« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

似顔絵セラピストからのプレゼント

2008 (株)ファースト・シンボリーの 藍原(あいはら)節文社長に、似顔絵をプレゼントしてもらいました。(^o^)

書いてくださったのは、村岡ケンイチさんという方だそうです。プログの写真をみて、書いてくださいました。ちょっとかわいすぎて恥ずかしい・・・。(^_^;)

------------------
似顔絵国際大会「NCNミニコンペンション in Tokyo」白黒部門優勝

似顔絵セラピスト イラストレータ-

似顔絵セラピストとして医療施設・介護施設を中心に似顔絵を通して「笑い」を提供する活動をしています。
------------------

藍原社長、ありがとうございます!

似顔絵セラピストという肩書き初めて聞きました。いいお仕事をされていますね。
色紙と一緒にデジタルデータで渡せると、付加価値がついていいのでは?と提案してみました。

藍原社長は、10人の社員をもっている若い社長ですが、最初は、お客様に連れられてなみへいにいらっしゃいました。

そのときとても気に入ってくださって、ご自身のブログと、オールアバウトにもなみへいのことを書いてくれたのでした。

販促コンサルタントが行く!居酒屋訪問記ブログ↓
オールアバウト↓

そうしたら、その記事を読んで、是非言ってみたいという人がいて、今回は総勢8人を連れて来てくれたのでした。ありがたや、ありがたや。

藍原社長自身も、初めて会う人の方が多かったそうで、それでもみんな大いに盛り上がっていました。

30歳で、会社を2つもっていて、さらに、新宿で喫茶店を開業したばかりの人もいて、この日は、青森のNPO法人グリーンエネルギーの三上亨さんや、CBS(コミュニティサポートセンター)の永沢さんたちも来てくださっていたので、ここで合流して、「故郷」に対する想いなども話題にあがりました。

なみへいらしい、交流タイムとなって、とてもいい時間でしたよ。

帰り際、学生さんが「ああ、楽しかったわー」と2回も言っていたのを聞いて、素直に嬉しかったです。

この日の藍原社長のブログ↓
http://ameblo.jp/aiharatomofumi/entry-10132837798.html

実は、この藍原社長の故郷は福島県なのですが、9月25(木)、26(金)の2日間、藍原さんのご両親が上京して、なみへいで、福島料理を作って振る舞ってくれることになりました!

詳細は、また改めてご案内しますが、いか人参とか、福島の人にとっては懐かしい、本場の料理が食べられますので、是非、どちらか、日にちをあけておいてくださいね。

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

地方からいらっしゃったお客様

今週は、告知のはがきを出そうと思っていたのに、いまだ、はがき制作まで着手できず、かなり焦り気味の毎日。もう、これからはどんどん営業しようということになったのに。

日々たまる嫌いな一般事務と経理事務、振込やらクレジットカード会社への書類送付、定款変更に関する書類提出や再送手続、紛失書類の処理や、毎日増える名刺の整理等々、まだまだ一杯様々な事務処理があって、早く事務員を雇えるようにならないと、フォロー営業や積極営業ができず、こりゃ、参りましたね。

でも店がオープンしてからは、人数は多くないけれど、毎晩いろんな人が来てくださるので、へえ~と思うことが多くておもしろいです。今週は、(火)から(金)まで毎日、全国の地方から寄ってくださいました。

火曜日は、鹿児島、水戸、松山から、水曜日は青森の同級生、木曜日も青森、金曜日は山形から、みなさん全員、紹介や一緒に連れて来られた方ばかりで、こんな感じで、じわじわとゆっくり口コミにのっていくといいな~と思ったのでした。

木曜日に青森からいらしたお客様は、青森県で風力発電を作ったNPO法人グリーンエネルギーの三上亨さんでした。三上さんは、風力発電に3億円かかったうち、2億円を寄付を集めて作ったというすごい人で、以前から一度お話がしたいと思っていた人なので、この日は、ゆっくり話せて、しかもお互いに他のお客様もいるというのに、なんの遠慮もなく青森弁で話せて、大いに笑ったよい時間でした。永沢さん、連れてきてくださってありがとう!

出張に行くと、携帯の電源が切れて困ることがあるので、なみへいでは、地方から上京される人のために、ドコモとauの充電器を常置で置くことにしました。

サロンは無線も使えますので、どうぞ、何か困ったことがありましたら、なみへいにお立ち寄りくださいね。

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

おまかせコースが褒められたよ!

先々週、「おまかせコースは楽でいいね。」と1人のお客様が言いました。

そして先週も、「選ぶ手間が省けるから楽でいい」と言われて、2人に続けて言われたので、ちょっぴりびっくりしていたのでした。

そしたら、森さんが連れてきてくださった社長さんが、店に来る前から、このおまかせコースのことを絶賛してくださったそうで、座るや否や、「誰が考えたのですか?」とまで言ってくださったのでした。

このおまかせコースは、開店当初のビュッフェ形式が予想外に評判が悪く、持ってきてよと言われたところから変更したサービス内容なのです。

毎日の営業は、ホールスタッフと私と2人だけで回さなければいけないし、私が、注文取りとお運びに徹していたのでは、お客様と話しが出来ないので、普通のお店のように、1人ずつ注文をとって届けることは出来ないと思いました。

注文を聞かない方法は何よ? と考えた結果、ならば、一方的に届けてしまおうということで考えた苦肉の策と言ってもいいので、それを褒められたので、へぇ~!!! という感じでした。でも、嬉しかったです。

彼は、なぜおまかせがよいかの理由まで話してくれました。

ふふふ、理由は教えません。(笑) 聞きたい人は、ご来店ください。教えますから。

でもね、よいと思わない人だって当然いるはずだし、そういう人は、きっと黙って去るんですよね。

だから、そういう人の気持ちも、気にして聞き出していかないといけないなと思っています。

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

クレジットカード端末機入りました

Photo_2 クレジットカード端末機が入りました。

自分がカードを使うときは、何も考えずに控えを財布に入れてしまうけれど、今度は、控えが3枚も出てくるので、どれがどれだか、しっかり見分けなければなりません。

・お客様控え
・加盟店控え
・カード会社控え  の3つね。

覚えることが一杯あって、大変。

                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

ランプのつく素敵な地球儀をもらいました

Cimg1848

西出さんが開催している「西出会」のみなさんが、8月始めにお祝いにきてくださいました。

古参会員でもない私のために、みなさんがお祝いに駆けつけてくださって、ほしかった地球儀をもってきてくださいました。

本当にありがとうございます!

すごく嬉しかったです。

地球儀の木枠は、偶然、室内のカウンターや棚の色とぴったり合って、とってもお洒落な地球儀です。ランプもつくんですよ!

当日の様子を、住生活ジャーナリストの藤井繁子さんが、ブログにアップしてくださっていました。お料理の写真はなかなか自分では忙しく撮れないのですが、藤井さんがしっかりと、この日のお料理を撮してくれていました。
http://blog.goo.ne.jp:80/vivienfujii/e/068308ad58128bc3bd57d71f35a44cd1

福井のどんまゐこと、鈴木洋社長が送ってくれた、なかなか手に入らないすごいお酒「梵」と、神田にある青森料理の「跳人」店主、小野さんからプレゼントしていただいた、青森人気の「豊盃」も一緒に写っています。

                                    トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

特産品をお料理として出す難しさ

これまで、山形県、島根県、鹿児島県の特産を産地応援として出して、思ったことがあります。

それは、同じ特産でも、「懐かしさ」を提供するのと、「珍しさ・おいしさ」 を提供するのでは料理の出し方がまったく違うということです。

「懐かしさ」の場合は、レシピ通りに作っても、食べたことのない人にとっては、「おいしい」とは限らず、「懐かしさ」が「おいしい」に繋がることの方が多いように思います。

だから、本当に「懐かしさ」を提供したいときには、元々食べていたお料理そのままの味と形でなければなりませんから、それを知らない人にはなかなか作れないのですね。

逆に、「珍しさ・おいしさ」を提供する場合は、料理人の腕次第というところがありますから、「懐かしさ」に振り回されることなく、オリジナルなお料理ができます。

この間、鹿児島に行ったとき、鹿児島の人が懐かしいと思うよということで「がねん天ぷら」というのを聞いて料理人に作ってもらいました。素材はどこでも手に入るような、さつまいも、にんじん、卵、小麦粉、塩、砂糖などだったせいでしょうか、出来上がりが、どうみても「これのどこが鹿児島なんだろ?」と思うような、普通の家庭の味なのでした。

もちろん、サイトで「がねん天ぷら」を検索して、家庭毎に違うというレシピを数種類やってみたけれど、同じでした。素材そのものが、どこにもない「特産」の場合は、特産とわかりやすいけれど、料理法で「特産」を表現するのは難しいですね。結局、がねん天ぷらは諦めたのでした。

なみへいは、毎週どこかの地域の特産品を提供していますが、まだ始まったばかりなので、素材そのものが特産品とわかるもので、かつ、素人でも出せるものを今は、選んでいます。
そうなると、結局、切るだけ、焼くだけ、揚げるだけ、という加工品が多く、料理が必要なものは、現地で料理をして送ってもらうということになります。

でも、それだと、日持ちがしないので、送料もかかるし手間もかかります。
だから、なかなか実現できませんし、「満足」の域まで行き着けません。
ここの部分は、まだまだ課題です。なんとか、納得できるところまでしくみか、またはネットワークを創りたいと思っています。

でね、素人さんでかまわないので、ボランティアで、自分の故郷の料理を作りたい、作らせて!っていう人がいましたら、是非ご一報くださいネ。

「珍しさ・おいしさ」の提供に関しては、これから少しずつ、料理人と相談して、地方の素材を活かすおいしい料理作りにチャレンジしていきたいと思っています。

                                   トップに戻る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

地方から上京のお客様

花束を差し出した男性が、不思議そうに見ている私に「石○○です。」と言いました。

「石○○さんって、富山の石○○さん?」 『まさか、石○○さん、亡くなったの? 息子さんが代わりに訪ねてきてくれたの?』

一瞬のうちに、そんなことが頭に浮かんできて、思わず「石さんの息子さん?」と聞いたのでした。

すると、その人は、サングラスをとって「何言ってるの! 息子なんかじゃないよ! 石○○だよ!」と言うではありませんか。

だって、石さんって私よりはうんと先輩なはずだから、どうみても若いよ、石さん。

お世辞じゃなくて、本当に息子さんかと思いました。でも、サングラスはずしたら、石さんでした。(^o^)

いつも、ブログをみてくれていたそうで、上京するときには是非寄ってみようということで、寄ってくれたのでした。

嬉しかったですぅ。忙しくないので、カウンターに座ってもらってゆっくり話しができました。
4年ぶりかなぁ。

でも、実は、まだ2回しか会っていないというのに、もう何年来の知り合いのような感覚だったのがとても不思議でした。

こうやって、地方から出張で上京するときに、気楽に立ち寄ってくれるのは本当に嬉しいです。これが、事務所なら、こうは行かなかったからね。

上京しても1人で晩ご飯を食べないといけない地方の方、特に女性の方は、1人でもまったく大丈夫ですから、安心して立ち寄ってくださいね。お待ちしています。

                                        トップに戻る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

防火管理講習会

火曜日は、防火管理講習会の2日目でした。

初日は、火事がどれほど怖いかを学んで、防火管理者の必要性を感じたけれど、2日目は消防計画の作成に必要なことを、1日の大半を使って講義をうけました。

消防計画って、誰が書くの?

け゛っ! あたしなのぉ? あたしが書かないで誰が書くんだって? うそぉー! 

と思った瞬間、社会人辞めたいと思いました。

書類作りは、チョー苦手です。社会人として失格になってもいいとさえ、思ってしまいました。

Cimg1845

何度も講師の人が、戻られたら、ご自分のところの消防設備にどんなものがあるか、確認しておいてくださいというので、確認したら、消化器と煙探知機、熱探知機、これしかありませんでした。

消化器の使い方は、

1.持ち手の上の黄色い丸い栓を抜く
2.ホースを火元に向ける
3.持ち手を押す

の3拍子です。私は一度も消化器を使ったことがないので、いざというときには、かなり緊張してしまうかもしれません。

消化器の白いマークは、一般火災(木材や紙、布など)に
黄色いマークは、油火災に
青いマークは、電気火災に   

3つのマークが全部ついているのは、どんなものにでもOKという理解でいいようです。

あなたの職場の消化器の使い方わかっていますか?

                                   トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所さんへのご挨拶

オープンする時に、お隣りさんと裏の人とお2階さんにご挨拶に行ったのだけれど、ガード下の7軒しかない古~い、それなりの風情をもった昭和の飲み屋街の母さん達には、ご挨拶をしていませんでした。

CBSの貸し切りパーティーのときに、新宿の大熊副所長さんに、あの母さん達に挨拶に行った方がいいよとアドバイスをもらったので、青森のリンゴジュースをもって行ってきました。

大熊さんは、仕事柄、古きものと新しきものが混在する新宿の街を管轄する仕事をしているので、そのあたりはよ~くご存じで、CBSのパーティーの時、みんなが道に迷うからと、看板をもって昭和の飲み屋街入り口まで行って、誘導しようと出ていったら、店のかあちゃんになみへいのことを聞かれて、いろんなことをきいて、誰が一番のボスなのかまで聞いてくれて、その人に挨拶に行くといいよと教えてくれたのでした。

そしたら、昨日、7軒のうちの1人の母さんと店の前で会ったので、改めてご挨拶をして、あんた青森出身なんだって、あたしは函館なのさ、みたいな話から、私もすっかり津軽弁モードになってしまい、開店前のなみへいを見ていただくことになりました。

そりゃ、当然ながら、ビールときびなごを出して、ここはいいねーと言ってもらって、その母さんはここにきてからまだ10年ちょっとだとか、ボスの店は50年で半世紀やっているとか、いろいろ状況をきいたのでした。

あれやこれやで、今後ともよろしくお願いしますとか、仲良くなって行きましょうみたいなことで、すっかり田舎の人同志の風情で出口で握手したのでした。

ふと見ると、目の前に、バンダナを巻いて、ジーパン姿で、サングラスをかけて、花束をもった若者が写真を撮っていたので、こんなかっこいい若者は、私の知り合いではないし、2階のお客さんだろーなーと思って店に入ろうとしたら、その人がほほえんで私に花束を差し出しました。

びっくりして、名前を聞いたけれど、私の覚えている○○さんではなかったので、「もしかして、○○さんの息子さん?」と聞いてしまいました。

さて、この人は一体誰だったんでしょう。happy01

もう時間切れなので、後で昭和の飲み屋街の写真のアップとあわせて、次回に続く。 (笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ちょっと嬉しかったこと

ちょっと嬉しいことがありました。

帽子を忘れて行ったお客様が、取りに来がてら、お友達を2人連れて来てくださいました。

CBSの貸し切りパーティーに参加していた方が、お仲間さんを2人連れて来てくれました。
キープラネットの女性会員同志で来てくれたうちの1人が、また男友達を2人つれてきてくれました。
ひさやんが連れてきてくれた、美しい男友達(ホントに美しい!(^_^))が、今度はガールフレンドをつれて来てくれました。

4組のお客様がみんな、同じ日にリピーターで、しかもここはおもしろいからと言って新しいお客様を連れてきてくださったのです。

今は、まだあまり告知をしていないためにお客様が少ないので、それだけでも、すっごく嬉しくてありがたいのに、サロンのコンセプトとか、合同会社にした理由とか、サロンはゴールではなくて、スタートの拠点としての始まりだとか、そんな話をしていたら、2組とも同じことを言ってくれたので、少しびっくりして、ちょっと嬉しくなりました。

「この店は、12月頃になると、もう入れなくて一杯になるね。」って。

「そうなるといいんですけどね。」って言ったら、

「そうなるよ、見えるようだもの。」と、2組の人が、違うテーブルでほとんど同じことを言ってくれたので、素直に、そーか、そうなるのか、とスーッとイメージに入ってきて、信じることが出来るようになりました。

イメージというのは、自分の中から生まれて、浮かんできて見えるものだと思っていたけれど、人に見えるイメージを伝えてもらうことで、それが自分の中に取り込めるということがあるんだなーと、新発見のように思いました。

そう言えば、自分の小さいときのことはよくわからないけれど、親にあんたはこんな子どもだったとか、こんなおもしろいことがあったとか、こんなところに連れていったとか、自分では覚えていないことを話してもらうことで、家族の様子やその当時の親のことや、いろんなことが、まるで覚えていたかのように出来上がっていくことがあるのよね。

だから、後付で出来るイメージや、他人から見える将来のイメージなんかも、とても大切だな~と思いました。いいイメージが見えたら、伝えてあげることはとってもよいことです。

私は両親が死んでしまったから、親に、自分の小さいときの話とか、親自身の小さかったときのこととか、私と同じ年にどんなことをしていたとか、そんな話がまったく聞けないからとても残念だなと思います。

ご両親が健在でいる人は、是非、今のうちにいろんな話を聞いておくとよいと思うよ。

                                     トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

起業予定の女性ご来店

今日も防火管理講習会です。

昨日、店にある消化器を撮してブログに感想を書こうと思ったのだけれど、営業中で撮すのを忘れてしまいました。今日忘れなかったら撮して明日感想とともにアップしまーす。

とにかく「食中毒と火事」。
飲食店を営業するって、すごい怖いことだと、責任の重たいことだと、昨日は心底思いました。
帰ってきてから、チーママの京子さんに、思わず「京子さんも防災管理講習会受けてよ。」と言ってしまいました。1人じゃ怖いよ~。(笑)

さて、
昨日は、12月で会社を辞めて起業する予定の女性がいらっしゃいました。
以前会ったことのある女性で、私がサロンを始めたというのを他から聞いて、来てくれました。ありがとう。

本人も言うとおり、彼女の事業内容はまだまだ現実的でないし、彼女がやりたい「起業家や経営者をネットワークして繋ぐ場作り」そのものを仕事としてやってきた先輩として、その夢を実現して食べていくのは、容易なことではないと思うことを話しました。

せめて、既に自分がそういうネットワークをもっているなら、どこから手をつけていいかきっかけも掴めるけれど、ネットワーク作りもこれからだからね。

仕事を辞めないで、
月に1回とか、半年、1年継続して「場作り」のイベントを主催して、経験と人脈を増やしていきながら、試行錯誤の中で、自身の実感としてやっていけるかどうか考えていく時間をとってからでもいいんじゃないの?と話しました。

でも、彼女としては、仕事をしながらだと他のことは出来ないので、思い切って辞めたい。自分で自分の尻を叩かないと、いつまでも始められないし、、、ということでした。

確かに、そういう状況もあるよねー。わかる気がします。
後へ引けないようにしてしまうことも、ある意味大事なときがあるからね。

最後は「一番大事なことはね、人の言うことを聞かないことだと思うよ。」なんて言っちゃってぇー、これじゃ、意味ないじゃんー。(笑)

って。でも、ホントなんだから。人の意見は聞くけれど、従う必要はないし、あなたに出来なくても私には出来るかもしれないと思うことだって、すごーく、大事なことだから。

彼女が「今日は来てすごくよかったです、もう少し考えてみます。また来ます。」と言って帰る後ろ姿をみながら、
こういう、後に続く起業したい人達に、自分の体験を話してあげられるのも、サロンにしたからだな~と思って、ちょっとばかり嬉しかったのでした。

これが事務所だと、わざわざ時間をとって自分の経験をアドバイスということになるけれど、お金はもらえないし、時間はかかるし、とても出来ないことなのでした。

昨日は、お料理担当の真知子さんもマーケティング関係の自分の会社をもっているし、スタッフで手伝ってくれている久保理砂子さんも地域おこし関係の仕事で独立しているし、チーママの田中京子さんももちろん社長なので、こういう人達が普通に自然に集まっている「なみへい」って、起業したいOLさんやサラリーマンにとっては、すごい場なのかもな~と思ったのでした。

見回すと、私の周りにはOLさんがいないのねぇ・・・・。

                                       トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

のだめ カンタービレ

Cimg1816

  実家にあった「のだめ カンタービレ」を18巻まで読破。

漫画も読破っていうかなぁ。

のだめって何のことだろう?と思ったら、
野田恵の略で「のだめ」なんだって。

久しぶりの漫画にドップリ浸かった青森の夏。

18-19日は、朝9時から17時まで、防火管理講習会です。

                                      トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

帰省中のダッチ・オープン体験

岩木山の麓にあるペンション&農家レストラン ル・カルフールの田村ご夫婦のご厚意で、お盆の最中でもある15日に ダッチ・オープンのお料理体験をさせていただきました。

妹と弟のお嫁さんは仕事だったので、弟と姪っ子2人、甥っ子1人の5人で参加しました。

ペンションの裏にハーブ畑があって、そこからいろいろなハープを摘んできてお料理に使います。

Cimg1784Cimg1780Cimg1774   Cimg1790Cimg1791

Cimg1785_2 

木を燃やして炭を作ります。

Cimg1786_2

みんなで材料を切ります。

Cimg1789_2

ハーブをみじん切りにして鶏肉にまぶします。お醤油もかけます。

Cimg1792_2 

鍋の下には、大きく切ったキャベツ、じゃがいも、たまねぎ、人参がごろごろと入っています。

Cimg1793_2 

蓋をしたら、その上にも炭を置いて、上下から蒸し煮にする感じ。

Cimg1797_2

豪快な茄子焼き

Cimg1800

 

 

焦げ目がついて、焼き上がりました!





パンは、中はもっちり、外はカリッと、ほんっとに美味しかったのよ!

Cimg1795

Cimg1794

Cimg1796

Cimg1803

Cimg1803_2 Cimg1802

ミニトマト、ハーブ、みょうがのサラダ

茄子焼き

Cimg1806

メイン料理

他にポップコーンも作りました。

2時間ちょっとで完成!                              

どれもこれもホンットに美味しかったです!

                                                    トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

臭いおしぼりの作り方

たまに、えらく臭いおしぼりが出てきて、拭いた後の手が臭くなるときってありません?

どうしてあんなに臭くなるのかな~と思っていたら、新人ママ、わかりました。

Cimg1759  臭いお絞りを作るには、タオルウォーマーの電源を切った後、中に入っているおしぼりをそのまま密封の状態で次の日まで置いておくと、ちょうどよい臭さぶりのおしぼりができるのだそうです。(笑)

そうでなくて、臭くないおしぼりを作るには、残っているおしぼりを出して、写真のようにドアもあけておくとよいのだそうです。知らなかった。

もっと知らないことがあった。

Cimg1761 余ってしまったおしぼりは、冷凍してもよいんだってよ!

でもって、使うときには、チンするんだって! へえ~、たまげた!

              

    トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

9/16(火)青森県スペシャル食事会

9/16(火)は、青森県の委託を受けてあおもりNPOサポートセンターが、青森の食材を使って、青森のよさをアピールする説明会(?)&食事会を開催することになりました。

場所はもちろん「なみへい」だよ~。(^o^)

まだ、決まったばかりなのでサイトも出来ていませんが、とにかく、興味のある人は、今からこの日を開けておいてくださいね。

青森のお酒も出しますし、青森県出身の料理家がお料理を作ります。

乞うご期待!                            トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

すのこで棚を作ってもらいました

Cimg1752

洗い物をしていると、グラスを置くところが足りなくなってしまい、タンクの上のデッドスペースに、島忠からすのこと板を買ってきて、グラス置きの棚を作ってもらいました。

これで2000円かかっていないので、私的にはそれが嬉しかったりするのだけれど、作ってくれた本人は、自分のやった仕事が目に見えて嬉しいということでした。

ほんと、仕事が目に見えるということは、いいことだねー。

このタンクに繋がっている生ビールと酎ハイのホースは、毎日開店と閉店時に洗います。

この洗浄の方法が、ボンベを閉めたり開けたりで面倒くさくて、3週間もたってやっと理解できるようになりました。
とは言っても、手書きのマニュアルがないと洗浄も、ビールサーバーを開くことができません。

アルバイトのスタッフちゃんは、ナンデ2日位で覚えられるのだろうか?

まったくもって理解できない。

                                   トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

12日(火)は鹿児島出張です

12日(火)は、鹿児島で「かごしまビジネスフロンティア選定委員会」に出席のため、1泊で鹿児島に行ってきます。

最優秀賞の人には、1年で1000万円ですからね。

鹿児島市は思い切ったことをやるな~と感心すると同時に、ビジネス創出の期待も大きいので、こちらも責任をもって、しっかり審査しなければと思っています。

1000万円というお金を使ったことがない時には、1000万円ってすごい!と思っていたけれど、1500万円もあったお金が、もうほとんどなくなっている状況にいるものとしては、1000万円というお金もあっというまになくなっちゃうだよなという気持ちに、初めてなっています。

なくなるのは簡単だけれど、また増やしていくのは、容易なことじゃないのダ!

だから、相当ハラをくくって向かわないと、1000万円なんていう大金は、逆に手にしちゃいけないよね。一昨年も同じ委員をやらせていただいたけれど、その時にはわからなかった、1000万円というお金を手にする者の、覚悟の度合いというものが実感としてわかるようになりました。

もらら者には、もらう責任というものがあるから、みんなは、毎日ワクワクじゃないですか?なんて言うけれど、違うよ。そんな軽い気持ちじゃないもんね。

というわけで、
鹿児島の夜は、地元の人がよく食べるものを出している気さくな居酒屋さんに連れていってほしいとお願いしたので、鹿児島特産を食してきたいと思います。これは単純に楽しみですぅ!

なみへいの8月後半は、鹿児島の特産品を出しますから、楽しみにしていてくださいね~。
そう言えば、8/26(火)は、マッスー先生が鹿児島のお客様をつれてきてくださるんだ。

鹿児島の夜と化す?(笑) 鹿児島弁が恋しい人は是非なみへいへ(^o^)

翌13日(水)は、羽田に戻ってから、そのまま夜青森に帰省です。
その間ずっと、パソコンは見れませんので、お返事は遅くなります! ごめんなさい

でもって、オリンピックはどうなってるんです?

全然テレビを見ていないので、電車の向かい側に座っているおじさんの新聞の見出しをみて、今日は野口の欠場を知ったところです。

女子バレーはいつだろ?  もう終わってしまった?  トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

CBSの貸し切りパーティー

Cimg1743  土曜日は、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター(略してCBS)永沢映さんの受講生の試験終了打ち上げ会がありました。OBも含めて総勢30名。賑わいましたよ~。

私はその1期生です。

事務局が写真を写していましたので、良い写真があったら、後でもらって、またアップしますね。

Cimg1736吉村さんのケーナはみなさん期待の演奏です。

人前で披露できる何かがあると、ほんとに素敵ですネ。

実は、他にももっと芸持ちがいるんですけど、電子ピアノほしいとこだね~と、話したのでした。

次回の打ち上げまでにはなんとかしたいですけどねー。

Cimg1749

内閣府の大塚さんにお料理がとてもおいしいと、料理人がお褒めのお言葉をもらいました。

今日の料理は鈴木が担当しました。彼の他に、もう1人、女性の料理人がいます。

どちらもグーgoodですゼ!       トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

なみへいは11(月)~17(日)お休み

なみへいは、11日(月)~17日(日)までずっと夏休みをいただきます。

18日(月)から、また営業しますので、お盆で帰省した方も、東京にいた方も、海外旅行に行って来た方も、みんな、おみやげをもって、顔見せに来てくださいね~。(笑)

                                          トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なみへい夜バージョン・昼バージョン

Cimg1721_3

Cimg1717

Cimg1712

Cimg1713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

サロン、無料で貸します!

昨日は、知り合いの「開発工学会」という、まじめな会のおじさまたちが、午後からミーティングをして、終わってからそのまま飲み会に入るということで、ミーティングの時間は無料でサロンをお貸ししました。

これからしばらく、定期的に10人以上で懇親会まで続けてくださる時には、サロンは無料でお貸しすることにしました。

昨日は、アントレnetの取材もあったのですが、ガラ~ンとしてたら、どうしようと心配しましたが、NICe(ナイス)推進委員の近藤輝雄さんが、たくさん誘ってくれて、他にもキープラの女性会員さんたちも来てくれて、ほっとしました。

近藤さんは、いつも人を誘ってくださって、ほんと、ありがたい人です。

おじさまたちも、話しが盛り上がって長居してくださったので、本当に老若男女、25名の人たちがバランスよく楽しんでくれました。

アントレnetにアップされる写真は、どんな写真になるのかしら。

9月に入ってしまうと思いますが、アップされましたらまたお知らせしますね。

                                      トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

コースターはこれにしました。

Photo こんなに種類を買っちゃって、やっとコースターが決まりました。

スポンサーを募って、コースターに広告を入れる方法もあると聞いて、うん、それはおもしろい!と思ったけれど、そしたら、まだまだ時間がかかるので、これにしました。

Photo_2水滴が 床まで染み通ってこないし、洗わなくていいし、グラスにくっつかないし、安かったし、

テンポズバスターで、スタッフが見つけてきてくれました。

                  トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

時代に逆行している「なみへい」

先日リピーターの方に連れられていらした藍原さんという社長さんが、なみへいのことをブログに書いてくださいました。

販促コンサルタントが行く! 居酒屋訪問記
http://ameblo.jp/aiharatomofumi/entry-10123767566.html

彼曰く、

私が思うに、このお店の「売り」はコミュニケーションである、と考える。

好きなお酒を持ち寄り、初めて会う経営者同士がコンタクトする。

と。そうよ、そうなのよ。さすが販促のプロだわ~。

ということより、あの日、私的にとても興味深かったのは、

彼は将来、両親に小さな居酒屋をさせてあげたいというのが夢だという話しから、
ちょうど、来月のなみへいの特産は、福島県を考えていたので、それでは、ご両親に1日上京してもらって、ここで福島県のお料理を作ってもらうというのはどうでしょうねぇという話しで盛り上がりました。

地方出身者でも、既に東京の人になってしまい、故郷にUターンする予定はないけれど、望郷の想いをもっているという人は実はとても多いのです。私もそうだけれど。

でもみんな、どんなふうに表現してよいかわからないのね。

だから、彼の夢をたった1回のイベントとしてだけれど、実現することで、彼がいつもお世話になっている人たちをおよびして、福島県のおいしいものを、しかも彼の両親の手作りで出してあげる機会を作ることは、とても幸福な時間だなーと思うのです。

そんなわけで、9月は福島県をやる予定です。
ご両親はOK出してくださるかしらねー。

我がふるさとを想う気持ちのある経営者やリーダーたちが、集って何かしら繋がることから、いろんな事業の芽や心の芽なんかも生まれてくるんじゃないかなって、そんなふうに思っているのです。

好きな酒を持ち寄り、起業家や経営者、リーダー達が集うのが“なみへい”です。

そうそう、明日は、アントレnetの取材交流会があります。

忙しすぎて、告知をしている時間がなかったので、参加者がまだ足りません。

ブログを読んでくださっているみなさん、どうぞ、明日は、お一人でももちろん構いませんので、訪ねてきてくださいませ。

                                      トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

今週のお通しは島根県の特産2品

Photo_6

先週と今週の特産品は、島根県を特集しています。

1つは、あご野焼き。
飛び魚(あご)をすり身にして、棒に巻いて焼いて作った竹輪だそうです。   

島根県では焼いたり、ちぐって鍋に入れたりして食べるそうです。

もう一つは、出雲そば。たれもあごだし汁のおつゆでお召し上がりください!

Photo_7  実は、最初の週は乾麺の出雲そばを出していましたが、今週は有機の生そばに変えてみたら、おいしくなりましたよ~。

ちなみに、今日のメニューは

1.あご野焼きのちくわ
2.ゴーヤときのこの中華風炒め
3.小アジのエスカベッシュ(南蛮漬け)
4.夏野菜のラタテュイユ
5.ペンネアラビアータ
6.パテンドカンパーニュ   
7.空芯菜のクリーム煮
8.出雲そば

ということで、全部おまかせで召し上がっていただけます。これで3000円ですからね。
持ち込みをすると、これだけ食べて時間制限なく、ゆっくり3000円で過ごすことができるのだもの、いい店だと思いません?(笑) まずは生ビール1杯飲んでも3500円だし!(^o^)

今日は、お祝いに駆けつけてくださる方達が10数名で予約してくださったので、ほんと、ありがたいです。丁寧におもてなしをしようっと。

と思っていたら、スタッフが、急に熱をだし、休みの連絡が入りました。えぇ゛!~。

チーママ の京子さんが、急遽、人の手当をしてくれたのでセーフだけれど、開店準備は全部私がやらなければならなくなってしまいました。(^_^;) 

焦る、焦る。ブログなんか書いていられなくなってしまいました。

こんなことも、これからはよくあることとして、考えておかないといけないのねー。

        

                             トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

“持ち込みチョー歓迎”の経過報告

まぁ、来てくださる多くの人が、(特に経営者が多いので)心配して、

「持ち込み歓迎にする場合は、せめて氷代か水代をとらないとやっていけないから、席代でもいいから取りなさい。」と、アドバイス、または、お説教までいただきます。(^_^;)

そりゃ、そうだろうなー。

私をみていたら、計算してないんじゃないかと思うだろうし、もし逆な立場でも「本当に大丈夫なの?」とこの私だって言いたくなるに違いない。

しかも、私自らが、「ガードくぐるとすぐに、カクヤスがあるから、買ってくればいいよ!そしたら、3000円ですんじゃうよ!」なんてお勧めしてしまうものだから、隣のお客さん達は、笑ってしまうのよね。

川野さん、どうかしてるんじゃない? って、思うんだと思う。

ところがねー、

私も、一体どうなることかしら、客単価が3000円平均だったら、やばいぞ~、

一体何人、毎日人が入らないとだめなんだろうと、心配しながら実験していたのだけれど、ちょっとびっくりヨ。

先週1週間の計算では、客単価がどうしてだか、3800円近くになっているから、我ながら「へぇ~!」だし、お客様も、喜んだり、びっくりする人が多くて、このサービスは、絶対に口コミに乗りやすいです。

それに、他では出来ないサービスだから(多分)、このまま継続して行こう!と役員会議で決めました。

まだ、正式にご案内を出していないので、客数そのものは少ないけれど、これで、お客さんが増えていったら、間違いなくなみへいは成り立ちますからね。←自信。

もちろん、持ち込み歓迎 だけが特徴ではないから、秋からはどんどん、なみへいらしい企画を打ち出して行きたいと思っています。

夏休みは、8/10~8/17まで、丸々一週間休んでしまいますから、行かなくちゃ、行かなくちゃと思っている人は、気をつけて、今週中にきてくだされや~。

やることだらけで、どんどん忙しくなるけれど、淡々と、冷静に、時間を追いかけているような、なんだか不思議な気持ちです。

これって、緊張してるってこと?

                                     トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

8/8(金)はアントレnet取材パーティー!

8/8(金)は、アントレnet が取材に来てくれることになりました!

この日、がら~んとしていたら寂しいので、みんな来てくらさ~い!

よろしくお願いいたしま~す。m(_ _)m

時間は19:00から、取材パーティーと題して、何をするでもありませんが、

集まった人たちと、きさくな交流会パーティーとしましょう!

予算は、持ち込み歓迎ですので、持ち込むと3000円で、これ以上かかりません。

しかも、時間制限なしですよ~!

お一人でも大丈夫。いろんな方と名刺交換が出来るように計らいますデス。

                                          トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

無線が繋がるようになったよ~

ひさやんのおかげで、

なみへいは無線でインターネットが繋がるようになったんだよ~ん。

大阪から週1上京して、経産省のNICe(ナイス)の仕事をしているひさやんは、毎週水曜日になみへいに来てくれるので、そのたびに、FAXがおかしいとか、マイクがほしいとか、みんなで遊べるゲームを見つけてきてほしいとか、なんだとかかんだとか、いっつも、私に何かと頼まれるひさやん。

毎週宿題があるみたいで、ごめんね。でも、よろしくね! マイクね。(^o^)

                                       トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

「壁」は自分で作る

イチローが、3000本安打の後の取材で、

「これからも壁は自分で作っていく」ということを言っていて、おぉ!そうか! と思いました。

壁って、自然と目の前に出てくるようなイメージだったけれど、そうじゃなくて、確かに、

自分で作っていくんだよな~と、ひどく納得。

「壁」は自分で作って、自分で超えていくんだ。そうだ、そうだ。

だから、超えられない壁はないんだなー。。。

この過程こそが、人生そのものなんだと、1人納得して、

日々、小さな壁越えに奮闘している私です。

                              トップに戻る                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »