────────────□■
【6】11/29(金)なみへい企画協力のイベント
  NPO法人日本で最も美しい村連合スペシャルマルシェ
■□─────────────────────□■
11月29日(金)は、
なみへい合同会社が初めてNPO法人日本で最も美しい村
連合に企画提案したスペシャルマルシェの企画が通り、大崎駅
南改札口前で5地域が揃って出店することになりました!

山形県飯豊町
福島県北塩原村
群馬県中之条町六合
奈良県曽爾村
鹿児島県喜界島

チラシをブログにアップしました。ほしい方にはPDFでお送りします
ので、是非、友人知人出身者、関係者の方にお送りください。
https://bit.ly/2CifsRD 
うんと、売上をあげて帰ってもらいたいと思います!

■□─────────────────────□■
【編集後記】「お新香の逆襲」大崎マルシェ 
■□─────────────────────□■
昔から作られている手作りの漬物を食べることを通して、日本の
古き良き食文化の継承をしたいという趣旨で、2020年2月21日
22日(予定)大崎駅南改札口前で、「お新香の逆襲」という
イベントが開催されます。
イベントの企画運営会社は、ムクモト設計株式会社さん。
今年で3回目だそうです。

大崎というところは、IT会社が多いので、若い人たちも多く、
全国各地のこだわりの製法で作られた沢庵漬けやお米をちゃんと
食べさせたいという訳です。お新香の逆襲といういわれです。(^o^)
たくあん食べ比べ&マリアージュ体験コーナーとか、たくあん
グランプリというのもあります。

今回はこの「お新香の逆襲」にたくあんを出してくださる地域や
チームを募集しています。

大体、1ヶ所から30本~50本位ほしいということですので、
これから手作りのたくあんを作るんだよーという方は、是非直接
連絡してみてください。

ムクモト設計株式会社 代表取締役 椋本修平
tel 090-6522-5278
fax 03-6800-2475
web www.mukumoto.biz

※現在、なみへいもムクモトさんの協力を頂いて、毎週(金)(土)に
出店させて頂いています。(11/15-16はなみへい店は休み)

地方の“しかない逸品”(これしかない・ここにしかない・今しか
ない・この人しかできない・HPでも買えない)等の物を探しながら、
毎回、いろいろな町村の小さなものを探して販売しています。

今週の(金)(土)11/8-9に出店するものは、岡山県真庭の
古代米の甘酒/伊豆下田の生わさび100%の手作りわさび
漬け/伊豆下田の乾燥みかん/長野県小海町の天然酵母
の食パン/間に合えば鶴岡の玉こんにゃくを出品する予定です。

数量限定販売の物が多く、初日になくなるものもありますが、
今週の(金)(土)は大崎駅南改札口前に12時から19時まで
おりますので顔をみせてくださいね。

☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
 47都道府県レストラン「箕と環」(みのとわ) 
 https://minotowa.therestaurant.jp/
──☆★☆──────────────────────☆★☆

配信停止をご希望の方は、このまま本文に配信を停止してくださいと
お書きになって、返信してください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

|

2019年11月 6日 (水)

11/29(金) NPO法人日本で最も美しい村スペシャルマルシェ企画

Photo_20191106155601

私は NPO法人日本で最も美しい村連合が大好きです。
2005年に7つの町村からスタートし、今では63ヶ所の美しい村がこちらのNPO法人に加盟しているそうです。

この美しい村がいつまでもニッポンの原風景として残っていてほしいとずっと思ってきましたし、事務所も同じ神田にあるというご縁で、何年も前から、いつか美しい村連合さんのお仕事をさせてもらいたいと思ってきました。

何度か企画書を持ち込んでいるのですがなかなか実現せず、今年の夏に提案したマルシェ企画がようやく実験的にやってみましょうということで開催が決まりました。嬉しかったです。

連合にとっても、なみへい合同会社にとっても初めてのことですし、11月という時期は町村は忙しく、出店地域は5ヶ所だけですが、それでも少しでも町村の宣伝ができて、東京では食べられない美味しいものを紹介してほしいと思っています。
そして、在京出身者の人には、絶対、故郷の情報や懐かしい故郷に触れに来てほしいと思います。
皆様の周りに下記の出店地域に縁やゆかりのある方がいらっしゃいましたら是非紹介してあげてくださいね。

このページの短縮URLはこちらです。→ https://bit.ly/2CifsRD

マルシェに出店するエリアは次の5地域です。

山形県飯豊町
福島県北塩原村
群馬県中之条町六合
奈良県曽爾村
鹿児島県喜界島

【日時】2019年11月29日(金) 12時から19時まで
【場所】東京都品川区 JR大崎駅南口改札前 東西自由通路
【主催】NPO法人日本で最も美しい村連合
【協力】なみへい合同会社


|

2019年11月 5日 (火)

11/11(月) 地域で活躍する「魅力的な人・面白い人」紹介します!

来週の11日(月)は、いよいよ地域で活躍する素敵な人紹介の「故郷自慢プレゼン会」です。私としてはとってもいい内容と自負しているイベントなのですが、まだもう少し空きがあります。

青森県平川市からは私の出身地から神さんが上京してくれます。神さんの津軽弁は本場の津軽弁ですので(標準語を聞いたことがない。どうも話せないらしい(笑))、Uターンして「遊びプラン100個を作る」ことを目標にして頑張っている若者たちを自慢してくれます。

千葉県いすみ市の吉田庸子さんは、いすみと言えば港の朝市ですが、その朝市を盛り上げている素敵な女性たちを紹介してくれます。移住している女性達も多いんですよ。いすみ市は。


静岡県裾野市在住の志田さんは、裾野市で活躍している「何にもしない合宿」で有名な小田圭介さんを自慢してくれます。
ナント、小田さんは当日実際に参加してくださることになっています!
プレゼン地域の食材も入ってこの金額ですので(3800円)、お時間のある方は、是非ご参加ください。

詳細&申し込みはこちら
https://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi…

5_20191106104501

|

2019年10月30日 (水)

こんな人いませんか?

最近こんなことに興味があって、詳しい人がいないかなーと思っているのですが、そうだ! ダメもとで、スナックマリコにきてもらえるとすごーくゆっくりいろいろお話が聞けるなーと気がつきました。


<最近考えついたこと>

田舎の母さんが作っていそうな極少量でもいいので、無農薬の野菜や果物で、ホテルの朝食に出てくるような13gとか14gの小さなジャムを作りたいのです。
地方の母さんたちが、地元の野菜や果物でこういうものが作れたら、ロスにしなくてもいいし、少しでもお小遣いになるかなーと思って。

100個とか200個とか、またはそれ以下でもいいので、数量限定で内職のように作れると規格外であろうが、希少であろうが、今のこの時代だから天然酵母のパンと一緒に販売すると売れるだろうなー思っています。(特に今マルシェに出店しているので、大崎のマルシェは天然酵母のパンがとてもよく売れるのです)ところが、このポーションというのでしょうか、容器だけ探してもなかなか出てきません。
ということは、おそらく、容器だけではなく中身と一緒に上から圧力をかけて、ガチャットこのジャムを作っていると思うのですが、これを作るにはどうすればいいか、教えてくれそうな人がいましたら、是非きてほしいです。
製造許可をもっているお母さんが無理なら、加工所は知っているのでそこに出してもいいのですけれど、そのあたりに詳しい人はいませんかねー。

Photo_20191029162901

それと、流通にのらない数量限定・季節限定・地域限定・生産者限定のような、とても儲からないだろうけれども、少しでも定期的に継続的に少数販売をしてあげられるといいなーと、ずっと前から思っています。

田舎にそんな食材があるよーという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非、スナックマリコにきてください。
10月と11月は毎週水曜日に「スナックマリコ」をやっています。(11月20日(水)は岡山県新庄村へ出張のため、不在です)

案外、それ以外の曜日もホールにはいませんが、店の奥の事務所にはいますので、どうせどこかで飲む予定があるときには、是非ご一報くださいませ。TEL.03-6666-5963  なみへい合同会社 

 

 

|

2019年10月29日 (火)

“1日スナックママ”さんになってみませんか?

川野真理子企画で、1日だけスナックのママ&マスターになってみませんかという企画を始めています。
これは、「箕と環」(みのとわ)のカウンター(6席)を私が間借りする形で、面白い人や魅力的な人、この人の話は聞きたいだろうなーと思う人にお声をかけています。

そのトップバッターとしてお声がけしたのが渡辺眞理子さん。
眞理子さんの昨日のテーマは「わたなべまりこ 月曜日の保健室」

保健室というと皆さんいろんなイメージがあるらしく、妄想一杯の話題で大爆笑でした。

それぞれの話題あり、エニアグラムのタイプの話題あり、ラーメンの本を出したい話から、事業の悩みあり、面白かったですよー。

 

Img_0310 Img_0301 Img_0316

ただ今、ママ&マスター、やってみたい人募集中です。

条件はこちら

-------------

1.日時の設定は、ママがお店と相談して決めます。(なるべく貸切のない1ヵ月以内の日程で)
2.お客様(カウンターは7人maxなので7人以内)はご自分がお誘いください。
3.お客様は、それぞれがご自分の食べた分だけ、飲んだ分だけお店に注文&清算して頂きます。
4.お客様5人以上お呼び頂いた時、ママにはドリンク2杯、おまかせ料理2品を無料で提供します。謝礼はありません。
5.お客様が0人でも何のペナルティもありません。飲んだ分食べた分だけ支払ってください。(^o^)
6.ママやマスター&お客様が、仲間に飲ませたいドリンクや特産を持ち込みたい時は、別途持ち込み料金がかかります。


※カウンターの半分くらいを借りて、厨房の邪魔にならないようにしています。椅子は7脚ありますが、5~6人位が理想的でしょうか、ママやマスターを通して皆さんが交流し、楽しんでもらうことことが目的です。

興味のある方はこちらへ 
 なみへい合同会社 担当川野真理子 TEL.03-6666-5963 
または、facebook個人ページ https://www.facebook.com/mariko.kawano.54  からメッセージください。

 


このページの短縮URLはこちら https://bit.ly/34ic8Ca


 

|

2019年10月23日 (水)

祝日だったのね。「即位礼正殿の儀」

私としたことが。
昨日は「即位礼正殿の儀」だとは知っていたけれど、それが祝日と結びつかず、カレンダーも赤字になっていないし、普通に10時に出勤して、普通に20時に退社した。

帰途、「箕と環」(みのとわ)の店主(息子)に、なんで来なかったのだろうとメールしたら、祝日だからという返事。
なんということを!
どおりで電話も1本もならず、世の中全体が静かな感じがしたはずだ。

今日は気を取り直してガンバロウ!
カウンター7席だけの水曜日「1日スナックマリコ」です。
お家に帰る前にサクッと1杯飲みたい方、是非お立ち寄りくださいね。TEL.03-6666-5963

|

2019年10月22日 (火)

アルゼンチン産ワイン「MISSION of TSUNEO YONE」

Photo_20191022184101

かがり火復刊10周年のパーティーで振舞われたアルゼンチン産ワイン「MISSION of TSUNEO YONE」。

山形県南陽市から、1957年(昭和32年)にワイナリー経営を夢見て、南米に移住した米常夫さん一家。(ラベルはその当時の写真だそうです)
親戚中の反対を押し切って、夢を実現するために奥さんを連れて渡ったが、米さんは夢を果たすことなく亡くなった。
長男の邦久さんがその夢を実現させようと頑張ってきたが、ブドウ栽培はできたものの、巨額の投資を必要とする醸造設備をもつまではできなかったという。

2008年にサラダコスモの中田社長がその米農園を訪ね、その苦難の道を聞いたことから、支援が始まったという。
10年以上かけて、ようやく出来たワインがこの「MISSION of TSUNEO YONE」。

かがり火186号10P-11Pに、「アンデス山麓でワイン用フドウを栽培する米邦久さんと、応援する中津川市サラダコスモの中田智洋さん」というタイトルで、記事が掲載されています。(かがり火は「箕と環」(みのとわ)に置いてあります。いつでも見に来てください)

味については記事の中でこんなふうに紹介されています。
「邦久さんが栽培しているワイン用のブドウはシラーという甘みのある品種である。フランス南東部のローヌ地方が原産とされるもので、深い赤紫色をしており、ピノ・ノワールのようにデリケートで華やかな香りをもちながらエネルギッシュで野性的と言われるブドウである。カベルネ・ソーヴィニヨンよりも収穫量が多く、より幅広い土壌や気候に対応できるという特徴がある。」

どこかのタイミングでまずは飲んでみたい、と思っていたので、試飲と共にこの日、中田さんのこのワインのお話を直接聞けたことは本当にラッキーでした。素直に感動しました。かがり火に同封されていたチラシは見ていましたし、その後、ざっくりとかがり火の記事は読んでいましたが、行動を起こすまでに自分の感性が働いていなかったことの残念さと共に、違う意味で、やっぱり“人に会って話す”ことの大事さを思ったりしたのでした。

米さん一家が、60年前から異国で奮闘してきたワインが、ようやく中田さんの力を借りて、山形県に里帰りさせたというお話、目に見えない人の気持ちが続いて繋がっている。
我が人生にはこういうことはないので、本当に驚くというか、中田さんのすごさを思うというか、かがり火の忘年会の日には、私から差し入れで入れさせてもらおうと思っています。

お問い合わせは、サラダコスモちこり村ギフト係  0120-880-433 

1箱6本で9,000円(税込)送料無料

Img_0211

何度もアルゼンチンに通いながら、米さん一家の夢を果たすために支援し続けたサラダコスモ中田智洋さん。
美濃チコリ焼酎のはっぴを来て、ワインの宣伝をしています。(笑)

 

|

2019年10月20日 (日)

かがり火復刊10周年-同じ時代に立ち会えたことに感謝

かがり火復刊10年のお祝いに全国から150名近くの方たちが大集合しました。この会に出会えたこと、復刊のために、全国の支局長たちご立ち上がって復刊のために動いた時代に立ち会わせて頂いたことは、本当に衝撃的でした。
なみへいをやっていなければ、出会うことはなかった人たちでした。

なみへいで毎年忘年会を開催してくださり、全国から本気の地域リーダーたちが集っていらっしゃいました。
年に1回は、街づくりフォーラムが開催されるので、その時にはまた再会出来る喜びがありました。心から感謝すると同時に、昨日の内山先生のご講演で話された「関係こそが物ごとの実態を作っている」という意味がようやく理解できた気がしました。

繋がる、繋がるとみんな言うけれど、それは入り口で、そこから関係性を作って、継続して、目に見えない信頼と大切にしたいと言う気持ちが生まれて初めて、繋がっていると言えるんだなと思いました。しかも、長~い年月をかけて先祖から代々繋がっているという、この歳になって改めて、田舎の面倒なつきあいのことなどを思ったりしたのでした。
あれが嫌で高校卒業して上京してきたけれど、今は、あの面倒が人の暮らしにとても大切なことなのだということも、少しだけ理解できるようになりました。

人の人生も自分の人生も受け入れて、愛情深く大らかに生きていきたいものです。

菅原さん、後10年は頑張ってくださいね。

72569229_554019285347877_546877528240186 72361821_554019345347871_657116833501727 72647128_553588945390911_733117590198969 74680628_554019375347868_824288101377717 Img_0230 74284073_554019435347862_338503088610476 Img_0250 Img_0254

 

|

2019年10月18日 (金)

秋ですねー。津軽から栗入荷。

今日はマルシェの出店が出来なくなってしまったので、手配済みの津軽の栗を店に送ってもらいました。いつもいろいろ里の自慢や手作りの漬物などを送ってくださる津軽の芳子さんのからです。
1個30g以上もある立派な栗です。

今日中に売り切りたいので、お安く値付けしてみたら、ランチのお客様が7人も買ってくださいました。
ありがたや、ありがたや。

ディスプレイ用のイガクリまで入れてもらったので、本当に秋の風情が目の前に・・・と言う感じです。
インスタバエするというのでしょうね。

Img_0177

|

2019年10月16日 (水)

台風19号の被災地の生産物をマルシェで支援しませんか!

今は無理かも、、、無駄かもとは思いつつ。。。

たくさんの地域で大きな被害があり、特に田んぼや畑の様子をみるにつけ、気が沈む思いでおります。
何が出来るだろうかと考え、なみへいが9月から毎週出店している大崎駅南口改札前マルシェの運営会社の社長さんに相談したところ、快く、マルシェの場を無料で提供して頂けることになりました。

JRの大崎駅南改札前では、毎週(金)(土)に「大崎二十四節気祭」というマルシェを開催しています。
運営はムクモト設計(株)(代表 椋本修平さん)ですが、11月の毎週(金)(土)の予定で、被災地支援のためにマルシェの場を使わせて頂けます。

今出来る環境の中で、果たしてどの位被災地のお役に立てるかはわかりませんが、何事もやってみなければわかりません。
そんな訳で、場所と意欲はありますが、肝心の被災現地とパイプのある人で、自らも販売することで少しでもお役に立ちたいと思ってくださるボランティアの方たちが必要です。

マルシェで沢山売るためには、ボランティアさんのネットワークにも情報提供をして買いに来て頂くことも重要です。
出店者みんなで、協力しあいましょう。

宅配便も荷物の配達受入れがまだ順調ではないでしょうし、現地の状況を聞きつつ、準備出来るといいなと思います。

--------------------------------------------------

【出店予定日】11月 8日(金)と9日(土) いずれか1日でも可

 ※もし、ご希望が多ければ11月22日(金)と23日(土)も検討
 ※出店希望者がいないときは、被災地支援テントの出店はありません。

【出店時間】
12時~19時(搬入は10時30分から、搬出は19時30分位で終了)

【広さ】
テント 3m×3m
テーブル 180cm×45cm 2台


【スタッフ】

1~2人位で十分だと思いますが、何人かで時間を分担すると負担は少ないと思います。

【締め切り】11月1日(金)

【その他】
なみへい合同会社の川野真理子が、ムクモトさんのお力を借りながら、しっかりフォローします。まずはご連絡ください。
TEL.03-6666-5963


個人のfacebook 

https://www.facebook.com/mariko.kawano.54

又は、
10月と11月の毎週水曜日の夜は、18時30分~21時30分まで、神田駅西口から徒歩3分の47都道府県レストラン「箕と環」(みのとわ)の
カウンターで1日ママをやっていますので、ご来店ください。詳細やもっと力になれる方法などお話ができましたら幸いです。

------------------
このページのブログ短縮URLはこちらです。https://bit.ly/35Cztjj



#台風被害生産物支援 #マルシェで支援 #故郷支援 #大崎南改札口前マルシェ

|

2019年10月15日 (火)

第5回なみへい故郷自慢プレゼン交流会のお知らせ

5

まずは故郷を自慢することから始めようということでスタートした故郷自慢は、第5回目を迎えることになりました。
今回は、自慢するものを故郷の景観・文化・食からさらに進めて “面白い人”や“魅力的な人”に焦点を当ててプレゼンをして頂くことになりました。プレゼンターは全員、地方に在住している上京の機会の多いキーマンばかりです。そんなに素敵な人がいるなら、是非行ってみたい! というところに繋がることを目指して、プレゼンしてもらいます!

【日 時】2019年11月11日(月) (開場18:30〜)

18:50〜19:50 ふるさと自慢プレゼンテーション(1人20分) 

20:00〜22:00 食事交流会 

【参加費】3,800円(それぞれの地域の食材を入れたお食事と1ドリンク付。追加はキャッシュオン・デリバリー)

【場 所】「箕と環」(みのとわ) JR神田駅西口徒歩3分
    旧なみへい(東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F)

【主 催】なみへい合同会社 TEL.03-6666-5963 
【定 員】30名位(要予約)★名簿を配布いたしますので、予めご了承の上ご参加ください。 
【お申込】https://select-type.com/e/?id=MD_OhRC_ZAo

<プレゼンター3名>
★青森県青森市在住 神直文さん(じんなおふみ)
一般社団法人あおつな創出プロジェクト代表

★千葉県いすみ市と東京の2地域居住 吉田 庸子さん(よしだようこ)
トコ・ワイワイ主宰/パラレルワーカー

★静岡県裾野市在住 志田忠弘さん(しだただひろ)
一般社団法人マチテラス製作所副代表理事

-----------------------
<プレゼンターが自慢したい魅力的な人やチーム>

★青森の神さんが自慢するチーム
「Asobo!Hirakawa 」 (あそぼ ひらかわ)を紹介します!
青森県平川市で「住んでいて楽しめるまちへ」をモットーに「ひらかわ遊びプラン100個をつくる!」を目標としてケッパルUIターンで作る団体。 地元には魅力がない、娯楽がない、つまらない…そんな悲しい言葉、想いを次の世代に伝えてはいけない。みんなが楽しんでいたら、きっと、いまよりステキに映るはずと活躍中です。


★千葉県いすみ市の吉田庸子さんが自慢するチーム
いすみ市のウーマンパワーをご紹介します!
いすみ市のいいモノ・コト・ヒトが集う、宝箱のような場所である「大原漁港・港の朝市」。そこには、縁の下の力持ちとして朝市を盛り上げているたくさんの素敵な女性たちがいます。普段はあまりクローズアップされることがないけれど、この人たちがいなければ朝市は成り立たない!そんな素敵な女性達をご紹介します。


★静岡県裾野市の志田忠弘さんが自慢したい人
小田圭介(おだけいすけ)さんを紹介します! 
霞ヶ関の若手官僚がわざわざ見学に来る「何にもしない合宿」で、全国的に注目を集めている人物です。でも、ご紹介したいのはそういうことだけではなく、地域や組織の支援を受けず全市からの得票で当選している3期目の市議であることや、地元の裾野高校と地域を交流させる「トークフォークダンス」を実践していることなどをご紹介します。

 

#故郷自慢 #故郷の魅力的な人紹介 #なみへい故郷自慢プレゼン交流会

|

2019年10月11日 (金)

【情報提供シェア】A級グルメアカデミー開校

地方の食ビジネスと人材育成を兼ねた、とてもいい企画があります。
受講料は一瞬高いと思うかもしれませんが、講師陣といい、少人数の受講者数といい、お勧めしたい企画です。

場所は、東京都千代田区神田です。遠方から参加の方のために、寮の準備もしてくたているようです。

-------------------------------------
A級グルメアカデミー~地域での起業を目指す食の学校~のご案内です。
A級グルメアカデミーは、地域の食を担う次世代を育む食の学び場です。
東京のど真ん中で、全国の地域から集う仲間と共にじっくりと学び合います。
-------------------------------------

【期間】11月5日(火)~30日(土)日祭日休講
     午前   9:00-12:00の間で2時間30分
     午後 13:30-16:30の間で2時間30分
【定員】8名
【受講料】18万円(入寮を希望する場合は別途寮費30,000円)

【講義内容】
〇座学:1日2コマ、全24コマ
〇ワークショップ:毎週土曜日4回
・全国の地域で食に携わる実践者による講義
・食ビジネスや起業に関する講義
・参加者同士の学び合いの場
〇実践:1週間
・実店舗空間を活用した実践チャレンジ
(自ら考える食プロジェクトを、1週間程度のポップアップ店舗として出店)

【環境】遠方の方も安心!教育寮あり
本校は千代田区神田に位置する地域交流拠点「錦町ブンカイサン」
1階は地域の食を扱う飲食店、4-5階は教育寮となっており、職住学近接で安心して1か月間をすごせる環境を完備

【講師陣】一流の講師がバックアップ!
アル・ケッチャーノ 奥田正行、
邑南町 寺本英仁、
農商工連携サポートセンター 大塚洋一郎ほか飲食店経営者、
地域の食ビジネス実践者、食文化関係者など、各分野で活躍されている方々があなたのスキルアップ、起業を応援します。

【将来の進路】
・地域の料理店オーナー、食プロデューサーとして起業。
・にっぽんA級グルメのまち連合加盟自治体の「地域おこし協力隊」として、最大3年間、地域の飲食店で経験を積むことも可能です(報奨金あり)。
【締切】10月31日
【お問合せ】枝見太朗 edami@yamori.jp までメールでお願いします。
  お急ぎの場合は、プラットフォームサービス株式会社 北川千華 03-3233-1511

【応募方法】お名前・性別・住所・連絡先メールアドレス・連絡先電話番号・志望動機を枝見 edami@yamori.jp までメールにてお知らせください。応募用紙をお送りいたします

【カリキュラム】カリキュラムの詳細、チラシはこちら↓
 http://www.yamori.jp/news/9829/

【運営体制】
運営:プラットフォームサービス株式会社 / にっぽん A 級(永久)グルメのまち連合
協力:ハバタク株式会社
後援(予定):千代田区、公益財団法人まちみらい千代田 

 

|

2019年10月10日 (木)

鮮度保持剤のこと

先週久しぶりに会った友人が、鮮度保持剤を作っている会社のIT関係のコンサルをしているという話から、すごーい勉強になることを聞いた。

私が大好きな和菓子を、どうしてもマルシェに出してみたくて仕入れて販売したけれど、日持ちがしないのでやっぱり残ってしまい、冷凍にして人にあげたりしているのよと話したら、そういうお菓子は、鮮度保持剤だけで賞味期限を伸ばすことができるんだよと教えてくれた。

お菓子に入っている食べられない小さなシール(みんなが知ってるシリカゲルみたいなもの)を変えるだけで、原材料には何も添加せずに出来るんだって。身近な話だったし、まったく知らないことだったので、すっごく衝撃的だった。

鮮度保持剤って、乾燥剤と脱酸素剤、アルコール蒸散財を総称してよぶらしい。

もし、賞味期限2~3日のものが4~5日にでも伸びてくれたら、販売する側にとっても事業者さんにとっても有難いことだし、地域から出てこれない逸品も、販路が広がろうというものだよね。

(検査してからだからすべてが可能という訳ではないみたいだけれど)

すごいねー。知らないことばかりだ。

スナックマリコ(1日ママ)のときの話題にしよう。(笑)


#鮮度保持剤 #乾燥剤 #世の中知らないことばかり 

|

スナックマリコ

10月~11月期間限定の「川野真理子のおしゃべりスナック「毎週ど真ん中」

何の準備もいらないので、気楽な気持ちでメルマガ告知から3日目の開催。

どうせ店にいるので、誰もこなければそれはそれで構わないしみたいな気持ちでいたら、伊藤さんと海ちゃんがきてくれた。

ITが本業の伊藤さんは今まで知らなかったけれど、商船大学卒業で船乗りだったんだって。

相変わらずきれいな海ちゃんは、どんなタイトルでママやろうかという話で、いろんな楽しい企画ができそうで、こちらまで妄想ワクワク。


次回のスナックマリコは、10月16日の(水)週のど真ん中。

もし、地方から上京予定のある女性で、どこに食事に行っていいかわからない人。
私も経験あるけれど、結局はコンビニでお弁当買って、ホテルで食べるなんていう人がいたら、是非寄ってほしいと思います。
少しだけ楽しくて、少しだけ温かい自然な空間を提供しますよー。気楽な気持ちできてくださいな。

 Img_0170



#1人ご飯 #東京出張で晩御飯 #1日ママ #スナックマリコ

|

2019年10月 9日 (水)

川野真理子のおしゃべりスナック「毎週ど真ん中」

元のなみへいのお客様に、箕と環(みのとわ)にも飲みにきてね~というと、
川野さんもいるの?とよく聞かれるので、箕と環のカウンターを借りて、
忘年会前の10月&11月だけ、特別に必ず私がいる日を「スナック真理子」として開催することにしました。

「川野さんの言いたい放題が聞きたい」
「話を聞いてもらうより、あなたの話が聞きたい」
「そりゃだめでしょ!とズバッと言われたい」

だそうです。

こんなに優しくて、大らかな私をつかまえて、なんてひどいことを言って
くれるのでしょう。(笑)

そんなわけで、こんな私でよかったら、怒られにきてください。(笑)

第1回目は10月9日(水)18:30から、ボチボチ、ゆるゆると
おいしいものを準備してお待ちしていますね~。

カウンターは7席しかありませんので、5-6人でいいくらいですかねー。


次は同時に、「スナック〇〇〇」 あなたを募集しています。

ママさんやりませんか?

<詳細>
--------------

1.日時の設定は、ママが自由に決めます。
  (貸切のない1ヵ月以内の日程で、店と相談)
2.お客様(カウンターは7人maxなので7人以内)はご自分がお誘いください。
3.お客様は、それぞれがご自分の食べた分だけ、飲んだ分だけお店に注文&清算して頂きます。
4.お客様5人以上お呼び頂いた時、ママにはドリンク2杯、おまかせ料理2品を無料で提供します。謝礼はありません。
5.ママやマスター&お客様が、仲間に飲ませたいドリンクや特産を持ち込みたい時は、別途持ち込み料金がかかります。
6.お客様が0人でも何のペナルティもありません。

楽しんでもらうことことが一番の目的です。

--------------

ご相談はこちらへ TEL.03-6666-5963  川野真理子@なみへい

 

|

«2019“よい仕事おこし”フェア