« 持込みOK-厨房が使えるお店 | トップページ | 自転車で事務所に初出勤 »

2008年1月17日 (木)

お店会議-ネーミング

昨日は、役員2人と財務会計担当と私の4人で、新年初のお店会議兼新年会をやりました。お店の名前がまだ決まっていないので、昨日は、絶対にお店の名前を決めよう!ということで、一次会も二次会もずっと名前の候補を考えていました。

カタカナ、日本語、英語、漢字、ひらがな、目に飛び込んでくるまわりのものをヒントに、まあ、様々出て可笑しかったけれど、最後まで忘れられず、一番ヒットしたのはなんと、

 「なみへい」

でした。(^_^;) そうです、あのサザエさんのお父さんの“なみへい”ですよ。(笑)

                 起業家ダイニングサロン なみへい  

プッと笑っちゃいたくなりません?(笑)

この名前が出たのにはいくつか理由があって、まず、一家の中心である笑いのサザエさんに、私が似ている?(似てない)なんて話から、昭和のあの温かい素朴な家族を今の時代は求めているし、取り戻さないといけない。サロンはお客さんが、安心してほっとしてくつろぐ場にしたいというコンセプトの確認から始まったのでした。

そのとき、田中京子さんが「私の胸でお泣き」なんて振り付きで言うので、そうだよね、経営者には、高波のときも、平安なときも、いろんなときがあって、どんなときにも、元気なときも落ち込むときも、グチりたいときも、自慢したいときも、いつでも来て欲しいから、やっぱり、「波平」はいいかもしれない・・・というところで、この印象の強さが、他の追随を許さず、最後までトップに残ったのでした。

本当は、みんなが呼びやすくて、かわいいカタカナの名前をなんとなくイメージしていたので、今日になってもまだ、私の中ではなんだか (^0_0^)・(?_?) 状態ですが、まずは「なみへい」が第1候補に内定です。
                               (まだ決定ではありませんよ(^o^))

                                        トップに戻る

|

« 持込みOK-厨房が使えるお店 | トップページ | 自転車で事務所に初出勤 »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/17725979

この記事へのトラックバック一覧です: お店会議-ネーミング:

« 持込みOK-厨房が使えるお店 | トップページ | 自転車で事務所に初出勤 »