« つや姫の土鍋炊き | トップページ | 米沢の「啓翁桜」(けいおうざくら) »

2013年1月12日 (土)

なみへいを紹介してくださいました。

農水省の中田哲也さんが、メルマガになみへいのことを書いてくださいました。
了解をいただきましたので、ご紹介します。後半の一部分は、長文のため割愛させていただきました。中田さん、ありがとうございます!

================================================================
◇◆◇ F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信- ◇◆◇
     No.11 ; 2013.1/12(土、旧暦 師走朔日)発行
================================================================

 これまで毎週水曜日に配信してきたところですが、今回からは旧暦の
毎月1日と15日(新月と満月の大潮の日)に配信することとします。
自然界の時の流れを感じ取って頂く一助となれば幸いです。
 今回は旧暦・師走朔日(12月1日)の配信です。ちなみに今日は新月
で、1ヶ月の内で最も暗い夜を迎えます。

----------------------------------------------------------------
 ◆ F.M.豆知識
   3 フード・マイレージを考える背景 (1) 私たちの食の激変

  フード・マイレージを始めとする食や農に関わる話題について、毎
 回少しずつ取り上げていきます。
----------------------------------------------------------------
 フード・マイレージとは、食料の輸送量に輸送距離を掛け合わせた指
標です。例えば10トンの食料を50キロメートル運んできた場合のフー
ド・マイレージは、10×50=500トン・キロメートルとなります。
 このように、フード・マイレージとは極めて単純な指標ですが、食料
の輸送に伴う二酸化炭素排出量の推計、自らの食べ物の由来(産地や生
産者)に想像力を働かせるきっかけになるなど、食料自給率など他の指
標にはない特色あるいは有用性を有しています。

 今号からは、フード・マイレージ指標が今なぜ有用性なのか、その背
景にある私たちの食の現状等について、説明していきます。

 私たち日本人の食生活は、戦後、経済が高度成長する中で激変したと
いっても過言ではありません。

 そもそも食生活とは、本来、その地域の気候や風土に適応した1次産業
(農業、漁業)に対応して歴史的に形成されてきたため、基本的には保
守的なものであり、大きく変化しないものとも考えられます。
 ところが、日本人の食生活は、戦後の高度経済成長の時代の中で、い
くつかの面で大きく変化したのです。

 その1つは「食の外部化」です。
 従来は、内食(家庭内での食事)が中心であったのが、外食や中食
(持ち帰りの弁当やそう菜)の割合が大きく高まっているのです。

 もう1つは、食生活の内容(何を食べているか)自体が、大きく変化
したことです。
 つまり、米の消費量が半減するのと並行して、畜産物や油脂の消費量
が数倍の水準へと急増しました。いわゆる食生活の「洋風化」「欧米化」
が急速かつ大きく進んだのです。

 これらの変化は、大なり小なり、いずれの国においても見られるもの
ではありますが、これほどの大きな変化は、他の先進国には見られない
日本に特有のものです。

 そして、これらの食生活の激変が、私たち自身の健康(栄養バランス
の崩れとメタボリックシンドロームの増加)、日本全体の食料供給(食
料自給率の低下)、地球規模での資源や環境への負荷(海外の土地・水
への依存、大量の輸入食料の長距離輸送に伴う二酸化炭素利排出)等の
面で、大きな問題点をもたらしているのですが、次回からは、まず、私
たちの「食の激変」の内容からみていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------
 ◆ オーシャン・カレント -潮目を変える-

 食や農の閉塞感を打ち破るためのユニークな活動や、それに取り組
んでおられる方達を紹介するコーナーです。
----------------------------------------------------------------
 JR神田駅前の繁華街をガードに沿って南に進み、人通りが少なくなっ
てきた路地をさらに1本入ったところに、「全国うまいもの交流サロン・
なみへい」があります。
 通りがかりの人がふらりと立ち寄るというよりは、目的を持って目指
して来る人が集うお店であることが、この場所からも分かります。

 ドアを開けると、正面にあるボードにはポスターやチラシが貼られ、
フロア中央部には各地の特産品が展示・販売されている陳列棚があり、
アンテナショップの機能も果たしています。
 その奥がテーブル席とくつろげるソファの席で、ゆったりと40名ほど
が入れるほどのスペースです。

 メニューは、月替わりの特産品コースが基本です(単品もあります)。
 例えば2013年1月の山形県米沢特集は、雪菜のふすべ漬等の前菜、遠
山カブと季節の魚の炊いたん、米沢産天元豚ソテー小野川温泉豆もやし
添え、豆腐と水菜等の鍋仕立て、つや姫の土鍋炊きと漬物、米沢産りん
ごといった内容です。

 周囲の壁には、これまで取り上げた47都道府県の特産品等のパネルが
ぐるりと貼られています。
 ドリンクも、全国各地の日本酒や焼酎、特産ジュース等が豊富に揃え
られています。

 いつも笑顔で迎えてくれるオーナーの川野真理子さんは、青森県津軽
地方のご出身。
 この方、実は、ただの居酒屋の女将さんではありません。
 パソコンのインストラクター等を経て会社を起こした経験を踏まえ、
起業家のための交流と情報交換・スキルアップを目的としたNPO法人や
会社を設立し、多くのセミナーやイベント等を企画・開催され、自らも
講師等として活躍されています。
 『インターネットと21世紀型女性の起業』(共著、新水社、2002年)
という著書もあります。

 地方と都会を繋ぐことも川野さんのライフワークの一つです。
 都会に住む自分達が地方の特産品を食べ、少しでも地方の農業・漁業
に現金を落とそうという思いを実現するため、2008年7月、全国の食材
と郷土料理、ご当地自慢で様々な情報交換ができる交流サロンとして開
店したのが「なみへい」なのです。
 そのコンセプトは、「東京から故郷おこし」です。

 特定の地方のファン作り交流会、被災地の日本酒を呑んで復興を支援
する会、演奏会や映画の上映を兼ねたイベント等も、随時、開催されて
います。

 人と人がつながる、地方と都会がつながる、食材と食材がつながる、
様々なものが「つながる場」である暖かい交流サロン「なみへい」。

 今夜も多くの人たちが、「なみへい」のコンセプトと川野さんの人柄に
惹かれて集います。

 「全国うまいもの交流サロン・なみへい」HP
  http://www.namihei5963.com/index.shtml

----------------------------------------------------------------
================================================================
F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-【ID;0001579997】 
================================================================
 ◆ 発行者:中田哲也(フード・マイレージ資料室 管理者)
   ご意見、ご質問、投稿等は、下記ウェブサイトのコメント欄から
お願いします。

 ◆ ウェブサイト「フード・マイレージ資料室」
  http://members3.jcom.home.ne.jp/foodmileage/fmtop.index.html

 ◆ ブログ「伏臥慢録~フード・マイレージ資料室から~」
  http://foodmileage1.blog.fc2.com/

 ◆ 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
===============================================================
◎F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0001579997/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« つや姫の土鍋炊き | トップページ | 米沢の「啓翁桜」(けいおうざくら) »

今日のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/56560539

この記事へのトラックバック一覧です: なみへいを紹介してくださいました。:

« つや姫の土鍋炊き | トップページ | 米沢の「啓翁桜」(けいおうざくら) »