« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

三芳村生産グループのこと(千葉県南房総市山名地区) 

有機農法に特別な興味があるわけではないので、私はまったく知りませんでしたが、この三芳村というところは、日本で初めて消費者と生産者が提携して運動してきた地域として有名なのだそうです。

複合汚染ブームの中で、食の安全を求めた西東京の主婦たちが、安全な食べ物を作ってくださいと三芳村に押し寄せてきた。それが昭和48年(1973年)ということですから、もはや45年ですか。
日本で先駆けであった提携運動の記録として書かれた本で、まだまだ無農薬で農産物を作るのは普通でない時代からの記録です。気になる目次をちょっとだけ抜き取ってみました。


・露木裕喜夫との出会い
・「安全な食べ物をつくって食べる会」の発足
・空中分解の危機
・軌道に乗り始めた提携
・提携の形をめぐる論争
・身の丈にあった制度の確立
・生産者と消費者の葛藤
・パニックを越えて新しい地平へ
・状況の変化への対応
・新しい提携への模索  等々
現代の多様な価値観の中で、何が大事なのか、何を選択して自分は生きていきたいのか、この人たちはどうやって、乗り越えて今に繋いできたのだろうかという点で、どこかに共通する物の考え方がありそうな気がするのです。

今になって、こんな本に興味を持つ私ってなんだね? と思いながら読んでいます。
買ってきてよかった。
Img_1419


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月30日 (水)

1/29 千葉県を有機農業の里にするインフラ作りフォーラム

いすみ市のことは、伊勢海老と蛸と大原漁港があることしか知りませんでしたが、海だけでなく山もあるし、なんて自然豊富な地域なのだろうと思いました。

夏を過ぎたあたりから、無農薬無肥料で農業をしている人が多いなーと感じるようになったきっかけは、最初に知り合った佐野さんご夫婦でした。

つるかめ農園さんは、先日25日にNHKの首都圏情報ネタドリで放送された木戸泉さんで、つるかめさんの自然酒【afs源】を仕込んでくださっているそうで、肥料や農薬を使わない農業をやっている。みねやの里さんもそうだし、まだまだ他にもたくさんいらっしゃる。

いすみの魅力を発見して、情報発信するというミッションがあったので、今回いすみに入って一番発見したことが、私にとっては「いすみは自然栽培の地域」でありました。

それがわかると、いすみ市が全国初の、学校給食に年間通して有機米を出すことにしたという意味もよくわかったし、昨日今日の取り組みではなくこの地域に自然栽培が根付いているんだと理解できたのでした。

そんな時絶好のタイミングで、このフォーラムのお知らせが入ったのです。

やっぱりそうか、ならば、自分の目で、いすみ市だけでなく、千葉が有機農業の里になるということをちゃんと確かめてみたいと思って参加したのでした。


Img_1405

Img_1407


午前中は、大山千枚田(東京から一番近い棚田として知られている:下の写真)をみて、みんなみの里を視察して、鴨川自然王国の藤本八重さん(故藤本敏夫・歌手加藤登紀子の次女さん)のお話を聞いて、それから昼食でした。

Img_1382


この昼食が、郷土料理のお弁当で、本当に感動しました。
私としては滅多にやらない、食べている最中にfacebookにアップするということをやってしまったほどです。

メニューをみてください。説明を聞きながらじゃないと、なかなか感動は伝わらないかしら。この土地にずっと伝わってきた食材と、それを活かした地元ならではのお料理なのです。
Img_1390


Img_1393

Img_1392

お茶が1本ついて1200円でしたが、手間暇かかったでしょうに、1500円でも満足します。
棚田カフェ ごんべい さんというんですね。
本当に、素晴らしかったです。

出来れば、そちらのカフェに行ってみたい気もするのですが、何しろ、鴨川までいくのに片道3時間半もかかるので、日帰りカフェだけではちょっとつらいかなー。

もう一つ感動したことは、次回書きます。


三芳村生産グループのこと(千葉県南房総市山名地区) です。

|

2019年1月28日 (月)

未来シャッター&セッション 二次会と朝市

17時で終了のあと、参加してくださっていた三上さんのところで二次会をしました。
駅まで帰る人と、民宿に泊まる人、みんなを送迎してもらい、本当に助かりました。
三上さん、ありがとうございました!

二次会で面白かったのは、このお2人が実は静岡県(だったかな?)小学校の同級生だということがわかり、こんな所で50年以上もたって、こんなことがあるもんだとみんなで驚きました。
Img_1350


Img_6045


監督と東京組は1泊して、大原漁港の朝市にお連れしました。
8時に目の前の民宿を出て早朝からおいしいものを頂きました。
こんなに早い時間にきたのは初めてなので、朝市は、やっぱり朝にこないと美味しいものが食べられないということがわかりました。

今までは、日帰りイベントのついでに漁港にくるので、どうしても午前10時を過ぎてしまうのですが、そうすると、伊勢海老味噌汁は煮詰まっているし、食べたいものは売り切れだし、12時前にはお店閉じてしまうところもあるし、なんで? という印象が多かったので、これでは人を連れてきてもガッカリさせてしまう・・という心配もありました。

いろいろな課題があって、なかなか解決できないのだとすれば、営業時間を8時~11時に縮めてしまえばどうなんでしょうね? 3時間勝負で、売り切れご免。
その代わり残ってしまったら12時までは販売できるというのは問題ありでしょうか。
(好き勝手なことを言っています。すみません<m(__)m>)
Img_1356


Img_1357
たこしゃぶもおいしかったけれど、豚しゃぶをお勧めされて、おいしいだけでなくて、その量の多いこと。思わず追加してみんなで食べました。
でも、やっぱり座って食べたかったな~。
Img_1371    
Img_1365

たこの切り身が長くて大きいので、びっくりです。
Img_1372

Img_1367

たこ飯・たこ串・伊勢海老味噌汁、あと木村さんのおいしいコーヒーを飲みました。
Img_1376


浜の母さんたちのじあじあ、今回が一番おいしかったです!
写真撮る前にあっというまに食べてしまいました。

Img_1375
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■

|

2019年1月27日 (日)

【報告】未来シャッター&セッション 

1月26日(土)、現地開催のラストイベントになりました。

昨年の4月に企画書をエントリーしたときには、すでにこの映画を提案していました。

提案した理由は、
「未来シャッター」という映画そのものが、手弁当で地元の人たちが出演した地域おこしの映画であることと、自分の中にある何か邪魔しているもの(シャッター)をあげようという2つの意味をもっている映画で深いなーと思ったこと。

もう一つは、
観終わったあとに、未来のいすみ市に向かって、自分たちが新しい街のイメージを創り、一歩踏み出すきっかけとして、単純なワールドカフェ(等)だけとは違い、きっとまだいすみではない試みだろうと思ったからです。
ですが、さすがいすみです。

2週間前にいすみ未来百人会議というイベントがあって、映画こそはありませんが、いすみの未来を創るワークショップが無料で開催されていました。

私達の方は1500円という有料です。なかなか集客が難しかったのですが、それでも30人近くの方が参加してくださいました。

やっぱり、反省点もありますので、後ほど書きますね。まずは様子をご報告します!
1人ずつの自己紹介の後で上映。(上映中の写真は真っ暗なのでありません)
Img_0618

Img_0620

円陣のあとペアワーク
Img_0643

ゲストスピーカーに水産商工課の山口さんを迎えて、フィッシュボール。

いすみ在住個人の山口さんの意見と、職員としての意見を話してもらいました。
(実はこの10ヵ月の間、全部で25回イベントを開催していますが、市の職員の人に実際にそのイベントに参加してもらったのはこれが初めてでした。もっと一緒に参加者の視点で参加してくれるといいのになーと思うこともあったので、今回は特に、市に意見を聞いてほしいという方もいらっしゃったし、よかったなーと思いました。)

フイッシュボールとは、外側のイスを幾重かの円弧にして並べて、内側の円に座る人が対話をします。内側の円で行なわれている対話を外側から眺めるという意味で、フィッシュボウル(金魚鉢)と呼ばれるのだそうです。
Img_0665

続いてワールドカフェです。
 
Img_0718

Img_0683

Img_0700

Img_0703

Img_0712


いよいよ発表。

このチームは、最終的には高校生が中華鍋をふるう街にするという、結果よりプロセスに参加したかったと思わせる想像力豊かな楽しい発表でした。

Img_0752


こちらは、高橋監督にいすみの映画を撮ってもらおうという提案です。
ロケ地は、太東辺りの崖だそうです。
万引き家族に負けないような映画にしないとね! 監督。
Img_0728


歩きながら当時の歴史がわかる新しい観光(AP、VR)。
高度情報化田舎のパイオニアとしてテスト市へ。
広域wifi→これがどんなものか、地元の人に理解してもらって と補足記入があります。
一番先進的な取り組みの提案書でしたね。
Img_0737


子どもの笑顔あふれるいすみ市。
いすみ市の良いところを活かして生きる力の強い子を作る。
今日から始めないといけないというのが印象的でした。
Img_1338

Img_0746


天空の駅構想。官をいれず民だけで、人と食材と小商いの出会いの場を作り、地産地消に繋げる。これは、時間をもっと使って、合宿組で仕上げると面白いものになると思いました。
Img_1323


Img_0725

5つのチームがそれぞれ、可能性を未来企画書に作成してプレゼンしました。
退室の時間が決まっていたので、あと2時間位あったら、もっともっと具体的なところまで話し合いが出来て、もしかしたら、もう一回会って話そうか!? まで独自に発展するのではないかと思いました。時間が足りませんでした。

やっぱり、こういうのは合宿がいいですね。

いすみ市では、百人会議というのが今年で2回目の開催がありましたし、いすみの魅力的な人材の豊富さ、また、移住人口の増加(つまり、情報発信者が多いということでもあり)、などから考えると、今後もこういうセッションをいくつかやりつつ、さらに進化の第二弾として、なるべく具体的な案や専門をもっている人、起業したい人、チャレンジ精神旺盛な人を1本吊りしてやるのが最も効果が大きいと思いました。

市の主催では平等公正の点で難しいでしょうから、市民をよく知っている誰かが1年がかりで仕掛けると面白いと思います。(自力で)
まずは、年に3回位こういうセッションを開催しつつ(これは無料でもいいと思います)、実は4回目の最終1本吊り合宿(最初から日程を決めておく)に参加させる人をその中から探し、目をつけておいて、20人位集まった段階でGOします。(選ばれた人なので内密に(^o^))
その方が参加する人も絶対に満足度が高いでしょう。
市民提案をまとめる強力なプロジェクトチームです。補助金は使わず、お金を集めて自分たちで創出する事業としてゴールに向かう訳です。

おもしろそう!

地域で起業できるネタって、すぐには儲からないかもしれないけれど、チャンスとすれば一杯あるんですよね。上記のアイデアは、週末だけの2地域居住をしながら、外の人がリーダーになっても出来るはずですね。三年目に入った、リーダーシップのある地域おこし協力隊の人なんか、まさにうってつけではないでしょうか。

ということで、この日の反省点は、
時間がたりなかったこと、それから、終わり頃に原因不明の画面がブレて綺麗に映らなかったことでした。もちろん、事前に全部流して確認していたのですが、いまだに原因がわかりません。
本当に、皆様、見苦しくて申し訳ありませんでした。

そして、途中で退出しなければならないくらいにお忙しい方たちも、ご参加くださいましたことを、心から感謝いたします。

高橋監督、菊地ファシリテーター、東京から1泊で参加してくださった皆さん、地元の皆さん、本当にありがとうございました!


未来シャッター&セッション二次会と朝市


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■

|

2019年1月25日 (金)

海老屋さんでタコしゃぶランチしました!

早朝8時30分から、12時まで岩瀬社長さんのところでタコの下処理をみせてもらって、その足で隣にある社長のお店、海老屋さんでおっかさん御前とたこしゃぶを頂きました。

大原漁港朝市のたこしゃぶも、海老屋さんのたこしゃぶなんだそうです。

Img_1167 たべ

Img_1173



Img_1169


Img_1263

たこしゃぶのたこは大きくて長くてこりこりして食べ応えがありました。
Img_1260

Img_1261


タコの下処理 茹で方 加工作業 に感動!





──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月24日 (木)

タコの下処理 茹で方 加工作業 に感動!

1月22日、「いすみコンシェルジュ育成」事業の最終回として、いすみタコの下処理を見学に行きました。何と言ったって、タコは伊勢海老と並んでいすみの名産特産ですから、こんな機会でなければ決してみることのないチャンスを頂きました。

水産会社によって下処理が違うので、茹で方や方法で味も硬さも変わるのだそうです。

今回いろいろ日程調整もしてくださり、現場での説明にご協力下さったのはやまじゅう (株)岩瀬商店さんです。
岩瀬社長さんには、代々伝わる門外不出の奥義もあるでしょうに、すべてをみせて頂きまして、本当にありがとうございました!

ではここから、皆様にもタコの世界をお見せしましょう(^O^)/
51109516_2043993859015949_167958005

<動画> メスとオスの吸盤が違うんですって!
https://www.facebook.com/mariko.kawano.54/videos/2043994095682592/?t=6


51330676_2043994009015934_560457507


51211675_2043994219015913_9210061_2


50829550_2043994019015933_764460585
50936456_2043994215682580_507126384
51053097_2043994805682521_696094128


 
Photo
51037734_2043994902349178_818798474


51018166_2043995672349101_263269357


51308615_2043995329015802_713049590
50984035_2043995599015775_738899620
 
51392599_2043995885682413_650616097


51265876_2043995889015746_777118760


ゆでたてタコの試食いただきました。お世辞なく、本当においしかったです。
あまりに美味しくて、お昼は、社長が経営している海老屋さんで、たこしゃぶ食べてしまいました。

51555070_2043995669015768_835152704

これはタコの卵だそうです。これもゆでたてを生れて初めて食べました。たらこのような感じですが、もう2度と食べれないでしょうねぇ。すごい経験しました。
 
50614919_2043995882349080_460867144


51014182_2043996045682397_830871638


可愛すぎるタコちゃん
51344548_2043995219015813_433661387
50976916_2043995095682492_547604116

-----------------------------------

あまりに可愛くて、思わずfacebookに投稿してしまった記事。

もう、あまりにカワイイタコの顔。おもわずナデナデしたくなっちゃいます。あーん、もう可愛すぎ! そう思いません?

高じて、<笑うタコシリーズ>として、例えば
1・とぼけたタコ
2・笑うタコ
3・いいね! 狙いのタコ
4・自信過剰のタコ
5・自信喪失のタコ
6.闘争心ありありのタコ
7・悲しいタコ
8・泣くタコ
9・あとどうしようかな。

笑えません?
笑いながら仕事できたら、楽しいなー。思わず、市の職員に提案してしまいました。いすみ=タコ はほとんど知られていませんからね。地元しか知らない絶対の美味しい情報と、笑いを上手に使って発信する。(笑) 
いいねー。自画自賛ダス。(^o^) これ絶対イケマスゼ。

------------------------------------


それにしても、朝早くから冷たい水の中に手をいれて作業をするのは、本当にエライことだなーと思いました。私にはとてもできないです。



終了後、海老屋さんで
たこしゃぶランチ頂きました。


|

2019年1月20日 (日)

DIYでおまけの話-長柴美恵さんのこと

長柴美恵さん。

防災備蓄収納プランナー協会代表理事。

Img_0951

今回、いよいよ困ってしまってDIYイベントをお願いして、それはそれは本当に助けられました。長柴さんがいなければ、お手上げしていたかもしれないと、前に書きました。
とにかく段取りが半端なく上手で、この人は頭の中も、きっちり整理整頓されているんだと思いました。
仕事出来るんだなーと思いました。乱雑で、片付け下手で、人生の1/3は探しものばかりしているような私とは大違いでございます。

そんな彼女をみて、まったく別の視点でとっても勉強になったことがありました。

それは、長柴さんは、日中のDIY作業のときも、夜飲んでいる時もずっとテンションが変わりません。仲間曰く、このまま明け方まで続けば、明け方まで一緒なんだそうです! たまげた。明け方4時までもいけるんだと! ひぇ~。

私は年に一度の「かがり火」の支局長が主体となって開催される全国の地域フォーラムだけは毎年参加するようにしていますが、その日は「オフモード」で参加するので、宴会の時も二次会の時も(実は二次会は参加するパワーなく参加しない)ずっと静かで名刺交換もしないし、仕事じゃないから場を盛り上げる必要もないし、ただニコニコしているだけなのです。
でも、いつも店で元気に働いている私を知っている人は、どうしたの?具合悪いの?という印象になるらしく、今日はオフだからと(勝手に)許してもらっているつもりでいました。

ところが、こうやって、長柴さんを見ていると、なぜかしら安心する。安定している。がっかりしないで済むというか、いくら、私が毎晩毎晩お客さん相手にハイパワーで仕事しているから、今日だけはごめんね、オフなのと言って、エネルギー値の低いところをみせることは、決してよいことだとは思えないということに気がついたのでした。

勿論、だからと言って、無理にいつも店に立っているのと同じようなテンションで同じように元気にあちこちに話しかけたりはしないけれど、自分が今日はオフモードだからと、低~いテンションで「疲れているんだなー」と思われるようなことがあってはいけないと、これまでの自分の態度を反省しました。次からは、もう少しメンタルパワーをあげよう。

だから、
美恵姐さんは、すごいネ! そんなことをとっても強く思った夜でした。


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■




|

2019年1月19日 (土)

古民家DIYの楽しい仲間たち

初日の夜、家庭的な雰囲気のお店「一休」さんを貸切にして頂いていすみの食を楽しみました。東京では食べられない、いすみの食事が食べたいとお願いして、おいしいものをたくさん出してもらいました。

サンガ焼きは地元の料理なんだそうですね。

50243830_317074108929424_8742932146

Img_0338

Img_0340_2

Img_0334
49898881_518318538658712_3406232433


49345133_1269503156522788_681771928

ハズキルーペ、一杯ありました(笑)
49818039_2515298328487520_152823479


普段はカラオケには行かないメンバーばかりだというのに、一休さんではカラオケにみんな興じてしまって、もう大爆笑でした。
Img_03602

でも、最初は普通にこうだったんですよ。
それがいつのまにか、宴会グッズ大いに仕事中!

Img_0351

女将さん、お嬢さん、ありがとうございました!
とっても楽しい夜でした。送り迎えも本当に助かりました。ありがとうございました。

今度はいすみの帰りにフラッと、1人で寄りますね。
長者町から徒歩1分はとても便利です! よろしくお願いいたします!
Img_0983

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月18日 (金)

【報告】古民家事業DIY いよいよ最終回!

いよいよ、この日がやってきました。
東京では音がうるさいので、思う存分DIYも出来ないということもあって、今回は1泊2日のスケジュールで、古民家のDIY・古民家でDIYと題して5個も修繕&手作りを楽しみました。

【内容】

●1/12(1日目)13:00〜16:00
・川野真理子の【古民家での地震&停電体験話し】
・長柴美恵の【古民家の防災備蓄収納セミナー】
・和気産業の【実際に防災対策やってみよう!】ガラス飛散防止シート etc
●1/13(2日目)10:00〜16:00
・自宅の「直したい古家具や古道具」を持ち込んでDIYのプロの指導をいただきながら実際にリメイクしちゃおうー!
・古民家の朽ち果てた郵便ポストをDIYしよう!
・もっと素敵な古民家に 楽しく過ごせる古民家の修繕 椅子や玄関の踏み台等々 いろいろ
------------------------
Img_03002

講師の防災備蓄収納プランナー協会代表理事の長柴美恵さん

Img_0894
Img_0904


和気産業さんの指導で実際にガラス飛散防止シートを貼っているところ
Img_0923

Img_0920

Img_0926

もう何年も雨風にさらされているポストを何とかしようということで、採寸&カットして郵便ポストを作ることにしました。

Img_0941


みんな、塗り塗りに夢中です。ハケとか使わずペーパーで塗れて後片付けも簡単。

Img_0971

こんな風になるんですね。初めて見た知った。
Img_0968

これを使いました。
Img_0999

Img_1030

昔のポストと、仕上がったばかりのアンティーク風ポスト。
外に置くのはもったいないね。お花でも飾って室内に置いてもいいねと動画のコメント。

Img_0520

Img_1087

玄関の上がりを作りました。
Img_1032

Img_1023

Img_1037

長柴先生の25年?も使っている思い出のドレッサーの椅子をどうしても直したかったと持ち込んで修復。
綺麗になってよかったね!

Photo

Photo_2

Img_1053


Img_1082

Img_1077

東京ではなかなかお目にかかることのない臼ですが、田舎ではもっている人もいて、この臼は、亀裂から水が漏れるので、外壁の虫食いを直したいということでDIYしました。Img_03852

Img_0381

最後は田舎の旧家などによく魔除けやインテリアで置いてある鹿ですが、口の部分の骨が破損しているので、修復して古民家らしく飾りました。

Img_0398


でも、なんだかインパクトありすぎて、夜はちょっと怖いんですけど。(笑)
Img_0400



50707823_2458850514156311_177165183


以上、皆さんに楽しんでもらったDIYの2日間でした。一杯作りましたねー。
みなさんの力なしにはできませんでした。心から感謝いたします。
本当に無事に終わってホッとしました。



古民家DIYの楽しい仲間たち-大爆笑の二次会の様子はこちら
古民家DIY事業の課題と学びはこちら
DIYでおまけの話-長柴美恵さんのこと


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月17日 (木)

古民家DIY事業の課題と学び

<ミッション>
田舎暮らしDIY事業

古民家の修繕を行いながら拠点となる場所を設け、首都圏から地方での起業を検討している人や田舎暮らしの体験希望者、環境を活かした飲食業の開業を希望する者に対し、年間で7回以上招いて DIY事業を行うものとする。なお最低20名は新規に訪れる者とすること。また古民家の改修に当たっては持ち主と賃貸借契約を締結すること。
-------------------------------

上記のミッションを抱え、ようやく7回最終回にこぎつけました。
本当に、こぎつけたという表現が一番合っている感じです。なぜならば1年契約(正しくは10ヵ月)の中で、原状復帰を意識しながら、一体どこをどう修繕し、修繕する目的は何のため? という二段階のハードルを越えなければならず、このミッションは私たちには課題が多いということは、かなり早いときから予想されました。

何人も善意で東京から下見に来てくださいましたが、やはり最初に来てくれた、建築仲間のプロの指摘通り、庭の剪定や床面や床下の確認、細かい各所の清掃など、人を招く以前の準備が7回のノルマに入らない点は厳しすぎる、給湯器のお湯が湧くのが真夏でも10時間以上かかるのでお風呂に入りたいときは、日帰りは無理。生ごみは当日の朝決められたところに出さなければいけないので結局、近くに管理人さんが必要になる。(別荘と一緒だ)、家賃が高すぎる、街づくりの一環として取り組まなければ古民家の改修だけで人を呼ぶのは意味がない、原状復帰はどこまで? 等々、当初の契約時には予想もつかなかった様々なことが、大きく影響することになりました。
古民家でイベントをするにも、多くの人は車で来るわけで、車を止める状況からの準備、つまりは駐車場や庭の枝切りや草取りなどが待ち構えているとは誰が想像したでしょう。今となっては、笑ってしまう位の大きな学びでした。東京モノにとっては本当に勉強になりました。

そんな中で、やっとの思いで迎えた7回目です。

様々なことがあって、時間もなく人手もなく、知恵もなかったので努力だけはどうにもならず、ついには、ほとんど泣きつくような形でDIYのプロジェクトチームを立ち上げ、長柴さんをリーダーに、3ヵ月も前から準備をしていました。

プロジェクトメンバーのみんなと、参加してくださったNiceの皆さんたちがいなければ、私は完全にお手上げしていたことでしょう。
おかげで、一泊二日で古民家でDIYを楽しむという企画を成功させることができました。

地元のお料理と温かいおもてなしの貸し切りで、本当に楽しい最終回でした。

みなさん、本当にありがとうございました! 心から感謝いたします。

【報告】最終回の様子はこちらです。

古民家DIYの楽しい仲間たち-大爆笑の二次会の様子はこちら

DIYでおまけの話-長柴美恵さんのこと

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月15日 (火)

料理研究家キムラカズヒロさん

今日のNHK ひるまえほっと に、大人数のときに時々お料理をお願いしているキムラカズヒロさんが、出演してました!しかも食品ロスを減らそう!だよ。

このショコラテリーヌ、おいしそう。黒豆とお餅も入っているそうです。

偶然、間に合ってよかった! もっと早く教えてよ>キムラさん。

Img_1095

Img_1093
Img_1091


いすみ市の大原漁港に食材探しに行ったとき、サトウキビで出来た黒蜜に興味津津のキムラさんと、秋芳さん。

当日の様子はこちら。

Img_8284

|

2019年1月 8日 (火)

★☆☆彡 なみへいNews! 新年号 運否天賦 ☆★★彡

      明けましておめでとうございます!
    2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2019.1.8(火)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
   地域イベント企画代行 & 厨房付き貸し会場 
    小さい市町村と小規模事業者の東京拠点
    なみへい合同会社 TEL.03-6666-596
 なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■
<なみへい合同会社は、平成30年度千葉県いすみ市地域の
魅力活用及び情報発信業務を受託しています。また、我が故郷、
青森県平川市の首都圏を中心としたプロモーション支援業務を
実施しています。両地域とも3月まで>

目┃次┃  
━┛━┛  
【1】1/12-13(土・日) 古民家でDIY・古民家のDIY  @いすみ市
【2】1/26(土)対話型映画上映&フューチャーセッション@いすみ市
【3】1/27(日)「この人すごい」シリーズ @なみへい
【4】2/12(火)いすみ市の食の魅力といすみ愛を伝える宴!@なみへい
【5】2/22(金)いすみ鉄道元社長の鳥塚亮さん講演会 @なみへい
【6】 なみへいの前料理長 山本誠也情報
【編集後記】 運否天賦(うんぷてんぷ)
■□■──────────────────────■□■
【1】1月12-13日(土・日) 古民家でDIY・古民家のDIY 
■□■──────────────────────■□■
1月12-13日(土・日) 最後のDIY活動になりました!
いすみの古民家に集合です。都会ではなかなか出来ないDIYを
思う存分楽しめます。遊びにきてください。
■□■──────────────────────■□■
【2】1/26(土)対話型映画上映&フューチャーセッション@いすみ
■□■──────────────────────■□■
1月26日(土)13時~17時
対話型映画「未来シャッター」上映 & フューチャーセッション
まちの未来を創ろう ! @いすみ https://bit.ly/2RxxtkW
地域おこしの映画上映と、上映後のセッションが反響をよび、90回
以上のロングランを記録しているそうです。いすみ市内で開催する
のは最後のイベントですので、いすみ在住だけでなく、首都圏の人
にも是非参加してほしいです。

■□■──────────────────────■□■
【3】2/12(火)いすみ市の食の魅力といすみ愛を伝える宴!
  シェフ いすみ市出身 川副藍さん  
  ゲストスピーカー島根県邑南町 寺本英仁氏 @なみへい
■□■──────────────────────■□■
いすみ市出身の川副藍シェフに来て頂いて、フルメニューいすみ
市の食材でお料理をお出しします! ご期待ください!
ゲストスピーカーは、ナント、寺本英仁さんです!
寺本さんの著書に私川野真理子が少しだけ登場したこともありま
して、今回は、特別の特別に来てくださいます! 
定員35名完全予約。お早めに!

■□■──────────────────────■□■
【4】2/22(金)いすみ鉄道元社長の鳥塚亮さん講演会
■□■──────────────────────■□■
 まだサイトが出来ていませんが、こちらも先着35名の完全予約で
 受付をいたします。勿論いすみの食材を使ったお料理で懇親会です。
 参加費6000円(講演・お料理・ドリンク)
 ※なんと、この日の料理人は前なみへい料理長の山本誠也です。

★いすみ市受託事業のこれまでの活動報告 
■□■──────────────────────■□■
【5】1/27(日)「この人すごい」シリーズ @なみへい
■□■──────────────────────■□■
中村隊長のファンがたくさんいらっしゃるので、なみへいからの
ご案内は控えてもよい位の、満席必至の中身の濃い新春トーク
ライブです。
昨年の中村隊長の倒産を経て、今の心境を語る滅多にない機会
です。テーマは「好きを仕事にしてはいけない」。
ピンと来る人が沢山いるのではないでしょうか? 
聞く人に元気を与える講演です。
中村 伸一トークライブ 2019
~今を語る~
■□■──────────────────────■□■
【6】 なみへいの前山本料理長情報
■□■──────────────────────■□■
なみへいの料理長だった山本誠也の勤務先をお知らせ致します。
ようやく、継続できる環境になり、安心して皆様にお知らせ
できるようになりました。
相変わらずおいしいですから、是非行ってあげてくださいね。
神楽坂 レザミ
予約はこちらへ TEL.03-5228-6033

■□■──────────────────────■□■
【編集後記】 運否天賦(うんぷてんぷ)
■□■──────────────────────■□■
2018年は、3月の閉店まで毎日毎日満席で、ありがたや、黒字を沢山
頂き、そして、5月にはやりたいことを一杯企画提案して、結果、いすみ市
でやりたいことをやりたいようにやらせてもらいました。これもまた心から
感謝。
何もかも初めての地域事業でしたが、全~部終わったら、果たして私は
どんなことを想うのだろうかと夢想していました。
これだけやりたいことをやらせてもらって、新発見もあったし、ふ~ん、
神様、そうくるのねもあったし、力不足で落ち込み続くと時もあったし。
とにかく、いろいろなことがあったけれど、2月までにあと4つビッグ
イベントがあるのだから、ちゃんと成し遂げなくちゃという責任感で、
考えるだけで心臓がバクバクする、そんな年末年始でありました。
3月ですべて終わったら、4月からどうするのかな~自分。

メンター先生に言われた「天に恥じない仕事をしっかりやっていれば、
自分から動かなくても、やるべき仕事が降ってくるから。」という言葉を
信じて思い出していました。

40歳から始まった私の人生。
「仕事を通して社会に貢献する起業家ネットワーク」のNPO活動10年。
50歳から始まった「食を通して地域を応援する飲食業」10年間。
いつでも120%夢中で頑張ってやってきたけれど、次は、私は一体誰の
ためにどんなお役に立てるのかなぁと漠然と考えていました。
企画書書いてプレゼンしにいくか?
リーフレット作成して、全市町村に郵送で送るか?

自分の意志で自分がやりたいことをゲットする。
それも良しだけれど、そうではなくて、こんなちっぽけな私の意志など
よりも、神さま、あなたなら、こんな私にどんな人のために、どんな
仕事をしなさいと思っておられますか?
そんなことを想った年末年始でした。

運否天賦(うんぷてんぷ)。

運否天賦とは、人の運命はすべて天が決めるものだということ。
転じて、運を天にまかせること。

だそうです。

今は、そんな心境です。

新しい年が始まりました。

今日からはひたすら、いすみイベントの残り4つをしっかり成功させるために
頑張るのみです。

皆様には、今年も本当にお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
たまには、なみへいも予約のみで夜の営業をしていますノヨ。(^o^)
会いにきてくれないと会えないという状況が、ちょっぴり寂しいと想う
この頃です。

1月21日(月)は夜の営業のご予約が入っていますので、予約営業の日です。
2人でも3人でも、ご予約くださいね。
(ご当地ランチは(水)~(金)のみ。 https://bit.ly/2yl4lWy

☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
のバックナンバーはこちら
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001161251.html

|

2019年1月 7日 (月)

ラジオ番組 レインボータウンFMに出演しました

青森の人たちが出演するラジオ番組。
毎月第1月曜日AM11:00~12:00 放送です。

何と、今日私が放送されたそうです。聞けなかったのですが、あまりに素敵で2回に分けて、来月も放送されることになりました。ナハハ。(^O^)/
来月の第1月曜日ってば、2月4日でねが。。。
動画もとるってるはんで、聞けねくてもいっが。。。
Photo


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  <番組予告>「Seva Dava Aomori !?」
 2019/1/7(月)AM11:00〜12:00
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
7日放送のラジオ番組「Seva Dava Aomori!?」は、大幅リニューアル!
育休明けのChiaki(G:+)を筆頭に、豪華ゲストとのインタビューを担当する”勝手に”青森応援団長/ライター:小畑智恵さんに加え、レギュラーコラムで、むつ市出身のシンガーソングライター:ずれやまズレ子も参加!
そして!今回は、青森を始め、各地から番組宛にたくさんのサポーターのみなさまからメッセージをどどどーん!とご紹介します!
お楽しみに!!!
■■■■■ラジオ番組情報(収録)■■■■■
★番組情報★
■番組名:「Seva Dava Aomori !?」
■レインボータウンFM www.885fm.jp
 イレブンミュージック「Seva Dava Aomori !?」
■放送日:毎月第1月曜日 AM11:00〜12:00
*「ListenRadio」で全国どこでもご視聴可能!もちろん、青森でもリアルタイムにお聞きいただけます! http://listenradio.jp
■メッセージの送り先:
① FAX:03-5634-0792
②e-mail.:info@885fm.jp
*タイトルに「青森」と入れて送ってください!
■■■■■番組出演者情報(レギュラー)■■■■■
■パーソナリティ/G:+(vocal):Chiaki
 http://g-plus-family.com
■”勝手に”青森応援団長/番組レポーター/ライター: 小畑 智恵
 https://aomori-iina.jp
■レギュラーコラム「下北キタキターーー♪」:
シンガーソングライター:ずれやまズレ子
 http://www.zureko.com/zz/top.html
■そのほか、豪華サポーターのみなさまからのメッセージをご紹介!(*詳細は別途アップします!)
★公式テーマソング★
「ジープラス/青森で逢いましょう」
★「Seva Dava Aomori !?」公式HP★
www.sevadava-aomori.com
■■■■■番組出演者情報(サポーター)■■■■■
★コーナー「Viva!青森」インタビューゲスト★
■全国うまいもの交流サロン「なみへい」(東京・神田)
 代表社員 川野真理子さん(平川市出身・東京在住)
 https://www.namihei5963.com/

★コーナー「下北キタキターーーー♪」インタビューゲスト★
■下北半島交流ショップ「むつ下北」(東京・亀戸)
 店主 河野 崇章さん(むつ市出身・東京在住)
 https://ameblo.jp/green-tabo/

★サポーターメッセージ★
■FMジャイゴウェーブ(田舎館村)
 パーソナリティ 藤原 あすかさん(田舎館村在住)
 http://www.fm-jaigo.co.jp/
■青森PR居酒屋「りんごの花」(東京・四谷三丁目)
 女将 茂木 真奈美さん(十和田市出身・東京在住)
 http://www.ringonohana.com
■野菜ソムリエプロ タナカ トウコさん(東北町出身・東京在住)
 https://ameblo.jp/nico-vege/
■平川市地域おこし協力隊 畳指 謙自さん(青森市出身・平川市在住)
 https://www.city.hirakawa.lg.jp/
■AoMoLink 〜赤阪〜(東京・赤坂) 店長 井筒 栄吉さん(青森市出身・東京在住)
 http://aomolinkakasaka.com
■畳店勤務 高森 えりかさん(八戸市出身・八戸市在住)
■学生 秋元 綜弥さん(平川市出身・東京在住)

|

2019年1月 2日 (水)

【報告】古代米で餅つきしよう! 12月30日

年内最後のイベントでした。

前日に、臼と杵と薪ストーブを搬入し、古代米のもち米
「みどり餅」と「神丹穂(かんにほ)」を水に漬けて帰りました。翌日は、薪で蒸すところから始まり、餅つき班と、調理班と2つに分けて準備しました。

私自身も初めての経験だったということもあって、後で考えると、ああすればよかったとか、佐野さんにもっとお話をしてもらう時間があったのに、、、とか、いろいろ反省もありますが、まずはお天気にも恵まれ、無事に終了しました。
皆様、本当にありがとうございました!

緊張もしていて、予定外のこともあったりとバタバタしていて、薪ストーブの火の写真や2種類のもち米の違いなどの写真をとりそこなってしまいました。
後で誰かにもらって追加したいと思います。

Img_0735


Img_0738

Img_0737

Img_0743_2


Img_0806

Img_0814

Img_0827

Img_0762

Img_0815

Img_0836

Img_0776

Img_0785

大根おろし/金胡麻/ピーナツペースト(炭火で炒ったピーナッツ使用)
生姜醤油(生姜も醤油も手作り)/納豆(小黒大豆で作った手作り納豆使用)
野菜スープ(すべて自家製野菜、とうもろこしも丸ごと入っていました。優しい味でとってもおいしかった!) 

Img_0747_2


Img_0795

このイベントの内容はこちらです。

今度は、仕事でなくて、プライベートでもう1回やりたいなーと思いました。

そしたら、こんなに緊張しなくて、参加するみんなとも、もっと事前に一杯やりとりして、一泊する位の気持ちで楽しめるなーと思いました。




|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »