« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月20日 (日)

地域若者チャレンジ大賞

19日、経済産業省後援、NPO法人ETIC主催のチャレンジコミュニティプロジェクト、地域若者チャレンジ大賞発表プレゼンテーションをみてきました。

これは、地域のチャレンジ・プロデューサーがコーディネーター役となって、若者・大学・地元企業等をつないで、大学生などの若者をインターンとして送り込んで、地域社会の未来を担う人材を育てるというプロジェクトです。

半年間、全国の8地域から選ばれた代表8人が、最終的なプレゼンを行いました。
受け入れた企業の社長も壇上に上がり、双方をとりもつプロデューサーも応援、みんな一体となって若者のチャレンジを応援した成果です。

普通に就職することしか考えていなかった大学生が、このプロジェクトに参加したことで、回りのいろんな人達の応援を得てつながっていく様子、一つのことを事業として成し遂げていく達成感や、感謝の気持ちなど、見ていても成長ぶりがわかって本当によい企画だと思いました。

今年で2回目なので、3回目まではあるでしょう。見に行かれるといいと思いますよ。

誰かが言っていました。
「社長に出会えたおかげで人生が変わりました」って。

そんな社長になりたいものだと、私も頑張らなくちゃ!とつくづく思ったのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

栃木県鹿沼市商工会議所で講演

18日、おつきあいのある経営NPOに頼まれて、久しぶりに女性創業塾の講師に行ってきました。

テーマは「起業のためのネットワークの活用と人脈の作り方」 栃木県の鹿沼商工会議所。

栃木県って、近いのねー。浅草からだと、1時間半もかからないのでびっくり。

2006年までは自分の体験をもとに、講演活動をしてきたけれど、
2007年頃からは、だんだん、話せる内容も枯渇してきて、自分自身がつまらなくなってきて、今は、完全に input の時期なので、講演活動は久しぶりでした。

担当者の方に、なみへいの特産2週間サンプル提供で無料PRしますという話をしました。

10月に栃木県鹿沼市で秋祭りがあるということで、すばらしい彫刻の屋台も見せてもらったけれど、こういう年に一度の大きなお祭りの少し前に、東京で鹿沼の宣伝をして、それからお祭りに引っ張るというような関連した動きになると、もっと地元のPRとしては効果が高いという話で、やる気のあるご担当者と一致しました。

来年は、是非、こういう流れを作りたいと思います。
そのためには、今から準備をしていかないとです。

地方には、本当にたくさんいいお祭りがありますネ。

出身の若者たちが祭りの時に地元へ帰って、祭りに参加するのってすごくいいな~と思います。

伝えてください、代々に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

「地域おこしで燃える」セミナー

昨日は午後から、NPO法人 地域産業おこしに燃える人の会主催セミナー「地域おこしで燃える」に行ってきました。(坂本世津夫さんのブログに報告が出ています。)

私は、午後からの参加だったので、ゆいまーる牧場の金城社長のお話が聞けなかったのが残念でした。

会場にはかがり火の菅原編集長や日経産業研究所の浅田さんもいらしていて、同じ業界にいると、横で繋がっていくんだな~と改めて思ったのでした。

1Fのカフェで行われた交流会では、参加した地域の特産品の提供もありました。

この1Fのカフェは、9月後半から新しいコンセプトをもったカフェに生まれ変わるということなので、とても期待しています。

千代田プラットフォームは「市町村サテライトオフィス」としての機能が追加され、新しい付加価値を提供するプラットフォームになっていくようです。

どんな連携が出来るか、楽しみ。

今日の講演者のお一人で、北海道の北の起業広場協同組合専務理事の久保裕史さんには、夜、なみへいに来ていただいて、コンセプトをわかる地元の人達にもっと来てもらうようにすれば大丈夫だよと言っていただきました。

次への目標を、上手に「伝える」ようになりたいと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

告別式

お友達の旦那様が亡くなられて、告別式に行ってきた。

彼女のことは知っているけれど、旦那さまのことは知らなかったので、弔辞で何人かの方が、これまでの仕事のことをたくさん話してくださって、どんな方か、どんなに信頼をされていた人かを知ることができた。

ガンを知ったときから71日目に亡くなられてしまったので、どれほど、この間、彼女は泣いたことだろう。明るく振る舞ったことだろう。それを思って、涙が出てきてしまった。

自分の時は、どんな式になるのかしら・・・

誰が挨拶してくれるのかな・・・

私は一体、どんないい仕事をしたのかな・・・

息子に、告別式の自分の希望をちゃんと伝えておこう。そんなことを思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

山名清孝さんのこと

2~3日前に、朝のとくだねをみていたら、群馬県吾妻郡嬬恋村で開催された「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」を放映していたので、

これ、愛妻家協会の山名清孝さんが考えた企画だ~と思って見ていたのね。

だんなに「愛してるよ~」と叫ばれて涙ぐんでいる妻がいて、
本当に、山名さん、なんていいこと考えるんだと思ってみていたのでした。

実は、私が一番最初に「限界集落開墾ツアー」に参加したのは、山名さんとNPO法人えがおつなげての曽根原さんが初めてお店にいらしたときに、だいぶ先の企画だったにもかかわらず、行きたい!と思って、参加したのがきっかけだったのでした。

山名さんって、本当におもしろいし、今の時代のかな~りイケテル人だと、すっごく思いましたっけ。

久しぶりに、そちらのツアーMLに投稿してみたら、山名さんが、これで全貌がわかるよ~というユーチューブのurlを教えてくれました。
http://www.youtube.com/watch?v=4tQZSUN4Lh0

これまで山名さんが仕事で考えた企画は本当に、笑ってしまうくらい、バカバカしいのだけれど、それが、ブームを作ってしまう素晴らしいセンスがあって、本当に彼は素晴らしいなーと思うのですね。

人生最悪のV字脱却物語などは、笑わせるのだけれど人間的で、みんな頷きながら
笑っちゃえるし。

笑いながら、ふざけたことをマジに仕事にしてしまうといいますか、、、、
それがまた、ウケルんですねー。

きっと、彼をよんで、みなさんに彼の頭脳の中をお見せしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月15日 (火)

業界が違えば・・・

8月28日のブログを読んで、ネットショップのお友達に言われたノダ。

加藤さんって、楽天の店長さんの超あこがれの人、
スーパースペシャルカリスマ店長なんですが、川野さんにはあんまり関係ないんですよね(笑) 川野さんにかかると、みんな普通の人になっちゃうので面白いです。

って。

そうだったのか。。。知らなかった。(^^;)

そうなのよね、その業界ではチョー有名かもしれないけれど、
業界が違えば、どんなに有名な人でも、知らない人にとっては普通の人なのよねー。

だから、有名か無名かの判断より、目の前にいるその人に、オーラがあるかないかってことの方が、どうも私には興味深いらしい。

こういうこともあったし。。。

加藤さんは、初めていらしたときから、お顔がニコニコしていて、目がキラキラしていて、印象に残った人だったので、本当に素晴らしい人なんだろうねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

9月に入りいよいよ動きだし

9月に入りました。

7、8月の1周年を迎えて、
やっとなんとか潰さないでやってこれた安堵感と疲労感と、今後の不安もあったのでしょう、本当にすっかり、気持ちが疲れて、ブログが書けなくなりました。

でも、ねぶたツアーに行って、青森や天空に見上げる五所川原のたちねぶたをみたり、
仲間と山梨県の増富に収穫祭に行ってきたりしている間に、
ようやく、エネルギーがヒタヒタと入ってきた感じで、9月になり頑張る気持ちになりました。

1年を経て感じ続けてきたことを、次の目標にして、いよいよ動き出しています。

現状を維持発展しながら、次を準備していくって、まるで2つのことを同時にやっていくような感じです。
しかも、わたしはこの業界は新参者なので、先輩や仲間たちにいろいろ教えてもらいながら、時間もエネルギーも存分にかけていかなければ進めません。

もっと楽に生きていけばいいのにとも言われたけれど、立ち上げの時期は、思う存分頑張らないと、東京で事業などはできないと思っています。

起業する人にはいつも言いますが、最初は120%頑張らないと、どのくらい自分ができるかどうかがわからないから、頑張りすぎる時期があってもいいと。

食わなくていい人なら別だけれど、それでちゃんと事業にしようというならば、
必死にもなろうって。

ということで、また、自らが好んで、次にやりたいことに向かい始めました。
大変そうに見えるかもしれないけれど、、、グチだって、堂々といいたいと思うし、
かっこいいだけで、ミッションだけで事業はまわりませんのよ。
仕事は人生だもの。

誰かのことを、あなたの生き方間違ってない? と書いてしまったけれど、
決してそうではなくて、
その人が生きたいように生きるのが一番幸せで、一番生き甲斐があるというものですね。

幸福は自分の心が決めるって、相田みつおさんでしたか、言っていますが、
やっぱり私もそんなふうに思います。

ごめんなさい。

続きがちゃんとあって書こうと思っていたのに、ここまでひっぱってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

コミュニティビジネスアドバイザー講座修了打ち上げ

9月11日(金)、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターが主催しているアドバイザー講座修了生のお疲れ会と、元経産省審議官の大塚さんの「NPO法人農商工連携サポートセンター」の設立祝いを兼ねて、なみへいで打ち上げがありました。

私もアドバイザー講座の修了生なので、先輩ということになりますが、それにしても、毎回、ここに集まってくる人達のパワーは一つになってるな~と不思議に感じます。

コミュニティビジネスというものに興味があって学びにくる人達なのだから、「気」が揃っていても不思議はないのだろうけどね。

修了後、みんなMLに登録してもらって、その後も情報交換が継続されます。

会員制ではないので、会費をもらうわけでもなく、
特に何かメリットがあるわけでもないのだけれど、
まさに緩やか~なつながりが維持できるのって、いいな~と思います。

NPOで会費徴収をしてそれなりの活動にしようと思うとものすごく手間がかかって大変なので、会費をとらないでフリーのネットワークをMLでつなぐというのは、やっぱりいい方法だと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

地域資源活用イノベーション創出助成金

コミュニティビジネスサポートセンターから、転送歓迎の情報をいただきましたので、皆様にもお知らせします。

======================================================

東京の課題を解決する! 東京の資源を活用する!
----------------------------------------------------------
東京都地域応援中小企業応援ファンド
<地域資源活用イノベーション創出助成金>
     
      助成金申請 説明会
        2009年10月9日(金)
                   昼・夜 
   http://www.cb-s.net/tokyofund2009.html
----------------------------------------------------------

地域資源活用イノベーション創出助成金は、東京都中小企業振興公社
が、地域の魅力向上や課題解決に取り組む意欲とアイデアに溢れたビジネ
スプランに対して助成金を交付し、地域密着型のイノベーションを数多く出
すことをねらいとし、事業化に要する経費の一部の助成とハンズオン支援を
行います。※東京都で活動および事業をなさっている方が対象です!

公社と連携して申請者を応援しているCBSでは、平成21年度第2回
(募集11月、申請書提出12月)への申請を検討している方や関心のあ
る方に向けて、申請書の書き方のポイントをお伝えします。
(ミニ講座つき)


◆ 説明会の内容(予定)
・講座「コミュニティビジネスの最新動向」(仮題)/当会代表理事 永沢映
・助成金概要と申請書の書き方
・質疑応答

開催日:2009年10月9日(金)
昼の部:午前10時~正午 夜の部:午後6時30分~8時30分

場 所:ちよだプラットフォームスクウェア5階会議室
 (千代田区神田錦町/最寄駅:JR神田駅、地下鉄竹橋駅・大手町駅・小川町駅)   
http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

定 員 :25名(先着・定員になり次第、締め切り)

申込方法:件名を「東京都助成金説明会」とし、参加する回(昼の部または夜の
部)・会社名・団体名、氏名、役職、住所、電話、FAX、e-mail、説明会で聞き
たい事を、FAX(チラシ裏面申込書)またはe-mailでお申込みください。

専用サイトからも申し込み可→ http://www.cb-s.net/tokyofund2009.html

【主催・問い合わせ先】------------------------------------------
  
特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター
  担当:地域応援ナビゲータ
  〒101-0054
    東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア A-205
  電話   03(5259)8091  FAX 03(5259)8092
  E-mail  tokyofund@cb-s.net  WEB http://www.cb-s.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

青森県三戸の郷土料理食事会

10月2日(金)、19:00から、青森県三戸のお母さん達が8人も上京して、三戸の郷土料理食事会を開催します。

出身者にとっては懐かしい、珍しい手作りのお料理が10種類もあります。
素敵な語りべもありますよ。

身近に青森県の南部出身者の方がいらっしゃいましたら、是非お誘いしてください。

詳細&お申し込みはこちらです。
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no

20091002__1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »