« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

美と健康のメンター傳法さん

アタクシ、至福の時間中です。

ずっと、腰・膝の調子が悪いので、エステの前に全身マッサージをしてもらって、特に膝周辺の気が滞ってしまっているのを流してもらいました。

(この至福中の時間はマッサージの後で、すっかり寝入ってしまっているところを撮られたようです。(笑))

20101017

私の美と健康のメンター、エスティシャンの傳法さんがブログにこんなことを書いてくれました。http://ameblo.jp/kdcosmetics/entry-10689089226.html

その傳法さんですが、
All About 恋愛コラム≪大好きな仕事と結婚の両方を手に入れる!≫ に紹介されていました。 http://allabout.co.jp/gm/gc/323961/2/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

コーディネーター人材育成研修

10月28日から、社団法人食品需給研究センターが主催をしている5回コースのコーディネーター人材育成研修に参加しています。

これは、6次産業化推進に向けたコーディネーター人材育成研修で、35名の人たちが全国から集まってきて学んでいます。

初日の1回目に不思議なことがありました。

各グループに分かれて、それぞれのチームで、SWOT分析を学ぶために、事例地域が与えられました。私のグループは、郡山の役場の担当者が郡山の事情を話してくださって、そこからチームメンバーが話し合って、強み弱み機会脅威を分析していくのです。

先週たまたま、なみへいに郡山からお客様がいらっしゃることになっていたのですが、急用ができてしまってこれなくなった方がいました。
この日も郡山だったので、郡山が続いているな~と思っていたらば、ナント!目の前にいらっしゃる方が、その急用でこれなくなってしまった人だときいて、まぁ、驚きました。

こんなことがあるのですねぇ。。。

これをご縁と呼ばずになんと呼ぶ?

これをご縁にせずに、なんとする?(笑)

あと4回、またおもしろい人たちに出会えるといいな~と思います。


沖縄の研修が始まるそうですよ。

■地域コーディネーター人材育成研修(沖縄県)
 「地域資源を利用したブランド化」と「市場ウォンツの作り方」を学ぶ
 http://www.fmric.or.jp/facobank/kenshu/2010/okinawa20101119.html

○日時  : 平成22年11月19日(金) 14:00~17:30
○会場  : ホテルロイヤルオリオン  旺の間
       http://www.royal-orion.co.jp/company/access.shtml
       沖縄県那覇市安里1-2-21 (TEL:098-866-5533)
○募集対象: 食をとおした地域活性化のコーディネート業務に携わる方々、
      その他コーディネーターを目指す方々(地域の民間コンサルタント、
      地方自治体、公益法人、大学・公的試験研究機関等の連携の取
      組みを支援する方々、および、農業者、食品製造業者、流通・販
      売業者等の取組みの中核になっている方々等)
○参加費 : 無料
○募集人数: 50名(先着順)
○申込方法: 参加申込:参加をご希望される方は、
      申込フォームhttps://ssl.alpha-mail.ne.jp/fmric.or.jp/facobank/okinawa_entry.htm
      に必要事項(氏名/所属/主な職務内容/連絡先(所在地、電話、E-mail))
      をご記入の上、お申込みください。
      定員(50名)になり次第、締め切らせていただきます。
      受講の決定は、E-mailにて事務局よりお知らせいたします。

○詳細  : 開催案内をご覧下さい。
      http://www.fmric.or.jp/facobank/kenshu/2010/okinawa2010.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

海・川の“聞き書き甲子園”

10月2日、三重のお江戸デビューコンテストに出品していた「糸わかめ」の会社の社長が、このたび、「海・川の“聞き書き甲子園”で高校生が取材する、海・川の名人に選ばれたそうだ。

三重のお江戸デビューコンテストでプレゼンした社員は、会社に内緒でおそるおそる糸わかめを出品したそうで、実は、名刺さえももってきていなかったのよね。

だから、名人に選ばれましたという新聞記事を送ってもらって、実はびっくりしたのです。

三重県のヒジキ加工会社の北村物産というこの会社、創業200年だそうで、名人に選ばれた社長さんは9代目の社長さんだという。プレゼンでは、15分という持ち時間しかなかったので、糸わかめのことしか聞かなかったし、どんな会社でどんな社長さんなのかもまったく知らないままに、糸わかめを選んできたの。

だって、この糸わかめ、三重では山下家しかできなくなったという、塩蔵も湯通しもしない1本1本手間をかけて作りあげる糸わかめの話がとてもおもしろくて、無理に2品から3品に品数を増やしたのだけれど、こんないい会社だったのねぇ。。。。いい勘してるねぇアタシ。(笑)

3社の新聞記事をおくってくださったので、3社とも紹介しますね。

20101028

20101028_2

20101028_3

ということで、11月8日から3週間、三重県の食材で皆様にお届けします!

11月8日からの3週間は毎日、3品をお出ししますので、お席のご予約はこちらから。
http://www.namihei5963.com/form-yoyaku/yoyaku.html

11月26日は、三重県祭り~三重県ファンづくり交流会~を開催します。
この日だけは、全メニュー、三重でやりたいと思っています。

26日のイベントのお申込はこちらから
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

新潟県見附市の「いいとこ見附隊~秋の見附隊~」のご案内

なみへいフードツーリズム研究会代表の前さんが、おもしろいフードツーリズム企画を発信しました。こちらも、新しい動きですね。

旅行を兼ねて、みなさん行ってみませんか?
公式サイトは、募集を終了していますが、なみへい枠がありまして、まだ数人はOKです。
興味のある方はなみへいにお電話ください。Tel.03-6666-5963  お待ちしています!

============================
★ 新米コシヒカリ(5kg)がもらえちゃう!
<見附市×たまけん>新潟県見附市観光振興モニター
「いいとこ見附隊~秋の見附隊~」参加者 まもなく募集締切!!
============================
ニッポンの知らない町から、知恵を貸してください!といわれた
経験はありますか?しかも御礼には地元特産の新米コシヒカリを
プレゼント。地域の皆さんと、和気あいあいのふれあいを楽しみ
ながら、一緒に町のことを考える。そんな非日常的な体験を、た
まけんと見附市が実現することになりました。

1泊2日の滞在期間中に、様々な視察プランをご用意しています。
旅人の素直な目線で感想を聞かせてもらえませんか?テレビで話
題になった名物「ミルクヨーカン」を作ったり、昭和レトロな町
並みを歩いてみたり、あなたのお好みに合わせて見附の魅力を見
つけてくれたらうれしいです。
詳しくは、こちらからどうぞ。
https://www.kanko.tv/file/town/101001/

隊員登録は、2つのタイプをご用意しています。アクティブに参
加するなら「モニター隊員」がおすすめ。秋は現地を視察、冬は
東京で鍋をつつきながらの企画会議、そして来春は、皆さんと考
えたツアーを発表!とおよそ8ヶ月間、隊員としてご活躍いただ
きます。
また、自宅で楽しみながら色々と参加するなら「メール隊員」も
いいかも知れませんね。あなたの鋭い意見とアイデアを聞かせてく
ださい!

今回の秋の見附隊には参加できないけど、冬や春には参加したい!
という方も是非、この企画を見逃さないでくださいね。
まずは登録からというかたはこちらから。
https://www.kanko.tv/file/town/100930/

さあ、「秋の見附隊」は、いよいよ10月11日(月)24:00で締切です。

皆さんのご参加・ご登録をお待ちしています!
お申し込みはこちらから~ッ。
https://www.kanko.tv/about/enquetes/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

飲食店のための新年会に間に合うツイッター講座

【飲食店のための新年会に間に合うツイッター講座】

3回コース。初心者OKです。今更・・・と言わずに、是非、今から始めてみましょう!
私もやっと始めました。でもよくわからないので、この講座に参加して、使えるようになりたいと思います。

3回目は全員、個別アドバイスの時間をとりました。
集中的にしっかり習得して、

すぐに使える、今から間に合う、飲食店のためのツイッター講座。

詳細はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

【報告】島根県立隠岐島前高等学校のヒトツナギ発表交流会

日曜日、隠岐の島前高校(どうぜんこうこうと言う)からやってきて、りっぱにプレゼンしましたよ~。

引率してきた役場の若い担当者たちは2人ともアイターンだそうで、高校生たちに失敗も含めて、いろんな体験をさせようと思っていることがわかって、大きくていいな~と嬉しく思いました。

かがり火の菅原さんの隣に座っている男の子は、このイベントをインターネットで検索して、1人で参加したのだそうです。菅原さんがとても驚いて感心していました。本当に時代がどんどん動いていることを感じますね。

島根県の山陰中央新報紙にこのイベントのことが掲載されたそうで、島根の方から送っていただきました。

Dscf3904_2

Dscf3912_2

Dscf3913

Dscf3908

20101026_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

今週から島根県邑南町ですよ!

今週から島根県邑南町(おおなんちょう)の石見和牛と、こだわり親父のキムチと、米粉パンハーブ入りの3点です。
和牛は6時間以上煮込んで、すっごくおいしく仕上がっていますし、キムチのこだわりは、是非ご来店ください。米粉パンは、昨年試食会をやった時、その場で注文したいと言った人が何人もいて、これは、誰が食べてもおいしいパンです。

こちらから買えます。http://www.mizuho-style.com/

2週間の特産品がつくお料理は、3つのコースがあります。
・おまかせ6品コース3200円
・広島尾道のみかん鍋コース4000円
・ブイヤベース鍋4500円

ご予約はこちら。

101025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

弘前で講演します11/4(木)18:00~

*********************************************************

「ひろさきコミュニティビジネスフォーラム2010
~つながりがまちを変える!地域の連携・協働~」

地域の課題を住民が主体的に解決するための活動であるコミュニティビジネス。
県内でも地域のために何かをしたいと取り組みを始めている事業者も出てきてい
ます。このセミナーでは、このような取り組みへの理解を深めるとともに、市民、
行政、企業と様々な皆様にも「コミュニティビジネスっていいね!」と感じても
らいながら、地域が一体となった連携と協働を考えます。このセミナーを通じて、
「何かをやってみたい」「関わってみたい」皆様が増えることを期待しています。

【日時】平成22年11月4日(木)18:00~20:30
【場所】弘前文化センター大会議室
(弘前市下白銀町19-4 電話:0172-33-6571)

【内容】
●基調講演「都市と地方の交流から始まる都市からの地域の応援―地域のコミュ
ニティビジネスを都市から支える―」
講演者:特定非営利活動法人キープラネット 代表理事 川野真理子さん

●パネルディスカッション「地域にあるものを使って地域を活性化する」
パネリスト:企業組合でる・そーれ 理事 辻悦子さん
弘前大学人文学部 経営経済課程 森・高島ゼミナール 学生
特定非営利活動法人キープラネット 代表理事 川野真理子さん
コーディネーター:弘前大学 教授 森樹男さん

【参加費】無料

【主催】青森県、特定非営利活動法人NPO推進青森会議
【共催】弘前市、ひろさき産学官連携フォーラム
【後援】弘前商工会議所、東奥日報社、陸奥新報社

【申し込み〆切】11月2日(火)正午

【お問い合わせ/お申し込み先】
特定非営利活動法人 NPO推進青森会議 事務局
あおもりコミュニティビジネスサポートセンター
住所:〒030-0801 青森市長島2-1-2 新藤ビル6階
電話:017-774-5598
FAX:017-774-5596
Mail:cb-support@npo-aomori.jp http://www.npo-aomori.jp
担当:小笠原、沢巳、工藤(拓)

*********************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

五所川原で講演します11/3(水)(祝)14:30~

先月、なみへいでつながるイベントを開催した「でる・そーれ」さんの主催で講演します。

日時:11月3日(水祝)14:30~17:00(うち、70分スピーチ)
場所:五所川原市内にあるELM文化センター
内容:「情報発信と地域づくり講座」
   

お話する内容は、なみへいの立ち上げからこれまで様子と、
ネッワークの築き方等をお話する予定です。

申込:コミュニティカフェ でる・そーれ
TEL 0173-34-3971
mail  tsuji2@celery.ocn.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

島根県立隠岐島前高等学校のヒトツナギ発表交流会

日曜日、隠岐島の高校生達がこんなおもしろい企画を体験しにきます。
私も30分ほど、「人をつなげる」ことについてのスピーチをさせてもらいます。

高校生達の去年の様子はこちらです。何だか、感動してウルウルしちゃいました。
http://dozen.ed.jp/news/2010/0929-1033.php

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   ~ヒトツナギ発表・交流会 in東京~
      10月24日(日)16-18時
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第二回「ヒトツナギの旅」の企画運営を行う高校生スタッフ
7名が東京に行き発表・交流会を行います。
ヒトツナギとは、観光名所を巡るツアーではなく、
『人とつながる 』ことを第一に考えた旅の企画です。
島民と交流したり、島ならではのものを発見し、
人の魅力に触れることができるものになっています。
そんな旅の話を聞き、語りあってみませんか。
(ヒトツナギ高校生スタッフ)


■ 日時: 10月24 日(日) 16:00-18:00

■ 会場:交流サロン『なみへい』
中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
TE L.03-6666-5963(ごくろうさん)
http://www.namihei5963.com/index.shtml
*場所は非常にわかりにくい隠れ家ですので、
必ず地図を持ってくることをおススメします。

■ 参加対象者
「ヒトツナギ」って何だろうと思う人や「協力・参加してみたい」と感じた人
また、そう思わなかった人でも誰でもOKです。

■ 定員  30名

■ 内容
1.「ヒトツナギ」とは?
2.第一回目の「ヒトツナギ」の様子
3.ヒトツナギに関する意見交換 を含んだ交流タイム
この他にも様々なことをする予定です。

*当日は島前高校の生徒7名と引率3名が島から伺います。

■ 費用
無料 (ワンドリンクを用意しています)

■ お申し込み方法
以下の3項目を dozen-01@shimanet.ed.jp 
までメールしてください。
件名は「ヒトツナギ東京発表の申し込み」でお願いします。
 
1.お名前:
2.属性:(中学生/高校生 /その他)
3.今回の期待、もしくは何か一言:


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  お問合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〒684-0404 島根県隠岐郡海士町福井1403
島根県立隠岐島前高等学校 ヒトツナギ担当
電話:  08514-2-0731
メール: dozen-01@shimanet.ed.jp 
(メールの件名は「ヒトツナギについて」でお願いします)





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ 隠岐島前とは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の
3つの島(西ノ島町、海士町、 知夫村)で、世界第一級の
景勝地である「摩天崖」や日本の名勝「赤壁」に加え、
後鳥羽上皇や後醍醐天皇が配流された地としても有名。

また、神楽や民謡、俳句などの歴史文化を誇る一方、
3島すべてが国立公園に指定されるほど自然豊かな島々である。

最近では、まちづくりも非常に活発で、独自の産業創出、
人づくり、教育施策により全国から多くの若者が移り住み、
地域活性の先進地として海外からも視察が来るようになっている。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ 隠岐島前高校(おきどうぜんこうこう)とは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

隠岐島前地域における唯一無二の高校(県立)。一学年約30人、
全校生徒約90人という、手厚い指導が可能な規模を活かし、
一人ひとりの可能性を伸ばす少人数指導を行う一方、
著名講師を招いた特別プログラムや、海外研修旅行、
国際交流なども行っている。

総体16年連続制覇を誇るレスリング部をはじめ部活も活発で、
生徒一人ひとりの夢の実現を目指し、進路先は多様である。
(H21年度は筑波大学から大相撲力士まで)

地域活動も盛んで、昨年度は生徒達が企画した観光ツアーが、
全国観光プランコンテスト「観光甲子園」で日本一に選ばれ、
更に生徒達が島民と一緒になってそのツアーを実現化させている。

近年は島前3町村と島前高校、島根県が連携し、全国から生徒が
集まる特色ある学校づくりも始まり、高校との連携型公営塾
「隠岐國学習センター」の開設など魅力ある教育実践校として
島根県の「平成21年度優れた教育活動表彰」を受賞。

次年度からは、島の豊富な地域資源や人材を活用し、
次世代の地域リーダーの育成を目指す「地域創造コース」と、
夢に向け国公立大学などへの進学を目指す「特別進学コース」の
2コース制が開始される。

●隠岐島前高等学校HP: http://dozen.ed.jp/
●島前高校レスリング部HP http://www.oki-wrestling.com/
●観光甲子園でグランプリになった島前高校生の発表はこちら。
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=101046315


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ 島留学制度とは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

島外から島前高校の寮に入る生徒を対象に寮費や、
食費、里帰り交通費等の一部補助が出る制度です。
(公立高校のため授業料はかかりません)

国内でも特に治安の良い島の環境に加え、島前高校の寮は
学校隣接のため安心安全です。寮内では現役教員による
学習指導や進路相談もあり、集団生活を通して主体性や
リーダーシップ、自立心を育みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

故郷募金ベスト10

10月現在(10/15)のベスト10
1 島根県 23,933
2 秋田県 22,150
3 青森県 18,405
4 福島県 9,755
5 山形県 6,700
6 大分県 6,200
7 岩手県 6,150
8 北海道 6,100
9 鹿児島県 4,000
10 静岡県 3,601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

大崎での夢さん橋に青森テントで出店

今年も10日、11日の連休、品川大崎駅でのお祭り「夢さん橋」に青森テントを出店してきました。

去年から様子がいつもと違っていて、出てみないとわからない状況だったので、鰺ヶ沢のいか工房のおかあさんたちには、今年は声をかけられなかったし、春に違うお祭りに誘って、とっても迷惑をかけてしまった黒石つゆやきそばの城戸さんにも、様子がわからないままではお誘いできなかったので、今年はスタッフだけで参加しました。

料理長とスタッフ3人、そして地元の高校から社会授業の一環としてボランティア活動でお手伝いにきてくれました。売る物が足りなかったので、来年はもうちょっと青森のナイスを探してみよう。

Dscf3836

Dscf3837

Dscf3833

Dscf3831

Dscf3832

これがいつか思い出になる時がくるんだな~と、ふと思った日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島根県邑南町の日本酒大集合!

10月28日(木)、島根県邑南町(おおなんちょう)から、蔵人がやってきて、おいしい日本酒をみなさんに味わっていただくことになりました。

お料理には2品、キムチと邑南町自慢の石見和牛をいれます。今年の石見和牛は煮込みにしてみました。それと、すっごくおいしい米粉パンはリクエストです。この米粉パンを昨年試食したときのみんなの感想を読んでいただくと、この米粉のパンがどれほどおいしいかわかるかも。即、注文した人もいたくらいですからね。

鍋が恋しくなってきた今日この頃、島根県邑南町の人々と触れ合ってみませんか?

参加者募集しています! なみへいからも申し込めます。
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=654

邑南町のお酒や特産はみずほスタイルから

201010281_3

201010284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

馬刺しにあたってる場合じゃないだろ!

28、29日と1泊で、農商工連携の受講仲間7人と、八ヶ岳の仲間の知り合いの別荘に合宿に行ってきた。合宿と行っても、実は、近況報告と情報交換の飲み会だから、なかなか外に出られない私が一番楽しみにして、ルンルン気分で出かけたノサ。

ところがダ。(^_^;)

ナントいう、神様のいたずら!

夜に出た馬刺しにあたって、私1人七転八倒。

みんなは星空がすごい!とかで★降る夜を楽しんでいる頃、アタクシは、上から下からトイレと廊下を行ったりきたり、倒れて大騒ぎ。
脂汗は出るわ、動けないわ、喋れないわ、横になっても吐くわ、もう、とにかくどうすればいいの?どうにもできないわ、誰か~、神様~、、ぐるじぃぃぃぃぃー、ゲボゲボ、、、、、てな感じ。

力尽きてようやく治まった時は既に深夜。
鮮度の落ちた食えないまぐろのように、情けない生物に成り下がっているし。

闘い終わり、ようやく眠りについた。。。。のも束の間、、、、、、明け方から、再び勃発。

なんで、アタシだけ~?! どうなってんの? どんだけ食べたのあたし。そんなに食べてないじゃん!sad 最悪じゃと思いつつ、朝、病院があくのを待って、オーナーに連れて行ってもらった。
それまでみんなを待たせ、別荘に戻ってきて1人静かに休むことになった。
仲間たちは、それからやっとお酒の工場見学にでかけて行った。

心配させ、時間もとってしまい、本当にみんなには申し訳なくて、ごめんなさい!です。

帰りも1台早めのバスに変更してもらって、新宿までみんなと一緒に帰ってこれた私なのでした。もちろん、その日も翌日も夕方まで水だけ飲んで大事をとって、夕方から出勤。

4日目にしてようやくご飯らしいものを口にしたのでした。
成形したウンチも出て、2kgも痩せたというのに、、、、今や、すっかり復活。(^_^;)

土曜日の三重の地域食材審査会での試食会にも、ギリギリセーフでお腹は間に合ったし、本当によかった、よかった。やっぱり、健康が何よりですぜよ、みなさん。

今週は、やり残した仕事に追われて手一杯です。

しかも、10、11日は、恒例の品川夢さんばしの青森テント出店があって、様々な準備があるし、ほんと、馬刺しにあたって死んでいる暇はないんだからね!(笑)  

食欲の秋だし、全国各地からおいしいものが集まってくるかな。

また頑張ろうじゃないの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

お江戸デビューコンテスト

11月8日から3週間、三重の特産をやることになり、コーディネートを、(株)キャリアプレイス伊藤登代子社長にお願いすることになりました。

伊藤社長、すごくおもしろい企画を考えたのです。

その名も、

          「お江戸デビューコンテスト」

これは、名前の通り、三重の特産を江戸でデビューするために、コンテストしますよ、無名な食材も、このチャンスを活かして応募しませんかという企画です。

三重と言えば、松阪牛や伊勢えびという高級食材しか浮かばない貧相な私のイメージ力を、一体どのくらい裏切ってくれるのだろうと、ワクワクしながら審査会に出かけて行ったのでした。
楽しかったよ。そして、地方の小さないいもの作りをしている人たちに会えて、とても嬉しかった。

最終日まで残った食材。(写真の順番通り)

1.松坂赤菜という伝統野菜(おにぎり、おひたし、サラダ)
2.伊勢うどん
3.三重県産小麦使用のパスタ
4.真鯛燻製(フランスパンのピザ)と真鯛昆布じめ
5.糸わかめ
6.熊野地鶏

この中から2品を選ぶことになっていたのだけれど、どれも甲乙つけがたく、結局3品を
選ぶことになりました。

選んだ食材は、1.熊野地鶏 2.伊勢うどん 3.糸わかめ。

熊野は、世界遺産熊野古道として、聖地を結ぶ祈りの道を訪れる人も多いという。
事前に候補リストを頂いた時点で、料理長が珍しいということで熊野の地鶏をあげていたから、しっかり試食してプレゼンをききました。何より、食べておいしかった!

伊勢うどんは、私は初めて聞く名前だったので、これって私だけが知らないのかしらと、一瞬、不安になったけれど、伊勢うどんのあのふわふわして食感が楽しくて、また、伊勢うどんという名前は、特産としては非常にわかりやすい〆の1品として、これいいじゃん!と思った。

もう一つは、糸わかめ。一見何の特色もない、普通のわかめのように見えたのに、プレゼンを聞いていたら、三重県ではこの糸わかめを作れる人は木下家だけとなったという説明を聞いて、一気に興味をもった。
聞けば聞くほど、昔ながらの作り方で、木下家しかできなくなった訳もよーくわかるような、面倒な工程を守っているのだね。
「湯通し、塩蔵しないわかめで、今や、木下家しかできないんですって!」 なんて、こんなにいいストーリーはないじゃないの? どうしてそういうことを、このパッケージに書かないかしらねーとコメントした。値段をきいてさらにびっくり! 私なら、その値段の倍の価格をつけるし、それでも売れるんじゃないの?と想った。

湯通ししていないのだから、煮込んでもずっとくずれないんだって。

以前、捨てるわかめだと言って、岩手の人がもってきてくださったわかめを、わかめしゃぶしゃぶにしたとき、色がさぁーっと、緑色に変化して、それだけでも東京の人たちはびっくりしたし、新鮮な感じでイケテルと思った。捨てるわかめがあったら、是非活用してほしいなんて話もした。

その後、こちらの社長さんが海・川の名人に選ばれて、高校生に取材された記事が掲載されました。

そして、残念だったのは、真鯛と伝統野菜の赤菜。
これもおもしろいエピソードがあって、なんとか都市の人たちに紹介したいと思ったけれど、そんなにたくさんは仕入れられないので、本当にごめんなさい! と泣く泣く、受賞からはずさせてもらったのでした。

なみへい始まって2年。
初めて現地での特産品コンテストというおもしろいイベントとして三重特産の準備が始まるのであった。(笑)

【出品食材上記箇条書き順】

Dscf3800

Dscf3796_2

Dscf3801

Dscf3802

Dscf3803

Dscf3805

14

Dscf3808

Dscf3810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

今週の特産は広島県尾道です!

さて、今週から広島の尾道を特集します!

イギス豆腐と、みかん鍋です。

おまかせコース(特産2品+5品3200円)ご予約はこちらからどうぞ! 
http://www.namihei5963.com/form-yoyaku/yoyaku.html

当日でしたら、ご予約なくてもフラッとお越しいただけましたら、特産や単品メニューも食べられますよ。

101004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

木村俊昭さんが来てくれました。

Dscf3791

日経の浅田さんが、木村俊昭 さんを連れてきてくださいました。

この日は私も木村さんの講演を聴いて、ご挨拶もせずそのままお店があったので急いで帰ってきたら、浅田さんがしっかり、連れてきてくださった。ありがとうございます!

木村さんって、NHKプロフェッショナル「仕事の流儀・公務員 木村俊昭の仕事」に出演された、地域活性化では本当に有名な方です。

どこから、全国飛び回るこのパワーが出てくるのかしら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »