« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月29日 (月)

ふき味噌ピザのマーケティングを考える(1)

我が故郷、青森の山からふきのとうを送ってもらって、この時期限定の「なみへい特撰・ふき味噌」を作りました。

うちの山本料理長が作るふき味噌は、他で売っているふき味噌とはまったく違っていて、相当量のふきのとうを入れて、余計なものを入れずに作る逸品なので、毎年、料理長にもう少しふきのとうの量を減らしてくださいと言われ続けるほどの量を仕入て、無理を承知で作ってもらいます。
今年は、5kgを2回。4月の後半で、最後の発注となりました。(原材料/青森県産ふきのとう/白味噌/西京味噌/砂糖/マヨネーズ/チーズ)
ところが、GWに山形県飯豊町の中津川地区に行ったら、まだふきのとうがあって、びっくり。
さっそく帰京後、再度ふきのとうを5kg頼んで、またもや、ふき味噌を作りました。
6月は飯豊町の特集ですから、飯豊のふき味噌を使ったお料理を出しています。
(鰆のふき味噌焼きとかね。)
ふき味噌は、あまりに評判がいいので、ふき味噌だけ、お店売りもしました。

で、さらにこのふき味噌を使って、例年好評の「ふき味噌ピザ」を、今年はネット販売に挑戦してみようと思いました。でも、ふき味噌の量は限りがあるので、数量限定が条件です。

Img_5525



さて、ここからが大変です。


賄(まかない)の時、うちの男たち3人にふき味噌ピザをネットで販売したいと話したところ、全員から意外な返事が。(ちなみに、全員妻帯者)

【返事その1】
 「ピザは1人で食べるもんじゃないから、俺なら頼まない。」

  いきなり、え゛っっっっ! てなもんです。
  考えたことがなかった。ピザは1人で食べるものでなかったのか。。。。。^^;
  
  ひとり者の私は、たまーに、自宅でピザを頼むことがあるけれど、ただ量が多すぎて(と言いつつ、食べてしまうのでどうしても罪悪感ある)、それに、ピザだけで2300円とかするのはなんだかなーと思うので、1人用でもうちょっと安かったり、小さかったりしたら、頼みたいと思っていたので、珍しいふき味噌ピザ1枚1000円なら、もってこいじゃない!と自信満々だったので、かなり
ビックリ!

【返事その2】
 「仮に頼んだとしても、うちのこのクリスピー(薄い生地)1枚だと足りないし、どうせピザ頼むなら、もっと違う種類も食べたい。。。となると、わざわざふき味噌ピザ1枚だけ頼む気にはなれないから、結局は、種類のある他のところに頼む。」

ん~。と思った。なるほどね。
では、うちも、ふき味噌ピザ以外にも違うピザ作ろうか? サラダをつけようか、それとも、珍しい地域食材のおかずを1品つけようか、と考えた。

が、すぐに気づいた。それは違う。他と競争したいのではないのだ、と。

どこにもない、うちのふき味噌ピザを、「このピザ大~好き!」と、毎年楽しみにしてくれそうな人に当てたいのだ。だって、どこにも売ってないんだもん。売っていたとしても、うちのふき味噌はどこにも負けない、数量限定、期間限定の冷凍ピザだから、1人者であろうが、家族であろうが、まとめて3枚4枚冷凍しておけばいいじゃない? 

好きな人には絶対に勧めたいピザとして、うちがお客様を選ぶ位の自負があってもいいかもしれないし・・・・・と思ってしまった。これは、
ありきたりのマーケティングの否定でしょうか。 それはそれていいんじゃない?

私なら、どうしても好きなら一度にまとめて2枚、3枚頼むだろうと思った。
そんな人がターゲットなんだ。

ましてや、今回は、50枚位しかふき味噌がないので、お店でふき味噌を食べて、これおいしい!という人に、情報が届けば話は絶対的に早いはずだと思った。

相手が1人者であろうが、家族もちであろうが、あまり関係ないと思う。

最初は、常識通り、新商品の販売に関しては、ターゲットが重要だ!と思っていたけれど、この商品に限っては、1人者というターゲットを設定しても、既にこのおいしさを知っている人には、ひとり者でなくても広がるという自信があった。(というか、自信をもつことにした。)

一度も食べたことのないものを商品化するときには、ターゲットは必要だが、数量限定であって、そして、間違いなくファンがいることがわかれば、ターゲットは限定しなくてもいいでしょう。勝手な自信ですけれど。

珍しいもの好きが、「ふき味噌ピザ」とキーワードを入れるはずもなく、この位の数量なら、まずは、固定ファンを作った方がいいでしょう。
ということで、金額とシチュエーションイメージが決まったら、次は、実際の販売について、許可の申請や準備が必要になりました。

次に続きます。
※数量限定なので、予約注文を開始することになりました。
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp1&no=2037





▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
▼▼▼  7月は岩手県大槌町と復興支援の絆の長野県軽井沢です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

徳島県産春にんじん届きました!

うまいッ!に出演した喜田さんから、徳島県産の春にんじんが届きました!

徳島のにんじんは、大型ハウストンネルで雨にあたらない乾燥状態で生育するので、甘くてやわらかいのだそうです。


今日の賄にさっそく、きんぴらを作ってくれました。

喜田さんは、毎朝、千切りにしてレンジでチンして、ポン酢とマヨネーズをかけて食べているとおっしゃっていました。私もそんなふうにして食べてみようと思います。

Img_5544

Img_5545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

うまいッ! に出演の喜田直康さんなみへいに

5月21日に放映のNHKうまいッ! に出演収録のために、専門家・ゲストとして上京された喜田直康さんが、なみへいにご来店くださいました。

農水の中田さんって、本当に人脈広いですねー。
全国からご活躍の方をお連れくださいます。ありがたや、ありがたや。
徳島県は、春人参の生産量日本一で、

その中でも、有数の生産地が藍住町なのだそうです。
すごく甘い人参で、規格外の人参も町が積極的に取り組んで、いろいろな商品を作っているそうです。

http://www6.nhk.or.jp/umai/archive/archive.html?fid=231

Img_5539

Img_5487



▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼
▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw
藍住町藍住町

藍住町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

店長(息子)の2年目  事業継承なんてそんなにすんなり進む訳もなく。。といいつつも。

店長(息子)は、叫んだ。

「我慢に、我慢に、我慢に、我慢を重ねてきてるんだ!」と。
売り言葉に買い言葉。

「そんなに我慢してるんだったら、辞めればいいじゃない! いつ辞める? さっさと決めようよ! 7月? 8月?」と畳み込んで辞めさせてしまった。前の私ならね。(笑)

ところが、大人になったのよ、私も。
ここで言ってはいけないと、我慢に我慢に我慢を重ねて制止したのだ。
ようやく1年。親のひいき目でなくて、実際に、彼はよく頑張った。
朝11時出勤で、帰るのは12時間後になってしまう中で、文句の一つも言わないで
(と、言いたいところだが、それはない^^;。文句を言えたからよかった。)

一番最近言われたことは、「儲かりたいんだか、損したいんだか、わからない!」。
彼にしてみれば、損して得取るということは理解しても、この場面でそれをすることはないだろうという意見の食い違いだ。
なみへいは毎月メニューもお酒も担当者もすべて変わるので、普通の飲食店と違ってその作業が想像以上にかかる。
物販だけみても、毎月、納品あり、返品あり、返品伝票を書き(事業者ごとに返品の場合は送料も全部負担して伝票も全部別にして)、請求書をもらい、振込みし、売上管理し、
物販だけでなく、同じ作業が食材もあり、酒もあって、支払先も相当な数になるから、本当に効率の悪いビジネスモデルだと思う。でも、だからこそ、他のどこもやらないのだし、なみへいだからこそ、やり続けてきたという自負もあって。


月に一度、来月の地域の試作をする。
まずはそのための食材の発注から、試作作り、写真撮り、サイトアップ、メルマガを書いて配信して、配信の前に名刺入力をして、配信後の解約手続きをして、さらには、報告書を作成して先方様に送る。
特集地域のPRをするで地域活性化につなげるということが仕事なので、
facebookへの投稿、広告掲載、店内入れ替え、酒カード作り、日々の予約受付、現場の夜の営業、レジ清算から、入金、売り上げ管理、発注、開店準備、閉店片付け、物販・酒・特集地域とのやりとり・請求書・納品書・発注等々、彼は一通りのことをすべて覚えただけでなく、自力でパソコンを買い勉強し、びっくりするほど効率よく仕事を片付けるようになっていた。

だから、私の手から彼に任せる仕事も多くなり、土日に出てこなくてもよくなってきて、少しずつ楽が出来るようになった。
私的には、とにかく、この1年間は、なみへいの流れや仕事の内容をすべて知ってもらいたいと思っていたし、その結果、思った以上に頑張ることがわかったので、いよいよ、なみへいも、次のステップ、新しい事業を始める準備が出来ることになった。

というより、もうそうしなければ、なみへいは続かない。

私だから、休みもとらないで(というより、確かに彼の言うとおり、仕事の仕方がへたで、効率が悪すぎる)頑張ってきたけれど、このままでは、若い人に譲れないという思いもあり、また一方では、出資者の期待を裏切って(^o^)、10年も続けてこられたのだから、10年を節目に終わっても、みんなは怒らないだろう、もう終わってもいいかも・・・という思いもあって、さて、どっちに向かうかなと思う一年だった。

という状況で、2年目に入った店長は、次の重大な使命&任務「営業・企画マネージャー」として、さらに、外の動きの把握や、連携できる人脈作りや、新規ビジネス探しをすることになりました。
勿論、店にもでますので、益々大変になるとは思いますが、きっと1年目で頑張ったように、試行錯誤し、勉強し、成果を出そうと頑張ってくれることでしょう。
当初は、彼に飲食の現場をまかせて、私が主に、次のステップの準備に向かおうと思っていましたが、逆に私が店を守って、彼を外に出し、しっかり私がお留守番をする方がよいと判断しました。

でも、会社というものは、成長と学びのきっかけの場であって、事業継承先にありきにしてはいけないと思っているし、息子だけでなく、料理人たちもしかるべきタイミングがきたら、次のステップに行ってもいいのだと思うのです。独立するなら、喜んで応援したいと思います。だから、いつも言います。自分のファンを作りなさいって。

独立起業のNPOを10年もやってきたこともあって、1人1人が自分を活かす職業をみつけ、遣り甲斐のある仕事ができるようになることが一番幸せなことだし、そこに向けてなみへいはスタッフ全員を応援したいと思っています。
息子には、その準備が出来るまで、新しい時代の新しい動きをキャッチする勘を磨かせ、なみへいの実績と信用で、新しい事業を創り出していってくれればと願っています。

2年目はきっと、後になって、力がついた時期だと思える日がきっとくることでしょう。
そうであってほしいと願っています。


皆様には、今後とも、どうか、なみへいを可愛がってくださいますよう、よろしくお願いいたします。

私は毎日、お店にいます。是非、おもしろいお話、連携のご提案をしにご来店ください。
川野真理子@なみへい女将

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

山形上山市 ウッディファームさんで朝から試飲。

山形置賜ツアー2日目。
泊まった時代屋さんという旅館を後にして、朝からまず立ち寄ったのが上山市にある蔵王ウッディファーム。
すごいツアーです、10時過ぎからワインの試飲です。(笑) 
試飲は確か、3~4杯で1000円位だったと思います。

Img_5400_2

Img_5418

Img_5413

Img_5414

  Merlot メルロ 2014
YMerlot メルロ 2014

Sauvignon Blanc 2016 ソービニヨン・ブラン

ぽわぽわポワレ 2015 発泡 


6本買ってきました。

痛風で日本酒を止められているお客様がいて、赤ワインならいいとのことで、彼のために、赤ワインを買ってきました。喜んでもらえるかな~と楽しみにしていたら、ナント!
赤ワインも止められてしまったのだそうです。

可愛そうです。

下記の写真は、葡萄畑です。ぶどうの品種を聞いたのですが、忘れてしまいました。

Img_5408


Img_5406

Img_5403


Img_5407

▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼
▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

なみへいが、復興バーの会場に!

東北の震災から丸5年。

本店は、宮城県石巻市で、2011年7月に、10人も入れば一杯になってしまう程の小さなお店をオープンさせたのが、『ISHINOMAKI2.0』(代表理事:松村豪太氏)。

その後、震災の記憶と被災地への関心が薄れないよう、2013年5月に、復興バー@銀座として、銀座八丁目に期間限定的オープンをしたそうです。

これまでは、平日空いている店舗をお借りして3ヵ月連続で開催してきたそうですが、今年は、なみへいのコンセプトにも通じるところもあるということで、なみへいのお客様が紹介してくださり、なみへいを会場にしてやってくださることになりました。

当店も、
12月は熊本や北リアスを特集したり、2月は十勝と、被災地に少しでも思いを馳せて・・・と思ってやってきましたが、これでもう少し、被災地の方たちの役に立てるかと思うと、とっても嬉しかったです。お役に立つ仕事をしたいと思います。
「日替わりマスター」は、被災地の生産者さんや出身の方たち、被災地に尽力を続けるボランティアやNPOの人たちが一夜限りでカウンターに立ちます。あっという間に、募集を打ち切るほどの人気だそうです。

なみへいも初めてのことなので、どのくらいの混雑ぶりになるかは、まだまだ予想もできませんが、皆さん、是非、ご来店くださいね。
随時、facebookとブログを通して情報提供していきます。


0511001



▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼
▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

飯豊町景観編

あまりに素晴らしくて、多くを語らず、とにかく、写真をアップします!

まだ途中ですが、ひとまずでごめんなさい!
<中津川の白川湖>
エメラルドグリーンに光る湖面にヤナギの水没林。
不思議なこのシーンは、田んぼに水を引き寄せる今月中ばまでしかみることの出来ない、期間限定の美だそうです。

Img_5275

<散居村>
家の周囲を屋敷林という、背の高い木々で囲っている家。お隣さんとは、くっついていなくて、遠くからみると、あまりに美しくてびっくり。

Img_5233

Img_5274

Img_5254

翌日、牛が放牧されていました。

Img_5368

<水芭蕉の群生>

1_2

Img_5306

<雪かきしていました。道端には水仙です。桜も咲いていました。魅力的>

Img_5344


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

飯田町 中津川地区の 雪室(ゆきむろ) 

中津川という地域は、飯豊町の中でも特に豪雪地帯で、GWでも雪かきしていました。

なので、この寒さを利用して、雪室という倉庫に、じゃがいもやお米や果物など、様々なものをしまっておいて、熟成させていました。

熟成すると、じゃがいももとってもおいしくなります。

でも、一番驚いたことは、預けるのに、コンテナ1個、1日4円だけなんだそうです。
1ヵ月でも120円、半年でも720円ですよ。

そんな金額で成り立つのかと思ったら、電気も何も使っていないし、ただ置いているだけだし、結構最近ではおいしくなるのがわかってきたので、預ける人が増えてきているのだそうです。手間もかからないし、なるほどね~。

中は寒かったです。


<雪室の外> 右下の白いのは雪。

Img_5285

<雪室の中 お米や野菜やじゃがいも等々>

Img_5289

Img_5301

<雪室じゃがいも>

Img_5298




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

飯豊町へ移住の坂本ご夫婦

9.11のテロがきっかけで、福岡に戻ってこられた坂本さんご夫婦(旦那さんが染物職人、奥さんがデザイン)のお家にお邪魔させて頂きました。

いやいや、築160年の古民家は勿論素晴らしかったのですが、この家に、インターネットで見ただけで、ここに住むと決めたご夫婦が、家以上に面白くて、素晴らしいご夫婦でした。
Img_5347

Img_5358

Photo

心地よい5月の風が、部屋を駆け抜けていました。


Img_5359


最初は島根に移住したそうですが、一度も見ないで買うと決めたご夫婦に、さすがに、役場の人は一度は見にきてくださいと言ったそうで、
見に来たときはすでに移り住むつもりで来て、各部屋のサイズを図り、見取り図を作ったら、その見取り図くださいと言われたという笑い話もあって。

Img_5348


自然に逆らわず、生き方に逆らわず、計算することもなく、こんなに力強く、楽しそうに暮らしているご夫婦のお話をききながら、ただ、ただ、興味と驚きばかりでした。

でも、お家を出て、家の前からみえる大きな山や景色をみたとき、
昔、知り合いが、「万里の長城を目の前で見たとき、自分ってなんて小さい人間なんだと思った」という話を突然思い出しました。

私も、もっと大きな気持ちで、
どうでもいいことに気をもんだりしないで、
出来ないときのリスクヘッジを考えたりしないで、
堂々と、もっともっと、大きな気持ちで生きていかなくっちゃ! と思いました。


もう一度会いに行きたいと、三人三様で思った人たちでした。


▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼
▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

山形県飯豊町の農家民泊「庄太郎」さんに泊まりました。

お泊りは、中津川地域の農家民泊「庄太郎」さんです。

Img_5312


Img_5315

親戚のお家に行ったような感じでした。私の小さい頃も、日本の昔はこんなんだったんです。とっても懐かしい気がしました。

Img_5316



Img_5328

途中、雪室を見せてもらいました。これもすごかったので、雪室についてはまた後でご報告します。
まずは、お料理のご紹介をやっちゃいますね。
雪室じゃがいもを使ったピサ゜です。ジャガイモが本当に濃くて、おいしかったです。
来月の飯豊特集では、必ず、この雪室じゃがいもを使いたいと思います。
いろいろ料理するより、蒸すよりも、レンジで7分、そのままお塩やバターや塩辛を添えて食べるのが一番おいしいということでした。

Img_5327

この牛は、田中さんとこの飯豊牛です。今月、広島県竹原市の牛ステーキをいれているので、部位とメニューを変えて、来月も牛肉料理を入れたいと思います。
さて、どんな料理を考えてくれるかな~。うちの腕利き料理人たち。

ヤマメの写真を撮り忘れてしまいましたが、ヤマメも絶品。
味が濃くて、今が一番の食べごろなのだそうです。本当においしかった!

Photo_2

庄太郎さんのところは、飲み物は、持ち込みです。
高橋さんにお勧めのものを選んでもらって、持ち込みました。

この2本は、来月うちでも飯豊の特集として入れます! 風三はふうさんと読みます。

Img_5331

庄太郎さんの料理上手の奥さんと、お話上手のご主人。
食事の後も、23時まで、飯豊に若い人を呼ぶには…という話で盛り上がりました。
地元の人と話せるこんな旅は、景色と温泉と味だけではない、心がほっこりする印象に残る旅になるんですよね。
伊藤さんご夫婦、ありがとうございました!

おばあさんは、スゲ笠作りで、テレビの取材が入るほど、有名な方だそうです。

Img_5341

▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼

▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!
▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

GW山形県飯豊町に行ってきました。<農家レストランエルベ編>

日本で最も美しい村連合に登録、加盟を許された「山形県飯豊町(いいでまち)」。
一度行ってみたいという願いが叶い、GW、なみ女(戦う天使)と飯豊町中心に山形県置賜地域を廻ってきました。

地元で受け入れてくださった、飯豊町役場の高橋さん。
3月まで、日本で最も美しい村連合の事務局長さんとして、神田の事務所で働いておられて、おぉ! 飯豊町に是非行きたいので受け入れてほしい!とお願いしてのツアーになりました。ありがたや、ありがたや。

当日は、農家レストランのエルベから始まり、農家民泊の庄太郎さんに泊めて頂きました。
まずは、やっぱり、食べ物編&人編からご紹介です。
赤湯駅で降りて、飯豊にまっしぐら。まずは、農家レストランエルベでイタリアンです。
いや~、おいしくてゆっくりしすぎて、2時間もいたようです。なんという^^;


Img_5220


Img_5217

Img_5226

山菜ビザ。

Photo

エルベの絶品グラタン。おいしかったー。なみへいで6月の特集で山菜グラタンを出してほしいとのこと。いいねぇ。私ももう一度食べたい。

Img_5223

Img_5222_2

30分以上待たされてしまったので、すっかり喉も乾き、昼から生ビール2杯もいっちゃいました。

1

すっかりいい気分でオフモードの私です。


Img_5224

待ちに待ったスパゲティ。なみ女チームの眞理子さんとうみちゃん。
勿論全部完食です。




Img_5218


切り干し大根。この前の一から住という移住の番組でも、こんな太い切り干し大根を軒下に干して、ご近所さんに郷土料理の作り方をきいて食べるってやってましたね。
これはおいしいかも。

                ▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼

               ▼▼▼ 
 6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

竹原市のお酒飲み比べ

竹原市には4つの蔵元さんがあるそうで、6種類のお酒が入っています。

その中でも、藤井酒造さんは仕込み水をボトルで販売しているので、店長がおもしろいセットを考えました。

竹に強い竹原市ということで、ちょうどよい竹のグラス置きもお借りすることができました。

こういう小さなことも、新鮮で結構お客様が喜びます。

3

勿論、いつもの3種選んで飲み比べというのもやっています。
月替わりで地域が変わるということもあって、いつも、お酒は変わります。
東京では飲めないものや、地元で人気のものなどを聞いて、現地から直送で送ってもらうことが多いです。送料も負担するので、酒の1滴は血の1滴です。てか。(笑)

Img_5480

Img_0442



▼▼▼ 5月は広島県竹原市  ▼▼▼
▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »