2019年7月 8日 (月)

残念なお店に入りました-おもてなし

0泊2日で故郷に行ってきました。内容についてはまた改めて。

今回一番残念に思ったことを正直に書いておこうと思いました。
出来れば、地元の飲食店の人に是非読んでほしいという気持ちからです。

以前から機会があったら一度寄ってみようと思っていた横丁に行ってきました。カウンターのお店が何軒か入っているうちの、空いているところに入りました。一番隅っこにお1人座っていて、あとは予約札だったので、お1人様の隣に座りました。
枝豆を食べながら無言で飲んでいらしたので、てっきり常連さんかと思ったら、小樽からバイクで初めてここに来て、来たら一度寄ってみたいと思っていたので、ホテルにバイクを置いてわざわざ飲みに来たということでした。

それなのに、お店の人の感度の悪さ。
何でもっと小樽のことを聞いてあげないのだろう? 話しかけないのだろう? 他にお客様いないのに。話しかけてほしくないオーラではなかったと思うけれど。
何で、市内はどこまわりましたか?とか、この辺りはここが素晴らしいですよとか、とにかく、地元に対する愛着がまったく感じられない。
思わず、私のスイッチが入ってしまって、昔は桜祭りの時期はGWだったので、家族中でゴザとお弁当をもって観に来る年中行事だったんですよとか、今日みてきた田んぼアートの写真を見せたり、小樽の横丁の話や帯広の屋台村のことなどいろいろ話題にした。


もっと意気投合すれば、まだまだいるつもりだったけれど、どうも店全体のノリが悪いのと、何より一番は食べたいものがなくて、1時間もたたないうちにこのままどうすりゃいいんだ・・・で困った。メニューは700円~800円が中心なので、最初の皿の量をみてこれ
1人で食べるの? と思ってしまったから3皿めは頼めなかった。

残念ながら、ここに来たからこそ食べられるものは何一つない。だから話題にものぼらないし。日本中どこに行っても食べられるものだけだった。
多分、地元の数人相手に作ったメニューだと思うけれど、これではだめだよ~と心の中で思った。
量の問題、メニューの問題、値段の問題、接客のレベルの低さ。(滝川クリステルのマニュアルのCMじゃないけれど)

この人は、飲食店がやりたくて横丁に参加したと言っていたけれど、飲食店の何がやりたかったのかしら?
熱意が感じられないということは、お客様に対する興味も、地元に対する愛着もないのかな、料理が好きとも思えないし・・・。
他の屋台に行って飲み直そうかと思ったけれど、この残念な気持ちを吐いてしまいそうで、それはやっちゃいけないと諦めた。

故郷自慢プレゼン会などをやっていることもあると思うけれど、地元の人だって、もっともっと故郷を自慢しなくっちゃだめよ。1人1人が。


ガラガラを引きずって、ずっと歩きながら考えていました。いすみ市でも思ったおもてなしの問題。

もし、私に出番をくれたらこんなことを話すだろうと思う。

1.幾ら自慢の鶏でも豚でも牛でも、どこでも食べられないような、店主自慢の鶏・豚・牛メニューをお勧めとしようよ。
2.地元でないと食べられない郷土のメニューは喜ばれるよ。
3.ハーフを作るか(普通が700円ならハーフは400円としてもよいし)、3点盛り合わせ1000円にするとか、どこかに「少な目も対応します」と小字で入れておくとか、珍しいものを何種類か食べてみたいという人の気持ちを汲んでほしい。
4.一度来てみたかったという有難い人に対しては、興味をもって話題を充実させて、食べて飲んで喜んで帰ってもらう、また来てもらおうという飲食の基本をしっかり伝えるよう努力しようよ。(せっかく食べて飲んでお金を使おうというつもりで来てくださっているんだから。)
5.インスタやfacebookに書いてもらえるように、インスタバエを意識したメニューは、本人の予想以上に拡散すると思って実験してみてはどうでしょう。
6.わざわざこの地を訪れた人に、店主の地域愛をぶつけてください。お客様はそれがとても嬉しいものなんですよ。料理が大したことなくても、これだけでも十分点取れるから。。。。というのは言い過ぎかな。(笑)

みたいなことを言うでしょうねぇ。
本当に残念な気持ちでした。

なみへいをやっていた時は、全国から来てくださっていたので、果たして自分が上記のようなことをいつも気にかけて愛をもって接客していたかとなると偉そうには言えないけれど、息子が始める「箕と輪」(みのとわ)では、一度行ってみたいと思う人の輪が広がると思うので、心がけて、お客様をお迎えしてほしいなーと、とても強く思ったことでした。



★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

|

2019年7月 6日 (土)

青森県の郷土料理 棒鱈煮付け 試作&試食

息子の店「箕と輪」(みのとわ)は47都道府県の特産を出す飲食店として、もうすぐいよいよの開店に向かって準備中です。

それぞれ得意な地域をもっている人にアンバサダーになってもらって、「これはどうよ!」というご自慢の食材やお料理を推薦してもらっています。サンプルとったり見積もりとったり試食したりで、大変みたい。(よくわかる)

昨日は、青森県の郷土料理として、棒鱈の煮付けの試作&試食しました。調理したのも私なんです。エヘ。信じられないかな?!(笑)
乾物なので、これを水にふやかすこと5~6時間、出汁昆布をいれてまた1時間、それから味付けをして30分。さらに一晩寝かせて味を調整するということだからね。結構時間がかかります。でも、美味しい。私これ大好きなんです。

でも、この棒鱈の煮付けは、青森だけでなく東北の方では山形でも作っているし、きっと秋田や岩手にもあるかもしれませんねー。



Img_2548 Img_2445 Img_2446


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年7月 5日 (金)

今年もまた届きました。佐藤錦!

山形の柏倉さんから、今年もまた佐藤錦が届きました!

今年の初物です。年に一度のお楽しみ。柏倉さん、ありがとうございます!
甘くておいしいです。

Img_2533


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

|

2019年7月 4日 (木)

すみだ青空市ヤッチャバ


キラキラ橘商店街 の大和さんから、墨田商店街連合会の事務局長井上佳洋さんを紹介して頂いて、すみだ青空市ヤッチャバに行ってきました。

ヤッチャバさんについては、2016年3月に沼尾先生の 【シリーズ田園回帰(4)】 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」 に同じく寄稿させてもらいまして、出版記念パーティーでその当時の代表の松浦さんにお会いしていました。

今回は、なみへいで一つテントをお借りすることは出来るのだろうかということをお聞きしたくて、お訪ねしました。

しっかりしたコンセプトや理念のある団体さんですので、すぐに「はいではどうぞ!」という訳にはいかないので、まずはお話を聞いてみようと思いました。現在代表の細田さんにいろいろお話をお聞きしました。

雨降りだったので出店者はあまり多くありませんでしたが、帰りにあちこちのテントに寄っておしゃべりしている間にいろいろ買ってしまいました。

毎週土曜日に出店しているので、お客様もついているそうです。他では買えない手作りのものが多く、お客様がつくのも充分わかる気がしました。
私だっていい人たちからいいものを買えたなーと思って、帰り道は何だか幸せな気持ちになりました。スーパーで買うのとは全然違うんだよねー。

今回、お買い物をしたお店の皆さん。許可をもらいましたのでアップします。
曳舟駅前で毎週土曜に開催していますので、行かれたときには声をかけてあげてくださいね。

ぬれ揚げ餅や焼き芋を販売しているお父さんと一番長く話しました。1泊2日で来ると決して儲かりはしないのだけれど、これは恩返しなんだとお話されていて、気持ちのこもった方でした。故郷自慢プレゼン会で出そうかなと思ってぬれ揚げ餅を2袋も買いましたが、美味しすぎて我が家の口に入ってしまいました。

Img_2451 Img_2454 Img_2455 Img_2456

Img_2452_20190705113301


このお母さんのところからは、白菜の漬物と大好きな手作りおはぎと、お茶となんかのスープを買いました。白菜はこんなに多いと食べきれないと躊躇していたら、みんなそう言いながら、次の週にまた買いにくるよと旦那様が笑っておっしゃっていたので、では・・ということで買いました。1週間では食べきれなかったけれど、昔たべた懐かしい漬物の味で、家族で食べる分にはなくなるのもよくわかりましたImg_2461 Img_2459

Img_2458


こちらのお豆腐屋さんから、ゆばを買いました。お豆腐も買いたかったのですが、電車とバスに乗り継いで帰らなければならなかったので、荷物一杯一杯になってしまったので断念。
うちの近くにもこんな青空市があるといいのになーと、つくづく思ったことでした。

Img_2464


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年7月 3日 (水)

【報告】第3回故郷自慢プレゼン会

第3回目の故郷自慢は、30名のご参加を得て開催しました。

トップバッターは、静岡県掛川市の越智さん。

Img_2497
千葉県銚子市出身の和泉大介さん
Img_2508

福島県棚倉町応援団の木村郁子さん
今年の2月、なみへいで木村さんが企画主催した棚倉町のイベントはこちらです。

Img_2519

自分自慢は、北九州市出身、毎日新聞、とんこつロックがキーワードの宮脇さん

Img_2486


京都市出身の上田さんのキーワードはシティ研究会、クラフトマルシェ、不動産の3つでしょうか。
Img_2491

お父さんの出身が沖縄伊是名で、伊是名のもずくを広めている近藤ゆうなさん
伊是名もずくの差し入れもありがとうございました!

Img_2494

 

お料理は、福島県棚倉町から直送の食材を使って、木村郁子さんと鈴木伸吾さんが作ってくださいました。
それなのに、お料理の写真をとっている暇がなくて、前菜3点盛の写真ときゅうりの味噌汁がありません。残念!

Img_2528

66257091_204506630463528_340335667403816 65638981_2335891599787596_68780422708477 65636534_436946843808537_415869863521681 65639764_1045596092439698_69174270908872

Img_2529
本当にいろいろな立場の方や、いろいろな地域出身の皆様方が、毎回参加してくださっています。せめて、こんないい人たちをお繋ぎするだけでもお役に立つかしらと、名簿の配布をして交流を促進しています。

この先をどんな風に創り上げていくか、出身者の熱量に応えられるモデルを作っていくにはまだまだ試行錯誤です。
地域応援に繋がる仕組み作り、生産者や地方の事業者さんに役立つモデルを、一緒に創り上げていけるといいのですが、まだまだ足りないのです。頑張らないと。

Img_2532




Photo_20190704175801

201907023_20190708191301


第3回の様子はこちらです。 フード・マイレージ資料室(分室)の中田哲也さんの上手なまとめてこちらです )
第2回の様子はこちらです。
第1回の様子はこちらです。



☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

|

2019年7月 1日 (月)

防災備蓄の先生のお勧めで買いました!

防災のコーナーで、面白いものを見つけましたよ。
これ、何だかわかりますか?

そう、通帳や印鑑などの大切なものを入れてクローゼットの間にかけておく、隠し金庫です。
ほんとに、いろんなものがあるんですねー。びっくりしました。
災害があって避難するときでも、貴重品はなかなかもっていけないとのことなので、戻ってきてからでも安心だよという、先生のお勧め一番で買いました。

Img_2484 Img_2485

購入したのはここから。私のは一番小さいサイズです。
http://www.e-classy.jp/products/list.php?category_id=964


去年は、同じく防災備蓄収納プランナー協会 代表理事 の長柴美恵さんに勧めてもらって、ソーラー充電式【スマホの充電もできる】を買いました。お日様が当たるところに置いているので、急に停電になっても安心です。
でも、次はもっと大きい、手に持たなくても、置きっぱなしに出来て明るいのがほしい。
https://www.e-classy.jp/products/detail.php?product_id=17699&grid=id1744_list9001700

1年に1個ずつみたいな感じだけれど、なかなかわざわざ買いに行く機会はないので、ついで買いになっちゃうもんね。

アルファ―米はまずいよ~と誰かが言っていたけれど、全然そんなことはなかった。
おいしくて食べてしまったから、 わかめご飯とか種類があるのでこれも少し買っておいた方がいいかも。

ハイブリッドライト ジャーニー160 HL-160 Img_0045

☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年6月24日 (月)

【報告】第2回故郷自慢の様子新聞に書いてくださいました

 

第2回故郷自慢プレゼン会の様子を、一般社団法人 efco.jpの代表理事 佐藤健吉さんが新聞に書いてくださいました。

Photo_20190624111801

第3回は来週です。是非、この取り組みを見にいらしてくださいね。

故郷の役に立つ“複業” に繋がる活動・しくみを創り出していきたいと思っています。


☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆

|

2019年6月21日 (金)

始まりは「故郷を想う人たちの気持ちを何とかしたい!」

「なみへい」という飲食店を10年営業して思ったことは、自分の故郷のことになると熱が上がる人が多いということ、同郷というだけで人はすぐに知り合いになれるということでした。

でも、これは予想通りのことでしたから特に驚きませんでした。
問題は、多くの人は想いはあっても故郷のために何をどうやって自分が役に立てるかわからないということなんですね。
自腹を切っての活動は継続しませんし、1人で出来ることも限られています。

地域活性を目的にした「なみへい」は、私のように青森に対する想いの強い人が47人揃えば、いろいろなことが出来るかもしれないと思いました。でも、飲食業という経営の観点からも、ズブの素人なのに50人近くも入る店舗は、私にしては大きすぎて日々の営業を回すだけで一杯一杯でした。

10年を節目に、飲食業は息子が引き継ぐことになり、私は飲食業から離れて、これまで思っていても出来なかったことやずっと気になっていたことに、いよいよ着手&挑戦していきたいと思っています。
新しいステージに向かってやりたいことはいろいろありますが、その中の一つが

「故郷のために役に立つことで幸せな気持ちになる人たちのネットワークを創り、彼ら彼女たちの“出番を創る仕組み”を作りたい!」 です。
 そしてそれは、ボランティアでなく、“故郷のために役立つ複業”として、みんなの想いを形にしたいのです。 

これが、そもそもの「なみへい故郷自慢プレゼン会」の始まりです。まずは自慢して多くの人に自分の故郷のことを知ってもらおう。
そして、時間はかかるかもしれないけれど、同じ目標に向かうネットワークを作って、それぞれが複業として関われる活動をしていきましょうよ。というのが将来的な「なみへい地域大使」のイメージです。これが発展していけば、人手も予算も足りない市町村が、首都圏でプロモーションするときの「頼みの綱」になるはずです。故郷に「助かるよ!」と言われたら、それだけで幸せな気持ちになるんです。

そんなことも考えつつ、来週は、ある商店街の事務局長さんにお会いしてきます。
商店街で「出身者が応援する故郷マルシェ」(仮称)が出来ないかしらと思ってご相談に行ってきます。

結果や今後の相談なども、次回第3回「故郷自慢プレゼン会」でお話させてもらいますので、興味のある方は、是非ご参加くださいね。

☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆

 

|

2019年6月20日 (木)

★☆☆彡 なみへいNews! 6月号 地域の情報発信を身近な事例で考えてみた ☆★★

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2019.6.18(火)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
    なみへい合同会社 TEL.03-6666-5963
 なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛
【1】息子の独立と母の新規事業 
【2】<なみへい主催>7/2(火) なみへい故郷自慢プレゼン会
【3】<青森県主催>7/18(木) 青森県企画制作部イベント
【編集後記】 地域の情報発信を身近な事例で考えてみた

■□─────────────────────□■
【1】息子の独立と母の新規事業
□■─────────────────────■□

私川野真理子の会社は「なみへい合同会社」 として、飲食業
から離れて、地域にもっとコミットした活性事業に取り組んでいきます。

息子の会社は「元基堂合同会社」 といい、飲食業を中心に
拠点とコミュニティを活用した事業を立ち上げることになりました。

経営はしっかり別になりますが、拠点としてのなみへいの場所も
電話番号も変わらず、お互いに連携して皆様との繋がりを大切
にしながら今後の事業を創り出して行く予定です。

元基堂(息子)の方は、今号のメルマガで開店のお知らせが
出来ると思ったのですが、料理人・メニュー&仕入地域・スタッフ・
HP、POP等々に時間がかかっているため、もう少し先になりそう
です。もうしばらくお待ちください。

いずれにしても営業は夜だけですので、まずは空いている日中
をコワーキングスペースとして活用することになりました。
詳細はこちらです。遠慮なくお問い合わせください。
https://bit.ly/2Rm91no

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

■□─────────────────────□■
【2】<なみへい主催>第3回なみへい故郷自慢プレゼン会
□■─────────────────────■□
7月2日(火)18時30分~22時頃 (18時開場)

<今回自慢する地域>
静岡県掛川市/福島県棚倉町/千葉県銚子市の3ヶ所。

そして、今回から新しく「自分自慢」コーナーも始まります。
この自分自慢コーナーでは、ある意図があって好きや得意を
スピーチしてもらいます。
意図も含めた詳細はこちらです。
https://bit.ly/2XJmzeY

ふるさとへの想いをもった人のゆるいネットワークを作って、今後
プロジェクトに繋げて行きたいと思っています。
参加者募集中です!ご興味のある方お待ちしています!

facebookのイベントページ
https://bit.ly/2F7AZye


★5/29(水)の第2回目の様子はこちらです。
 https://bit.ly/2WEuclD

■□─────────────────────□■
【3】<青森県主催>7/18(木) 青森県企画政策部企画
□■─────────────────────■□

~お江戸の起点・日本橋で青森を叫びながらホタテをほやぐ!~

1部では、私川野も少しだけお話させて頂きます。
2部ではアイディアソン&軽食タイムとして、青森の帆立を
どうやって首都圏の飲食店に流通させられるかということを
帆立を食べながら、みんなで話したいという企画です。
https://peatix.com/event/723623/

皆様のご協力、よろしくお願いいたします!

■□─────────────────────□■
【編集後記】地域の情報発信を身近な事例で考えてみた
□■─────────────────────■□
私の実家(青森県平川市)は、弟夫婦と20代の姪っ子2人
の4人家族です。誰もfacebookをやっていません。

昨年平川市のプロモーションのお手伝いをさせてもらって初めて
気がつきましたが、平川市には地域おこし協力隊で活躍して
いる人や素敵な移住者、また地元でも魅力的な情報発信を
している人がたくさんいて、いい意味で本当に驚きました。
古くからの住民も、情報の受発信をする人が増えれば、平川
市は今後変化の可能性が大きくて楽しみな地域です。

昨年千葉県いすみ市と関わって、移住者が多いということは、
そこで仕事をするということもあり、SNSを利用して情報発信
する人が非常に多いと実感しました。
4月にNHKでも放送していましたが、いすみ市では店舗を持
たずに身の丈で起業する“小商い”の人たちが、毎週のように、
マーケットに出店して生計を支えることができるようになって
いるそうです。

平川市も、地元住民のSNS等教育を少しでも早く始めて、
交流の受け入れ準備をしていかなければなりませんね。
地元の人ばかりではありません。首都圏で故郷を応援する
大使側にも同じことが言えると思いました。

「東京奄美会」の皆さんは素晴らしいですよ。
第1回目の故郷自慢プレゼン会の野沢さんが教えてくれました。
facebookが始まったとき、奄美会の人たち全員にfacebook
を覚えてもらったのだそうです。
だから、現在でも東京で開催するイベント情報やボランティア
募集等もすべてfacebookを使っているということでした。

私も、1998年にキープラネットという起業家ネットワークを立上
げた時、メールアドレスをもっていない人は会員にしなかったこと
を思い出しました。いくら1人起業とはいえ、東京で仕事をする
人が、メールアドレスもなくてどうするの!という発想でした。
パソコンをもっていない人にもメールアドレス取得の勉強会に
参加させ、アドレスを取得してもらいました。
まだメルマガもこの世にない時代の頃の話です。(笑)

平川市で言えば、市が発行している誌面の物産事業者さん
も、1/3はHPをもっていません。農林水産大臣賞をとってい
るお菓子があったりするのに、本当に残念なことです。
地域には、まだまだたくさんやることがあって、私は故郷に、「な
みへいカフェ」を拠点として、移住者や予定者の仕事創りや、
地元の人の出番や交流を創る場を運営をしたいなーと思いま
す。首都圏から人を連れて行くことも、地域の食を首都圏に
送り出すことも、善循環で行ったり来たりできれば本当に幸せ
です。

何事もタイミングですが、まずは空き家が必要です。
どなたか、平川市か弘前市の津軽地域に、安~い空き家
情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
半年位の期間限定でもかまいません。

お心あたりのある方は是非、ご一報ください。


☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆

|

2019年6月18日 (火)

ふぃ~らあ倶楽部 に掲載されました!

2019年6・7月号に掲載してもらいました!

青森・弘前・黒石・平川・五所川原・つがる・八戸・三戸・十和田・むつのタウン情報が掲載されています。

 

 Photo_61

 Photo_62

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年6月13日 (木)

6年振りに眼鏡を買い換えました。

眼球の白眼のところに小さい異物の出来物ができていて、少しずつ大きくなってきているような気がしたので、5月に思い切って眼科にいって調べてきました。特に悪性のものでもなく、今のところこのままでよいということなので、それでは、眼精疲労といいますか、目があまりに疲れるので、今の眼鏡と視力があっているかどうかをついでに調べようと思って眼鏡屋にいきました。
結論としては、メガネをかけた状態での視力は劣っていなくて、本当に頑張っている我が眼球です。ありがとう。

でも、鼻パッドの跡は黒い色素が目立ってきているし、夕方からは本当に目がショボショボになるし、なんとかしなくちゃなーと思って数年。
思い切りました。眼鏡を変えることにしました。

鼻パッドのない眼鏡。赤いフレームの部分はまったく肌に触れません。宙に浮いている感じです。心配したズレもまったくなく、跡もつかないし汗もかかないので、半月経ちましたがバッチリです。約55,000円弱でした。
これに、置き忘れたときに「ここよ、ここよ」と言ってくれる機能がつけば最高だよね。(笑)

 

Photo_58

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年6月12日 (水)

【ご案内】第3回なみへい故郷自慢プレゼン会

第3回は7月2日(火)に決まりました!

今回は、故郷自慢だけでなく「自分自慢」という新しいコーナーも作りました。この方たちは、今後のプレゼンターの候補者でもあります。
このコーナーを作った目的は、誰かの特技や得意を知っておくことで、これから生まれるかもしれないプロジェクトをイメージ出来る(かもしれない)、複業で誰かに何かを頼めるかもしれない。
1人では無理でも、何人かがチームを組むことで出来る仕事創りもしていきましょう。
それになにより、せっかく故郷を想う温かい人たちが集ってきているので、仲間同士が繋がるきっかけにもなるといいなと思っています。

ということで、サイトもアップしました。
(短縮URLはこちら。https://bit.ly/2XJmzeY )


チラシも出来ました! facebookのイベントページも作成しました。もちろん、私のfacebookにも投稿しました。
準備万端、皆様のご参加をお待ちしています。

プレゼン地域の食材を使った晩御飯を準備する予定ですので、必ずお申込くださいね。

お申込はこちら です。


201907023
 




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

2019年6月 3日 (月)

頭脳交換会 at 福島県白河市

一般社団法人 起業支援ネットワークNICe主催の頭脳交換会 in 白河 に参加してきました。https://www.nice.or.jp/archives/45593

正直なところ、イベントへの興味というよりは、NICeにはたくさんお世話になっているので、今回はお礼参加です。
なみへいの飲食業をやっている時は、営業のため平日の夜はどこにも参加することが出来ず、沢山の不義理をしていました。
日祝だってただただ疲労困憊の寝たきり状態で、外出する気にはとてもなれなかったので、少しでもお世話になった方たちへご挨拶を兼ねて参加しなくっちゃと思っていました。

でも、疲れていたり、楽しくなければ2次会まででいいのに、ナントびっくり! 今回は3次会のカラオケまで付き合ってしまいました。
これまでも年に1度は都合をつけて参加していた会は「街づくりフォーラム」(かがり火の支局長たちが中心になって、手弁当で現地開催をする会)で、どうにかこうにか頑張って参加していましたが、その時でさえ2次会まで元気に頑張れることは半分の確率でした。

それなのに、今回は苦手な煙草の煙も覚悟してカラオケに行って、ホテルに戻ったのは夜中の3時でした。行きたいと思わせる仲間と地元プレゼンターのおじさん社長や地元参加者でイケてる人や、とにかくみんなで意気投合してそんなことになりました。

いやー、楽しかった。すごくいい出会いでした。やっぱり人には会うべしだと、つくづく思ったことでした。
少しずつ、この人はイケてるなーと思う人を探せる直感が戻ってきているかなーと思えたことも嬉しい気持ちでした。

私は写ってないけれど、みんなで仲良く手をつないで帰った1枚の証拠写真です。(笑)

Img_2398 Img_2399 Img_2402 Img_2407 Img_2404 Photo_56 Img_2440 Img_2423

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年5月31日 (金)

【報告】第2回なみへい故郷自慢プレゼン会

3月に続き、第2回目のプレゼン会でした。皆さん、準備をしっかりされて本当に素晴らしい故郷自慢でした。

まず最初は、淑徳大学 コミュニティ政策学部の芹澤高斉先生に、観光教育の必要性をお話してもらいました。
連れて行きたい街があるという気持ちは、芹澤先生のお話だけでなく3人のプレゼンターにも共通する想いなんだなー、人を動かす力なんだなーと思いました。

さて、プレゼンは秋田県東成瀬村出身の佐藤時子さん。パソコンができない佐藤さんのために、淑徳大学の学生さんたちがプレゼン資料を作ってくれたそうです。いい資料でした。
2番目は盛岡市のプレゼンをした山崎慈三さん。前日予習してみたら1時間のプレゼンになったというくらい、あれも伝えたい、これも伝えたいを削って削って20分にしました。
3番目は長野市出身の前島玲実さん。地元(すきなまち)を発信する学生を増加させ、若い世代の「遊ぶ、働く、暮らす」選択肢を広げることを目的とした学生組織SUKIMACHI(スキマチ)のメンバーだそうで、プレゼンの技術力高かったですねー。

どの人の地域も魅力たっぷりで、行ってみたいと思わせるプレゼンになっていました。

名古屋からも菊池八穂子先生と佐賀県小城市出身の松永さんという学生さんも参加してくださり、刺激をうけたようでした。
きっと、遠からぬうちにプレゼンをすることになるでしょう。(笑)
本当に、学生さんたちの故郷想いは、私達が思っている以上に強くて、本当に嬉しい限りです。

食事は、プレゼンターの佐藤さんが、秋田のだまこ鍋や山菜料理、実家の干し柿をクラッカーに乗せたりと、手作りのおいしいお料理を作ってくれました。
私は、こんなふうにふるさと自慢をする人たちをこれから30人とか50人とか増やして、新しいプラットフォームを作っていきたいと思っています。
参加者みんなが温かい交流ができるコミュティを作って、連れて行く事業にもつなげたいし、1人では無理でもみんなの力をあわせて出来る何かのしくみを作っていきたいと思います。時間はかかるけれど、ゆっくり温かく。。。

  Img_2345 Img_2351 Img_2361 Img_2362 Img_2365 Img_2372 Img_2370 Img_2354 Img_2378 Img_2356

201905292_20190624112201

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年5月22日 (水)

【ご案内】第2回なみへい故郷自慢プレゼン会

定員をオーバーしましたので、そろそろ締め切りにしたいと思います。

参加ご希望の方は、金曜日までにお申込くださいね。
https://select-type.com/e/?id=MD_OhRC_ZAo

前回参加の佐藤時子さんが、パソコンができないということだったので、一緒に参加してくださっていた淑徳大学の学生さんたちが、一緒にプレゼン資料を作ってくれることになり、その学生さんたちがたくさん、応援で駆けつけてくれることになりました。

みんな優しい。淑徳大学コミュニティ政策学部教授の芹澤高斉先生、ご協力、本当にありがとうございます!



201905292

1回目の様子はこちらです。

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

2019年5月18日 (土)

2度目の福島県飯館村訪問です

飯館村の村長、菅野 典雄(かんの のりお)さんの6月5日のコラムにこんなことが書いてありました。
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/site/mayor/4439.html

私達は、先月2019年5月17日に1泊2日で、私にとっては二度目の飯舘村訪問に行ってきました。
訪問の理由は、今年8月2-4日、毎年のように参加している「街づくりフォーラム」の今年の開催地が飯舘村なので、幹事の皆さんと一緒にこんな私でも8月に何か少しでもお手伝い出来ることがあるのかしらと思って、お誘いをうけて訪ねてみました。
幹事さんと言ってもすごいんですよ。オホーツクの船木さん、愛知県豊田市足助の佐久間さんたちが中心になって、もう何年も地域のキーマンたちとの交流を続け十何年も続けているそうなので、本当にすごい人たちで頭が下がります。

「街づくりフォーラム」が先で、その後、かがり火という雑誌(代表は菅原歓一氏)に賛同して、経営的に厳しいかがり火を支えているのが、支局長はもちろんのこと、この「街づくりフォーラム」の活動もあるようです。
かがり火は一度廃刊しているのですが、この「街づくりフォーラム」の船木さんや佐久間さんたちが中心になった、全国のかがり火を応援する支局長たちの一斉の声掛けで、幸か不幸か(編集中の菅原さんにとっては、本当はここで辞めたかったのではないかなーと思ったりするので)、全国から資金を集めて復刊した雑誌ですが、雑誌だけではなく、これは明らかに編集長である菅原歓一さんの人間力によるものですが、本物のヒューマンネットワークとしては他に類をみないのではないかと思って、毎年無理をしてでも参加させてもらっています。

それに、震災後のかがり火の忘年会は、必ず飯館村の村長さんの予定を優先してなみへいで開催して頂いていましたから、飯館村には特別な想いもありました。忘年会には、この日のためだけに、全国から想いの熱い方たちが集まっていらっしゃるので、有難いだけでなく、こういう本気の人たちとお付き合いできることに、そして、廃刊から復刊の感動的なプロセスを見せて頂いた時代に居合わせてもらったことに、私は心から感謝をしているのです。

そんな繋がりがありまして、2度目の訪問に行ってきました。今回は写真は少ないです。村長が嬉しそうに手袋をはめて雑誌をもっているのは、今では滅多に手に入らない当時のマガジンを図書館が出来る程? 寄付してもらったそうで、その報告の様子です。

前回の写真一杯の報告はこちらです。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-c5d0e1.html
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-a06caf.html
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-ee6006.html


山津見神社(やまつみじんじゃ) オオカミを祭っている珍しい神社。天井は全部オオカミの絵。

Img_2308 Img_2305 Img_2296_1 Img_2309


手打ちうどん ゑびす庵の女将さん

Img_2301

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年4月13日 (土)

10年ぶりに再会 開墾ツアー仲間

2009年9月に長野のNPO法人えがおつなげての曽根原さんのところに、みんなで開墾ツアーに行きました。
私は全部で6~7回位、開墾ツアーに行ったと思います。ハマッていました。

この日は、農商工連携サポートセンター「ちよだいちば」の大塚洋一郎さんが音頭をとってくださって、なみへいで10年ぶりの再会となりました。
本当に久しぶりに、10年も経てば、みんなそれなりにいろいろありますよね~。私だって、なみへい始めて10年なんですから。

お誕生日の人がいるということで、綿引さんが素敵なケーキを準備してくれました。なみへいからは素敵なローソクを出しました。
火をつけてから、この誕生日は4月生まれの人だと聞いて、その時初めて、えっ、自分も4月生まれだということに気がつきました。

56656153_616234615517350_577120039232287 56726480_585713165242861_542781143481581

また10年後に会いましょうということになりましたが、10年先は自信がないので(笑)、
5年先にしません?と提案して、5年後にまた会うことになりました。すごいなー。ウレシイ。
57155479_384868979018175_337734708653300

↓2009年開墾で根を抜く作業をしているところ。
ホント、楽しい曽根原さんにもしばらくお会いしてないな~。

Xo7lfrll Oaha7b_j Ulpq8gdf

おぉ、山名さんと2人で写した10年前の写真が見つかった!
Apda_hjq

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年4月 9日 (火)

福島県川内町に1泊。三春の滝桜。

翌4月7日は、かねてから一度観てみたかった三春の滝桜を見に行きました。
が、残念なことに、まだ全然咲いていません。やっぱり、もう一回こないといけないなー。又来るね。

でも、ここで食べた三角揚げは本当においしかった。

   Img_1988 Img_1994 Img_2008 Img_2006 Img_2007

|

2019年4月 7日 (日)

福島県富岡町と川内村に行ってきました。

4月6日、全国ふるさと大使連絡会議と、福島絆の会の根本さん企画で1泊2日の徳岡町&川内町のツアーに行ってきました。
ちょうど桜祭りが始まり、富岡町の桜並木に次から次へとやってくるよさこいは、全国から参加しているようでした。
いわきのよさこいクラブの皆さん、山形県東根市のみなさん、秋田や神奈川など全部は覚えていませんが、色々な地域から参加されていました。
特に、最後に秋田から参加した若い子たちを見て涙出そうになりました。みんなこの日の為に練習したんでしょうね。
力強くて、天に祈りやエネルギーが届いたかもしれないと思う程素敵でした。みんな自腹参加だそうです。
この一年、あまりに忙しすぎて感性が鈍って心身ともにリハビリが必要だった私でも、踊っている姿をみているだけで、感動する感性があってそのこと自体もとても嬉しくほっとしました。

夜は、川内村に入って小松屋さんに宿泊。遠藤雄幸村長さんもきてくださいました。
特別に開けてくださった、小松屋の店主井出さんからもあの当時のお話をお聞きしました。

川内村って、
原発事故で隣の富岡町から人口の約3倍、8千人の避難者が移ってきて、それを受け入れたのだそうですね。
女性たちはお米を持ち寄って、一日一人400個のおにぎりを握り続けた。しかし防護服や安定ヨウ素剤など原発への備えはゼロ。さらに相次ぐ原発の爆発で、村全域が屋内退避になり物資が途絶えた。国や県から何の指示も無い中、役場職員の中にも家族を守るため村を離れる人が続出。村長は隣町の人々とともに「村を離れる」という苦渋の決断を迫られる。 という記録が出てきました。

本当につらい事故でした。



Img_1889 Img_1908 Img_1902 Img_1946 Img_1951 Img_1976 Img_1961 Img_1973 Img_1966 Img_1969

|

2019年4月 1日 (月)

今期最後のいすみ市訪問 朝市&国吉駅

31日(日)、今期の最後、朝市に出店しているお世話になった人たちにご挨拶に行ってきました。
会えない方もいらっしゃいましたが、これでしばらくいすみ市に来る用事がなくなると思うとちょっと寂しいです。

同郷の友人と一緒に、じあじあと、帆立と牡蠣を焼いて、かっつあんのおにぎりとみそ汁を飲み、最後に木村さんのコーヒーをゆっくり飲みました。その後、国吉で桜・菜の花まつりをやっているというので、国吉神社と出雲大社にも合わせてお礼をしてこようといすみ鉄道でいきました。今の時期、すごい人出です。満員御礼でした。そんな中、1両目のレストラン車両から、わざわざペッシェアズーロ 〜青い魚〜の料理長佐々木さんが、混雑車両をかぎ分けてきてくださいました。ありがとう!佐々木さん。新店も頑張ってね。

国吉駅で、掛須さんとお話をしました。何度か、駅ナカ居酒屋に参加したいと思っていましたが、日程が合わず、写真だけ撮ってきました。毎日がこんなに混雑していれば、廃線の危機とかならないのにね。 いすみ鉄道、頑張れ! です。

国吉神社では、アンティークなボンネットバスに乗って30分綺麗な菜の花や桜や、田舎の景色を見せてもらうことができました。いや~、これはなかなか癒される隠れたいいコースです。どこを廻っているのかわかればもっとよかった。(笑)
それと、バスに乗る時は右列に乗った方が写真が撮れますよ。(^o^)
私たちは左列に乗ったので、車中から綺麗な桜や菜の花畑を写せず、記憶の中でシャッター切りました。

4月6日と7日もやっているそうです。夜は桜の通りがライトアップされるそうで、とてもきれいだそうです。行ける人は是非、ボンネットバスにのって、夜も桜見てくださいね。

Photo_57

Img_1846_2

Img_1834

 

Img_1833

Img_1843_3

Img_1845_3

Img_1841_3

Img_1847_3

本当に、いすみの皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました!

Photo_55
 夜のライトアップ、水産商工の山口さんが送ってくれました。ありがとうございます!


※それにしても、ニフティのココログのシステム変更は写真のサイズを直すのも難儀で、本当に困ってしまいます。
皆さん、みにくくてごめんなさい。慣れたら出来るようになると思います。

|

2019年3月27日 (水)

なみへいご当地ランチ3月で一旦終了します

試行錯誤の結果、皆様の口コミを感じるランチをご提供してきましたが、4月以降は、次の事業のため一旦ランチを終了させていただきます。
3月27日(水)、28日(木)、29日(金) のいずれかで、皆様是非ご来店くださいませ。

12時開店 13時30分ラストオーダー
ご予約が安全です。03-6666-5963  


茨城県行方市定食 1,000円
Photo_52


佐賀県鹿島市クリームうどんと一口角煮セット 1,000円
Photo_51


長崎県対馬市丼セット 1,100円
Photo_50

|

2019年3月26日 (火)

【ご報告】第1回ふるさと自慢プレゼン会

3月22日(金)、初めての我がふるさと自慢の会を開催しました。
https://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=2411

★今回の故郷自慢プレゼンター3名
  茨城県行方市(なめがたし)在住  荒井一美さん
  鹿児島県奄美大島市出身     野沢有得さん
  長野県飯山市出身        黒はばき知也さん(学生) 

南海日日新聞社さんと奄美新聞社さんの取材も入りました。
今回は、一番プレゼンがよかった人に、奄美大島の東京事務所さんから頂いた、泡盛を1本プレゼントすることにしていました。
ゲットした人は、なんと、奄美大島のプレゼンをした野沢有得さんでしたので、野沢さんを応援しに参加してくださった方にプレゼントということになりました。

黒はばきさんは、今大学3年生ですが、ちょうどこの日就活に当たっていて地元に帰郷していたため、動画でのプレゼンになりました。
食事は、茨城県行方市の豚肉を使った晩御飯セットにしてみました。

Img_1758 Img_1771 Img_1773_1 Img_1762

Img_1669 Photo_20190624112401

|

2019年3月14日 (木)

郷土料理の本 岩手編

岩手の郷土料理の本も届きました。りっぱですねー。300ページあるんです!
お洒落でおいしそうなフレンチを見ているより、こっちの方にウットリしてしまう。
食べてみたいなーって思わせる。郷土料理っていいなー。

個人の興味って本当に不思議です。

Img_1680_3

Img_1679_2
Img_1681
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年3月11日 (月)

どうすればやりたいことが仕事になるのだろう

サイトで見つけて、農水省にこんな本を送ってもらいました。
郷土料理の伝承は、ずっとずっと前から私の中にあるやりたい仕事の一つなのに、なかなか仕事に繋がるようなビジネスモデルが出来ません。本業に余裕があれば、副業としてスタートも出来ようというものですが、本業がないままにどうして副業やら兼業やらになろうか。
でも、郷土料理の伝承に尽力しているお母さんたちは日本中に沢山います。
自分を含めて早く着手しないとみんな年老いてしまう・・・
この人たちの力を借りないと出来なくなってしまう・・・と焦るのです。

1人では出来ないし。。。誰と組んで何を作れば、誰も真似のできない、そして社会に役立つビジネスに出来るのだろうか。。。

3月が終わって時間ができたら、やっぱりこれまで胸の中にあるアイデアを整理して、仕事に繋がるしくみで、「出来ない」を「出来る」ようにするための策を考えてみたいと思います。

Img_1676
Img_1677
Img_1678
 
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年3月 8日 (金)

★☆☆彡 なみへいNews! 3月号【編集後記】4月がこわい。☆★★

もうすぐ春! もうすぐ桜! そして、もうすぐコワイ4月が!?
■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2019.3.7(木)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
  地域イベント企画代行&厨房付き貸し会場&拠点
    なみへい合同会社 TEL.03-6666-596
 なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■
なみへい合同会社は、平成30年度千葉県いすみ市地域の魅力
活用及び情報発信業務を受託しています。また、我が故郷、青森県
平川市の首都圏を中心としたプロモーション支援業務を実施しています。
目┃次┃  
━┛━┛  
【1】3/15(金)おいしいローカル線の日 鳥塚亮さんを囲む
【2】3/22(金)なみへい故郷自慢プレゼン会
【3】3/26(火)特別企画 津軽の郷土料理「けの汁ランチ」会
【4】報告<2月のいすみ市事業@なみへい>
【5】ご当地ランチ 長崎県対馬市&佐賀県鹿島市追加!
【6】サザエ・かつお会員さんが主催する情報 & 臨時営業
【編集後記】 4月がこわい。
■□■──────────────────────■□■
【1】3/15(金)おいしいローカル線の日
■□■──────────────────────■□■
いすみ鉄道前社長の鳥塚さん囲んで、ローカル線を楽しむ会を
開催します。てっちゃんにとっては、こんな贅沢な会はないかもしれません。
講演スタイルではなく、鳥塚さんが持っているDVDを100インチのスクリーン
で見ながら、大好きな鉄道の話をアレコレみなさんとお話しましょうという
会です。鳥塚さんから特別のプレゼントなどもあるようですから、是非、
アクセスしてみてください。↓(いすみ市のお食事付)
いすみの日本酒もあります!
■□■──────────────────────■□■
【2】3/22(金)なみへい故郷自慢プレゼン会
■□■──────────────────────■□■
茨城県行方市・鹿児島県奄美大島・長野県飯山市 の自慢です!
いずれも、在京&出身者が故郷を知ってもらおうという自慢プレゼン会。
若い人の参加が多くて、時代の変化を感じますね。
自慢して終わり・・・だけではありません。
ここから、いろいろなことをゆっくり仕掛けていきたいと思っています。
故郷を応援したいけれど、何から始めてよいかわからない人、地域と
繋がりたいけれど、どこからどうすればよいかわからない人、とにかく、
一度この日に見に来てください。お待ちしています。
■□■──────────────────────■□■
【3】3/26(火)津軽の郷土料理「けの汁ランチ」会
■□■──────────────────────■□■
懐かしさ=おいしさ ですよね。
珍しさ=食べてみたい の好奇心もきっと満たされると思います。
お筝の演奏もありますので、2時間だけの郷土料理ランチ交流会
にご参加ください。(要予約)
■□■──────────────────────■□■
【4】終了報告<2月のいすみ市事業@なみへい>
■□■──────────────────────■□■
2/12いすみ市の食の魅力といすみ愛を伝える宴! ゲスト寺本英仁氏
2/22いすみ鉄道前社長 鳥塚亮氏 講演会
これでいすみ市事業のすべての予定を終了いたしました。
本当に、たくさんの皆様、ありがとうございました!
こちらに事業内容とブログ報告をアップしています。
まだ報告書が完成していないので気が張ったままですが、これが終わったら
どうなることでしょう。
どこか田舎に行って、青空の下でゴロゴロしたい気持ちです。
思いっきり、糖質無制限で大っきいおにぎり食べたい!
■□■──────────────────────■□■
【5】ご当地ランチ 長崎県対馬市&佐賀県鹿島市追加!
■□■──────────────────────■□■
営業日:(水)(木)(金) 12:00~14:00(L.O13:30)
なみへいのランチは、3月で一旦終了いたします。
今月は、長崎県対馬市と佐賀県鹿島市が追加になり、5地域から
日替わりで3地域のご提供になります。是非、今月中に一度ご来店
くださいね。
上記2地域の他に、
千葉県いすみ市・青森県平川市・茨城県行方市のご当地ランチです。
メニューはこちら。
■□■──────────────────────■□■
【6】サザエ・かつお 会員さんが主催する情報 & 臨時営業
■□■──────────────────────■□■
3/16(土)す~さんが持ってくる秋田の日本酒を飲む会
★先日、プロフェッショナルに出演されていた秋田県由利本荘市の
雪の茅舎の杜氏高橋さんのお酒も入るそうですよ!
★今月の営業日 3月25日(月)18:00~(要予約) 
 珍しい地域食材を使った食事2500~3000円のおまかせ
 ドリンクは1杯500円。日本酒も有り。飲んだ分だけ。
■□■──────────────────────■□■
【編集後記】 4月がこわい。
■□■──────────────────────■□■
なみへいが市町村単位で1ヵ月集中してその地域の食を通して、
地域を紹介する飲食店だと認知されてきたのは、多分、オープンして
4年過ぎたあたりからかもしれません。3年半までは県単位で1ヵ月で
したから、2012年1月から始めた市町村単位でPRというスタイルは
当時としてはかなり珍しいことでした。
自治体の部署によっては、首都圏にPRするための予算があるという
ことを知ったときはとても驚きました。その位無知のまま、ただただ想い
だけで走っていた感じです。
自治体というところは、4月の頭から予算を使えるわけではなく、事業
そのものは大体6月過ぎから始まるのですね。それも知らなかったし。
だから、飲食店なみへいの場合は、4月5月6月は赤字営業で(へた
したら、7月も8月も赤字で)、後半でやっとトントンにするという感じ
でした。今考えると、なんとこわいことをしてきたことか。
4月がこわいというより、自分がこわい(笑)
昨年の今頃は、3月閉店ということで、有難いことに毎晩満席が続い
ていて、頭も体も疲労困憊。4月からのことなどは、何も考えられない
状況でした。
あれから1年。
怒涛の1年。
いすみ市で知り合ったたくさんの方々に、心からお礼申し上げます。
あの人、この人、本当にありがとうございました!
年間のイベントのスケジュールもわかりましたし、今度は、仕事で
なくて遊びに行きますネ!
報告書が終わったら、4月がくるのですねぇ~。
3月が終わったら少し休んで、またどうしましょうか。
本業のビジネスモデルが固まるまで、やっぱり2年も3年もかかる
のでしょうかね、きっと。
今年はフリーの身になって今よりもっと自由に、もっと地域に入って
いきながら誰にも真似できないビジネスを創り出していきたいと
思っています。
来年の今頃は、4月が怖くないような仕事をしていたいものです。
何かで、ご一緒できる方はいますか?
何か、私にやらせてみたいことはありませんか?
引き続き、ほんの小さなことですが、メルマガへの情報発信のお手伝いを
いたしますので(無料)、
【首都圏で開催する地域イベント情報】
【地方で開催する地域イベント情報】  がありましたらご連絡ください。
皆様、お読みくださいまして、ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆
◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
のバックナンバーはこちら
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
の配信停止はこちら

|

2019年3月 2日 (土)

【報告】鳥塚さんの講演

2月26日(火)、いすみ市最後の「情報発信事業」の一つとして、鳥塚さんの講演会を開催しました。

さすがの鳥塚さん、いすみ鉄道での実体験を通して、何もないところからいろいろなアイデアの実例を笑いを取りながら話してくださいました。
学ぶことの多い内容でしたし、ローカル線をなくしてはいけないなーという気持ちになった方も多いのではないでしょうか。鳥塚さん、ありがとうございました!

最後なので、プロの司会、櫻庭賢輝さんに進行して頂きました。

乾杯の音頭は鳥塚さんにお願いし、いよいよ、いすみの楽しい酒と食の交流会が始まりました。

Img_1176
 
Img_1184

Img_1185

Img_1192

Img_1537

53022848_1974565736185768_552234041

Img_1552
前菜盛合せ
菜花の豚肉巻き・タコピザ・鯛のてまり寿司・菜花のからし和え
52948

52958263_796555570700932_8640107077

いすみ産ヒラメと鯛のカルパッチョ
Img_1557

いすみ市の石野さんのトマト de おでん風
52504188_2005152629537828_580220923

いすみ豚のロースト
Img_1561

いすみ名物 タコのしゃぶしゃぶと生ワカメ
  (なみへいのタコしゃぶは、出汁の中でタコをしゃぶしゃぶします)
Img_1563


Img_1201

いすみ市の事業がすべて終了し、千葉県いすみ市水産商工課の山口高幸さんに、最終のご挨拶をして頂きました。本当にお世話になりました。

至らないこともありましたし、慣れないことの多かった私たちに、いろいろアドバイスをしてくださり、本当にありがとうございました!

Img_1565

Img_1580
そして、もう一つの特別企画は、なみへいの前料理長に来てもらって、和食でいすみのお料理を作ってもらいました。山本誠也料理長、ありがとうございました!

Img_1562

52845278_2122900157800564_2634442_3

なにわともあれ、無事にすべてのイベントを終了することができました。
本当によく頑張ったと思います。
学びも多く、たくさんの人に協力して頂きました。

もうこれ以上は何の悔いもありません、と言える10ヵ月でした。

いすみ市のご担当の皆さん、いすみ在住の皆さん、ありがとうございました!

|

2019年3月 1日 (金)

【報告】2月12日 いすみ市の食の魅力といすみ愛を伝える宴!

2月12日、なみへいの店で開催した、いすみの食材をフル活用「食の学校」という事業の報告をいたします。キャンセル待ちの状態でお蔭様で大変な盛会となりました。

いすみ市の食の魅力といすみ愛を伝える宴! 
ゲスト寺本英仁氏
一部は寺本さんの講演。二部はいすみ市出身の川副シェフによる食の宴です!

今やあちこちで引っ張りだこの寺本さん。TV出演や地域おこしの雑誌に掲載されまくりです。著書に10年前のなみへいとのいきさつを数行書いてもらったことから、お願いをして快諾してくださいました。この10年の苦労が実りましたねー。ほんとすごいです。

今夜の話は、その苦労を通して、この寺本英仁という人を知りたいということでお話をお願いしました。
517531

Img_1451

52093929_2107364382687475_341021904

51464671_10213654020250154_66477595


続いて二部のいすみ食材フルメニューの宴会が始まりました。
まずは、いすみ市出身、池袋でCheval de Hyotanというレストランを開業している川副藍シェフから食材とお料理の説明です。

川副さんは、毎月1回、いすみ市で開催しているいすみの食の勉強会に池袋から参加しているためすべての生産者と繋がっていて、今回も、発注からメニュー、すべてを川副さんにお願いすることができました。
さすが、故郷いすみへの想いの強さだと、感心と同時に安心してお願いすることができました。
Img_0949

石野さんのトマトとみねやの里の菜花のサラダ

Img_0947


農園タロとあきさんの野菜のバーニャカウダ

Img_1480
フランス風薄焼きピザ 高秀牧場さんのチーズ
519

いすみ市産タコと白髪ネギの甘酢マリネ
Img_0948


いすみ産伊勢えび入りカレー

Img_1493

いすみ豚の煮込み料理「シュークルート」

Img_1488

いすみ市産白身魚のカルパッチョ

Img_0946

飾り巻き寿司
巻寿司大使 八幡名子さん監修

51856648_10213654022210203_490652_2

Img_1482
0212_2


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH




|

2019年2月28日 (木)

福島県棚倉町present~おもてなし 春の宴~

2月28日(水)は、福島県棚倉町役場と(合)ふくわらいの木村さんが主催した郷土料理を食べる会でした。
生産者の方もたくさんいらして、本当においしい大好きな郷土料理がたくさん並びました。
以前フネというお店をやっていたときに紹介してもらった、福島のお米作りの農家さんもいらしていて、こんなところでまたご縁が繋がるんだ!と思ってびっくりしました。
明るいお母さんたち、また来てくれないかなぁ。
残った手作り味噌を、個人的にたくさん買いました。

Img_1617

Img_1616

Img_1655

 

Img_1624

Img_1625

Img_1647

 Img_1657

 

Img_1641 Img_1643 Img_1637 Img_1644 Img_1649 Img_1645 Img_1630 Img_1636 Img_1633 Img_1634


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年2月27日 (水)

プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。

26日(火)、行ってきました。プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。
いや~、面白かったし、役にたちましたねー。
その理由は、人選が良かったんだと思います。
去年、なみへいの夜の営業を終了するときに、これから地域に入り込んでやっていきたい企画の中にプロボノを入れましたが、まだ何のことだか理解できない人が多かったので、今回このテーマで400人を超える人が参加していると聞いて、すごいスピードで進んでいるんだなーと思いました。

いすみ市の事業が予想の3倍以上忙しかったので、昨年の企画はほとんど実現できなかったので、今年は、プロボノ含めてもっともっと地域に入り込んでいきたいと思っています。
頑張るぞー。

一番役に立ったのは、地方の経営者は、「働き方改革」は首都圏の話であって自分たちには一切関係ないと思っているということ、それと、「プロボノ」なんて言ったって、絶対に何のことだか通用しないという話でした。
やっぱりね。それにしても、兼業と副業ってどう違うの? と思って検索してみました。
---------------
「兼業」とは、「本業の他に他の事業・仕事を重ねて行うこと。また、その事業や仕事」という意味です。
「副業」とは、「本業を主体とし、本業よりも低い労力で行う仕事」のことを意味しています。
---------------
だそうです。

千葉県いすみ市と青森県平川市の仕事が終わったら無職になるので、私の場合は、副業も兼業もないので何と呼べばいいのかなー。(笑)

Img_1612


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年2月25日 (月)

3月26日(火) 津軽のご当地ランチ 「けの汁ランチ」会

「けの汁」と聞いて、ピンとくる人たちは是非いらしてほしいです。
 懐かしい郷土料理ばかりで故郷を楽しむ、津軽人交流型ランチ会です。

 【日 時】2019年3月26日(火) 12〜14時
 【予 定】12時〜13時 (この時間内に自由にランチ&名刺交換タイム)
               ※一斉に始まるわけではありません。
       13時〜14時(青森県浅虫出身の小畑智恵さんのお琴の演奏 他)
  【参加費】2,000円
  【メニュ―】津軽の郷土料理 
      けの汁+貝みそ焼き+津軽漬+イカメンチ+人参のこあえ+晴天の霹靂
      青森県平川市産リンゴジュース100% 又はコーヒー 煎茶等ドリンク付
 ※メニーは仕入により変更することもありますのでご了承ください。
  【定員】20名位
 
  詳細&お申込みはこちら (要予約です)


Photo
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

«「空が青いからお寿司を巻くんです」