« 移住を後押しする起業のヒント① | トップページ | 嬉しい臨時営業の理由­-9月7日(金) »

2018年7月27日 (金)

管理栄養士さんが飲食でプチ起業するための企画

人生100年の続きで、プチ起業を考えてみました。
週2日働くモデルです。
今も昔も、美と健康は永遠のテーマです。
美しくありたいし、健康でありたいし、しかも美味しくなくちゃ話にならない。
という訳で、栄養の足りていない働くお1人様をイメージしてランチを考えてみました。
------------------------------------
管理栄養士が作る旨し楽しの栄養ご飯
------------------------------------
【曜日ごとのテーマ】
月曜日は、足りない食物繊維を摂りましょうランチ
火曜日は、ビタミンB1で糖質をエネルギーに変えましょうランチ
水曜日は、マグネシウムで体内の代謝をサポートしますランチ
木曜日は、ビタミンAは、皮膚や粘膜、目を丈夫にして免疫力を向上させるランチ

とこの感じでいけば、(月)~(土)まで毎日できますね。(笑)

でも、副業の準備とか、月の半分だけ働きたいとか、自由にスケジュールを作りたいとか、そんなふうに働きたいという人をイメージして、週3回(月12回)、なみへいを借りて1プレートのランチ営業をするというイメージで、考えてみました。

<売 上>     ランチ1,000円×1日15食限定×12回=180,000円
<食材原価>   売上の40% とすると、72,000円
<家賃・光熱費> 月4万円 (9時~15時)
残 68,000円の残り
となります。毎日6時間の労働(月72時間)だとすると、時給換算にして944円かー。

---------------------------------------------
週2日にして、客単価をあげてみましょう。
<売 上>     1,200円×15食限定×8回=144,000円
<食材原価>   売上の40% とすると、57,600円
<家賃・光熱費> 月4万円 (9時~15時)
残 46,400円の残り
となります。毎日6時間の労働(48時間)だとすると、時給換算にして966円。たいして変わらないね。。。
---------------------------------------------
では、原価を下げてみましょう
<売 上>     ランチ1,000円×1日15食限定×12回=180,000円
<食材原価>   売上の30% とすると、54,000円
<家賃・光熱費> 月4万円 (9時~15時)
残 86,000円の残り
となります。毎日6時間の労働(月72時間)だとすると、時給換算にして1194円。
---------------------------------------------
15食を20食に変えてみるとか、
ランチの代金を上げるとか、
原価をさらに落とすとか、
家賃を払わない方法で考えるとか、
どんな風にやりたいかは、その人自身が決めればよいことだから、自力で稼ぐということは、知恵を絞って、自分を知ることにも繋がるし、やりかた次第で黒くもなり、赤くもなるからおもしろい。

実家からたくさん、野菜を送ってもらえたり、近所にチョー安いところがあったり、何しろ、原価が下がるつながりがあれば、これは強みだ。
飲食業というのは正解がないし、おいしければ流行るという単純なことでもないから、いきなり開業といかなくても、実証実験的に経験を積んでいく中で、いろいろ試したり遊んだり、人の喜ぶ顔をみたりと、そんなことを繰り返しながら、その人に合った継続できる方法でお勧めしたいと思います。



◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
    なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
   TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
 東京から故郷おこし  http://www.namihei5963.com/
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

« 移住を後押しする起業のヒント① | トップページ | 嬉しい臨時営業の理由­-9月7日(金) »

起業のタネ・移住の後押し」カテゴリの記事