« 居酒屋 跳人(はねと)(神田) | トップページ | キャベツジュース(胃腸・胃潰瘍予防) »

2007年7月18日 (水)

お店のコンセプト

昨日、店舗コンサルタントの人と2回目の打合せに行ってきました。
漠然と考えていたことが、数字の裏付けと共に、だんだんイメージもはっきり
してきました。
かかるお金もはっきり見えてきて、さすがに、ハラに力が入ってきました。
それにしても、本当に太っ腹というのだろうか、一文無しでこれから大きなお金を
集めようというのだから。しかも、どういうわけか、根拠なく出来る確信があって、
これは一体どういうことだろうかと、我ながら不思議に思うわけです。

人にお金を出してくださいと言えるだけの事業が出来るか?
出来たら次に、お金を出してくださいと、お願いして歩くだけの勇気と覚悟は
あるか? ハラは座っているか? 
そんなことをずっと去年は考えていたのでした。

覚悟が決まった2006年12月の望年会で発表し、そして、ちょうどいい
タイミングでアントレの取材が入ったのでした。

2007年1月掲載アントレnet 

人間、ハラが座るまでは大変だけれど、座ったら後は前に進むだけ。
苦しいのは最初の覚悟のところなんだよなと思います。
迷っているときが一番苦しい。

で、お店のコンセプトは 「都市と地方を繋げる起業家サロン」 です。

最初のイメージ通り、交流をメインにしたサロンがコンセプトです。
オープンは、2月か、3月頃。
物件は、坪2万、20坪強 位の広さのものを、京橋あたりで探すことになりました。
もちろん、今すぐ探しても見つかってしまったら困るので(^^;)、探し始めるのは
秋の終わりくらいからです。

まず、これからやることは、合同会社の設立。
会社の名前と、店の名前も決めなければなりません。
株式会社にしないのは、出資の比率に応じて配当はするけれど、
出資者の意見でものを決めていくのではなく、決定権はあくまでも私にあって、
私が決めていくという方法をとりたいからです。

おもしろいもので、さて、お金持ってて、出してくれそうな人は誰かな?
と思って探してもなかなか思いつかないけれど、
そうではなくて、誰に出資者になってもらって、ずっと、見守って応援して
ほしいかな~、誰なら、気持ちよく応援してくれるだろうかと考えてみたら、
不思議と、あの人、この人と、顔が浮かんできたのでした。

顔が浮かんでみたら、あ、この人たちなら、その位のお金を出してくださいって
頼めるし、出せる人たちだな~と逆に思えたのが、ちょっと嬉しかった。
この順番はとっても大切なことかも知れないです。
お金で繋がるのではなくて、心で繋がる支援者なのだから。

さあ、これから、店長も探さなければいけないし、料理人も探さなければ
なりません。。。。いよいよ始まります。

トップに戻る

|

« 居酒屋 跳人(はねと)(神田) | トップページ | キャベツジュース(胃腸・胃潰瘍予防) »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 居酒屋 跳人(はねと)(神田) | トップページ | キャベツジュース(胃腸・胃潰瘍予防) »