« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

意味は後からわかるから悔しい?

6月まで日銀青森支店長を勤められていた鶴海さんが、なみへいにきてくださった。

鶴海さんの経済よもやま話
http://mytown.asahi.com/aomori/newslist.php?d_id=0200012

今週、千代田プラットフォームの田辺会長が、みちのく銀行の方達をお連れくださって、あれこれお話していたら、みちのく銀行の人たちが鶴海さんを知っているというのでびっくり。
そっかー、業界が近いのだから繋がっていてもちっともおかしくはないよね。

ただ、いらした方が、さっそくにみちのく銀行の頭取さんになみへいのことを話したら、頭取さんと鶴海さんはとても懇意にしているということだし、

しかも、月に1回、地方銀行会館に来ているので、今度一度なみへいにきてくださるという。地方銀行会館のことは、前にも書いたけれど、こうやって、時間がかかりながらも、少しずついろんなものとつながっていくのも、しっかりその間に準備をしなさいよというメッセージなのかもしれない。

人が思いついたことは、すべて実現化するというけれど、考えたことがすぐに実現するわけはなく、そのために、いろいろな準備が必要で、準備が整ってもまだまだ現実にならないことだって一杯ある。

時間がかかるのは、当然ながら意味があるからだろうけれどね。

意味は後からわかるから悔しい。先に教えてほしいのに。。。。って、そう思わない?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

水産庁の上田勝彦さんの料理教室

今週の月曜日、26日(月)のNHK番組「朝イチ」はみられましたか?

そこでお魚のお話とお料理を教えてくれていたのが上田勝彦さんです。

元漁師というより、現漁師でもそのまま通ってしまいそうなお姿で、メチャメチャきさくなのに、経験に基づく深いお話をされていました。

プロがみてもなるほど!と思うまぐろの料理法をお教えします。
10名限定ですので、ふるってご参加ください。

申込みはこちらです。

個人的には、料理法を学ぶというより、この人の真っすぐな生き方を感じさせるその姿を見に来てご覧なさい。と言いたいですね。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

あまりにも素敵なメールなので

出資者の集いに成田からきてくれた友人が、翌日メールをくれました。

たまたま、予約外のお客さまが増えて、私はほとんどお話ができなかったので、とっても残念だったことと、合わせてありがとうのお礼を書きました。

そして、その後も毎日落ち着いた満ち足りた生活をしていますか?と尋ねたメールの御返事の後半があまりにも素敵だったので、ご本人の許可を得て、みなさんにも是非よんでいただきたいと思いました。

後半、涙が出るほど素敵です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、なみへいで

川野さんが
他のお客様と話しているのを聞きながら
あまりのきれいな声に、思わず身体をそちらに向けて聞き入ってしまいました。

本当にきれいな声で、もっと聞いていたいとさえ
思ってしまうほどでした。

情があるというか…優しさがあるというか…。


川野さんは、ただいてくれるだけでいい人で
逢えるだけで、みんな満足するのに
経営者になってしまうと、数字もみなくちゃいけないので
そこら辺は、たいへんになってしまいますよね。

ご多分にもれず私も
毎月税理士さんがきて、数字の話をしていると
どう考えたらいいのか、いつもわからなくなってしまいます。

いろんなバランスをうまく調和させることは
まだまだ私にもできていません。



私の近況はというと、
昨年は車を(あまり乗らないので)売ってしまい

ついでに、家にあるものを、どんどん捨てていったら
がら~んと、なってしまいました。

家にはクーラーはないし、テレビはあるけど誰も見ないし、
シャンプーや化粧品などは手作りだし、
子供の靴下は、ほとんど全部、つぎはぎして履かせてるし…

なんだか昭和40年くらいのような
つつましい、貧乏暮らしを実践しているようです(笑)。

(この暮らしは興味に反して、貯金は増えます)

付き合う人や出逢う人にも、自分の職業や身分は明かさず
素のままの自分を見てもらって決めてもらっています。

(別に貧乏くさくしてるわけではなく、見た目も少しは気にしていますが ^ ^;)


以前は、代表取締役という名刺を持っていても
仕事がうまくいっていても
ぜんぜん自信がもてなかったのに
結局 そんな肩書きは、遠回りをさせるいたずらのようなものだったと
回想しています。



いつからこのようになっちゃったのか、自分でもわからないですが、
お店をやめてから、時間がたっぷりあって

足るを知るというか、これ以上多くを望んでは何か申し訳ないような
気になってきたことは確かです。

やっぱり満ち足りてるとしか、いいようがない有り難い状態です。。。



昔は仕事のことばかり、考えていました。
子供がいても、心はいつも仕事のことでいっぱいでしたが
今は家族を大切にするようになりました。

目標を持って、外へ外へと進むよりも
細かいこと、小さなことが、価値が高かったと反省しています。


手づりのお料理、漬物やお菓子、ふきんに刺し子をしたり、
モノを大事に生活していると、お茶碗を洗う時の水さえもありがたく思えてきました。


すべてのものに命がある、って意味も、わかるようになりました。

また、そこがわかる人は、わかるもの同士、通じるものがあり
千利休のわびさびの世界や、もののあわれなども
個々の表現方法によって、自然と外面に、にじみ出ていくように思います。


川野さんの声も、その好例で、
私はあの日、そんないい声をきけたことがうれしかったんです。
内面の美しさが、出ていたと思いました。


集客のためのいいアイデアがないかと考えていましたが、なみへいは知的居酒屋ですので、
それと川野さんの声とで、何かマニアの人が喜ぶような企画が思いついたら
メールします。

ひきこもりが70万人、予備軍含めると150万人もいるそうで
そんなこともちょっと考えてみます。

って、関係ないかな(汗)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

満員御礼/福井県敦賀市の郷土料理食事会

予想通り、満席になりましたので、締め切りとさせていただきました。

福井県敦賀市の郷土料理食事会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

福井の青木さんにもらった越のルビー

この暑さで、烏骨鶏が卵を産まないことと、予定外のお客さまが集中して発注量が多くなったことで、今週の特産として仕入れていた卵が足りなくなってしまいました。

それで、慌てて、福井のどんまゐに電話をしたり、お客さまで福井出身の荒木さんに聞いてみたり、福井新聞の加藤さんにもきいてみたし、福井の東京事務所の方にも電話で尋ね、最後はやっぱりアンテナショップに行って館長さんに相談して決めようということになったのでした。

アンテナショップの館長さんは、既に7/31のイベントをご存じで、もう申し込んでいますよということで、びっくりしました。

“予算”というものがなければ、福井県のそれはそれは自慢の食材を買うこともできるのですが、何と言っても、ありがたくて窮屈な“予算”というものに従順にならなければならないので、結局、すべての人が推薦した、谷口屋さんの厚揚げを買って土曜日はしのぎました。

そして月曜日になって、電話で相談をした福井のどんまいの妹さんが、ちょうど親戚から越のルビーというミニトマトを1箱もらったので、何のお役にもたてないので、せめてこのトマトをお役立てくださいと送ってくださいました。

ありがたやありがたや。越のルビーって、去年、産直サミット全国大会があって福井に行ったときにも、ホテルの会場に出ていて、甘くて大きくて、高級品なんでした。

青木さん、どうもありがとうございます!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

なみへいの日本酒1本持ち寄り女子部

新しく出来た「日本酒1本持ち寄りの会女子部」が持ち寄ったお酒の数々。happy01

写真はまだスタート時なので上品ですが(笑)、まあ、実によく笑い、よく食べ、よく飲みました。

こういう姿をみると、女子だけでやりたいという気持ちがわかる気がしますヨ。確かに。

20100721

20100721_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

料理長が結婚しました。

料理長が18日、結婚式を挙げました。

涙と笑いの心温まるとてもいい結婚式でした。

Photo

Photo_2

込山さんがアップしてくれた写真をお借りしました。こちらにたっくさーん写ってます。

http://picasaweb.google.co.jp/ejima0211/20100718?authkey=Gv1sRgCK3YobTjqdWkKQ&feat=directlink

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

コナン君一家が来日!

日本で生まれて、6歳まで江戸川で過ごしたコナン君が、実加ちゃんと旦那様と3人で里帰りしました。先週の土曜日、パーティーがあるというので、会いに行ってきたのでした。コナン君、すっかり大きくなっていて、ハンサムボーイだったよぉ。

チャキチャキとパーティーのお手伝いをしていたっけ。

実加ちゃんが、ちゃんとブログを読んでくれていて、息子に、ボストンのTシャツをおみやげにくれた。今はニューヨークではなくて、ボストンに住んでいるんだって。

Photo_3

Photo_2

息子は8月まで目一杯忙しくて、まったく時間がとれないということで、会えなかった。
8月にフジロックがあるから、その準備でてんやわんやなんだろうと思う。

息子の人生も無難に安定した人生とは無縁そうなので、もし、生き方を変えたくなったら、そのときは、しばらく日本脱出して、みかちゃんに連絡して、ボストンに行ってみるといいと思うよ。みかちゃんが、たくさーん、いろんな所を案内したいと言っていたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

チームなみへいの田んぼ

埼玉の鈴木さんの田んぼをなみへいの開墾の仲間達10人(組)で借りて、作業に行っています。残念ながら、私はいつも貸切などが入って、予定が合わず、まだ一度も行けていないのですが、仲間たちが植えた苗がこんなに大きくなったと、マイルストーンの鈴木さんから写真が届きました。

2

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2周年を記念してなみへいのメルマガ配信開始します!

名刺交換をさせていただいた方には、自動的にお送りしていますので、登録しなくてもよろしいかと思います。内容はほとんど同じです。
来店されても届いていない方や、一度行ってみたいと興味をもってくださる方に読んでいただければ嬉しいです。

こちらから登録できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

産直シェフ・1日シェフ募集!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

7/31(土)福井県「敦賀を元気にする会」主催郷土料理食事会

「敦賀を元気にする会」が主催する福井自慢の食材を使った郷土料理食事会を開催します。左が主催者で、お食事処・旅館 なかや代表の滝波さん、右がBAR MAEDAの前田克典さん。

Photo

なかやの滝波料理長が、腕によりをかけて皆さんにお届けする福井自慢の食材たちです。これぞ本当の産直シェフですね。
産直シェフは、川野が作った造語ですが、地方の食材を直接東京にPRできる機会を、「産直シェフによる郷土料理食事会」という企画にしてみました。

福井自慢の海の幸、酒の肴をたくさんお出ししますので、懐かしい方、珍しい方、どうぞ、お誘い合わせの上お越しください。
…………………………………………………………………………………
【お料理内容】
1.白身魚のカルパッチョ 甘海老の旨ラー油掛け ベビーリーフ
  (敦賀のさかな)   (なかや特製)    (三国町産)
2.岩牡蠣の燻製 オイル漬け(敦賀の岩牡蠣)
3.ほたるいか沖漬け(越前産 なかや特製)
4.スモークサーモン
 (ブラドメール特製 ソミュール液と一緒に敦賀加工の利尻昆布を漬けこんであります)
5.イノシシのロースト
6.烏骨鶏卵の半熟玉子(なかや農園産)
7.鯖へしこの刺身、焼き物(へしこは敦賀大成物産特製)
8.越前おろし蕎麦と塩雲丹(うに)のおにぎり(鯖江市だいこん舎手打ち 越前の塩雲丹使用) 
9.烏骨鶏卵のアイスクリーム(なかや農園の卵使用 ブラドメール特製)

日本酒:吉田酒造「白龍」

日時:7月31日(土)18:00〜21:00
料金:5000円(2時間の飲み放題付)
定員:40名位
主催:「敦賀を元気にする会」代表 滝波裕幸
申込:http://www.namihei5963.com/form-kouenkai/kouenkai.html
    または、なみへいへ TEL.03-6666-5963(12:00~17:00)

 

【シェフ紹介】
敦賀を元気にする会 代表/お食事処・旅館 なかや代表
  滝波裕幸 1968年1月27日生まれ B型 42歳
  敦賀生まれの敦賀育ち
  18歳で料理人人生スタート
  北陸と関西で修業を積んで25歳で祖母の食堂を改装して
  食事処を始める。
  探究心と好奇心が旺盛で色々なことにチャレンジしたい性格
  35歳の時に1年間、平均睡眠時間2時間の中、漁師も経験する
  その時に何事も準備が大切であることを再確認した。
  「人間万事塞翁が馬」が好きな言葉
  「おもしろき こともなき世を おもしろく」が私の生き方です。

【BAR MAEDA オーナーバーテンダー紹介】
  前田克典 1978年4月23日生まれ B型 32歳
  敦賀生まれの敦賀育ち
  25歳の時、「café&dininngbar きらく」入店
接客サービスの基礎と技術を学ぶ。
さらなるサービス追求のため、3年間の修業を経て28歳の時「BAR MAEDA」オープン。
オーナーバーテンダーとして独立する。
日々、美味しいお酒を楽しんでいただくために前向きに考え、行動してい ます。
場にいる全員が幸せを感じれるようなイベントを心がけているので、頑張ります。

…………………………………………………………………………………

上記の食事会はこちらからお申込できますよ!
http://www.namihei5963.com/form-kouenkai/kouenkai.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

今週の特産は鳥取ですよ!

今週から2週間は鳥取の特集です。
鳥取からは、セコガニの内子(うちこ)という、松葉かにのメスからとれる卵巣(これを内子という)をご紹介することになりました。これが、酒の肴には絶品なんです。ほんとに。
それともう1品はみたことのない、「どぎ」というお魚と、そしてしゃぶしゃぶ餅の3品です。
どぎは、珍味です。これも日本酒に合います。内子もそうですが、今回は日本酒に合うということで、鳥取県の辨天娘(べんてんむすめ)という日本酒もご用意いたしました。

100705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

【報告】7月2日(金) 栃木まつり

栃木まつりの様子をご報告します!盛り上がりましたよ~。
主催者だけでなく、活性炭農法のトマトの生産者の方も、関係者の方も、初めての経験で刺激的だったようです。

外池酒造さんも地元のお酒をふるまってくれました。

お客様もとても楽しんでくださったようで、また来年出来るといいなと思います。

Photo_2

2

Photo_3

Photo_4

当日のメニューです。(9番だけ他県)

1.活性炭農法トマトの煮びたし&クリーム煮
2.ニラのおひたし
3.ニラのオムレツ
4.宇都宮みんみんの餃子
5.小山おとんのしゃぶしゃぶサラダ
6.かんぴょうの煮物
7.しもつかれ
8.ちたけうどん
9.青森県産の天然ヒラメと鱧のムース

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

当日のすべての写真をアルバムにアップしました。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/photos/tochigi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

福井県敦賀市からシェフ上京決定!

メルマガで、1日シェフを募集したところ、さっそくに、敦賀市のシェフが仲間と一緒に地域の食材を東京にPRしたいということで、お問い合わせがありました。

いいねぇー。こういうシーンをイメージしていましたからねぇ。

7月31日(土)、敦賀から、地域食材をもってシェフ達がやってきます。

なみへいの食材研究会のみなさんにも、是非来ていただきたいです。
そして、よかったら、仕入れを検討してください。

やっぱり、地域の食材を知っている人が調理するのが、一番その調理を活かすことになりますので、敦賀の空気と一緒に食材も人も来てくれるのが何よりですね。

みなさん、この日は、敦賀市の食材だけでイベントをやりますので、是非、あけてまっていてください。これにあわせて、2週間特集も、まだご縁のなかった福井県に決めたいと思っています。

勿論、日本酒も紹介してもらって、お出ししたいと思います。

がっくりしてトボトボ帰ることも多いけれど、こんな嬉しいこともあるのよね!

頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »