« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月17日 (月)

なみへいホールスタッフ1人募集!

週に3回~5回、なみへいのホールをお手伝いしてくれる人を募集します!

5月からでも6月からでもかまいません。
時間、曜日、回数につては状況をご相談くだされば、当店の正社員同士で都合をつけられりますので、比較的自由な感じでバイトをしていただけることと思います。
是非一度、ご連絡ください。TEL.03-6666-5963

地域のお料理も食べられますよ。

201704

          ▼▼▼ 4月は岩手県矢巾町と普代村です!▼▼▼
 
            ▼▼▼ 5月は広島県竹原市 です! ▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

同じお米でも、作る人が違うと甘味も違う

今特集している矢巾町のお米の生産者、佐々木昭英さん(左)と畠山耕一さん(右)。
同じひとめぼれなのに、作る人が違うと、さっぱり系ともっちり系の違うタイプに出来上がりました。

今回は、二つのお米を食べ比べてもらっています。
さて、あなたはわかるかな? 

2

Img_5170

         ▼▼▼ 4月は岩手県矢巾町と普代村です!▼▼▼
 
            ▼▼▼ 5月は広島県竹原市 です! ▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

移住ドラフト会議

鹿児島県でやっている 移住ドラフト会議。

初めて知りました。
http://kagoshima-ijyu.jp/

http://kagoshima-ijyu.jp/ijudraft2017/

これいいな~。久しぶりにワクワクしました。


いろんな地域のみなさん、これ、是非やってください!


私、応募したい!   指名されたい!  (^o^)



         ▼▼▼ 4月は岩手県矢巾町と普代村です!▼▼▼
 
            ▼▼▼ 5月は広島県竹原市 です! ▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

なみへいのホールスタッフ1人募集!

★★★ホールスタッフ募集★★★

なみへいのホールスタッフを1人募集します!
地域の食材に興味があったり、日本中からいらっしゃる方とお話がしたい方、明るく元気で接客が好きな方のご応募を、心からお待ちしております。

○……………………………………………………………………………………………○
■ホールスタッフ
【勤務日】 月~金の中で週3回位(毎週、曜日の変更は比較的自由に相談できます)
【勤務時間】 18:00~22:00(賄有り/残業なしで4時間)
【開始日】 2017年5月の連休明け(5月中でも大丈夫です)
【営業時間】 17:00~22:30(L.Oは22:00)
【給与】 時給1000円(試用期間の10日間は950円)
【待遇】 交通費(1日600円以内の実費)
【休日休暇】 日曜・祝日、GW、お盆、年末年始
【仕事内容】 月ごとに地域を変えて提供するコース料理の紹介や配膳等のホール作業全般
【勤務地】 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F JR神田駅西口から徒歩3分
【店 名】 日本全国うまいもの交流サロンなみへい
【連絡先】 Tel.03-6666-5963(※お電話は、11:00~17:00の間でお願いします)
【お問合】http://www.namihei5963.com/form/contact.html
【担当者】 川野 元基(げんき) 店長
【HP】 http://www.namihei5963.com/
【facebook】 https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
【応募方法】 電話で面接日を決めますので、まずはお電話をください。

○……………………………………………………………………………………………○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

NHKのプロフェッショナル 豆腐職人の山下さん

4月3日放送のNHKプロフェッショナル仕事の流儀をみて思ったこと。
今回は、豆腐職人の山下健さんです。


お豆腐屋さんの五代目に生まれたけれど、未来に希望もないし、跡を継ぎたくなくて一生懸命勉強して大学に入った。就職も決まったけれど、いざ就職しようというときに、本当に自分の代で辞めてもいいのかと悩み、結局、就職先を断って跡を継ぐことにしたけれど、最初の2年は死んだ人生だったという。
ページより一部引用↓

豆腐の価格は下がり続け、小さな豆腐店の廃業は止まらない。かつては3万軒以上あった業者が、今では7千軒あまりだ。その中で山下は、父が亡くなる間際に遺(のこ)した言葉を胸に刻んでいる。
「小さくてもいいから、地味でもいいから、コツコツやっていけ」。
厳しい時代の中、ただひたすら豆と向き合い、うまい豆腐を作り続ける人生を歩み続けている。
今では、もし生まれ変わっても、この続きをやりたいと思うし、自分の人生は幸せな人生だと言う山下さん。素敵だなー。


山下さんもすごいけれど、こういう人を探してくるプロフェッショナルの制作チームの価値観というか、視点というか、そっちこそ本当に素晴らしいと思うのよね。
いつも思うのだけれど。


山下さんは、大豆を買うお金がないなら困るけれど、そんなに儲からなくても、やっていければいいでしょ。儲かることが幸せという訳ではないしねと、山下さんは言いました。


楽して儲かりたいと思う人が多い中で、もし、こういう本物の考えをもった人が身近にいて、その価値観を見たり聞いたりできれば、随分違うんだろうなぁ。



スピードに流され、効率に走り、相手の気持ちを考えるより、こちらの事情を優先してしまうことが多い中で(自分を含めてネ)、何のために自分がこの仕事をしているのか、楽になることが目的なのが、自分にとっての幸せをもう一度確認することの大事さをすごく思いました。


         ▼▼▼ 4月は岩手県矢巾町と普代村です!▼▼▼
 
            ▼▼▼ 5月は広島県竹原市 です! ▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

岩手県普代村からめかぶと生わかめです!

岩手県普代村の漁師さんから、とっても新鮮なめかぶと生わかめが、発砲スチロールに一杯届きました。

こんなにたくさんのめかぶをみたのは初めてです。

役場の森田さんが漁師さんの気持ちを伝えてくださって、どうしても食べてほしいと言っているので、お礼も何もいらないし、仕入れてほしいという気持ちで送る訳ではないので、どうか、漁師さんたちの気持ちを受け止めてほしいと言うことなんですね。
普代村の漁師さんたちは、震災のときに日本中の人たちに助けてもらったという気持ちがあって、岩泉の台風のときも、20箱くらい鮮魚を送ってあげたんだそうです。


鮮度や量にもびっくりしましたが、それよりなにより、漁師さんや、それをつないでくださった役場の森田さんの普代村想いには、もう参りました。負けました! お気持ちをしっかり受け止めさせていただきます、という気持ちになりました。

これまでも、何度か、森田さんとお話をしてわかってはいましたが、担当ではないのに、普代村のPRに一生懸命で、私の中では、今では普代村といえば、森田さんとイコールになってしまいました。

なみへいのビジネスモデルは、特集している地域の食材を中心にその月のコースメニューを作るので、どんなおいしくても、買ってあげたくても、特注地域でない月は、送料も別途かかりますし、メニューに入れることがなかなか難しいのですよね。

なので、いろいろな産地から一度試食してみてほしいというお話があっても、下手に期待をさせてはいけないという気持ちと、スタッフみんなで賄で食べておしまい! おいしかったです。おしまい! っていうことが、小心者の私にはどうしてもできなくて、今まではお断りすることが多かったのです。
でも、今は、料理人も2人になりましたし、勿論、今月は普代村の特集でもありますから、コースだけでなく、アラカルトメニューにも使えるということで、ありがたく頂くことにしました。

森田さん、本当にありがとう。

でも、あまりにめかぶが多いので、料理人たちが、私と店長のために、きざみめかぶを作ってくれました。
これにめんつゆをかけて、ご飯の上にのせて食べると最高なんです!

朝から、山盛りご飯行っちゃいました。

Img_5127

Img_5129





      ▼▼▼ 4月は岩手県矢巾町と普代村です!▼▼▼
        ▼▼▼ 5月は広島県竹原市 です! ▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »