« あなたの故郷作ります! 企画書(未完) | トップページ | ★☆☆彡 なみへいNews! 12月号  ☆★★ »

2019年11月28日 (木)

マルシェから始まる “なみへいの玉手箱” 皆様にお願い

大崎駅南改札口のマルシェに8回出店しました。
最初に決めなければならなかったことは、このテントはどんなテント?とお客様に聞かれるたびに答えられるコンセプト決めでした。

これしかない、今しかない、この人にしか作れない、この地域にしかない、という限定品は規模が小さいのでなかなか流通に乗りにくく、地元でしか売っていない美味しい物がたくさんあります。
勿論、地元でしか買えないことを否定するわけではありませんが、もし、もっと定期的に継続的に作れる分だけ売れるのなら、もう少し作ってもいいと思っている人もいます。今のままなら高齢化して作れる人がいなくなります。一度途切れてしまうと伝承はもはや、郷土の食がなくなってしまうのです。

私のモチベーションは、ここに対する危機感ともう一つは、一生懸命作ってきたおかあさんやおばあさん、お父さんやおじいさんたちが、作ったものが売れて喜ぶ顔がみたいというところにあります。

どうすればそれが可能になるか、漠然とした中で始まったマルシェの出店でしたが、この間、なみへい時代に販売していた物販の中からいろいろ印象に残っているものを選んで、仕入れて販売してみました。
一番大変だったのは、毎回商品が違うので、送料、税金、場所代を含めた1個あたりの原価計算を商品ごとに毎回計算したり、商品の特徴を聞いたり調べてPOPを作ることでした。何しろ、時間がかかるのです。説明できないと売れないのですから。

しかも、私がご縁を復活させてもらった事業者さんは、メールもfacebookもやっていない、田舎の父さん母さんとのやりとりと言った方がいいので、メールがあれば添付で済むことも、印刷して郵便で送るなんてことをしなければなりませんでした。
愛しき母さん達との笑い話もたくさんあります。(これはまた今度)

そんな事前の準備の他に、売れ残りを原価のままでの販売することもありますし、勿論自腹で買うことも多く、さらには、雨の日はそもそも人が通らないし、全然利益を出すところまではいきません。私は一体何をやっているんだ!と落ち込むことの多い日々でした。今でも(;O;)

でも辞めなかったのは、現地である大崎周辺の人が「天然酵母の食パン」をとても喜んで買ってくださることがわかった頃からでした。
定期的に毎週出店しているということは、リピーターがつくということであり、この場所のお客様が求めるものを探し当てればいいということが分かってから面白いと思うようになりました。何が当たるんだろう? という好奇心。

パンは完売する! という安心感があることで、利益のでない無名の田舎の逸品でも、大崎駅を通る人たちに売れるか売れないか実験してみることが出来るようになりました。

ここでしか買えない食べ物、ネットでは買えない地方の美味しいもの。
そんな価値ある物を、価値をつけてお勧めしたい。

そして、来年はマルシェだけでなく、私たちが「無くしたくない田舎の手作り」を全国から集めた「なみへいの玉手箱」として、定期的に皆様にお届けしていきたいと思います。

少しでも喜んで食べてくれる人がいてお小遣いになれば、故郷の母さんたちは喜んで作り続けてくれると思います。
故郷や地域を応援することの小さな一つとして、これしか作れないけれど・・・今しか作れないけれど・・という人がいらっしゃいましたら私に情報をください。

みなさまが「無くしたくない食べ物」「作り続けてほしい食べ物」伝承してほしいと願う美味しいものをしっかりブランドとして、小さくても個性のあるなみへいの事業にしていきたいと思います。

是非ご連絡ください。TEL.03-6666-5963  wave★namihei5963.com(★を@に変えてください)川野真理子@なみへいです。

もし、事業者さん自身が上京の機会がある方は「寄ってみれば?」とお声をかけてあげてください。
私は、平日10時から20時までは、東京駅から一つ目のJR神田駅西口から徒歩3分の「箕と環」(みのとわ)の奥にある事務所で仕事をしています。(土日祝はいません)
金曜日はマルシェに出店ですので、戻ってくるのは19時30分になってしまいます。

第1回の「なみへいの玉手箱」は先着25名~30名の完全予約制で、2月頃を予定しています。
商品、発送日、その他詳細はメルマガで改めてご案内いたしますね。それに間に合うように、たくさんの商品情報お待ちしています!

Img_0812

|

« あなたの故郷作ります! 企画書(未完) | トップページ | ★☆☆彡 なみへいNews! 12月号  ☆★★ »

マルシェ出店日記」カテゴリの記事