« 土浦市作成のランチョンマットとコースター | トップページ | 岩手県普代村からめかぶと生わかめです! »

2017年3月24日 (金)

3月21日雫石町のイベント

雫石町主催のイベントがありました。
とってもいい会でしたよ。
<その1> 雫石伝統郷土料理より -重っこ料理-

冠婚葬祭や田植え・稲刈りなどの農村行事に、それぞれの過程で作った煮物、和え物などの料理を「重っこ」に入れて持ち寄り、みんなで食べる。
食べ方は、重っこを隣の人に回して各自で自分のお皿に自分の食べる分を取り分け、次の人に重っ子を渡していく。
お祝いの際には、南部よしゃれなどのお祝いの歌などが披露される。
…………………………………………………………………………………
その重っこ3段がこれ。 きっと、昔は田植えの時期にみんなで食べたんでしょうねぇ。
きりせんしょうは、子どもたちが田んぼのあぜ道で走りながらおやつ代わりに食べたんだろうと、津軽の山の麓に生まれた私は、勝手に想像して、心温めています。

S__13205579

銀鮭の甘露煮

S__13205580

山菜の油いため

S__13205578

きりせんしょう

(うるち米や米粉、三温糖、ごま、くるみ、水などをいれて作る家庭料理だそうです)

………………………………………………………………
<その2>雫石町出身の観光大使 田中美沙季さんの歌と語り

S__13205534_2

田中美沙季さん自らが作ってきた、故郷の景色をスクリーンに映して、雫石のことを語りました。どれほど雫石のことが好きなのだろうと、みんな思ったことと思います。

だから、雫石に行ったことのない人も、そんなに素晴らしいところなら是非行ってみたいと思ったに違いありません。

私たち出身者は、どうにかして、故郷のお役に立ちたいと思っているのですが、何をお手伝いしていいか、1人ではできないし、なかなか気持ちと行動が一致しません。

だから、ソプラノ歌手の田中美沙季さんが、歌を披露しながら、雫石への想いをみんなに伝えたくて、ゆっくり愛をもって語った時間に、私たちは感動を覚えました。
とても、温かい気持ちにさせてもらいましたし、田中さんも、きっと、みんなに自分の故郷の素晴らしさを伝えることができて、幸せな気持ちになったことでしょう。
私には、わかるんです。(笑)
絶対に間違いありません。ねっ!田中さん、そうでしょ!? !(^^)! 


<その3>幻の高級牛 雫石牛をステーキで!


S__13205547_2


<その4>スタッフのみなさん、各テーブルについて、接待されていました。
雫石産のトマトジュースを、ビールと半々にした「レッドアイ」も、好評でした。

S__13205567

S__13205569

S__13205568

 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

|

« 土浦市作成のランチョンマットとコースター | トップページ | 岩手県普代村からめかぶと生わかめです! »

特集地域の交流会や郷土料理食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217077/65081820

この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日雫石町のイベント:

« 土浦市作成のランチョンマットとコースター | トップページ | 岩手県普代村からめかぶと生わかめです! »