« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

「長崎厳選食材メーカー5社によるプレゼン付き試食商談会」

参加企業は以下の5社です。

バイヤーさんや飲食関係者の方たちが25名程いらっしゃいました。
そうめんもしいたけも、麦芋焼酎もかまぼこも、特にハトシというのは初めてみたのですが、とってもおいしかったです。長崎おでんって、柚子胡椒をつけて食べるんですよね。さすがに美味しいです。
終わったあとの名刺交換も賑やかでした。

○(有)ふるせ 生そうめん まぜ麺
○(株)翔栄(対馬原木しいたけ)
○大島酒造(株) 麦焼酎・芋焼酎
○(株)杉永蒲鉾 長崎揚げかんぼこ 長崎おでん ハトシ
○(株)小林甚製麺 海苔そうめん 若布そうめん


Img_9257


Img_9259


Img_9260


Img_9266

Img_4656_2

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月25日 (火)

生プルーン入りました!

青森の実家から、生プルーン届きました。

先週のうまいッ! でやっていたのは、長野県佐久地域のものでしたが、うちに届いたのは青森県南津軽産、我が故郷からの直送です。
生のプルーンは、ここ数年、なみへいでも出していましたが、生で食べたことがある人ってあまり多くないんですよね。NHKでもやる位ですからね。
サラダにできるのは知っていましたが、野菜炒めにも入れられるんですねー。

ランチで野菜炒めに入れてみようかしら。


白っぽい粉は、ブルーム(果粉)と言って、果実が雨や病気から身を守るために自身で出している天然物質なのだそうです。


Img_9192
Img_9185
Img_9196
Img_9195




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

白ワインの好きが変わりました

夜の営業をやっていたときは、閉店後、洗い物も片付けも全部終わって、料理人もみ~んな帰ってから、そっと一息・一杯飲むのが至福の時間でした。
「店に損失を与えない」 というのは、うちのルールなので、この至福のワインも毎回自腹で買って、堂々と飲んでいました。
でも、3月で店を一旦閉め、4月は前半休んで、後半からいすみのエントリー用の資料等々、いろいろ忙しく、そして、5月の連休明けから、いよいよいすみ市の仕事に入ることになりました。

同時に、これを機会に今まで蓄えてきたものを捨てようと、パン・麺・ご飯・白ワインを辞めて、いわゆる「糖質制限」に突入しました。前回やったときは、「パン・麺・ご飯・日本酒」で、1年に8kg痩せました。(でも、1年かけて戻してしまった)
なので、また意を決して。
8月までには、4kg痩せたんですけどね、でも、8月-9月はいろいろ大変で、自分にご褒美をあげたい!ということもあって、久しぶりに、本当に久しぶりに、白ワインを飲む頻度が増えました。

前に好んで飲んでいた JACOB'S CREEK (カクヤス価格1080円) がなくて、CELLAR SELECTION (格安価格600円位だったかな?) を買ったら、あれ、なんと、価格は半分なのにこっちの方がおいしい!となり、ご褒美日が増えてしまいました。
安くておいしいと思うからいけない、いけない。


でも、味覚って変わるんだなーと思って、なんでかな? ちょっと不思議な気持ち。

お口に合えば、安くてもおいしいワインって一杯あるんだよなーと思いました。

で?、それがどうしたのかって? (笑)



いえ、これからも引き続き控えます! っていうご報告です。(^o^)


Img_9236



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月23日 (日)

大原はだか祭り

大原のはだか祭り-いすみ市のサイト


トリップアドバイザーのサイトが、一番わかりやすくまとめていました。↓
【詳細】毎年9月23日・24日の2日間、五穀豊穣と大漁祈願を願って地域が一体となって盛り上げる秋のお祭りです。千葉県いすみ市内3地区(大原、東海、浪花)にある18神社の神輿を、男たちが海へと担ぎ込んでは駆け巡るという「汐ふみ」が有名です。フィナーレは大原小学校の校庭で神輿を高く掲げて別れを惜しむ「大別れ式」。大原地区では300年以上前から、東海地区では200年以上前から続いている祭典です。
--------------------------
だそうです。
地域にこんなお祭りがしっかり残っているのはとっても大事なことだなーと思います。
小さな子どもたちまで、みんな家族でお祭りに参加していますもんね。いすみ市はすごいなー。

でも、観光協会のサイトに日程が書いてありますが、初めての人にとっては、何のことだかまったくわからず、何時にどこにいけば、何が観られるのかというのは、やっぱり一度行ってみないと説明できないなーと思いました。

何しろ、18とか19の神輿を担ぐんですから、それはすごい人でしょ。担ぐ人も見る人も。
壮大なお祭りでびっくりしました。写真はあまりいいのが撮れませんでした。

Img_9207_2

何しろ、道のずっとずっと向こうまで、町全体が祭り一色ですということをお伝えしたい写真です。
Img_9224


役場の松崎さん、いた! 同級生と一緒に。
Img_9211

|

2018年9月22日 (土)

風の古民家 うえみなみ 和歌山県紀美野町

会員のWHWさんが開催したイベント、とても素敵でした。

和歌山県紀美野町でお父様から実家を引き継いで、~風の古民家 うえなみ~ を始められた南出典子さんをお迎えして、紀美野町の食材を使ったお食事を頂きながら、紀美野町の魅力や課題などをお話してくださいました。
お料理は、WHWのメンバーの方たちが厨房に入り、おいしいお料理をたくさん出してくださいました。
こういう活動、いいですね。こんなふうにして、応援したい人を応援する場になってほしいです。

写真のプレゼンターは南出典子さん。いろいろ試行錯誤されていて、応援したくなります。
Img_9181

Img_9178

Dsc08356

Dsc08343 

Dsc08334


沢山の人が、こうやって、地域で頑張っている人を応援するイベントを開催してほしいです。第二次、会員募集は9月一杯で終了します。

10月以降にご利用を希望される方は、1時間6,000円で厨房付きイベント会場としてお使い頂けます。お問い合わせは遠慮なく下記お店へ。



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月20日 (木)

なぜ、いすみ市大原漁港の港の朝市はにぎわうのか

前いすみ鉄道社長の鳥塚さんの記事です。


なぜ、いすみ市大原漁港の港の朝市はにぎわうのか。(鳥塚亮)- Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/torizukaakira/20180919-00097427/

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月19日 (水)

いすみ市から野菜と米到着

さて、今週は、ランチ予約が団体で入っていますので、いすみからお米や岬梨、お野菜をごじゃ箱さんから仕入れました。

もう、冷汁+うどんは終了しましたので、今日から、ご飯&味噌汁付のおまかせランチとして、ご提供したいと思います。定食の写真が間に合っていません。お待ちくださいねー。

※地方のシティプロモーションご担当の方で、とにかく食で首都圏にPRしないといけないという方は、ご一報ください。

数量限定・生産者限定・季節限定・地域限定ですから、あるものを、あるときに、あるだけ宣伝しますよ。
Img_9157




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月18日 (火)

なみへい9月のメルマガ

ようやく秋の気配になってきましたね。
皆さんはどうしていらっしゃいますか。
大阪や北海道のあの人この人のお顔を思い出しています。
早く希望につながる明日になることを心から祈っています。
わたしは、近況報告&お仕事報告としてブログの更新頑張っています!
もし、お時間ありましたら見にきてください。短文書けるようになるのが課題です。
長いけど読んでほしい投稿→ https://bit.ly/2OoCM4M


■□■──────────────────────■□■
    神田なみへいのメールマガジン 2018.9.18(火)
     コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
       厨房付き地域イベント会場 
     小さい市町村の東京拠点になります! 
     首都圏ネットワークに情報発信します!
    なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
 ■□■──────────────────────■□■
目┃次┃  
━┛━┛  
【1】 なみへいの「地域イベント」近況報告 青森県/長崎県/茨城県
【2】 千葉県いすみ市情報
    なみへい今期最大の企画「ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」他
【3】編集後記 
    樹木希林さん 「私の人生、上出来でした」


■□■──────────────────────■□■
【1】なみへいの「地域イベント」近況報告 青森県/長崎県/茨城県
■□■──────────────────────■□■
青森県上北エリア移住フェア 9月8日(日)  https://bit.ly/2Ni8hkc
長崎県フードセレクションミニ 9月28日(金) https://bit.ly/2OrsuAR
茨城県 婚活イベント(12月予定) https://bit.ly/2xoYXAe
青森県 地域PRイベント (12月14-15(金)予定) 
厨房付き地域イベント会場としてご利用ください。
(荷物受入れ・スタッフ準備・ドリンク準備・告知集客お手伝いします)


■□■──────────────────────■□■
【2】 千葉県いすみ市情報 
■□■──────────────────────■□■

いすみの委託業務の中で、今年一番大きなイベントがこちらです。
10月7日(日)ナイスミーフェスタ2018@サンライズ
本当に有難いことに、たくさんの人たちに協力して頂いてここまできました。
私達はまだまだ力不足ですので、今からの告知PRもこれからです。
皆様のご参加、情報拡散などのご協力、よろしくお願いいたします。


時間が足りなくて、フェスで手一杯で、集客できるかどうか心配の心臓バクバク
のその後のイベントはこちらです。
私と一緒に、いすみの里山にのんびり遊びにいきませんか。 
東京から1時間ちょっとで、こんな素朴な自然の中で過ごせるのかと驚きますよ。


▽10月14日(日)柿もぎ体験と柿を使った和菓子作り体験教室
https://bit.ly/2KWu8aY

▽10月20日(土)秋の味覚と里山を楽しむ! いすみの家庭料理教室
★9月23-24日は、いすみ市の、大原はだか祭りです。
一年で一番大きないすみ市のお祭りです。それはそれはすごいらしいですよ。
https://bit.ly/2NhgFAH 朝市はお休みですので気をつけてくださいね。
▽11月24日(土)は、
「いすみと言えばお食い初め、お食い初めと言えばいすみ」の初チャレンジの
企画です。お食い初めをご予定の方、是非ご検討ください。
https://bit.ly/2xac9tJ

★この企画のいきさつは、ちょっとおもしろいんですよ。2017年の12月まで
遡ります。https://bit.ly/2D94eC6




■□■──────────────────────■□■
【3】 編集後記 樹木希林さん 「私の人生、上出来でした」
■□■──────────────────────■□■
樹木希林さんが亡くなってしまいました。神田のお生まれだそうですね。
生前語られていた言葉を聞きながら、いろいろ思いました。
もし私が、本当にいつ死んでも悔いはないと思っているのなら、もっと楽しんで
もっと心の底から幸福感を感じて過ごしていたいのに、そうでもないことも多く、
次につながる教訓だとか、もっとここをこうしたいとか、課題を見つけて解決した
くなったりとか、目の前に立ちはだかる仕事のことで頭は一杯だ。
こんなことでは、あの世に行くとき「私の人生、上出来でした」と言えるのかしら。
こんな私に仕事をさせてもらえている感謝とか、困っていて力を貸してくださる
方たちがいることに感謝したりとか、応援しているよと言ってもらえることに励みを
感じたりとか、点滅信号で走れるようになった膝に感謝とか、自宅が最上階
なので、上階の騒音が何一つ聞こえなくて有難いとか、例え一時であれ、息子
と同じ仕事に向かっていられる感謝とか。
おい自分! 感謝ばかりしていないで、「感謝される人にならんかい!」と
思ったりするこの頃。
すかさず、「おっしゃる通り!」と言い返す自分に笑ってしまう。
もっと遠慮なく、欲張りこいて、幸せに向かいましょう。あなたも。
自分だけでなく、そして、
大きな役には立たないけれども、震災で先が見えない、希望が持てない方の
不安が薄れるように、遠くから祈りながら気持ちを添えたいと思います。
☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  https://www.namihei5963.com/
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆
◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
のバックナンバーはこちら
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
の配信停止はこちら

|

2018年9月16日 (日)

「うまいッ!」 番組で いすみのイセエビ

今朝、いすみ市のイセエビがNHK「うまいッ!」に登場しました。

もう、何度も朝市にも行っているし、番組でも見ているし、いすみと言えば、いせえび・たこ・あわびがいすみの一番のウリであろうと思う訳ですが、ところがどっこい。

まだまだ、外には知られていなくて、このへんのギャップを埋めるのがうちの仕事なんでしょうかねー。
きっと、この思いは、地元の人も一緒かもしれません。地元の人は、いすみは十分東京に、または、日本中に知られていると思っているかもしれませんが違うんですからね。

東京ではまだまだ、「いすみって何県?何があるの?」という印象の地なんですよということを地元の人に知らせる必要があります。気分悪いかもしれませんがごめんなさい。


私とすれば、何もうちがPRしなくても、イセエビ・タコ・アワビ は戦える高級食材ですから、うちがこれをメインにPRするよりも、それ以外に知られていないいいものが沢山あって、そこにこそ、フォーカスしたい気持ちの方が大きいわけです。
肉はまだ難しいかもしれないけれど、魚と野菜と乳製品、他にもまだまだたくさんいい一次産業の方たちがいらっしゃいます。そんなところを少しずつ、開拓していきたいと思っています。

と、
そうは言っても今日は、NHKですからね、さすがに。放映報告でーす。

写真だけでごめんなさーい。

ただ、イセエビの解禁日が8月1日というのは、日本で一番早いんだということは覚えていてくださいね。その日に合わせて、イベントやったくらいですからね。



Img_9088

Img_9092
あちこちに荘司さんがいるのに、まだお会いしていない荘司さんです。
Img_9098

Img_9101


何回きいても理解できない“器械根”の意味。(調べてみました)

つまり、、、すごい魚介が集まってくる特別な漁場で、そこに集まってくる魚介をたべているのがイセエビだから、そのイセエビはメチャクチャいいものをくっている美味しいイセエビだよという意味ですね。



器械根付近では、ちょうど北上する暖流の黒潮と南下する寒流の親潮がぶつかりあう所であるため、 良好な漁場が形成され、多種多様な魚介類(アワビ・タコ・イワシ・アジ・タイ・ヒラメなど)が生息しています。

Img_9103
Img_9131
イセエビのフライ。
Img_9123



Img_9137

割烹 かねなか さんの中村さんのお店は、前回も紹介しましたので、今日は違う情報をお知らせします。

なみへいの企画の一つ「いすみ市と言えばお食い初め、お食い初めと言えばいすみ市」をテーマに、お食い初めのイベントを11月24日に、中村さんのお店で開催します。

和のお食い初めはこちらの中村さん、洋のお食い初めは、いすみ鉄道専属シェフのイタリア料理 Pesce azzurro〜青い魚〜 オーナーシェフ chef 池田さんが担当いたします。
いすみの初ブランドに挑戦です。乞うご期待! ただいまお申し込み受付中!

Img_9153
Img_9146


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月15日 (土)

目がテンのカツカレー

あまりにすごくて、教えたい、教えたい、目がテンのカツカレー。
いすみ市の外房千葉県大原駅から徒歩2分位のところにあるレストラン、エンゼルさん。
そば・ラーメン・甘味・なんでもあって、このカレーも昔懐かしいお味です。
かき氷や牡蠣フライもすごいらしく、家族とか、何人かグループでいくのがいいでしょうねぇ。
この日は、たまたまタイミングよく、スタッフと大原で待ち合わせをしていたので、持ち帰り用にもらって、スタッフがちゃんと全部食べてくれました。


今度1人で行く時は、6割位に減らしてくださいとお願いしよう。
Img_9085




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月14日 (金)

長崎県地方銀行フードセレクション出展企業によるプレゼン&試食商談会

再来週、長崎の企業さんのプレゼン付き試食商談会をなみへいで開催することになりました。
これは、今年度の地方銀行フードセレクション出展企業によるプレゼン&試食商談会ということでなみへいを使って頂きます。

今年のなみへいは、こんなふうに、主催者様の意向にあわせてイベントのお手伝いをすることを中心に、地域企業さんの支援サービスです。

厨房付きを借りようとすればあまりにも東京は高すぎるとお困りの、地方の方やコンサル会社、アドバイザーの方はなみへいにご相談ください。

これまでの経験をもとに、荷物の受け取りも、告知PRの協力も、スタッフ準備、ドリンクの提供等、面倒なことはすべて相談に乗れる体制を整えましたので、遠慮なくお電話ください。




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月13日 (木)

10月7日(日)ナイスミーフェスタ2018

なみへいが今回一番大きいイベントとして提案した地域フェスです。

首都圏から、いすみの食材を使って飲食店の人たちに出店してもらおうという企画です。

「いすみってどこ?」「いすみって何があるの?」という人たちにいすみに来てもらって、朝市や生産者や直売所を案内して、それで、メニューも考えてもらって、保健所の届けに必要な書類も準備してもらって、本当に、それはそれは大変でした。

主に、川野元基が中心になって動きましたが、よくぞここまできたものと、本当に皆さんのご協力に感謝するばかりです。

ありがとうございます。
後は、沢山の人たちに来てもらわなければ、この努力が報われません。

なみへいのお客様、いすみの皆さん、出店者のお知り合いの皆様、どうか、7日(日)はいすみにいらしてくださいね。大原漁港の朝市をみてから、こちらに回ってきてくだされば充分楽しめます。

詳細はこちらです。


アクセスはこちらです。外房線でしたら、普通で片道1660円でこれます。意外と近いんですよ。
0001



0002
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月12日 (水)

いすみ市 cafe & gallery わをん 

今回の、「地域コンシェルジュ育成事業」は、地元の魅力を知ることも兼ねて、ランチミーティングの場所をこちらにしてみました。 
ここは、年齢を問わず、どんな女子でも好むカフェだと思いました。

でも、これで経営が成り立つのかなー。幾ら田舎は家賃が安いと言ったって、1人ではできないし、従業員はいるし、そうそう、毎日満席にはならないでしょうし、まったく想像ができません。

機会がありましたら、是非行ってみてください。
でも、車がなければこんなアクセスです! それでもよければネ。(笑)

いすみ鉄道上総中川駅と国吉駅のほぼ中間、それぞれの駅から歩30分くらいです 

http://www.isumirail.co.jp

JR茂原駅から「いすみシャトルバス」ご利用の場合、「引田坂上停留所」下車、歩3分



cafe & gallery わをん

〒298-0133 千葉県いすみ市引田101-1


https://cafewawon.jimdo.com 
Img_9057



41435175_245211102855089_6037146596


Img_9054

Img_9055


Img_9053

天然酵母のサンドイッチを頼んだのですが、写真忘れてしまいました。
これは生ハムのサンドイッチです。

何度も何度もみんなが「おいしいねー、おいしいねー」と言ったということだけ、お伝えしておきましょうか。(^O^)/
Img_9060
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月11日 (火)

地域コンシェルジュの育成

この事業は、

食材を探しに訪れる料理人や飲食店起業希望者に対し、「食」を通じていすみ市を案内する「いすみコンシェルジュ」を市民の中から3名以上育成するものとする。

という命題のもとに、地元の食材を知ろうというところから、第2ステージが始まりました。
第1ステージは、首都圏の料理人を連れてきて、生産者をまわって、特徴などを説明できるようになろうというレベルを目指したのですが、実は第1段階を飛ばして、ゴールに向かった感があって無理があり、再度のミーティングで、そもそも、いすみにはどんな食材があるのか? どんな生産者がいるのか? みたいなところから始める必要があるという確認のもとで再開したのでした。


今回は、地元の食材のみを扱っている直売所、ごじゃ箱さんにうかがって、いすみならではの食材の説明をお聞きしました。
もう20年も前から、直売所というのが世間にはないところから始まっているので、直売所の走りだとお聞きしました。

登録している生産者さんは500人。実際に動いている人は300人だそうです。

へぇー、300人もいるのか!と思いました。
でも、率直なところ、300人もいるなら、昼には商品がなくなってしまう状況をなんとかして!と言いたい気持ちでした。ごめんなさい。

佐藤さん。ご説明、ありがとうございました!

今回の、農産物発掘と勉強と試食の題材は下記4点でした。
こういう機会でもなければ、まじまじと、直売所の商品に向き合うことなく、自分が買いたいものだけに視線が行っていたことを、つくづく感じました。
なかなかいい感想文が出ました。発表したいけどねー。(笑)
Img_9063

これは四角豆。
Photo

これは“ごくい”という夏の小型の白菜です。ゆでると普通だけれど生だと、オリーブオイルと塩だけで、ものすごくおいしかった。

41396892_273545963258900_6179632660

こちらは肉厚の大きい、大きいパプリカ。
いつもは、カラフルな色を詰め合わせて販売しているそうで、この日は売り切れていました。

41445851_1038634122971319_592245476
これは、おそらく、伝統野菜と思われます。
それだけでなく、お盆に使う野菜で綱に吊るしたりする、風土歴史、暮らしの文化に根差した野菜だということを知りました。

でも、説明して頂いたおかげで知りましたが、説明されなければ、ただの長いささげかと思っていたに違いありません。POPの重要性。
Photo_2



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月10日 (月)

茨城県○○市の婚活イベント決まりました

暑い8月のことだったと思います。

突然、茨城県○○市の若い子が興味深そうに入ってこられて、ここはどんなお店なんですかと尋ねました。

かくかくしかじか、地域活性を応援している店ですよとお話しました。
その日は、お休みにも関わらず、私用ついでに今度東京で開催する婚活イベントの会場も探そうということで、フラフラしているうちに、なみへいにたどり着いたというのですね。

だから、まったく、なみへいのことを知らないで、こんな隠れ家のうちを当てたということになり、この若い担当者の嗅覚というのでしょうか、すごいと思いました。

候補店としては上位に位置したらしく、持ち帰って検討しますということになりました。

そして今月、12月に○○市の婚活パーティーをなみへいで開催することが決まりました。

なみへいは“気”がいいので、きっといい“気”の男女が集まって、楽しい始まりのきっかけの会になることでしょう。

来週には打ち合わせをします。


一組でもまとまるといいですね。穏やかに祈りたいと思います。




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt


|

2018年9月 9日 (日)

青森県上北エリア移住フェア 交流会

9月8日(土)、青森県上北地域の移住フェア終了後の交流会をなみへいでやって頂きました。

上北地域とは、十和田市・三沢市・野辺地町・七戸町・六戸町・横浜町・東北町・六ケ所村・おいらせ町・秋田県小坂町の10市町村のことをいうそうです。

今回、なみへいはお店全部を貸しますよということで、お料理は、青森の地元十和田市内で地元食材をいかした料理を提供している「ガーデンキッチン垂穂」の小野さんがすべて担当しておいしいお料理を出しておられました。
また、各自治体の担当者が、おらとこ自慢の市町村PRタイム、個人のキャラクターも見えてとてもよかったと思いました。

青森ファン、増えてね! 我が故郷、青森に是非行ってみてね! 


こんな風になみへいを使ってもらえると嬉しいなと思ったのでした。



Img_9030
Img_9035
Img_9036
Img_9037
Img_9038
Img_9043
Img_9039_2
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月 8日 (土)

10月20日(土) いすみの家庭料理教室

山里の自然満喫型、そして、地元の素朴なお料理を作って食べましょうという内容です。

お昼ご飯を食べてからは、安藤くにさんのお知り合いのご夫婦が、里山をガイドしてくださることになりました。一緒にみんなでお食事もします。
いすみの地元の人と触れ合う機会を作りたかったのです。

食後はガイドさんご夫婦のお話をききながら、自然の中を歩いていい空気を吸いませんか。

帰ってきてからは、ちょっと休憩。くにさんの手作りおやつを食べながら、楽働会 というお母さんたちの会を立ち上げて活動しているくにさんのお話も聞かせてもらえることになりました。くにさんって、結構すごいんです。


このイベントも愛を込めて考えました。一番必要としているのは私なのかな?(笑)
Photo




──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月 7日 (金)

10月14日(日)柿もぎ体験と柿を使った和菓子作り体験

とっても丁寧に作ったイベントです。

是非とも皆様に田舎体験をさせてあげたいと思いまして、
あまり聞いたことのない「柿もぎ」をして、もいだ柿で和菓子を作ってみようという、しかも、古民家で10名位で、仲良くわいわいしながら楽しめるといいなーと思って温めました。

お昼のランチも、今、お弁当にするか、おいしいケータリング情報ももらいましたので、どこから何をとって、みんなで食べようかな~と思っているところです。

是非、皆様も私たちと一緒に遊びにいきませんか?

HPにも詳細&申し込みを載せました。
S
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月 6日 (木)

駒形さんのチーズ工房といすみ鉄道と古民家

川野さんの力になれるならということで、一度古民家を見に行きましょうと台風予報をものとせずきてくださった心強い渡邊さんと須摩さん。

須摩さんは、いすみという名前を今回初めてきいたという人なので、勿論いすみ鉄道も知りません。なみへいハウスはいすみ鉄道の新田野の駅から3分なので、いすみ鉄道はバッチリ見えます。
新田野の駅舎はどこなの?と聞かれて、あそこと、無人駅を指したら、びっくり感動して写真を撮っていた。そしたらちょうどタイミングよく、電車もきてまたバチリ。

なんだか、驚いていたその姿が面白かった。
そっかー、いすみを知らない人には、この風景が意表を突くんだなーと改めて思った次第。
Img_8995
Img_8997
40652586_232814744067471_3337883698

須摩さんの知り合いにJAL勤務の人がいるということで、アポも取らずに駒形さんのチーズ工房フロマージュに行ってみました。
駒形さんがタイミングよくいらっしゃいました。

私は、JALファーストクラスでも使われる極上の日本酒で漬けたチーズを買ってきました。
酒びたしの方は、かなり特徴がありますね。

ホワイトチーズの方は、鍋に入れてもびゅ~んとのびるチーズというので、そういえば、6~7年前に訪ねてきたときに、買って鍋やったような。。。あいまいな記憶。

前回訪ねたのは、2011年8月でした。もう7年も前だ。
ついでに、このときの晩御飯の様子はこちら。 どこに泊まったか全然覚えていないのが残念。

Img_9020
Img_9021
Img_9014
 
Img_9017
Img_9023
大原漁港の近くにある、船頭の台所。頼んだメニュー何だったかしら。
一番のお勧めになってました。いかのなめろうの天ぷらだったかな?

次に行ったら、他のお客様が頼んでいた釜飯にしてみよう。
Img_9009


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月 5日 (水)

いすみフェス出店者募集 「いすみを食べつくす! ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」

さて、なみへいが企画するいすみイベントで、今年一番大きないすみフェス(正式名称「いすみを食べつくす!ナイスミーフェスタ2018@サンライズ」の開催があと1ヵ月と迫りました。

東京から
いすみの食材をみてもらうために、料理人さんをたくさん連れて行きました。
建築士も入れて、会場の設営やテントやテーブル椅子などの準備に、フェスチームが頑張っています。
初めての経験ですから、保健所にも通い、最初に聞いたときとは違っている内容に戸惑ったりしながも、なんとか少しだけ明るい希望が見えてくるようになりました。

そこで、
いすみの魅力を、多くの人にお伝えするためにも、私達ではまだわからないいすみ食材を使って出店できる人を、地域枠として3店だけ募集することにしました。

下記のメニューで出せる方がいらっしゃいましたら、是非エントリーしてください。
(今回の募集は下記以外は受付ができませんので、ご了承ください。)

おでん
スープ
焼き餃子
海鮮焼き
田楽
じゃがバター
ラーメン・うどん・そば
メンチカツ
揚げたこ焼き
揚げタコ
出店料 3000円(テントはご持参ください)
締 切 9月16日(日)
条 件 1.いすみの食材を1品以上使うこと。
    2.飲食店営業許可、又は、キッチンカーの営業許可をお持ちの方

概 要 https://www.isumi-foodtown.com/95675.html 
申 込 
https://www.isumi-foodtown.com/97307.html

Photo

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt

|

2018年9月 4日 (火)

ランチやってます!

実質的には2週間しかまだやっていないのですが、ランチ始めています。
今日もやっています。(^o^)
でも、まだまだ告知不足なのでお客様は少ないです。

これから、いすみ市の食材も段々入れていきますし、地域食材が得意な店らしく、ご予約を頂けるようなランチにしていきたいと思っています。

皆様、是非、いらしてくださいね~。

コースは3つですが、糖質制限の方は、時々内容を変えています。
今週は、茶碗蒸しの代わりに、キッシュを入れました。
Photo
原材料は、卵・豆腐・ソーセージ・ほうれん草・パプリカパウダー・パセリチップ・塩コショウだけです。
ふわっと美味しくできたそうです。
明日もありますよ~。TEL.03-6666-5963
最近は、糖質制限でない方が、この栄養のバランスのよいメニューを頼んでくださる方たちが少~しずつ、増えてきたように思います。ランチメニューはこちら。
https://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi…
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt
 好きな料理で稼ぎたい人の「チャレンジ・キッチン」実践体験会
         https://bit.ly/2PnMZ2n
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

2018年9月 3日 (月)

星空スペースに行ってきました。

古民家シェアハウス「星空の家」星空の小さな図書館」と合わせて運営をしている「星空スペース」 共同代表の中川良樹さんとのご縁が繋がり、星空スペースに行ってきました。里山カフェスペースにもなっているので、いすみの野菜がたくさん入ったそうめんを食べながら、たくさんお話をききました。もっと早くにいけばよかったと思いました。あちこちで「星空の小さな図書館」のカードをみていて、気になって開館日も調べていたのに、合わなかったのが残念でした。

Img_8991_4

Img_8992_2

Img_8994
でも、必要な人には必要なときに出会うといいます。

きっと、今、DIYで人を探していたからこそ会えたんだと思いますが、もし、用事もなくただ図書館をみて、星空スペースでご飯を食べただけでは、星空の家と図書館と星空スペースやブラウンズフィールドの繋がりなどはなかなか理解できなかったと思うし、何より、代表の石川さんが、誰とでもなんでもやるという人ではなくて、しっかりした考えをお持ちの方だというのがわかって、ほっとしたというより、よかったと思います。
6年前にいすみに移住したそうですが、その前から、ブラウンズフィールドによく来ていたそうで、ブラウンズフィールドの経理も担当しているそうです。

いすみ市に中島デコさんが移住して、拠点として活動しているとはねぇ。
驚くばかり。今回は佐野さんも石川さんも、お2人のお話がどちらもよくて、ついつい長居してしまったので、次回はブラウンズフィールドさんにも寄ろうと思います。

星空スペースさんでは、ありがとう2周年企画で、9月9日(日)にビアガーデンやってます。

網干メロンの佐野さんを紹介してくださったのは、石川さんです。
ありがとうございました!
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt
 好きな料理で稼ぎたい人の「チャレンジ・キッチン」実践体験会
         https://bit.ly/2PnMZ2n
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

2018年9月 2日 (日)

いすみ市で出会った素敵な人

今日とても素敵な生産者のご夫婦にお会いしました。

いろいろな偶然が同時に重なって、あっという間に、興味をもった網干メロンを作っている佐野さんの畑にお邪魔できる段取りになり、すぐに行ってきました。
網干(あぼし)メロンって、皮もタネも食べられるんです。ほんとに皮が柔らかくて、なんと表現していいのでしょう。小さい時、まくわり という、メロンがあって青森の実家でよく食べていましたが、まくわりによく似た感じですが、それよりははるかにおいしい。

Img_8972

果実は小さめです。タネも小さいのでそのままプチプチと食べられるので、なみへいのランチに出したかったのですが、収穫がもう終わりなので買ってくることできませんでした。

どこでも食べられないこんな逸品をランチで提供できたら、収穫の期間限定、お客様の数と期間限定だし、来年も頑張って作ってほしいとお願いすることも出来まるのに残念でした。来年こそ!

珍しいいすみ市のものを探して、ランチに出していきますね~。

Img_8977_3

それと合わせて出して頂いた佐野さん手作りのケーキがなんとまぁ! 私好みだこと!(^^)!

Img_8970
だして頂いた麦茶の麦もご自分の畑で作ったとのことで、肥料も農薬も使っていない完全無農薬です。
Img_8969
香りのよい麦茶と一緒に出してもらったおやつがあまりにおいしくて、何が入っているのか、根掘り葉掘り聞きました。
全部自分のところで作っているものばかりで、味付けは塩だけとは思えないくらい甘い。


・網干メロン
・大麦2種類
・すみれもち麦
・小麦(あおば小麦と南部小麦)

小麦やメロンがおいしいだけでなく、配合もきっと上手なのでしょうね。感動的でした。


畑にはいろいろな作物がありました。

金胡麻は、どれが金胡麻になる部分なのかかわからず、生まれて初めて種を開いてみせてもらいました。金胡麻になる工程もききました。手間がかかる作業なんですねぇ。

地域コンシェルジュの卵の吉田庸子さんと2人で、あれこれお話を伺い、話が盛り上がるにつれて、冷凍の昔いちご(酸味が強い)や冷凍にした網干メロン、ブルーベリーなど出してもらって、たくさーん、たくさん、農業を通して、生き方に通じるお話まで聞かせてもらいました。

落花生で納豆も作るそうで、次回のコンシェルジュ研修では、佐野さんたちが作った無農薬の梅干しや麦を使った調理や、市民にこんな人たちがいることをもっと知らせるための方法なども合わせて勉強できればいいなと思います。

Img_8964

金胡麻畑

Img_8966
金胡麻になるタネ

Img_8967
Img_8962
途中で旦那様が戻ってこられて、さらにお話をきくことができました。
旦那様は、ほとんどアーティストの感性の方ですね。

この後訪ねた、佐野さんを紹介してくださった星のスペースの石川良樹さんは、旦那様のことを“彼は悠久の人だ”と言っていました。

そのエピソードも楽しく、お2人揃っての暮らし方が本当に素敵だと思いました。


Img_8981


Img_8988
お2人のように、こだわりをもって農業をやっている小さな生産者たちが、自分たちが作ったものを、ちゃんと理解して喜んで買ってくれる出口があればいいのにと思います。

これは日本中の課題です。

いいものを作っているけれどSNSはやっていないし、作っているだけで精一杯、売れることまで手が回らないから、結局売れなかったり、口コミで完売するので、増やすこともなく、体力が続かないで、段々作る量も減らしていくという人たちがたくさんいます。

農業の高齢化を止めることはできないかもしれないけれど、せめて、プライドをもって、物づくりをしている人たちの商品を、ちゃんとほしい人に届けてあげられて、この方たちに学ぶ場や、彼らが幸せを感じるような売れ方や仕組みができないものでしょうか。


直売所が、そのしくみを展開していくことは可能だと思うのですが、そんなやる気のある直売所で働いてみたいな。と思ったりしました。


あっ、そういえば、前回書いた麦のストローの話、なんとなんと、あのストローはここの佐野さんのところから買っているということでした。

繋がる、繋がる。びっくりびっくり。

Img_8987

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 「食の街いすみを楽しむ」HP https://www.isumi-foodt
 好きな料理で稼ぎたい人の「チャレンジ・キッチン」実践体験会
         https://bit.ly/2PnMZ2n
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »