« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

夢に何度も出てくるのよ。元気?って。

店をオープンしてからずっと会っていなかったバリバリの女性事業家の先輩、菊池光子さんから、本当に久しぶりにお電話をもらった。この頃、私が夢に出てくるんだそうだ。

それも、週末くらいから何度も出てくるので、何かあったかな?と。

すごいねぇー。ありましたのよ。ほんと。

ありましたと言ったら、「それ、青森関係のこと?」というので、そうですと答えた。
菊池さんも青森出身だから、やっぱりねという感じで、事情を説明した。

善意で段取りしたはずのことだったのに、(自分の)詰めの甘さで、損失を与えてしまってね。
結局、こんなにどうするの?という程、責任を取って買い取ったのです。
で、行き先もなく買い取ったので、困ってしまった状態で、苦しんでいたわけ。

このメールは、すべての後処理が終わってから書いているので、ところどころで、その後後処理のためにやったことなどを、これからまた、書き足していこうかなと思っています。

忘れないように。

人はよく、失敗したときに、「いい勉強をした」というけれど、私はこういう形での勉強は絶対にしたくないと思ってるのね。
もう二度と勉強はしない!って、かなり強く思うのだけれど、みんなもそうだよね。(笑)

またいつか、この日のブログを読み直した時に、そうだ、そうだと、改めて気を引き締めていけるように備忘録として書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

皆さんの応援購入お願いします

皆様のご協力のおかげで、なんとか無駄にしないで終えることができました。

本当にありがとうございました!

一番最初にご連絡をくださった
有機野菜のぶどうの木  http://www.budounoki.info/ の高橋さん、本当にありがとう!
上京の際には、是非寄ってくださいね。

他にご連絡をくださった方たちを代表して、お礼を申し上げます。

とりいそぎですが、ご報告です。

--------<以下の件、終了しました>---------------------

青森の特産品を桜祭りでテント販売することになり、売り場を求めている仲間たちに声をかけて、わざわざ鰺ヶ沢のいか工房のお母さんは青森から上京してきてくれました。

それなのに、コーディネーターをした私のミスで、人の流れからはずれたところのテント設営で人が来ません。少しでも売ってあげないと、大量に残ってしまいます。

どうかみなさん、協力してください。

今、会場のさぶーい、さぶーいテントの中でお願いメールを一杯送っているところです。

B級グランプリに選ばれた黒石焼きそば
オーダーメードの 手作りごまロール餅

   

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_7

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

緑提灯に参加

緑提灯の方達がご来店くださったのを機に、

コンセプトに賛同して参加させてもらうことにしました。

さっそくに緑提灯のサイトに載せてもらいました。
http://midori-chouchin.jp/controller/introduction_info.php?shopcode=12740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

滑膜炎

去年11月にぎっくり腰をやって以来、腰の調子がよくなくて、結果、膝にも負担をかけているから膝の調子もよくない。

で、痛くなってきたので、紹介してもらったところに針灸マッサージを受けに行ってきた。

滑膜炎(かつまくえん)だそうだ。

やっぱり、無理が積み重なっているのが原因ということで、そりゃそうよねと納得。

だからと言って、夜の営業を人まかせにしてて休むという訳にもいかない店なので、
まずいね。今のままの働き方では何年ももたないし。

ちょうど開業から1年半。

次のステップに行けというだろう。

売り上げをあげてから人を雇うのではなくて、人を雇って売り上げをあげていく順番でなければ、いつまでたってもこの状況から抜けられないからね。

神様からのメッセージと思って、本気で人さがしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

映画 「こつなぎ」 

もし、「こつなぎ」という映画のチラシをどこかでみたら、
話題を耳にしたら、
このブログを読んで少しでも興味をもったならば、

どうか、見に行ってください。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品 山を巡る100年物語 です。

上映実行委員会事務局 TEL.03-3555-3987

■以下は、チラシからの引用
----------------------------
昭和35年、岩手県北部の小繋地域に入会権をめぐり起きていた事件の取材に訪れた3人のジャーナリスト、ドキュメンタリーカメラマン菊地周、写真家川島浩、ドキュメンタリー作家藤崎五六、彼らが残した貴重な記録資料に現在の様子を加えて七年の歳月をかけ、一本の映画が出来上がりました。

豊かさを享受してきた私たちにとって、地域の自然とともに暮らす人々を記録したこの映画の「山はだれのものか?」「生きるとは?」という問いかけを、私たちみんなが考え直すきっかけになれば、と願っています。

----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

山形県庄内の郷土料理食事会

3月4日、去年に続いて、今年もまた山形県庄内地方のお母さんたちによる郷土料理食事会を開催しました。
去年の様子はこちら。

今年で2回目になって、去年のお母さんたちは、なかなかホステスになつてお客様とお話するのが難しかったけれど、今年は、びっくりするほど素敵なホステスさんになっていました。( ^ω^ )

県のおかげで、お母さんたちは生産者から販売者への幅を広げていくチャンスに恵まれていて、それはすごーく、感謝すべきことだな~と思います。

打ち上げのとき、今までのような大きな流通でなく、ダイレクトに繋がる個人のファンをつかんでいってくださいというお話をしました。時間はかかるけれど、去年も会って、今年も来てくれて、そして来年もまたきてくれたら、また会えたねって繋がっていきます。

なみへいは、こうやって地方の人と都市に住んでいる人が、顔をあわせて話をして、ちゃんとお互いに気持がつながるような、そんな場になるといいなと思っています。

Dscf0334

Dscf0336

Dscf0338

Dscf0346

Dscf0365

Dscf0343

Dscf0345

Dscf0366

Dscf0367

Dscf0353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の特産は岡山県真庭市です!

今週から2週間の特産は、岡山県真庭市からの逸品です。

真庭市さんからの協賛を得て、普段なみへいでは仕入れられないような高級な蒜山(ひるぜん)ジャージー牛肉と、高級な100%山ぶどうジュースと、そして緑のダイヤモンドと呼ばれる大豆を使ったお料理をお出ししています。

ジャージー牛は、赤ワインでじっくり煮たあと、仕上げに山ぶどうジュースを使っています。
この山ぶどうジュースは、テレビで米倉京子さんが、高級ワインのような味わいと絶賛した、濃い、山のぶどうそのものの味のあるジュースです。

是非、今週、来週の間にご来店ください!

100308_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »