« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

ハッピーホルモン「オキシトシン」

癒されますぅ。ハッピーホルモンでますわ。

この子たちがもう少し大きくなる頃には、今よりもっと自然を大切にしないといけないと思う人が増えて、自分のことしか考えないような大人は少しでも減っていることを願いましょう。

 

Photo_20200605184601

あ、兄ちゃん、そこはね、蒙古斑と言ってね、洗っても、、、ま、いっか。(笑)

2_20200605184601

 

|

2020年5月28日 (木)

乾燥ぜんまいを料理してみました

山菜で村おこしを頑張っている新潟のおじさんたちが、乾燥ぜんまいを作ったということで、まだ価格設定もできていないというので、とにかく一度試作してみてということになりました。

一晩漬けてから、翌日、沸騰する直前で火をとめて、1回目は冷水で洗って、2回目はそのまま冷まして、それからお料理するという訳です。ぜんまいもまたアクが強いんでしょうねぇ。60g入っていて1/3の20gを使ってみたけれど、人参や油揚げ、豚肉などを入れたら、4人分くらいになりました。
こういうのを、面倒がらないで、ちゃちゃっと作る人になりたいと思うけれど、家族が少なすぎる。自分のためにはなかなかです。

わらびもそうだったけれど、山菜は好きだから、やっぱりすぐに食べれる状態で売ってほしいなー。勿論、添加物など余計なものをいれないで、あまり甘くしないで、小家族分でね。

でも、安心して美味しいものを食べたいと思ったら、やっぱり自分で作るしかない。。。でしょうかね。

そこがビジネスチャンスになりますか。

Photo_20200528181101

Img_1565edited

Img_1567edited

Img_1571

 

|

2020年5月27日 (水)

病院へ「故郷の食で応援弁当」3回目

江戸川病院へ3回目のお届けになりました。

出来るだけ、繋がりのある地域の人の食材を使っていることをお伝えできるといいなーと思っています。
「なみへい」後継店の「箕と環」(みのとわ)(息子)が丁寧に心をこめて作っています。

 

 

05273

 

【3回目のメニュー】

・とり天(大分県)
 大分市の「五郎一」さんという、地元の居酒屋さんの直伝のレシピで作りました。
 
・ニジマスのカルパッチョ(滋賀県)
 「箕と環」(みのとわ)オーナー川野 元基 (Genki Kawano)のイトコが彦根で稚魚から養殖したニジマスです。
 
・とろろ入りだし巻きたまご(富山県黒部市)
黒部市の「四十物昆布店」(あいものこんぶてん)という羅臼昆布の老舗のこんぶを使いました。あいものとは、相物・合い物・間物・四十物などとも書き、一般に塩魚類の総称のこと、または鮮魚と干物の中間の汐魚のことをいうそうです。
  
・ミニトマトのマリネ(熊本県玉名市)
玉名市のトマト農家吉田さんが作る塩トマト。
海からすぐのハウスで栽培されるトマトは土壌の塩分を吸い上げミネラルたっぷりです。
吉田さんの熊本弁は、津軽弁(私の故郷)と匹敵する位に意味不明で、北と南で話すときは、お互いに直感です(笑)
 
・わらびのお浸し(群馬県南牧村)なんもくむらと読みます。
2014年に「日本創生会議」で発表した896の消滅可能性都市の中で「消滅可能性都市NO.1」に選ばれた、逆に言うと本当に素晴らしい人や景観の地域です。右の写真は私が2015年に
宿泊した時に写した1枚です。2回行きました。今回のわらびは、その時に泊まった体験型民宿「かじか倶楽部」の米田さんが送ってくださったものを私が頑張ってあく抜きしました。こういう作業を
通して自然への想いが高まるんですね。来年はわらび採りに出かけたいなーと改めて思いました。自然に感謝です。

 
・玄米入りご飯(島根県)
今月配信したメルマガを読んで、読者の方が送ってくださった免疫力を高めるという玄米です。超高水圧加工という技術を施された玄米は食べやすく栄養も満点。
残留農薬0という、体を基礎から作る玄米です。医療従事者の方たちに食べてもらってくださいとの温かいお言葉を頂きました。



第1回目のメニューはこちら https://bit.ly/3fZF7RT
第2回目のメニューはこちら https://bit.ly/3gfW1M5
第3回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eTsyGq
第4回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eW5zKT


 

|

2020年5月23日 (土)

南牧村からのわらび-あく抜き方法(備忘録)

群馬県南牧村(なんもくむら)のかじか倶楽部米田優さんから、朝採りのわらびを送ってもらいました。
南牧村に初めて訪ねたのは2015年3月でした。(一番下にその時のブログ紹介しました)

あまりのすごい量(多分10kg近くあったかも)に、なんだ!この量は!!! と、思わず笑ってしまいました。
あく抜き(1晩置く)のための平らなバットが10枚しかなかったので、翌朝早朝に第二弾、夕方から残り第三弾と違う方法で試してみました。
こんなにおいしいのであれば、きっと来年もやると思うので、備忘録として書き留めておきたいと思います。
煮物はすぐに柔らかくなってしまうので、誰にもあげられず、朝昼晩、翌日も朝昼晩、自分が食べるはめになってしまいました。(>_<)

【バット1枚であく抜きした時の量】
生ワラビ:400g
水 : 2L(ワラビ全体が浸かる量)
重曹:大さじ1 (※小麦粉と塩、またはお米のとぎ汁でも出来るそう)
塩 :適当(今回は使わなかったけれど次回試してみよう)

【あく抜きの方法】※あくまでも私の場合(大量)

1.わらびの穂と根元を先に切る
2.400gをひもで束ねてバットに入れる(後で切る時に便利)
3.塩で軽くもむと色がきれいになる(らしい。次回試してみる。)
2.タッパに熱湯2Lと重層大さじ1を入れ、400gのわらびを入れる
3.一晩置く(6~8時間位)
4.水で何度も洗い、そのまま、さらに水につけて半日以上置く(※ここ重要。出来れば3~4時間で一度試食してみるとよい)
5.毎日水を取り替えることで、冷蔵庫で1週間位もつ
6.すぐに食べない時は冷凍する(水と空気を抜く)

【あく抜きした後の食べ方】
1.おかか掛けてお浸し・わさび醤油・辛子醤油・マヨネーズかけ
2.麺つゆにつけ置く
3.味噌汁に入れる
4.煮物にする(すぐに柔らかくなるので要注意!)
5.うどん・そばに入れる


お手紙がついていて、親戚のおじちゃんから送ってもらったような嬉しい気持ち。
写真はこれだけにしか見えないけれど、わらびはこの下にもさらに段で入っているのです。

Img_1540edited 

下の写真は第一弾。300g×10バットで、次々とお湯を沸かして注ぎました。最初は重層小さじ1でしたが、えぐかったのは、その後のきれいな水につけてさらにお水につけておく時間が短かったからではないかと思いました。

第二弾は、先に穂先と根元を切って、1バット400gにしてみました。このときは、重層大匙1にしてみました。水につけおく時間もたっぷりとったので、シャキシャキとおいしく出来ました。お湯を入れてまだ30分もたっていないときの写真です。

美味しくできたわらびは、「なみへい村マーちゃん便」のかがり火会員応援パックと、福島県飯舘村応援パックに入れることにしました。(クールでのお届け)https://namihei5963.shopselect.net

Img_1543


<南牧村訪問記>

消滅可能性都市NO.1 群馬県南牧村(なんもくむら)
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/no1-dc84.html
群馬県南牧村 お散歩

|

2020年5月22日 (金)

電車の土休券が安い!

自宅作業をすることが多くなったので、定期券を買わないで回数券を買ってわかったこと。土日祝日だけ使える回数券って安くてびっくりです!

片道200円の土休券は14枚で2000円(1枚当たり143円)
片道200円の回数券は11枚で2000円(1枚当たり182円)でした。

Photo_20200523104301  




|

2020年5月21日 (木)

熊本の吉田農園さんトマト応援

なみへい村のマーちゃん便に、かがり火の全国の支局長さんが応援している地元の産物をアップしました。

トマトの吉田農園吉田さんには、なみへい営業中にも何度もトマトを送って頂いたり、玉名特集のときにつないでくださったりとお世話になったので、せめて一箱でも売ってあげられないかなーと思いました。

「かがり火会員応援パック」として以下のものをセットにしました!

<熊本県吉田農園のトマト>700g1パック。8種類の中から2種類。
<静岡県森町のお茶>100g
<静岡県下田の生わさび>食べ方の説明付きです
<群馬県南牧村のワラビ>“なんもく村”産のアク抜き済みのわらび150g
            そのままお味噌汁に入れたり、お浸しで食べられます。

マーちゃん便は、同梱でいろいろなものを一緒に入れられます。

是非、応援してあげてください。
https://namihei5963.shopselect.net

3

2_20200524171501

|

病院へ「故郷の食で応援弁当」2回目

今週は第2回目のお届けです。
喜んで頂いてよかった。来週は10食に増えました。
ありがとうと言ってもらえることに、嬉しさを感じます。受け止めてあげるって大事なんだなーと今更です。

今日のメニューはこんな感じでした。
(お弁当は「箕と環-みのとわ」が作りました)

 

【2回目のメニュ-】

・いぶりがっこのポテトサラタ゛
(秋田県)
大根を燻した秋田県の郷土料理いぶりがっこを使ったポテトサラタ゛

・アミ漬入りだし巻き
(佐賀県鹿島市)
有明海の小さなエビ「アミ」の塩漬け入りのだし巻きたまごです。

・酒粕焼き
(佐賀県鹿島市)
鹿島市直送の豚肉に鹿島市の酒粕を漬けて焼き上げました。

・魚ロッケ
(岡山県)
処理が難しく、ほぼ岡山県でしか食べられない魚「ヒラ」を食べやすくする為作られた商品。

・りゅうきゅう
(大分県)
青魚を漬けにした大分県の郷土料理。
本日の魚はイナタ゛です。

・そば寿司(福井県)
福井県おおい町産自然薯を練り混んだそば゛を使ったそば寿司です。

----------------------------------

05202

第1回目のメニューはこちら https://bit.ly/3fZF7RT
第2回目のメニューはこちら https://bit.ly/3gfW1M5
第3回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eTsyGq
第4回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eW5zKT




|

2020年5月20日 (水)

★☆☆彡 なみへいNews! 令和2年5月号 今から・ここから ☆★★

さぁ、今は、とても厳しくて辛くて難しい時期だけど、
少しでも元気と勇気を出して、未来に希望をもって進みましょう!
小さな一歩。出来る一歩を今から、ここから。

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2020.5.20(水)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
    なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
 なみへいのお客様 6,300名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛
【1】ネットショップ デビュー! 「なみへい村のマーちゃん便」
【2】スーパーへの委託販売 決まりました!
【3】故郷の食で応援弁当(たった8食ですが)

■□─────────────────────□■
【1】ネットショップ デビュー! 「なみへい村のマーちゃん便」
□■─────────────────────■□
昨秋は1日講習に通ったのに、素人の私には難しすぎて断念
したwebショップ。このGW自粛のおかげで、ナント!ついに!
仕上げたではないですか、アタシ。(^O^)/ 偉い!
 https://bit.ly/3cM14lr

■□─────────────────────□■
【2】スーパーへの委託販売 決まりました!
■□─────────────────────□■
ネットショップで販売する商品は基本的に買取りなので、なるべく
在庫を抱えないように、スーパーのマルシェコーナーへ納品出来る
ことになってすっごく嬉しいです。1ヵ月も待ちました。タイミングって
あるのでしょうね。 https://bit.ly/2LKGYMt

■□─────────────────────□■
【3】故郷の食で応援弁当(たった8食ですが)
□■─────────────────────■□
江戸川区に住んで33年。なみへい営業期間の10年は、ただ
ただ寝に帰るだけの家でした。
4月から、生産者と飲食店と医療現場を繋ぐお弁当のお届けを
しようと思っていましたが、お届け先がなかなか探せず、ようやく
江戸川病院を繋いでくださった方がいて、たった8食ですが、小
さな小さな応援弁当をお届け出来ることになりました。
お役に立てる場があることは、有難いことです。私達のために、
頑張ってください。 https://bit.ly/3fZF7RT


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
なみへい合同会社代表社員 郷土の食の伝承と地域特産のPR 川野 真理子
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 https://namihei5963.com/
facebook個人 https://www.facebook.com/mariko.kawano.54
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
47都道府県レストラン「箕と環」(みのとわ) https://minotowa.therestaurant.jp/
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

 

このページの短縮URLはこちらです。 https://bit.ly/3bQyEFs

|

2020年5月18日 (月)

スーパーのマルシェコーナーへ委託販売決まりました

自宅の近所にあるスーパーの産直マルシェのコーナーに、委託販売の許可がおりました。申請してから1か月かかりました。


実は3月末に、ある近郊他県の大きなスーパーへ納品できるチャンスを頂き、何事も経験と出店させてもらったり、委託で置いてもらったりしていましたが、すぐにコロナの自粛で、スーパーへの出店はやめることになりました。

でも、もともと委託販売契約だったので委託はできましたが、販売手数料は31%かかります。
また仕入れる商品については、7掛けで買い取り+送料全額こちら負担、さらになみへいからスーパーまで届ける交通費or送料などを考えると、商品は限られてきますし、当然価格に反映されるわけで、こんなに高くなるのでは何かおかしい、利益が出る商品を選んで販売するのでは、いったい私は何をやりたいのか現実的ではないとすぐにわかりました。

それでも少しでも出口をもっていたいと思っていたので、やめずに、儲かることもなく、淡々と続けていて、違う方法も模索していました。
ちょうど近所のスーパーへ買い物に行った時、ふと、ここで委託販売してくれないかしらと思って尋ねてみたところ、OKになったのでした。
自宅から歩いて納品できますから、賞味期限間近のため値下げして赤字になるということもなく、事前に引き取ることができます。

1か月も待ちましたが、この間、思い切ってネットショップ作りにチャレンジし、いつか再開する大崎駅コンコースの毎週のマルシェと、ネットショップと、リアルなスーパーへの委託販売と、地域食材のお弁当のコーディネートなどを目指しながら、地域経済に少しでも役に立つ働きが出来る自分になろうと決めました。

「食」はありがたいです。それを昔ながらの知恵や工夫で作ってくれる田舎のお母さんたちはやっぱりすごいです。
さらには、その地域を豊かにする「自然」は最大級、感謝しかありません。本当に大事にしていかなければなりません。

 

コロナが教えようとしていることを考え受け止め、戦うのではなく共生していく温かい時代に向かって希望をもっていきたいと思います。

 

このページの短縮URLはこちらです。 https://bit.ly/2LKGYMt

|

2020年5月13日 (水)

病院へ「故郷の食で応援弁当」1回目

今日は、第1回目の医療従事者の方への感謝と応援で、お弁当を届けてきました。

江戸川区に住んで30年以上になるのに、江戸川病院には一度も行ったことがなく、初めて訪ねていきました。
いくら応援したい気持ちがあっても、お届けできる先がないことには、どうにもなりませんので、喜んで受けてくださった江戸川病院の明星先生に感謝すると同時に、つないでくださった上田令子さんに本当にありがとうです。

今日のメニューはこちらです。これまでご縁のあった地域の食材を使わせて頂きました。こちらのご縁を作ってくださった方にもこの場をお借りしてお礼申し上げます。
(お弁当は「箕と環-みのとわ」が作りました)

----------------------------------

【1回目のメニュー】

・淡路鶏の塩焼き&柚子ごしょう
(兵庫県淡路島&兵庫県姫路市)
朝引きにこだわる淡路島の地鶏「淡路鶏」と、無農薬で栽培された柚子と有機ハラペーニョを使った柚子ごしょう

・テナガダコの唐揚げ
(佐賀県鹿島市)
有明海で上がったテナガダコを唐揚げにしました。
化学調味料なし、添加物なし、着色料なし。
素材の味を活かした一品です。

・アミ入りだし巻きたまご
(佐賀県鹿島市)
有明海で揚った小さなエビ「アミ」を入れただし巻きです。

・さつまいもコロッケ
(静岡県掛川市)
掛川の里山を守るべく作られた団体のみなさんが種まきから収穫まで行い育て上げたさつまいもを使ったコロッケです。

・すやっきのサラダ
(埼玉県加須市)
台風などで被災してしまって出荷が困難になった野菜や果物を積極的に買い取り、素焼きのみで作られた野菜チップス。
化学調味料、油、保存料など一切なし。
原材料は食材のみの体に優しいチップスです。

・どんまいプロジェクト花巻のドレッシング
(岩手県花巻市)
東日本大震災の被害を受けた、岩手県花巻市の農村青年クラブで発足されたグループの商品。
花巻産の食材(りんごとぶどう)を使ったドレッシング。

・ご飯
(福島県西会津町)
西会津町公認のコシヒカリです。

----------------------------------

後、4か所へのお届けが可能です。
医療・介護・福祉・保育関係で、コロナと現場で対応している人たちで私たちの応援を受けてくださるところがありましたら、ご紹介ください。
そして、少しでも応援したいと思ってくださる方の、寄付をお待ちしています。
お申し込みくださる方はこちらからお願いします。 https://bit.ly/2zgUHYv

 

05131

このページの短縮URLはこちらです。 https://bit.ly/3fZF7RT

第1回目のメニューはこちら https://bit.ly/3fZF7RT
第2回目のメニューはこちら https://bit.ly/3gfW1M5
第3回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eTsyGq
第4回目のメニューはこちら https://bit.ly/3eW5zKT




|

2020年5月 8日 (金)

病院へ「故郷の食で応援・感謝」のお弁当をお届けすることになりました。

新型コロナウィルス感染の影響で、私たちのためにリスクを承知で頑張っている方たちに、感謝と応援の気持ちでお弁当をお届けすることにいたしました。
食材は、飲食店の休業や学校の休校で行き場のなくなってしまった地方の農家や漁師さんや小さな事業者さんから直接仕入れて、手作りで仕上げます。
(お弁当は47都道府県レストラン「箕と環-みのとわ」が作ります)

私たちには、今、せめてこの位しかできませんので、お気持ちのある方たちから少し寄付を頂き、一人でも多くの現場の人に食べる楽しみを味わっていただければと思っています。
毎週1回、800円のお弁当を500円で、故郷の懐かしい・珍しい食材を使ったお弁当を通して、私たちの感謝と応援の気持ちをお届けいたします。
今は、医療現場だけでなく、介護・福祉・保育・流通等いろいろな業界で大変な思いをして頑張ってくださっている人がたくさんいますが、繋がるところから少しずつ始めていきます。皆様からの情報もお待ちしております。

皆様からの寄付を頂けることで、食材も飲食店も(お願いできる飲食店を増やしたい)コロナ現場のスタッフのストレスを減らすお手伝いをしていきたいと思います。
  寄付にご協力いただける方は
こちらから。

ーーーーーーーーーーーーー

今回繋いでくださったのは、江戸川区在住の上田令子さん

お届けする病院は、社会福祉法人江戸川病院
   (https://www.edogawa.or.jp/腫瘍血液内科/

上田令子さんとはもう20年位前でしょうか、その頃から 江戸川ワークマム代表として活動されている、素晴らしい人です。
その後、今は東京都議会議員となり大変活躍されています。

江戸川区に住んで江戸川区で子どもを産んで、今も江戸川区にお世話になっている身としては、江戸川病院にお届けできる場を作ってくださった上田さんには本当に感謝です。
コロナは残念ながらまだ続きそうな感じですし、上田さんのお力をお借りしながら、少しでもお役に立ちたいと思います。

そして、皆様にも、小さな応援を頂けましたら大変うれしく思います。

 Photo_20200508171201

 

今回は寄付があってもなくてもスタートするつもりでいましたので、まだ寄付の募集はしておりませんが、もし、お気持ちのある方は、下記へ1,000円でも2,000円でも送金してくださると大変嬉しく思います。

使い道は、800円のお弁当を500円でお届けしますので、補足分と配達のための足代に使わせて頂きます。


寄付フォーム はこちらです。https://bit.ly/2zgUHYv

チラシのPDF https://bit.ly/2Wgwvye

皆様、どうぞ、よろしくお願いいたします。

東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
なみへい合同会社 代表社員 川野真理子
TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964

 

|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »