« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

やっぱり残念に思うこと

1月は、消滅可能性都市NO.1の群馬県南牧村をPRしました。
地域に残る伝統食や郷土料理を、なんとか残せないものかな~と思い、南牧村の特集をするときに、南牧村のかあちゃん本舗が作っている「いぶし」があるときいて、興味津々でメニューに入れることにしました。
メニューに入れる時は、なるべく物販にもおいて、おいしかったら買って帰ってねという流れにするのですが、よく売れました。
力込めて宣伝しましたからね。


でも、特集が終わってしまうと、もう現地の道の駅に行かないと買えないのです。

どうしてネットで販売していないのでしょうねぇ。

南牧村だけではありません。
他の地域もそうです。

特に、道の駅は、サイトそのものがないところも多く、せっかくの母さんたちの昔からの手作り総菜や、伝統のもの、懐かしいものを買いたくても、それを知ることさえできないのです。これってすごく残念だと思いません?
こんなに一生懸命やっても、次につながらないというのでは、力が抜けます。抜けないふりして、頑張っていましたが、本当は抜けてる私。
もっと次につながって、少しでも、1人の母さんでもいいからよかったと思ってくれないと、だんだん疲れてきちゃうよね。

クラウドファンディングで、やっぱり、地域の郷土料理を継続して帰るようなしくみをつくらないと、続けるモチベーションをなくしてしまっては、もう自分が終わってしまうと思ったのでした。

Photo_2

Img_3689

_

 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

R25のWEB版に紹介されました!

正月明けに、取材がありまして、本日ようやく、アップされました。
群馬県出身のアイドルの子が、今月の特集の南牧村のメニューを食べて感想を言うという内容になっています。


▼▼   1月の特集地域は群馬県南牧村(なんもくむら)です!  ▼▼     
        高齢化率全国NO.1 消滅可能性都市NO.1
           人口2100人のとっても素敵な村です
   ▼▼▼ 2月は北海道十勝新得町と十勝清水町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

カクテル始めます

なみへいも、2月からカクテルを始めることになりました。
以下は、元バーテンダーの店長からのご挨拶です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
店長の川野元基です。
一段と寒いなぁと思っていたら、今日は大寒だそうです。寒いわけです。
さてそんな寒さには負けず、今年のなみへいは今までできなかった事、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。
毎日ミーティングを重ね、めまぐるしくめまぐるしく、本当に目が回りそうになりなる毎日です。
そんな中、ふと一度立ち止まり、自分に何ができるかを考えました。
僕が今まで培ってきた経験をここで活かせるたった一つの武器。
それは「カクテル」です。
なみへいに入社し、和食メインのお店だからと思い、カクテルはずっと封印してきました。
が、今こそそれを解く時ではないかと思いました。
ビールに唐揚げ、塩辛に日本酒、ワインにチーズ、合いますよね。
でも、もっと別の、違った可能性や飲み方はないだろうか。
なみへいだからこそ、オーソドックスを外していけるのではないか。
僕は新しいものを世に提示したい。いや、僕はというより寧ろ、皆さんと共に新しい食と酒の関係を探求し、なみへいを発信基地にして、新しいものを発信していきたい。
それがゆくゆくは、「こないだなみへいでこんなの食べて一緒にこんなの飲んだけど、意外とうまいんだよ」
そんな風になって広がっていけばいい。それがまた新たなスタンダードになればいい。
そういう気持ちです。
なみへいは毎月メニューが変わります。
ならば、まずは毎月変わるメニューに合うカクテルを毎月用意してみよう。
前置きがとーっても長くなってしまいましたが、、
そういうことで、2月から新たに月替わりカクテルを始めます!!
第一弾は
★「十勝トカップのサングリア」
十勝のワインにオレンジやグレープフルーツジュース等を加え、アクセントに少しのシナモンパウダーを振ります。
★「アクアビットのブラッディマリー」
アクアビットは簡単に言うと、ジャガイモの蒸留酒。これにトマトジュースを加え、セロリのスティックをマドラー代わりにします。
カクテルですが、スープに近い一杯です。
どちらも、2月のメニュー「新得町産エゾ鹿ローストと彩り野菜の赤ワインソースがけ」と相性バッチリです。
是非お試しください。
来月のカクテルは未定ですが、岩手県雫石町の食材となみへいの料理を更に引き立てる、とびきりのカクテルを用意したいと思います。
楽しみにしていてくださると嬉しいです。
それでは本日も皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 川野 元基
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/ 
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

首都圏の飲食店を活用したシティプロモーション2017

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
市町村
のため
首都圏の飲食店を活用したシティプロモーション2017
-食を通して地域をPR- 
-ブランド作って地名度UP!-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記は、全部で14ページの中の4枚です。昨年と変更した内容です。
全頁の企画書がほしい方は、PDFを添付でお送りいたしますので、
こちらからご連絡ください。
http://www.namihei5963.com/form/contact.html

4p1_2

4p2

4p3

▼▼   1月の特集地域は群馬県南牧村(なんもくむら)です!  ▼▼     
        高齢化率全国NO.1 消滅可能性都市NO.1
           人口2100人のとっても素敵な村です
   ▼▼▼ 2月は北海道十勝新得町と十勝清水町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

新年会&宮田さんの送別会

今日から仕事始めです。
今日は、初詣と仕込みと大掃除と、新年会と送別会と、盛りだくさんの日でした。
宮田さんは、6年半も勤めてくれた、有難い有難いスタッフでした。
宮田さん、ありがとうね。

Img_4204

Img_4203_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »