« 2023年7月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年9月

2023年9月29日 (金)

【日本人は農なき国を望むのかー農民作家 山下惣一の生涯】


菅野芳秀さんの投稿をシェアさせて頂きました。
---------------------


「日本人は農なき国を望むのかー農民作家 山下惣一の生涯」(9/23:NHK総合・午前6時10分~)は示唆に富む、とてもいい番組でした。

過去を回顧するというのではなく、これからの農業、これからの日本を考える上での、大きな視点に立った問題提起となっています。
 見逃した方は再放送があります。真夜中ですが、ぜひ、ビデオにとってご覧ください。
 9月26日 同じくNHK総合TV 午前1;20~2:03 「日本人は農なき国を望むのかー農民作家 山下惣一の生涯」

さすが日本農業を代表する姓・山下惣一。私は彼の生涯のほんの一部でしかありませんが、行程をともに出来たことを誇りに思います。
        山形・置賜の百姓 菅野芳秀
-----------------------

NHKプラスでまだ見れます。配信期限9/30(土) 午前6:53 まで 
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2023092331974


最後におっしゃられていた
「成長よりも安定」
「拡大よりも持続」
「競争よりも共生」

は、とても印象的でした。

|

2023年9月26日 (火)

【岩塩は大変】

 

姉からピンク岩塩をもらった。

すごーい、こんな大きな岩塩、初めて見た!
(右の赤はマウス。左はステンレスの岩塩用おろし金。大きいでしょ)

これで一生お塩は買わなくて済むかもと喜んだのも束の間。金づちで叩こうがどうしようが、全然塊でくずれてくれない。
結局、ソルトミルも使えず岩塩用のおろし金を買って、せこせこ削ることにした。

が、簡単には削れてくれないのよーこれが、ホント。大変なのよ。

だもんだから、1か月も経たぬ間に、どんどん隅っこにおいやられ、ついには見えないところに片づけてしまった。

精製塩は論外として、
自然塩である海塩と岩塩には身体に必要なミネラルがたくさん入っているから、お塩は絶対に自然塩の方がよいのはわかるし、個人的には自然塩であれば、塩は大切だから減塩すべきではないと思う。

朝の白湯にもお塩を入れて飲むとよいと聞いてからは、お塩を入れて飲むようになったし。

先日、マルシェで岩塩を販売しているお友達に岩塩のことを教えてもらって一つだけ覚えたことは、

海塩と岩塩の一番の違いは、海塩にはニガリが入っていて、岩塩にはニガリが入っていないことなんだって。

お肉料理に使うお塩は海塩だと固くなってしまうから、ニガリが入っていない岩塩がよくて、漬物には海塩がいいんだってどこかのサイトには書いてあった。

 

でも、塩って奥深いし、お料理に合う合わないだけでなく、体質や家庭環境によっても違うから、自分に合うお塩を探す時はやっぱり、塩専門店に行くのが早いかもね。

 

というお話でした。

・・
・・
・・

というだけでは、終わらないのです。

岩塩の話をしたその夜、facebookでフォローしている人が 工藤清敏さんが投稿していた記事をシェアしていて、いきなり工藤さんが現れた。

工藤さんと言えば、お塩業界ではみんな知っているような有名な方になられていて、私が知り合ったのはもう15年以上前になるかしら。同郷同市出身なのです。


その後、末期がんをやられていたのですね。大変でしたね。

でも、人生、一見不幸と思えることでも、それは神様に与えてもらった大きなチャンスな訳で、工藤さん、本当に良かったね、神様に護られたねって言う前に、ご本人の方からそうおっしゃっていることでしょう。

去年、私の目が調子悪かったときに、お友達がこの塩目薬、添加物入っていないから沁みるけれど、効なかった。くと思うよとくれた目薬。眼科からもらった目薬に添加物が入っているの? とそんなことに驚いたけれど、それよりも、よくこんな目薬探してくるねと、そっちの方に驚いて検索してみたら、サイトに工藤さんが出てきて、そこで工藤さんがお塩の業界で成功しているのを知った。だから、今回で2回目。

 

段々、私が工藤さんに近づいて行ってる感じ。次はきっと、何かの用事が発生して連絡をすることになるのでしょう。

会えるといいなー。楽しみ、楽しみ。

 

Img_5766

 

 

 

 

|

2023年9月22日 (金)

そろそろ始動-江東区大島6丁目団地マルシェ

 

猛暑もようやく落ち着く気配が見えてきました。
私もいよいよ、来週から始動します。

まずは、9月30日(土)と10月1日(日)。
この2日間は、江東区大島6丁目で開催される06カフェ主催の3周年記念イベントです。

06カフェは、この団地に住んでいる人たちのコミュニティの場作りを目的に作られたカフェです。年配の女性たちがボランがティアで運営している、とっても気持ちのよいカフェで、暖かみもあって素朴で私は大好きな所です。普段は(火)と(木)と第4(土)のランチしか営業していないので、空いているときは私に貸して~と頼みたい位のスペースと雰囲気がGoodなのです。

昨年も2周年記念に出店させて頂きましたが、URなども共催していて、子ども達が出演する催し物もあるし、親子連れやひとり暮らしのおばあさんたちがニコニコやってくる、お祭りのように賑やかなイベントです。

そろそろ私も「働きたい」という気持ちが強くなってきたところなので、今日から仕入れの準備。あまりに久しぶりなのでLINEでなくて、お電話して近況報告とよろしく!のご挨拶をしましょうか。

3_20230922131602 3_20230922131601
皆さん、9/30-10/1の土日は、久しぶりに遊びにきてくださいねー。
都営新宿線大島駅A2下車 徒歩4~5分。団地の中にあります。

|

【出番のなかった蚊取り線香】



ようやく30℃を切って少し涼しさを感じるようになりました。
今年はせっかく、蚊取り線香を買ったのに、2回しか使いませんでした。蚊も35℃を超えると極端に活動が弱まってくるらしいですね。
どうりで、いないはずでした。


昨日いぶりがっこの生産者さんと秋の予定を話していたのですが、種を植えても土の中で焼けてしまって育たないのだそうです。
それだけでなく、ご近所の農家さんは先日の雨で植えた種も流されてしまったところが多く、まったく予定がたちませんとおっしゃっておられました。

頼むよ、お天気さん、育つものはちゃんと育つべき時に育つように、異常気象は辞めてくだされよ。本当に。
Img_5762

|

2023年9月19日 (火)

【告白ー牛がだめになった日】



我が身にこんな予期せぬことがおこるのかと、未だに驚いていること。


今年の5月2日、お台場特設会場で年に一度の肉フェスがあった。

全国の5ブランド牛(佐賀牛、仙台牛、神戸牛、いわて南牛、山形牛)による史上最大規模のブランド牛対決だという。
ならば、知り合いの地域を応援に行かなくっちゃと出かけた。

お台場駅から会場まで徒歩5分。

道の両側の木に、ビーガンの団体が作ったであろう、大きなポスターがすべての木に立てかけてあった。
牛の鳴き声が聞こえませんかとか、他にもまぁ、色々苦しい写真とメッセージが。。。。

会場はどこもかしこもものすごい混雑と行列で、目当ての列に並んで食べるまで20分以上かかった。
みんなお肉好きだなーと感心しながら、柔らかくて美味しい牛のステーキを堪能。

これだけ沢山の牛肉見たら、しばらくは焼き肉食べたい症候は我慢できるだろう。

帰途、行きは左にあったポスター、帰りは反対側のそれぞれすべての木にも大きなポスターが。
これじゃ、営業妨害だなーと思いながら電車に乗った。


けれど、
何だか気持ちが悪い。バス酔いならぬ電車酔いか?

が、後日、息子の店のスタッフたちが言うことには、どうやら「やられましたねー」ということらしい。

そうか、会場のギューギューの熱気にもポスターにも反応して、牛のパワーに、ワタクシやられてしまったらしいです。
いまだにだめなのです。


たった1日でお肉が食べられなくなるってことがあると知った日。

ごめんなさい、私たちのために美味しい牛さんを育てている皆さん。

食べれる方は、どうか、命に感謝して頂いてください。



|

2023年9月18日 (月)

今度は掃除機の充電器が壊れた

 

ナンテコッタ! 

 

ipadと充電器が壊れた直後に、今度は掃除機の充電器が壊れた。

コードレスハンディタイプの充電型掃除機が充電しなくなってしまった。まだ3年も経っていないのに。

おいおい、今度は掃除機か。。。参ったなー。何でかなー。

いつ捨てられてもいいような古い古い箒でベランダの掃き掃除をしながら思った。

「あんたは偉いね、こんなにボロボロになっても役に立ってくれてね、ありがとね。」と心の中で呟いた。

すると、途端に閃いた。(笑)

「部屋も箒でいいじゃん!」と。

いつか憧れていた白い割烹着に白い頭巾をかぶって、畳の部屋を掃く私。

ニヤニヤしながら「かっこいいじゃん」と思ったけれどすぐに妄想は消えた。

うち、畳の部屋ないし、、、

その清潔で素敵なお母さんの衣装を見せる人もいないし。

まっ、いっかー。小さい部屋だもの、小回りきいていいかもよ。。。

破壊と回帰という訳さね。
ベランダ掃除していなければ、思いつかなかったお座敷箒、2,480也。

 

Img_5749

 

|

【百人の百姓の声】

 

全国の皆様、是非皆様の地域で自主上映してください。
日本では現在、古米にプラスチックを混ぜるとか、こおろぎの粉末を給食に入れるとか、とても信じられない現実が起こっている中で、この映画は、希望に繋がるへこたれない日本の農家の皆さんの声を集めた本当によい作品でした。


特に一番印象的だったのは、山菜名人の福島県南相馬市の細川勇喜さんのお話です。3.11の後山梨県に移住し、持ち出したたった1株のタラの芽が一見トラブルと思えることのおかげで新発見につながったこと。そして、その技術を惜しみなくたくさんの人に提供していながら、新しい技術や発見をしている姿は、あ、この人には神様がついているんだと思わずにはいられませんでした。


私も最近、ちっぽけなことですが、自分が食べている安心できるお米のこととか、きっと誰かの役に立つだろうと思うことを少しずつ発信していこうと思うようになってきました。今までは、それぞれ人は価値観も違うし、自分が正しい訳でもないし・・・と思うことの方が強かったので、なかなか発信にはつながらなかったけれど、もうそういう考えをやめてこれはお勧めしようということは発信していこうと思い始めたばかりだったので、細川さんのお話やエピソードは印象的でした。


この映画にあった「全国でやっているという種の交換会」も知らなかったし、日本人ってすごいなーと思ったことでした。
農業に携わっていない人でも、1人でも多くの人に、この映画をみてほしいです。
みんなで農業のこと、農業を守り続けている人達のことを考えてみませんか。


「百姓の百の声」
Img_5748
自主上映している地域

|

2023年9月16日 (土)

朝目覚めたら白湯と髪とかし

 

毎朝、起きると白湯(我が家は素流水なので浄水器から出てくる水にお塩i少々)を1杯飲んで、それからベランダに出て髪をとかす。

なんで髪をとかすのか?

実は、

7月に、逆さまつ毛が再発して2回目の手術をしました。右目ばかり。
1回目は去年の3月だったので、なんでこうなるのかなーと今も理由がわからずにいる。

その頃、知り合いの健康先生が、それは頭皮が緩んでいるからかなーと言ってらしたというのを聞いて

「とうひ?!」 とうひって、頭の皮のこと? くらいの勢いでたまげた。

美容院のオーナーには「川野さんくらいの年齢になるとみなさん、薄毛や抜け毛が気になってくるのに川野さんは全然心配ないですね」と言われる位、毛量は多く、一度も トウヒ のことなど考えたことがなかったけれど、顔も目もどこもかしこも下がってくるんだから、頭皮がたるんできてもおかしくないよなーと思った。

その時フト、以前ラジオで薬膳の先生が言っていたことを突然思い出した。

おばあちゃんが「朝起きたら髪ときなさい」と教えてくれていたので、今でもずっと朝は白湯を飲んで髪をとくんですと言っていた。

へぇーと思ったまま忘れていたけれど、この時、突然、その時の薬膳の先生の昔のおばあちゃんの知恵を思い出した。

気になっていたのかなー。

ということで、7月から、朝は白湯(さゆ)と櫛。

ベランダで髪をとくと、4~5日もすると抜け毛が気になって、ベランダの掃き掃除をするようになった。

おぉ、一石二鳥とはこのことか。

薄毛や抜け毛が気になる方朝一の頭皮ブラッシング よいかもですよ。

 

 

Img_5742

|

2023年9月15日 (金)

納豆を手作りしてみた

 

食品添加物や電磁波、ワクチンなどの身体にためておきたくないものを排出するために、納豆は解毒作用があってとてもよいという。

日本の知恵だって。

ただし、納豆の大豆は遺伝子組み換えでない大豆であり、タレも添加物が入っていないタレとなると、スーパーにはなかなか売っていない。市販の納豆って、本当にいろんなもの入ってるんだよー。

ならばと、自分で作ってみようという気をおこし、納豆作りにチャレンジ。すごいね、ワタシ。エライぞ。

--------------------

無農薬・無化学肥料の小粒大豆 500g 680円

納豆菌粉末3g 有機大豆抽出100% 626円

Img_5714  Img_5717 Img_5725Img_5727Img_5726

★大豆100gで出来上がり納豆220g

1.大豆を一晩水に浸ける
2.煮る(圧力鍋で約20~30分)
3.納豆菌0.1g + 水10cc 大豆にふりかけて混ぜる
4.ヨーグルトメーカーで24時間保温発酵
5.冷蔵庫で1日冷やす

レシピ通りに作らなかったので失敗するかもと思ったけれど、ちゃんと糸引く美味しい納豆が出来た。

なんでレシピ通りに作らなかったかというと、

いつも圧力なべで大豆を煮るときは10分で出来るので30分には驚き。溶けてしまうのではないかと思った。結局25分で止めたけれど、20分でもよいかもしれない。普通の鍋で煮ると3~4時間かかるというから、これでは納豆作ろうという人はなかなかいないよね。


納豆菌は0.1g。(3g入りの0.1g)

0.1gって
小型スプーンの先端5分の1が埋まる程度 と書いてあるけど、小型スプーンってどんなスプーン? 先端1/5ってどのくらい?
計量秤は1gだって正確に測れないから、そちこちゴソゴソ探してやっと見つけた極小サイズのスプーンに1杯。適当。

ということで、丸2日かかった納豆。
ちゃんと糸も引くし、味もいいし、茹でた段階で大豆の薄皮が向けてしまってどうなることだろうと思ったけれど、全然気にならない。きっと茹ですぎだと思う。

なんか、段取りさえわかればあんまり神経質にならなくても納豆はできるんだなーということがわかった日。
この大豆を使い切ったら、大き目の大豆で沢山作って冷凍しておこうと思った良き日良き日。

もっと上手にできたら、譲ってあげるね。

 

 

 

|

2023年9月14日 (木)

人生の充電期にスマホの充電器が壊れた

 

6月に充電器が壊れて高速充電に買い替えたばかりなのに、またまた充電器が壊れた。

今度は、充電中のipadが棚から落ちて、挿し口に部品が入ったまま折れた。結局、その部品は取れずipadは使えなくなってしまった。

TVを見ないのでスマホでラジオを聞くことが多く、寝るときも枕元において聞いたり、夜中に目が覚めたときに聞き逃しを聞きながら寝ることもよくある。

なんなら、充電しながらスマホをいじって胸の上に置いたり、だっこ状態で眠ったりしていた。

そしたら友達が、充電中のスマホは電磁波をあびているのと一緒だから、やめた方がいいよと教えてくれた。

知らなかったー。電子レンジ使わなくても平気になって喜んでいる場合でない。

世の中知らないことばかり。

スマホのだっこ寝は辞めろという神様からのメッセージだね、きっと。

有難く受け止めて、今日からスマホは枕元に置かないことにします。

ipadはただの置物となりました。ありがたや、ありがたや。(笑)

|

2023年9月12日 (火)

土鍋でご飯を炊いてみた

 

息子が、「明日のイベントはおふくろ向きだよ」というので、ならばと参加したおにぎりの会。

これまで白米を炊く時は、炊飯器で3合炊いて1食分ずつおにぎりにして冷凍していたけれど、このイベントに参加して
「そうだ!1合だけ土鍋で炊いてみよう」と思いついた。

知らなかったわけではないのに、なんで今までやっていなかったのかなーという程簡単で美味しい。

白米1合、水はちょっとだけ多めの1.2倍、沸騰したらすぐに弱火にして8分、火を消して10分放置、これだけでとても美味しい炊き立てご飯が食べられるようになった。

冷凍しないで1日2食で食べきり。(茶碗に2杯強位かな)

普段レンジを使っていないので、いつも冷凍したご飯を食べるときは、1時間位前に炊飯器の保温に入れて食べていたのが、土鍋だと2杯目は冷たいままでも美味しいので食べきってしまう。

土鍋炊きたてご飯に卵かけご飯とか、納豆とか、お漬物とかね。味噌汁も味噌玉して冷凍しておくと、お湯を入れるだけですぐに味噌汁まで飲める。ほんとに素朴で質素だけれど美味しい美味しい。おこげもできていいねー。

Img_5707 Img_5706 Img_5708

 

 

|

« 2023年7月 | トップページ | 2023年11月 »