« いすみを知るのに役立つお勧め団体-備忘録 (段々追加) | トップページ | お食い初め - 舞台裏 »

2018年11月24日 (土)

いすみと言えばお食い初め、お食い初めと言えばいすみ

試作は10月3日に行っていましたので、あれからさらにバージョンアップして、いよいよ23日(金)本番の日になりました。

日程が決まっている企画なので、生後90~120日のお子さんを探すのは、地元に入ってまだ半年しかたっていない私達には、とても厳しく、もし次に開催するのだとすれば、どこか産婦人科とか保健所とか、子育ての会とか、そういうところとしっかり連携しないと難しいなーと思いました。

しかも、いすみ市では「お食い初め」という行事が浸透していないので、面白い企画ではあるけれど、口コミにのってお客様に届くということはなく、それをもって、ニーズがないと諦めるか、これからがチャンスだと思うか・・・と、自分を励ますのです。


「いすみならではの新しいお食い初め」として新しく作ってもいいと思いますというご意見を頂いて、行事として根付いてはいないけれど、豊かな街だからきっと、満足するものに仕上げたら、このブランドは出来るのかもしれないと思いました。

それから嬉しかったことは、参加者の方から、

「今回のイベントを通し、いすみってこんなに美味しいものがたくさんあるのだなと地元民として改めて知ることができました。いすみの良さをいすみ市外の方々にももっと知っていただきたいですね」と感想を頂きました。何より、これが目的だったと言っても過言ではないので、本当にやったぁ!と内心思いました。

勿論、気付きが足りなかったり、力不足も一杯ありました。
肩を落としながら、僅かばかりの希望もしょって東京に戻りました。

ご参加くださいました皆様、想い出に残る大事なお席に、なみへいの企画を選んでくださいまして、本当にありがとうございました。市の水産商工課の皆さん、この企画をやらせて頂きましてありがとうございました。地元商工会会長の出口様、ご協力頂きましてありがとうございました。心から感謝いたします。

幸せな赤ちゃんたち、おめでとうございました。

そして、何より、このお2人のシェフの情熱と意欲なくしては出来ない企画でした。
本当にたくさんの皆様、ありがとうございました。

--------------------------

割烹かねなか 中村さんの和のお食い初めと、地物大ハマグリといすみの若布のお吸い物・伊勢海老油風味 

46516133_329745187609121_7557121156

Img_0364_3   Img_0397

ペッシュアズーロの池田シェフの洋のお食い初めとお皿に乗り切れなかった、真鯛の香草オイル焼き 
Img_0360

Img_0343  

46687855_2261809074056422_734221434

46739863_746904719002071_4154507026

Img_0357

46511033_372927316784584_1473361734

Img_0351

Img_0374

Img_0402

和の献立

Photo

洋のメニュー
Img_0412


※ご参加の皆様に写真アップの許可を頂いてご紹介させて頂きました。



※この企画には、実は背景があります。

最初のきっかけはこちらです。息子のお食い初めの時

これを受けて、私が後日、勝手に企画書を書きました。

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■

|

« いすみを知るのに役立つお勧め団体-備忘録 (段々追加) | トップページ | お食い初め - 舞台裏 »

今日のあれこれ」カテゴリの記事