« 「ローカリゼーションの胎動と私たちの実践」 | トップページ | 署名必須のルール・メールマナー »

2007年11月22日 (木)

玄米大食&長野県の野沢菜油炒め

栃木県から漢方薬を使った完全無農薬玄米こしひかりを取り寄せて炊いてみました。

Photo 玄米と言ってもいろいろ種類があって、私はどちらかというと、もちっとした玄米が好きです。
今回は初めてのタイプだったので、固く仕上がるよりは柔らかい方がいいかなと思って、水を1.8倍くらいにして炊いたら、やっぱり柔らかすぎました。(^_^;)
でも、そこに、長野県の野沢菜の油炒めをまぜて食べたら、まぁ、おいしいこと! 玄米菜食ならぬ、玄米大食です。

お店は、11:00入店ラストですが、遅い時間にはお料理がなくなるという可能性も大で、そうすると、私が何か作らなければなりません。

が、私は料理は作りませんので、ポッキーしかでません。と、公言していますが、でも、おなかすいたと言われたら、せめておにぎりくらいは出してあげたいなと思うので、地方色のあるおにぎり作りに、ちょっとだけ興味をもつようになりました。

この間、青森に行ったときは、若生こんぶ (わかおいこんぶ)というおにぎりを包む昆布を買ってきました。同じ青森でも、私は初めてみたので、期待しておにぎりに包んでみたけれど、なつかしさがない分だけ、おいしい! っていうわけには行きませんでした。

地元では先祖代々食べ続けてきて、食べ慣れておいしくても、それを食べたことのない人にとっては、必ずしもおいしいかというと、そこが難しいところなのですね。
外国の料理を日本人に受け入れられるようにアレンジして出すのと同じく、地方の特産料理も、きっと食べたことのない東京の人に合うように出した方がよいものが多いのかなと思います。

地方出身のお客様に、小さいとき食べていたおにぎり・食べたいおにぎりを聞いて、素材を取り寄せて作ってあげると、なつかしくて嬉しいだろうなぁと思いました。                                    

                                  トップに戻る  

|

« 「ローカリゼーションの胎動と私たちの実践」 | トップページ | 署名必須のルール・メールマナー »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/17151124

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米大食&長野県の野沢菜油炒め:

« 「ローカリゼーションの胎動と私たちの実践」 | トップページ | 署名必須のルール・メールマナー »