« 2層シンクのお掃除 | トップページ | コミュニティカフェが流行る理由- 永沢映さん »

2008年6月 9日 (月)

ワタミ社長横浜の禁煙条例に物申す

ワタミの渡邉美樹社長の言い分が、とてもよく理解できます。

日経レストラン5月21日の記事に、
全席禁煙の居酒屋『手づくり厨房』を4店オープンし、結局1年たたずに撤退した事例をとって、渡邉社長が、横浜の禁煙条例に反対しています。http://nr.nikkeibp.co.jp/topics/20080521/

記事の中では、失敗の理由を以下のように2つ書いていますね。

「宴会のお客様が極端に少なかったのと、深夜帯に弱かったことです。例えば10人のグループで宴会しようとなった場合、その中に2~3人でも喫煙者がいたら、禁煙の店では宴会をしないわけです。さらに深夜帯のお客様はタバコを吸う人が多い。この人たちにも敬遠されました。」

私の周りは煙草を吸わない人が多いし、私自身が煙たい中で仕事をするのは苦痛なので、禁煙にしようと思ったけれど、経営者の立場で考えると、それは非常に勇気のある判断をしなければならないということは、以前書きました。

結局、禁煙にも分煙にもできなかったけれど、その代わり、煙をキャッチすると自動的に作動する吸煙器を、天井に4台取り付けることになりました。どこまで効果があるか、完全な対処ではないので、心配と言えば心配ですが、まだ見ぬ心配より、まずはスタートしてから、いろいろ心配対策をしたいと思います。

                                     トップに戻る

|

« 2層シンクのお掃除 | トップページ | コミュニティカフェが流行る理由- 永沢映さん »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/41481241

この記事へのトラックバック一覧です: ワタミ社長横浜の禁煙条例に物申す:

« 2層シンクのお掃除 | トップページ | コミュニティカフェが流行る理由- 永沢映さん »