« テレビショッピング | トップページ | なみへいツアー »

2009年2月19日 (木)

飲物持込み自由で思っていること

飲み物持ち込み自由にして、初めて缶ビールを持ち込んだ人をみて、スタッフが言った。「ビール持ち込むなんて、信じられない、川野さん、さすがにビールだけは辞めましょうよ。」と。

覚悟の上で持ち込み自由にしたのだから、ビールだろうが、日本酒だろうが、それはよくて、これはだめというのはおかしいと思って、何でもOKの姿勢を貫いてきた。

けれど、ある時、瓶ピールを宅急便で送ってきて、冷蔵庫で冷やしておいてくださいという人がいたときには、さすがにびっくりして呆れてしまった。(しかも、聞いていなかったし。)

「持ち込み自由」というたった6文字から連想して、理解するイメージ、考え、常識の範囲は、やっぱり人によってかな~り違うことを、つくづく感じたのでした。

もっと最初の頃は、食べ物も持ち込み自由にしていた時期があったのだけれど、これも、こちらの常識の上をいく人たちがいて、コンビニからいろんなものを買ってきて、テーブルに広げて食べる人たちをみて、あまりの品のなさに、びっくりしてしまって、こりゃいかん!ということで辞めた。サロンのイメージとかけ離れていたし、食中毒も怖かったし。

何でもやってみないとわかんないものなのよネ。
やってみて、初めてオリジナルノウハウっていうものが出来るし、
やってみる勇気が、起業家には必要じゃないかしらって思う。

無から有を生むって、起業家のやることだから、何でもチャレンジしてみないと新しいものは生み出せない。チャレンジャーの私は、根っからの起業家だわさ。

それにしても、
ワインとか、日本酒、焼酎なんかに関しては、好きなものをすべてこちらで準備してあげられないので、持ち込んで好きーなものを飲んでくださいね~と思うけれど、ビールに関しては、やっぱりまだ、何か釈然としないものがあるのよねー。

うちのビール、モルツの生でおいしいんだし・・・。

                                    トップに戻る

|

« テレビショッピング | トップページ | なみへいツアー »

今日のあれこれ」カテゴリの記事