« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

そもそも「市民」はどこにいるのか? 

最初に6つの事業内容を見たときは「市民」という字の多さにちょっと驚きました。
「やっぱり地域の人は地元の魅力がわかっていないんだなー。いすみみたいに海も山も食材が豊富にあって東京からも近いし、そんなところでもまだまだ市民にその良さが伝わっていないんだ。」と思ったのでした。

ところが、いよいよ、具体的な企画が出来上がり、市民にその内容を伝えようと思ったとき、あれ、「市民」ってどこにいるの?

と思った時から、「えぇ!!! エライコッチャ」が始まりました。

だって、地元にまったく人脈がないんですよ。

幾ら、地元のキーマンを紹介されて名刺交換しても、または、地元のために協力しますよと言ってくれたとしても、何度もボランティアでお願いされたら、「・・・・?」になることくらい予想できるし。

チラシ置いてくださいと言って置いてくれても、チラシ置くのとイベントの集客をしてくれるのとでは全く違うレベルだという位わからないではやっていけない。
もはや、さて、困ったぞという状況になりました。


<余談ですが>
過去10年間NPOをやっていましたから、その経験を踏まえてわかったことは、ボランティアというのは、単発のボランティアと長期のボランティアと分けて考えないといけないと思うのです。

私的理解の結論から言ってしまうと、
単発のボランティアは、「人の役に立ちたい」で成立しますが、
長期のボランティアは、「人の役に立ちたい」より先に、「自分のためになる」&「やっていて楽しい」が優先し、その後に「人の役に立つ」という満足感がくるのが長く続く理由だと思うのですね。
だから、その違いを理解してお願いしなければ、そのうちに感情的なトラブルになってくることが多いのではないかというのが学びでした。

------------------------------------

「平成30年度いすみ市地域の魅力活用及び情報発信業務」

  本市の「美食の街いすみ~サンセバスチャン化計画~」等について現状や課題を把握し「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる基本目標と「地域再生計画」を熟慮した上で、企画提案者の発想力や情報ネットワークを活用し、起業しやすい環境づくりと「食」を求めて訪れる人への情報発信、地域交流の仕組みづくりを意識した企画提案を募集する。

 

(1)いすみ市の風土・歴史を重視した事業

 いすみ市の風土・歴史から地域の暮らしや文化を学び市外等の視点で見た地域の魅力を引き出すため、ワークショップ等を開催し、地域の魅力の再認識や新たな魅力の発見に努めるものとする。また、地域の素晴らしさを市民に広く伝える、地域の素材を活用して新たな販売メニューの開発等を市民に広く伝え機運を高めると共に、地域経済の底上げを図るものとする。

(2)田舎暮らし DIY 事業

 古民家の修繕を行いながら拠点となる場所を設け、首都圏から地方での起業を検討している人や田舎暮らしの体験希望者、環境を活かした飲食業の開業を希望する者に対し、年間で 7 回以上招いて DIY 事業を行うものとする。なお、最低20名は、新規に訪れる者とすること。古民家の改修に当たっては、持ち主と賃貸借契約を締結すること。

(3)食の魅力伝承事業(食の学校)

いすみ市の食材を題材に市民または市外の人に向けた食の魅力を伝える

「食の学校」と題した講習会を3回以上行うものとする。

(4)飲食店開設実証事業

 古民家やいすみ市内の店舗を活用し魅力ある飲食店の開設を実証すると共に、市民へ飲食店、食材の価値を伝えるものとする。

(5)いすみコンシェルジュ育成事業

 食材を探しに訪れる料理人や飲食店起業希望者に対し、「食」を通じていすみ市を案内する「いすみコンシェルジュ」を市民の中から3名以上育成するものとする。

(6)信頼性のある情報発信事業

 特定多数への情報発信の仕組みを構築し、発信するものとする。また、発信する情報は誘発効果を得ることが出来るものとし、100人以上に発信するものとする。


----------------------------------

──☆★☆────────────────────────☆★☆
 東京から故郷おこし  なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/
           facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963/
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆────────────────────────☆★☆
毎月第3水曜日はなみへいのスペシャル企画!

|

2018年5月10日 (木)

なみへい5月のメルマガ

■□■──────────────────────■□■
     コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
      神田なみへいのメールマガジン 2018.5.10
   なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■
目┃次┃
━┛━┛
【1】千葉県いすみ市のプロポーザルに採択されました!
【2】地域に関する仕事をしたい・役に立ちたい人への説明会
【3】新しいなみへいのお披露目会
【編集後記】 秋に「地域フェス」開催を企画中です!
 
■□■──────────────────────■□■
【1】千葉県いすみ市のプロポーザルに採択されました!
■□■──────────────────────■□■
すご~く大変ですが、すご~く嬉しいセカンドステージの始まりです。
今までの仕事人生で得た経験や知識や夢、そして皆さんの人脈すべてを駆使して頑張ります。
(1)いすみ市の風土・歴史を重視した事業
(2)田舎暮らし DIY 事業
(3)食の魅力伝承事業(食の学校)
(4)飲食店開設実証事業
(5)いすみコンシェルジュ育成事業
(6)信頼性のある情報発信事業
事業内容の詳細はHPにアップしました。
http://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp1&no=2231
■□■──────────────────────■□■
【2】地域に関する仕事をしたい・役に立ちたい人への説明会
■□■──────────────────────■□■
なみへいが、地域を応援したいあなたを全面的にバックアップします!
なみへいだけでは力不足なのです。だから、皆で地域を応援しましょうよ!
仕事にしたい人、経験を積みたい人、想いだけで故郷の役に立ちたい人、
そんな方たちに参加してほしい説明会です。5月18日-19日
■□■──────────────────────■□■
【3】新しいなみへいのお披露目会のご案内 5月18日-19日
■□■──────────────────────■□■
「2日連続!新カウンターお披露目会」
  店長の川野元基が、友人を集めてDIYで新しいカウンターを作りました。
  3月の閉店後に皆で完成させましたが、いすみ市の企画提案の中に、
  DIY事業が入ってくるとは思わず、これはいい経験をしました。
  今後の動きのご説明を兼ねて、このカウンターのお披露目会を開催します。
  日程:平成30年5月18日(金)・19(土)の2日間 
  時間:18日(金)18:00~22:00
     19日(土)16:00~22:00
  会場:なみへい 東京都中央区日本橋本石町4-2-6神田GMビル1F
  会費:一般 / 3,000円(1ドリンク、前菜3~4種+選べる2品付き)
     会員 / 3,000円(2ドリンク、前菜3~4種+選べる2品付き)
 【選べるメニュー】
 <花咲がにの甲羅盛り>
 <刺身盛り合わせ>
 <灯台つぶ煮と天然北海シマエビ>
 【他メニュー各1000円前後】
 <時知らずの塩焼きまたは蒸し物>
 <天然北海シマエビのかき揚げ>
 <エゾ鹿バラ肉のブラウンソースシチュー>
                   等
  どうです? ( `ー´)ノ ドヤ顔です。(笑)
  数に限りがありますので、なるべくご予約くださいね。
  または tel.03-6666-5963 お待ちしています!

続きを読む "なみへい5月のメルマガ"

|

いすみ市から与えられたミッション6つの事業

4月末にエントリーし、プレゼンして、採択されて、いよいよ契約の準備に入って、説明会があって、具体的な事業内容を詰めていくことになりました。

やりたかった仕事とはいえ、さぁ、今年は大変だぞー。心して頑張るぞ~!
──☆★☆──────────────────────☆★☆
 東京から故郷おこし  なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
           facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963/
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
毎月第3水曜日はなみへいのスペシャル企画!
今月は6月20日(水)カンブリア宮殿プロデューサーのトークショーです。

|

2018年5月 7日 (月)

大原駅の源氏食堂で食事をしました

5月6日(日)、これからいすみ市の地域活性をする始まりとして、まずはいすみ市の視察から始まることになりました。
まずは食べるところからかって?
そうなんです、ごめんなさい。ここ、リクエストしたんです。

なぜかって、孤独のグルメに取材されたお店だと聞いていたので、一度入ってみたいと思いました。

さすがに混んでましたよ~。おいしかったです。

これからゆっくり、地域自慢のご報告などしていきますね。

Img_7702

Img_7701



◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
        ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
             全国うまいもの交流サロンなみへい 
           TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
                         http://www.namihei5963.com/ 
           facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963/
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
毎月第3水曜日はなみへいのスペシャル企画!
今月は6月20日(水)カンブリア宮殿プロデューサーのトークショーです。

|

2018年5月 6日 (日)

茨城県行方市に行ってきました-観光編

5月3日-4日、1泊2日のスケジュールはこんな感じです。
28811065_1773948509322203_6824113_2
お昼は荒井さんが、一升瓶をキープしているというなじみの農家レストラン「ふきのとう」で昼食をとりました。

31949118_1761671437254577_574986924


Img_7523

夜は、荒井さんのお母さま88歳が現役でやっていらっしゃるイタリアンレストラン「時夢創屋」さんでおいしいパスタやピザを頂きました。後はモニターハウスでの二次会です。

31942755_1764572720297782_112153682

お店の外ではこんな素晴らしいシーンが展開していて、本当に感動の時間でした。

Img_7541

翌日、小学校の廃校を活用した直売所「ファーマーズビレッジ」を訪ねましたが、ここは先日NHKの朝市で紹介されていたので楽しみでした。

31906917_1762599573828430_858874107

店内、さすがおいも商品が多い。
Img_7575



Img_7576

Img_7580

勿論、お芋だけではありません。行方市の特産がたくさんありましたよ。

そして、この校庭から水陸両用のバスも出ていました。これってすごいことらしく、私にはよくわかりませんでしたが、谷田部さんは感動していました。


Img_7590

最後は、荒井さんの地元の祭りがあるということで、祭りと言えば日本橋でいつも神輿を担いだり、神輿の上に立ったりしている谷田部さんが興味津々で見に行きました。そしたら、茅原さんも、ご自分の地元で祭りに参加しているということで、へえ~、みんななじみの地元で祭りに参加しているんだちょっとびっくりして、嬉しい気持ちになりました。

ごめんなさい、私はちっとも地元で生きていません。なんちゅうこと・・・。



31906831_1762592947162426_285971677


何も行方市にまできて大根買って帰らなくてもいいでしょうに・・・の図です。
後藤さんだけでなく、渡辺さんまで、宅急便で送っていたのでした。
送料の方が大根より高いのに。。。

こういう人を連れていくのは、連れて行き甲斐がありますねー。


Img_7604


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

2018年5月 5日 (土)

茨城県行方市に行ってきました-モニターハウス編

行方市在住・東京に事務所をもっている行方ラブラブ、地元で行方プライドという一般社団まで立ち上げている荒井さんにお誘いをうけて、有志だけで行方ツアーを組んで行ってきました。

行方って字も読めなかったけれど(なめがたし)、いいとこでしたよ~。

アテンドの熱量によって、こんなに行方に対する印象が高まるなんて!

熱量過多で、訪問先があまりに多かったので少し減らしてもらって、ゆっくり楽しんだ行方市1泊2日の旅でした。

ただし、行く前に一つだけ頭にきたことがありまして。モニターハウスの手続きです。

あまりにも面倒で、借りる人の気持ちになってない事務的な手続きに、途中でいいかげん辞めようかと思いました。こんなことなら、別に民間の宿をとった方がよっぽど楽だと思いました。

鍵も当日役場に取りにきてくださいだし(電車で行った人は役場までタクシーで行くんかい!?)、宿泊する人全員の住所名前を書いた申込書を郵便で送ってくださいだし、あ、もちろん、代表の私を証明するものもですけどね。ネット活用が全くできない。
貸し布団を受け取るのも、モニターハウスで受け取ってくださいだし、お金も直接払ってくださいだし。私達、行方市を自由に観光するためにいろいろな制限がある訳? と思ってしまいました。。。車で来る人しか歓迎しないのか? まさか、ありえない!と、何度も思いました。

荒井さんにたっぷり、文句を言わせて頂きました。いくら1泊1000円だから安いからいいでしょ・・・というのでは、次は利用しませんよって。

きっと、次回は改善されていることと期待しています。

ところが、これだけ事前不満をもって行ったおかげで(笑)、期待していなかったモニターハウスの設備は期待を裏切り、それは素晴らしかったです。綺麗だし、何でもそろっているんです。予想以上でした。
ごめんなさい、行方市の定住担当の方。

これがモニターハウス。お庭でBBQもできます。本当に、田舎の実家に帰ってきた気持ちになりました。親さえここにいてくれたらね。子ども連れて、ここに帰ってきたい。
東京はなかなかBBQができないから、次に来るときは思いっきりBBQやりたいねとみんなで話したのでした。
31946558_1764572303631157_748516031

31913678_1762600830494971_430284740


31919461_1093168297489345_451317375


Img_7560

Img_7562

Img_7563


Img_7555


Img_7550

夜は、荒井さんのギターでみんなで歌を歌いました。荒井さんってイメージと違って、すごく人としてに魅力だとみんなで思いました。
31880567_1761669673921420_232902730

Img_7554

朝ごはんは、前日のうちにいろいろ買い込んで、みんなで準備した楽しい朝食になりました。全部双子の卵というのを買ってきたのですが、私がぶつけて壊してしまいました。
でも、すごくないです? 全部双子というのが前もってわかるなんて。
それと、やっぱり地域に興味のある人たちが参加したツアーだったので、ゆったり朝ごはんを食べながら、みんなのいろいろな意見や日ごろの活動の様子なども話題になって、本当にためになりました。これは、本気の自治体職員に聞かせたいとすごく思いましたし、単純なお楽しみ行方市ツアーからもう一歩先に進むと、いろいろなアイデアがヒントとなってもっと地域にお役に立てる意見を出せるのではないかと思わせる、参加者の感度のよさでした。実際、参加者よかった。


Img_7568

31914299_1093167754156066_482379802

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »