« なみへい年越こたつ会議 | トップページ | 約束出来ない「今年の誓い」 »

2010年1月 7日 (木)

なみへいはご当地自慢が出来る店デス!

昨日、地域担い手塾の仲間たちが、なみへいでプレゼン発表会の打合せをした後、新年会を開きました。

仲間の1人の能登半島出身の源久(げんく)さんが、故郷のこんぶと豆が入ったお餅をもってきてくれたので、お客様全員に焼いてお出ししました。

すると、お客様たちが源久さんのところに来て、「ごちそうさま!」とか、「去年の能登半島に行ってきたんですよ」とか、「このお餅はどうやって作っているんですか」等々、コミュニケーションが始まりました。

私としては、いつもの光景なので、ニコニコしながら見ていたのですが、初めてきてくれた仲間の1人が、ここはご当地自慢が出来る店だねと言ってくださいました。

なるほど。

なみへいは、「ご当地自慢ができるコミュニティサロン」と言った方が、今となってはピッタリの表現だな~と思いました。

|

« なみへい年越こたつ会議 | トップページ | 約束出来ない「今年の誓い」 »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/47226821

この記事へのトラックバック一覧です: なみへいはご当地自慢が出来る店デス!:

« なみへい年越こたつ会議 | トップページ | 約束出来ない「今年の誓い」 »