« 10年の教訓 | トップページ | グリーンツーリズム »

2007年11月11日 (日)

10年の教訓-年賀状編

年賀状を出さなくなって、何年になるだろうか。

キープラネットを始める前までは、毎年出していたけれど、
キープラネットを始めてからは、大晦日までずっと忙しく、年賀状どころではなくなってしまったのだ。

せっかく出来たご縁も、人は用事がなければ会わなくなるし、年賀状や暑中見舞いすら出していなければ、自然と縁はなくなってしまうんだよね。

それに、一年の最後に、ああ、この人にお世話になったな~、とか、転勤してしまったから、2度と一緒に仕事をすることはないかもしれないけれど、去年今年の感謝の気持ちを忘れないように、伝えておこう、と、そんな気持ちになる時間を作ることはとても大切なことだと思う。

今年の正月は、そんな反省もあって、実家に名刺やはがきを持ち込んで、手書きで住所を書いて出したのだ。名刺整理や入力も出来ていなかったので、手書きしか方法がなかったから。
でも、住所が変わって1年以上経った人のものは、戻ってくるしかなく、ああ、これで完全に縁が切れてしまったな~と、すごく寂しい思いをしたのだった。

きっと、ずっと報告をしたり連絡をして縁をつないでいると、喜んで力になってくれたかもしれない。力になるよと言ってもらったのに、何をどう力になってもらえばよいかわからなかったから、それっきりになってしまった。

すべて自分の意識の低さが原因だけれどね。幼かったな~と思う。

起業家のみなさん、年賀状はきちんと出して、この年のお礼をきちんとお届けしておいた方がいいですよ。年賀状は、出し続けることに意味があると考えた方がいいと思います。

                                           トップに戻る

|

« 10年の教訓 | トップページ | グリーンツーリズム »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/17042480

この記事へのトラックバック一覧です: 10年の教訓-年賀状編:

« 10年の教訓 | トップページ | グリーンツーリズム »