« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

1日シェフ募集!地域食材自慢

<夏の1日シェフ募集! −腕自慢、食材自慢に来ませんか?!−>

なみへいは7月14日で、丸2年になります。
試行錯誤で始めたなみへいが、2年も続いたことは、ひとえに皆様方のおかげと、心から感謝をしております。おもしろい店があるよと言って、いろいろな方をお連れくださるお客様のおかげで、なんとか2年を迎えることができそうです。本当にありがとうございます!

2周年の特別企画として、素人プロ不問の1日シェフ企画をスタートすることにしました。
これは、腕自慢・腕試しだけでなく、地方から上京する人が、地域食材の自慢ができる場を作ってみようということもあって、企画しました。

個人でもOK。団体でもOK。勿論、自治体主催でもOKです。
1人で作るも可。2~3人で作るも可。3人以上で本格的にやるのも相談に応じます。

一番シンプルなのは、1日シェフの方に、単品3〜4品を作っていただいて、お客様が気楽にチョイスできるようにします。これまでのなみへい自慢のおまかせコースは、そのままお出ししますので、チョイスコースとして、もう一つ1日シェフの新コーナーを作ろうという訳です。

実際には、スタッフのオペレーションや厨房使用のこと、調味料のこと、食材のこと等、準備や相談することなどいろいろあります。
初めてのことなので、あまり無理なことから始めずに、相談しながら、一緒に出来るところから始めたいと思っています。何より、1日シェフの皆さんにも東京のお客様にも、楽しんでいただきたいというのが一番です。

出来れば、「2週間特集している地域」の様々な食材を使って、田舎料理や、地元特有の酒の肴を作ってほしいのですが、それは難しいので、まずは、得意なものをメニューに選んでくださってかまいません。是非、ご連絡ください。実現にむかって、柔軟にご相談にのります。

【企画概要(案)】
お料理品数: 3〜4品(各10食限定の予定)
調味料  : 砂糖・しょうゆ・塩・油 はなみへいのものを使用
      (それ以外はすべてご準備ください)
食材費  : すべてご自分で準備してください
値段付け : 自由に設定してください
売り上げ : 全売上の中から、30%をなみへいに入れてください。
1日シェフday:月〜土までの夜(日にちは相談)
期間   :7月14日〜8月末位まで
実力   :プロ・素人不問

他に、市町村の新しいアンテナショップとして、郷土料理の食事会、物販、PR等、あまり予算をかけなくてもできるように、相談に応じます。ご連絡ください。

なみへい Tel.03-6666-5963  担当:川野真理子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

愛媛新聞に掲載

宇和島に行ったときに取材していただいた記事が掲載されました。

20100621_3

記事を送ってもらった日、たまたまかがり日の編集長菅原さんがきてくださっていて、見せました。菅原さんは、この新聞記者は女性だった?ときかれたので、はい、そうですと答えました。

すると、「藤田さんという人だった?」と言われてびっくり!
藤田圭子さんという人だったので、えぇ!知り合いですか!みたいな。

すると菅原さん、その場で藤田さんに電話をして、今なみへいにいるんだよという話になったのでした。すごいなー。菅原さんのネットワーク力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

なみこのこと

■■■今月のメルマガの編集後記に書いた「なみこのこと」から■■■

先月のメルマガで、次号は「なみこ」のことを紹介出来ると思いますと
書きましたが、残念ながら、まだまだ時間がかかりそうです。

地域食材の販路の窓口として「なみへい地域食材研究会」を立ち上げ
ましたが、マッチングできるようになるためには、時間がかかることだと
知りました。
仕入れるためには、ここをもっとこうしてほしい、量を業務用にして
ほしい、ラベルはこうであってほしい、味は濃すぎる等々、いろいろな
希望があるわけです。

でも、出来上がってしまっている商品に対して、そんなことを言っても
どうしようもないのですね。出来上がってしまっているんだもの。
だとすれば、出来上がってきてしまった商品を、どこかに直接売り込んで
仕入れ先を1店でもいいから決めてあげた方が、よっぽど効果的だと
いう話を反省会でしたのでした。

想いはあっても、私のような素人がこういうことをするには、勉強も足り
ないし、手も足りないし、力も足りないし、足りないものばかりです。

たくさんの課題を越えていかなければならないということがわかり、自分
の無力さにがっくりした6月でした。

地方に行って現地の農業、漁業の人の現実を直接聞くと、いろんなこと
がわかります。やっぱり、地方に出ていかないといけないなと思います。
私は「特産」で地域活性化に向かっているけれど、肝心の地元地域では、
特産を作る人もいなくなっている過疎化の現実があって、それを見てしま
うと、やる気や想いだけで出来ることではないんだな~ということもわか
ったりするのですね。

7月には丸2年を迎え、3年目に入ります。
どうすればいいんだろ。もっともっと勉強しなくちゃデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

ふるさと募金ベスト10

ふるさとからお母さん達に上京してもらい、なみへいで郷土料理を作ってもらいましょうという企画です。

募金はおかあさんたちが上京するのに足りない足代をカンパしようということで、出身者のみなさんに呼びかけています。福島県と鹿児島が入ってきました!

【ベスト10の発表】

1 島根県 22,430
2 秋田県 21,650
3 青森県 12,000
4 福島県 7,000
5 大分県 5,200
6 岩手県 5,150
7 北海道 5,100
8 鹿児島県 4,000
9 沖縄県 3,100
10 愛知県 3,000

【ふるさとカンパ地図】

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

7月2日(金)は「やるぞ!栃木まつり」

藤井大介さんがコーディネートして、栃木まつりをやることになりました!
栃木県からもたくさんの人が参加してくださるそうです。
東京にいらっしゃる出身者のみなさん、または、栃木に縁やゆかりの強い方は是非ご参加ください。

詳細&お申込はこちらです。
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

今週の特産は栃木県です!

さて、今週から栃木県の番です。

栃木県からは、ゆめポークと小山おとん、そして、栃木県と言えば干瓢ですね。
今回は、他にも、活性炭農法で作ったトマト、そしてにらも栃木県産です。

栃木県出身の方、是非、ふるさと応援で、ご同伴ください。

ちなみに、活性炭農法とは、こんな農法だそうです。
「土壌に炭を埋設することで、土壌が微生物の最適な住家となり生態系のバランスを作物にとって良い方向に変えてもらう農法です。」

Img072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

【報告】ブルガリアと龍力さん日本酒で国際交流

5月24日に開催したブルガリアの国際交流が、とても賑やかに終了しました。

日本語コンテストで優勝した女性も参加していたということなので、最初にみんなの前でスピーチをしてもらえばよかったのになぁとちょっと残念でした。
日本語が通じないし・・・という思い込みがあるので、なかなかみんな話しかけられないようでした。次回は是非に!

Dscf3102

Dscf3109

他の写真はこちらにアップしました。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/photos/bulugaria/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

【報告】宇和島の旅-写真

心に残る宇和島でした。

また、みなさんとお会いできますように。

写真をやっと整理しましたので、アルバムをアップしてご紹介します!

ルーコラの山下さん、ANAの小林さん、西本さん、本当にお世話になりました。

山下さんのお店が終わってから、明け方まで若い農業漁業に携わっている人たちが真剣に話し合っているとお話がとても印象に残りました。講演が終わった日も、24時まで、みんなで話していた姿をみて、宇和島は若い人たちがすごく熱心に未来を語っていると思って、素晴らしいなと思いました。

同時に、私は都会にだけいて「故郷おこし」とか言っている自分が恥ずかしくなりました。

もっともっと、地元の人の考えや状況などを知りたいし、勉強しなくっちゃと思わせる旅でした。
シェフが山下さんです。

Dscf3182

すべての写真をこちらにアップしました。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/photos/uwajima/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

今日は地方のキーマンが一杯!

なんと! 週末に宇和島でお世話になったANAの小林さんと、商工観光課の谷本さんご一行6名様が、2日も経っていないのになみへいに来てくださいました。happy01

ちょうど、出張の機会があったということで、びっくりしました! でも嬉しかったですぅ。
(あぁそうだ、早く宇和島の写真をアップしないと。)

奥のテーブルは、栃木県の特産の打合せで藤井大介さんチームがきてくださっていて、6月21日から2週間、栃木の特産をやることになりました!藤井さんは、栃木で農業法人を立ち上げ、今年1月19日になみへいで若手経営者の会でスピーチをしてもらっていて、その後も上京時にお客さまをお連れくださったら、そのお客さんは私の知り合いだったりして、まあ、なんだか、いろんな人がいろんな人と繋がっていることを改めて感じるおもしろい人間関係です。

ソファ席では、島根県の東京事務所の神在さんが隠岐の島の方を連れてきてくださっていたので、栃木県チームと、宇和島チームとみんな交流して、いつもの名刺交換となりました。

まだまだ、
カウンターには、今年3月の特産でお世話になった岡山県真庭市の方が、長野県の人と一緒にきてくださっていて、まあ、今日は本当にいつも以上に、日本全国の人たちが集まってきてくださった感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

緑提灯に加入の皆様へ

宇和島の続きは、たくさんいいことがあったので、また改めてかきますネ。

今日は、急ぎの要件なので、先に緑提灯の皆様に読んでいただきたくアップしました。
緑提灯に加入の皆様、ご検討をよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リーダーズサロンなみへい http://www.namihei5963.com/ 中央区日本橋本石町4-2-6 は、全国の人と食と知恵がつながるサロンとして、2週間ごとに地域の食材を仕入れて地域活性化を応援している飲食店です。
お客さまは、起業家や経営者、企業のリーダーの方や、全国のキーマンたちが中心で、日々、食事や日によってはお客さま同士の交流を楽しんでいます。

地方の食材が楽しめる交流サロンとして、この1年半の間に、30ヶ所以上の地方の方達との人脈&地域食材との出会いを作ってまいりました。
しかしながら、地域活性という観点から考えた時、課題は2週間後の販路が続かないということがこれまでの大きな課題でした。

かつての農協、スーパー等の大きな流通ではなく、小さな規模で頑張っているまじめで小さな生産者たちの販路のきっかけを作ってあげたい、なみへいでは使えない食材でも、業種が違えば、喜んで使いたいというお店もあるはずで、そんな食材を他の飲食店とつなぎたいと思っていました。

この「地域食材研究会」は、飲食関係者が、地方の食材を試食する会(プレゼン、アンケート、意見交換・交流)です。
試食の結果、仕入れたい食材については、直接繋がってください、無料でご紹介しますというアナログの情報提供の場です。

研究会に参加ご希望の方は、3ヶ月間はプレ会員期間として無料でメーリングリスト(ML)に参加していただき、研究会の情報や、その他の地域食材の情報をなみへいから提供させていただきますので、是非この機会に参加していただいて、国産自給率をあげるためのお力を貸してください。

この3ヶ月間で様子をみていただき、その後に会員(年会費24000円)を希望される方には、下記のサービスをご提供し、会員様の地域食材仕入れに関するバックアップをさせていただきます。


1.地域食材研究会・会員価格(1,000円)にて参加
 (全国各地の地域食材7~8品を試食・アンケート・交流会)
2.MLにて食材情報提供
 (月に4~10品程度の食材紹介と、仕入れ希望者に生産者や仕入れ先の
  連絡先を直接お知らせします)
3.食材チラシデータ提供:なみへいで2週間特集をやった食材については、
 手作りのチラシをデータで提供。県のポスターがある場合はそちらも提供可
4.人とのご縁:食材提供者(生産者)はもちろんのこと、飲食店経営者、卸業者、
 小売店業者との交流の場を提供(地域食材研究会にて)
5.地域食材を使ったイベント企画の提案と集客支援(なみへいのサイトにUP)


■第1回目の様子はこちら(プログ)
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-b57d.html

■来月、6月12日(土)の出品地域食材はこちら(プログ)
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-f9e6.html

■地域食材研究会についての詳細はこちら(ホームページ)
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=384

■今回参加はできないけれど、興味があるのでML(メーリングリスト)に参加
したいという方は、3ヶ月間無料で体験参加できます。
ご登録はこちらから
http://www.namihei5963.com/form-kouenkai/kouenkai.html

ご連絡を心からお待ちしています。

参加を希望される方は、下記詳細ページの一番下にあるPDF、またはワードの文書の一番最後にエントリーシートがついていますので、そちらに記入の上、FAX、または、メールでお送りください。↓
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=384

日本の地方の食材を、東京の人たちに食していただくことで、農業・漁業の人たちに少しでも現金を入れてあげたいと願っています。

国産の自給率をあげるための、小さなスタートですが、どうか、ご協力をよろしくお願いいたします。



◇━┓─☆★☆───────────────────────☆★☆
┃寛┃     全国の人と知恵と食がつながるリーダーズサロン 
┗━┛------------------------------------------------------------
     \┃な┃み┃へ┃い┃/ http://www.namihei5963.com/
      ┗━┻━┻━┻━┛
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
           TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964
  なみへいオーナー&ママ 川野 真理子 nami-heymama@nifty.com

NPO法人キープラネットTEL.03-5201-3886 FAX.03-6666-5964(住所は同上)
     NPO法人キープラネット代表理事 kawano@keyplanet.com

       川野真理子の「なみへい」お笑い繁盛日記     
     http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

日本一幸せな人かもしれない宇和島の武下さん

ルーコラの山下さんが、スプラウトにんにくを作っている武下さん(写真の一番下の人)のお家につれていってくれました。

行ってみてびっくりしましたよ~。あまりにも素晴らしくて。

何が素晴らしいかというと、
どうしても農業をやりたくて、50歳を過ぎてからIターンでその山にきたとのことで、その暮らしぶりのシンプルさと、景観の素晴らしさ。勿論、農業で暮らしていますから、その農法の素晴らしさは言うまでもありません。

写真ではお伝えできないほど素晴らしいのですが、写真を一杯撮してきましたので、後で皆さんに紹介しますね。

特に写真のなかでもね、農業を始めるにあたって、どうしてもこだわりたかった3つのものがあるということで、それは特別にオーダーしたとのことでした。

さてその3つとは何でしょうか?! (笑)

答えはこれです。

Photo

Photo_2

2

上から順に、釜戸・五右衛門風呂・囲炉裏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »