« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月20日 (水)

人生の中に仕事がある>仕事の中に人生がある

ずっと、我が人生、仕事ありきできていましたが、最近、ちょっと考えが変わってきたようです。

仕事の中に人生があるのではなくて、

人生の中に仕事があるのですよね。


新しい出会いもいいけれど、それより今思うのは、これまで知り合ってきた、あの人、この人のことが思い出されて、あのとき知り合った気持ちを、もう一回思い出したいと思うようになってきた。
歳のせいかなー。


だから、時間のかかるアナログ回帰に魅力を感じている自分。


そんな私って昔の人? 今の人?(笑)




    ▼▼▼ 9月の特集地域はついに! 滋賀県です! ▼▼▼
▼▼▼ 10月の特集地域は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

地域で頑張るキーマン 活動と課題をプレゼンに来てください 

皆さんに情報提供のお願いです。

なみへいでは、10年を迎え、次なるステージの準備を始めています。

勿論、「東京から故郷おこし」のコンセプトは変わりませんし、地域を元気にするために首都圏に住む私たちにどんなことができるだろうかという視点から、地域に役立つ事業を、首都圏の多くの人たちの力をかりて実現させたいと考えています。

そこで、
ずっと、暇さえあればいろいろ考えている中で、具体的に一つ実験してみたいことがあります。

それは、地域の生産者や零細企業の社長さんが、今何に困っているか、どんな営業活動をしているか、地域の課題は何か、そんなことをなみへいに来て、お話していただけないかと思っています。


地域で活躍しているキーマンは、よく首都圏にも上京されるのですが、そのついでで構いませんので、お話をして頂ける方を、みなさんがご存じでしたら紹介して頂きたいのです。


なかなか、交通費までは出せませんので、予め日程が決まっている用事のついでに、その夜にお話をしてほしいのです。

私は、地域の役に立ちたいと考えている人たちをお誘いして、一緒にお話をきかせてもらい、今後、研究会のようなものを立ち上げていかれるといいなーと思っております。
皆様、是非、周辺の情報をくださいませ。
ご紹介ください。よろしくお願いいたします。


    ▼▼▼ 9月の特集地域はついに! 滋賀県です! ▼▼▼
▼▼▼ 10月の特集地域は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

メルマガ10月号

■□■──────────────────────■□■
     コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
      神田なみへいのメールマガジン 10月号
■□■──────────────────────■□■
目┃次┃
━┛━┛
【1】 10月の特集は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です!
【2】 9月は滋賀県! 元気にスタートしました!
【3】 <報告>長野県小海町に行ってきました。
       鶴岡市のだだちゃ豆と日本酒とスコップ三味線を楽しむ日
【編集後記】
  幸せな気持ちになる働き方を考えてみた
■□■──────────────────────■□■
【1】 10月の特集は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です!
■□■──────────────────────■□■
真庭市と言えば、「里山資本主義」(著者 藻谷浩介氏)にも先進的な
取組の事例として紹介された素晴らしい市ですが、今回はその真庭市の中
でも特に、北西部の美甘(みかも)エリアと富原(とみはら)エリアに注目して、
その独特な食材を通してPRすることになりました。
薬草、しいたけ、こんにゃく、米、もち、アマゴ、甘酒がリストとして届きました。
八重瀬町からは、南国アグー豚、ドラゴンフルーツ、グアバ、昔ながらの製法で
作られた菊みそ等が候補として挙がっています。
さぁ、うちの山本料理長、腕がいいのは誰しも認めているところですが、さすがに、
この食材でコースを作るのは、結構なチャレンジだろうと、内心、ハラハラ、
ドキドキ、ニヤニヤしている9月の始まりです。
きっと、いつものように、期待に応えてくれることでしょう。
まだ、試作途中ではありますが、どうぞ、途中経過をご覧くださいませ。
■□■──────────────────────■□■
【2】 9月は滋賀県! 元気にスタートしています!
■□■──────────────────────■□■
始まっています。10年目の初の滋賀県!
コース(10品3800円税込)をフルメニューで滋賀県食材を使ってお出ししています。
前菜に入っている近江牛の握りは、あと2貫でいいから、余計につけてほしいと思う
位、おいしいです。
青トロ茄子と揚げビワマスの変わり味噌焼きで使っている、青トロはこんな
珍しい形のなすです。坊ちゃんかぼちゃと合わせてご紹介しましょう。
じゅんじゅんは琵琶湖でとれるお魚を使った、滋賀県の郷土料理で、
お肉を魚に変えたすきやきのことですが、
なみへいでは、今の時期にとれる「いさざ」を使ってお出ししています。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-0c81.html
全体のコースメニューと、食材の説明&滋賀PRはトップページにあります。
(多分)二度と食べられない滋賀県のフルコース、特に滋賀県出身の方がいらっしゃいましたら、転送してくださいね。PR協力、よろしくお願いいたします!

ご予約はこちらです。
特に、11(月)と12(火)は空席があなたをお待ちしています!

■□■──────────────────────■□■
【3】 <報告>8月15-16日 長野県小海町に行ってきました
 8月8日 鶴岡市のだだちゃ豆と日本酒とスコップ三味線を楽しみました
■□■──────────────────────■□■
 
 お時間がありましたら、ちょっと覗いてください。苔の森の写真を撮って
 きました。↓ 吉永小百合さんがJR東日本大人の休日倶楽部の
 ポスターに写っていたところはどこだったのでしょう?
 
 鶴岡市のだだちゃ豆と日本酒とスコップ三味線を楽しむ日↓
■□■──────────────────────■□■
【編集後記】 幸せな気持ちになる働き方を考えてみた
■□■──────────────────────■□■
<川野真理子ブログの文中より引用>
人脈もある、経験もある、何より意欲がある、地域への愛もある、そんな
人たちがもし、1741人(市町村の数)いれば、おもしろいわー。
不動産をただで貸してくれる人がいたらもっとバンバンザイだし。
私自身は貧しいけれど、世の中には一杯持ち物をもっている人がいるので、
規模を決めつけないで、み~んなから情報もらって、地域と首都圏をつなぐ
「働くセンター機能」ができるかもしれないと思いました。
全文はこちら↓
 
今回も、メルマガを読んでくださり、ありがとうございました!
☆★☆───────────────────────☆★☆
   ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆

【全国うまいもの交流サロン なみへい】とは…
地域をPRするため、2008年東京神田にオープンした飲食店。
毎月替わり、市町村単位でメニューを変えて、地域の食材を提供しています。
県単位のお店では味わえないレアな食材を楽しめたり、県のアンテナショップには並ばない珍しい物販も店内にズラリ。
自分の故郷自慢も良し、同郷同士で集まるも良し、接待にもよし、東京の隠れた新名所です。
■□■─────────────────────────■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

幸せな気持ちになる働き方を考えてみた

そもそも、なみへいを始めたきっかけは、故郷の津軽の農業のお母さんたちが、息子に跡を継がせられないほど地域が衰退してしまっているという話をきいたのが始まりでした。
大好きな故郷がそんなことになっていたとは知らず、「これは大変だ!」と思いました。
しかし、そのときは、自分で立ち上げたNPO活動の真っ最中だったので、単発のイベントを2年続けてやってみました。
レストランを一晩借り切って、弘前のお母さんたちに上京してもらい、青森のテレビ局も取材に入り、郷土料理を食べる会にしました。やりがいはありましたが、スポンサーもなく、自力でやるにはあまりにも大変で、これは中途半端な気持ちではできないと、一旦は胸のポケットにその想いをしまいました。

それから、5年後に「東京から故郷おこし」をコンセプトになみへいを始めたのです。
オープンキッチンにしたのも、地元からお母さんたちがきて、郷土料理食事会として懐かしい人や、珍しい人たちに、地元のものを食べさせて幸せになってほしいというあのときの想いを形にしました。

この10年目でお客様を見て思うことは、益々、故郷を応援したいと思っている人が増えているなーということです。移住した人も含めて。

話はちょっとそれますが、
6月、7月と「復興バー」という団体に土日なみへいの店舗を貸しました。
日替わりで、リーダー(マスターと言います)が厨房に入り、仲間たちに手伝ってもらって、被災地から食材を調達して売り上げを現地に落とすという活動で、今年で6回目だということでした。

現地から参加される方もいますし、在京出身者の方もいらっしゃいました。
現地にボランティアに行って、気持ちが繋がった方がマスターになる方も多く、この「復興バー」の発起人はじめ、関わっているネットワークの人たちの本気度や繋がりに、すごい人たちだと驚きました。心から感心してしまいました。

また、なみへいは7月、大槌町と軽井沢を特集しましたが、実は、この特集の担当は、自治体ではなく、震災後に大槌町に仕事として入ったお2人が戻ってこられて、1年をかけて計画されたのでした。
1ヵ月の客数の目標を掲げ、食材やお酒の業者さんに話をつけ、知り合い大勢に告知PRをして、FMにも収録してもらい、貸切のイベントを開催し、お2人は、この月間に4回も5回も、お客様を連れて来てくださいました。そして、目標の客数を超えました。ほぼ自腹とわずかばかりの寄付での活動でした。
こういう人たちを見ていると、大槌を応援するというより、このお2人の気持ちに絶対に応えたいと思いました。

先月「知は力なり、無知もまた力なり」の講演会を開きましたが、話す内容をまとめる中で、これまで支えてくださったお客様への感謝と、人生最後の事業をどうやって創っていこうか考えました。

自分が60歳になったこと、これからまだ10年は人生が続くであろうこと、段々、気力と体力が合わなくなってきたこと、これからはどんな働き方をしたいのか? 私はどうすれば幸せな気持ちで仕事を楽しめるか? と思いました。
飲食店として経営が回らなければ地域活性化そのものができないために、経営に注力して苦労していることが、本当に地域活性化のために役に立つ嬉しい苦労なのか? 
私はどうしたい? そんなことをあれこれずっと考えていました。
ちょうど、その時期に、復興バーがあり、大槌特集があり、移住した人たちの情報も入ってくるし、以前、自分たちはどうすれば故郷の役に立つことができるだろうかということを話しあうためになみへいで食事会をした人たちのことも思い出しました。
こんな人たちの想いをしっかり受け止めて、仕事に繋げることはできないだろうか。
生活費を稼がないといけない年代の人もいるけれど、そうでない人もいる。
給料はもらっているけれど、もう一つの活動として、故郷や第二の故郷のために、時間と想いを使いたいという人が首都圏にはたくさんいる。
移住した人は、なんとか、移住先のために首都圏の力を借りたいと思っていたりするし、何より一番もったいないと思うのは、定年退職した人たちのあの余っているパワーなのです。
UターンもIターンもしないけれど、少しでも故郷を近くに感じていたい。
親も死んでしまったから、なかなか帰省することはないけれど、故郷の岩木山に何か
頼まれたら、やるぞ~! っていうのってありますよね?
でも、幾らお金が目的でないと言っても、何かをするためには、電話をしたり、行ったり来たりで通信費はかかるし、せめて経費位は出ないとなかなか手が出せません。
何より、1人でできることって、本当に限られているのです。
だったら、1人でできないことを2人で、2人でできないことは3人で、小さな力をまとめれば、出来るんじゃない? そこのしくみを作って、こちら側の新企画も提案しましょうよ!
と、思ったのです。
人脈もある、経験もある、何より意欲がある、地域への愛もある、そんな人たちがもし、1741人(市町村の数)いれば、おもしろいわー。不動産をただで貸してくれる人がいたらもっとバンバンザイだし。
私自身は貧しいけれど、世の中には一杯持ち物をもっている人がいるので、規模を決めつけないで、み~んなから情報もらって、地域と首都圏をつなぐ「働くセンター機能」ができるかもしれないと思いました。
ひょっとして、これなら私出来るかもしれないと思いました。こんな仕事なら私やりたいです!
東京と行ったり来たりしている地域のキーマンもたくさん知っています。
彼らが、首都圏の私たちに何を求めているか? 販路だけでない何かを提供できればすごく助かるはずです。
なみへいは、自治体とのお付き合いが100カ所以上あります。
(まだちょっと足りないですね^^;)
自治体だけでなく、企業さんでも団体でも地銀でも信金でも、その地域が独自で抱えている具体的な課題をきけて、首都圏で解決するプロジェクトを作れると、きっと役に立つに違いありません。
これも、一つの「幸せな気持ちになる働き方」です。
私でないと出来ないこと、私だからできること、心からやってみたい!と思える仕事を
もう少し時間をかけて創り出していきたいと思います。
まだまだ甘いところだらけですよね。承知の上で、アドバイス、情報提供、思うことがある方は是非ご連絡ください。
なみへい TEL.03-6666-5963
メルアド wave★namihei5963.com
     (★を@に変更してください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

滋賀の郷土料理 じゅんじゅん(魚のすきやき)

なかなか試食のできる人がみつからなかった「じゅんじゅん」。
滋賀県から出張で上京された農政水産部の三枝さんや、県の方たちに来て頂いて、試食できました。いさざを使ったすきやきです。
しめは、うどんです。

Img_4151

Img_4161

Img_4160



▼▼▼ 9月の特集地域はついに! 滋賀県です! ▼▼▼
▼▼▼ 10月は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

青トロなすと坊ちゃんかぼちゃ

お出しすると、皆さんがおぉーと驚く、
「青トロ茄子と揚げビワマスの変わり味噌焼き」 と 青トロなす 
(単品もあります)

Img_5927

Img_6255

坊ちゃんかぼちゃは、手のひらサイズです。中身のオレンジ色が濃いかわいらしいかぼちゃです。

Img_6256




 ▼▼▼ 9月の特集地域はついに! 滋賀県です! ▼▼▼
▼▼▼ 10月は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

9月特集の滋賀県始まりました! 近江牛

滋賀県と言えば、ますばこれでしょう。近江牛。

単品でも近江牛はありますが、3800円というお値打ちのコース料理の前菜にも握りとして入れることにしました。さすがにおいしいです!

Img_5940_2

Img_6208_2

 ▼▼▼ 9月の特集地域はついに! 滋賀県です! ▼▼▼
▼▼▼ 10月は岡山県真庭市と沖縄県八重瀬町です! ▼▼▼
 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ