« 「私たちは微力だけれど無力ではない」 | トップページ | 9/18(金)-19(土)は山手線大崎駅マルシェに出店 »

2020年9月10日 (木)

村上和雄先生の講演「そうだ、生きているだけで素晴らしい」

息子に聴かせたいと思って、後でURL教えるねと言ってあったのですが、思い直して一人でも多くの人に聴いてもらった方が社会が優しくなるかもと期待して、ブログでご紹介することにしました。

筑波大学名誉教授 遺伝子工学の第一人者 村上和雄先生の講演です。(Youtube)

遺伝子の多くは眠っていて、その遺伝子のswich をON にするために一番大切なのは「陽気な心」だといいます。嬉しい・楽しい・感謝・笑い等々

不安や恐怖や悩みうつなど、ネガティブな気持ちは遺伝子をONにしない。だから、ストレスのない生き方をすることの大切さが、素直に信じられるお話です。笑いの力を証明するために、吉本興業と組んで血糖値の実験をしていることなど、深いお話なのに何度も笑えて引き込まれます。

人間を超える不思議な力をもった存在を「サムシング・グレイト」とよび、祈ることの大切さや天を味方につけることで、成功につながるということなど、理性と知性など(昼の科学)だけでは証明できない、感性や直感、霊感など(夜の科学)の存在を、科学の言葉で解き明かあかすことが自分の使命だと言っておられます。

村上和雄先生のことは、今に知ったわけではないのですが、今だからでしょうか、こんなに腑に落ちて納得できるのは。

1時間ほどあります。時間のある方にゆっくり聞いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=zDb0peyMjH0&t=415s

 

時間の短いものもあります。
祈りある行動が奇跡を起こす 新春フォーラム2012【村上和雄】1/2 24分3秒
https://www.youtube.com/watch?v=DRVcqV-g1zo&t=53s

祈りある行動が奇跡を起こす 新春フォーラム2012【村上和雄】2/2 35分17秒
https://www.youtube.com/watch?v=nCLIX6xMjuE&t=38s

 

そういえば、メンターの吉田先生が、ここにこの本の通りに生きている人がいるといって、アホな私を紹介してくださったことがあったことを思い出しました。(笑) なみへいをはじめて、無我夢中でなんでもかんでも激突して頑張っていた頃で、我ながら確かに私は後先考えないアホなやっちゃなーと思っていました。でもそのときは、それでもいいんだ!と思えて安心したことを覚えています。

コロナの時、免疫力が下がっている人が多いと思います。かくいう私もそうです。
昔からある日本の食事を身体に入れ、笑いのある陽気な暮らしを心がけましょうね。

 

Photo_20200917124701


今パラパラとめくってみても、そうなんだ・・・と思える箇所がたくさんあります。

------------

「おかげさま」も外国語には訳せません。アメリカ人にこの言葉を教えたら、「何のおかげなのか」と不思議がられました。しかし私たちは、太陽のおかげ、水のおかげ、空気のおかげ、地球のおかげ、ご先祖さまのおかげなどと何にたいしても感謝の思いを抱きます。それは絶対的な一神教ではなく、森羅万象を備えた大自然を神や仏として敬ってきた自然崇拝の日本人の心によるものです。

したがって、こうした日本独自の心をあらわす言葉に共通するものの一つは「感謝」です。そしてもう一つは「利他」なのです。おかげさま、いただきます、ありがとう、もったいない。みんな自分だけに利や益を呼び込もうとする利己の心を離れて、他者と分かち合ったり、助け合ったり、ゆずり合ったり、融通しあったりして、人を生かし、自分も生かす利他の精神が込められた言葉なのです。

 

 

|

« 「私たちは微力だけれど無力ではない」 | トップページ | 9/18(金)-19(土)は山手線大崎駅マルシェに出店 »

学び・気づき・なるほどねー」カテゴリの記事