« 日本農業新聞 | トップページ | 不動産と言ってもタイプはいろいろ »

2008年4月 3日 (木)

地域資源のアンテナショップ「Rin(リン)」

4月下旬に、中小企業基盤整備機構が、
東京・表参道に地域資源を販売するアンテナショップをオープンしますが、
その名称が「Rin(リン)」に決まったそうです。

ショップの名前は、日本のプライドと勇姿を示す「凛」と、調和や繋がりの関係を表す「輪」、「隣」、「臨」、「林」、「倫」を意味しているそうです。

店舗面積170坪ですよ! すごくないですか?

で、ターゲットは、高感度な20~40代の女性を中心とする消費者層、
及びこれらの消費者を主な対象とする流通バイヤー等

だそうです。
どうして50代までを入れないのかしらねぇ。
30代、40代は子育て中でお金が使えない人の方が多いのに。

って、そんなことはどうでもよい?(笑)


この施設は、「中小企業地域資源活用プログラム」の一環として開設するもので、今取り扱う商品を募集しています。

締め切りが4/23ということですので、興味のある人は、アクセスしてみたらどうかしら。

                                     トップに戻る

|

« 日本農業新聞 | トップページ | 不動産と言ってもタイプはいろいろ »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/40746639

この記事へのトラックバック一覧です: 地域資源のアンテナショップ「Rin(リン)」:

« 日本農業新聞 | トップページ | 不動産と言ってもタイプはいろいろ »