« 繋がる人 繋がらない人 | トップページ | 東京で地方の特産を仕入れる? »

2007年9月24日 (月)

頭で考えるな、身体で考えよ

日曜日、早稲田大学西早稲田キャンパスで「地球感謝祭2007」がありました。毎年、北海道根室から直送の“一本立ちさんま”も出ているそうで、ここのテントで販売を協力している、品川商店会副会長さんの綱嶋さんの販売の様子を勉強させてもらおうと、見学にいきました。他にも全国の特産のテントも出ているので、視察です。

場所が早稲田大学キャンパスということなので学生が多く、“さんま”がバンバン売れるわけではありません。それでも、余ってしまいそうなくらいあるさんまを完売してしまうんですね。これは、綱嶋さんの売り方の上手さと他にもう一つ、毎年、ここにくると“さんま”があるから、また今年も買いに来ましたよという地元のお母さん達がいるっていう継続と信用力だな~と、1時間くらい呼び込み販売のお手伝いさせてもらって、お客様とあれこれ話しながら思ったのでした。
大声を出して身体を使って目に見えるものを売るのってほんと、快感ですね。この新鮮なさんまがもし残ってしまえば、二束三文で処分してしまわないといけなくて、北海道からわざわざ来た産地の人には、とても気の毒です。
私の店が始まったら、手をつけていないケースをそのまま、安く買ってあげられれば、お互いにwinwinだな~と、そんなことを考えていたのでした。ま、突発的なイベントなので、しくみにまではならないけれどね。どうやら、まだ、仕入れのことが頭にあるようです。

それと、私のお店独自の“ホスピタリティ”をどうやってスタッフに伝えられるだろうか。個人の気持ちだけで努力するのではなくて、それをしくみと言葉にして表現できるサービスって、どんなことだろうかと、ここのところずっと考えているので、お客様とのやりとりを通しながら、そんなことを身体で考えていた1日でした。

10月27日、28日は、綱嶋さんが20年間続けてきた、品川夢さん橋の10万人規模のお祭りに出展します。大声出して、売るぞ~!

                                         トップに戻る

|

« 繋がる人 繋がらない人 | トップページ | 東京で地方の特産を仕入れる? »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/16553458

この記事へのトラックバック一覧です: 頭で考えるな、身体で考えよ:

« 繋がる人 繋がらない人 | トップページ | 東京で地方の特産を仕入れる? »