« こんなお店にしたい | トップページ | 置屋の女将の心境? »

2007年10月 3日 (水)

起業の意欲の芽をつぶさない

生命保険の仕事をしている女性が、今度、忙しい社長を対象に、サロンをオープンさせたいと思っていて、お客様である社長達にそのアイデアを話してみているという話をした。

ついつい、彼女に百貨店に負けないくらいの品揃えが出来るのかとか、時間のない忙しい社長が、わざわざそのサロンに足を運びたくなる“売り”は何なの? とか、バカなことを言ってしまった。今自分が一生懸命考えている課題と同じだから、というか、同じだからこそ、というか、ついつい、応援というより、なかなか甘くないよという気持ちの方が強かったのだ。

帰ってきてから、反省した。

なぜ、もっと前向きに、起業の先輩として希望のもてる「こうしたらどう?」というスタンスで、感想や意見を言えなかったのかと。
「起業したい」という気持ちは、とっても大切で、すべてのスタートはそこからなのだから、その気持ちを大切にしないといけない。

私だって、いろんな人が、そんなことじゃ、お客はこないとか、こうした方がいいとか、いろんなことを言い始めたので、自信をなくすのは嫌だったから、コンセプトが決まる前は、お店のことを話すのは辞めようと思ったじゃないか。

誰だって、アイデアレベルから自信満々の人はいない。

みんな「あなたのためを思って」無責任に余計なことを言ってくれるのだから。
厳しいことなら誰だって言えるのさ。特に、素人や身内はね。

一番大切なことは、その「やる気」を引き出していくこと。諦めさせてはいけないこと。
夢をイメージして、成功のためにイキイキと準備する時間があってこそ、知る意欲も学びもあるし。

それに、何より、お金のある人は、失敗が問題ではないのだから。
やりたいことをやってみることの方に価値があるんだから。

そんなことを思ったのでした。

                                     トップに戻る

   

|

« こんなお店にしたい | トップページ | 置屋の女将の心境? »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/16646378

この記事へのトラックバック一覧です: 起業の意欲の芽をつぶさない:

« こんなお店にしたい | トップページ | 置屋の女将の心境? »