« 木村俊昭 さんの講演会 | トップページ | 受援力 »

2010年9月 6日 (月)

産直の送料について思うこと

なみへいは、佐川とクロネコと両方契約しているけれど、佐川の方が契約料金が安いので、ほとんど佐川を利用させてもらっている。

評判通り、時々破損してくれるので、弁償してもらうこともあるけれど、やっぱり安さには勝てないし、よほどの時しかクロネコを使わない。

だから、荷物を送ってもらう人には、出来るだけ佐川の着払いで送ってくださいとお願いをしている。着払いなら、うちの側の契約料金になるので安くなるから。

でも、1回こっきりのお取引の場合は代引きが多いので、そうすると、代引き手数料(1万円以内なら315円、3万円以内なら420円)以外に、送料も契約料金ではなくて、一般料金と同じ金額になるから、本当にバカにならない。

地方の生産者さんたちは、佐川と取引していないからクロネコでということになると、その分だけお料理の値段に跳ね返ってしまうので、佐川もクロネコもどちらも使えるように努力してほしいなと思う。

努力と言えば、もっと努力してほしいのは、

例えば、ジャパンネット銀行からジャパンネット銀行への振り込みだと、3万円以内は52円で済むのに、ネットバンクなんてもっていないから、これもまた振込手数料がよけいかかることになる。銀行へ行って通帳から振り込んだりすると、52円で済むのが、420円だからね。

ほんと、何とかしてほしいですわ。

これって企業努力だと思うのだけれど、このあたりを地方の行政とかが指導できないものでしょうか。

|

« 木村俊昭 さんの講演会 | トップページ | 受援力 »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/49388431

この記事へのトラックバック一覧です: 産直の送料について思うこと:

« 木村俊昭 さんの講演会 | トップページ | 受援力 »