2019年10月22日 (火)

アルゼンチン産ワイン「MISSION of TSUNEO YONE」

Photo_20191022184101

かがり火復刊10周年のパーティーで振舞われたアルゼンチン産ワイン「MISSION of TSUNEO YONE」。

山形県南陽市から、1957年(昭和32年)にワイナリー経営を夢見て、南米に移住した米常夫さん一家。(ラベルはその当時の写真だそうです)
親戚中の反対を押し切って、夢を実現するために奥さんを連れて渡ったが、米さんは夢を果たすことなく亡くなった。
長男の邦久さんがその夢を実現させようと頑張ってきたが、ブドウ栽培はできたものの、巨額の投資を必要とする醸造設備をもつまではできなかったという。

2008年にサラダコスモの中田社長がその米農園を訪ね、その苦難の道を聞いたことから、支援が始まったという。
10年以上かけて、ようやく出来たワインがこの「MISSION of TSUNEO YONE」。

かがり火186号10P-11Pに、「アンデス山麓でワイン用フドウを栽培する米邦久さんと、応援する中津川市サラダコスモの中田智洋さん」というタイトルで、記事が掲載されています。(かがり火は「箕と環」(みのとわ)に置いてあります。いつでも見に来てください)

味については記事の中でこんなふうに紹介されています。
「邦久さんが栽培しているワイン用のブドウはシラーという甘みのある品種である。フランス南東部のローヌ地方が原産とされるもので、深い赤紫色をしており、ピノ・ノワールのようにデリケートで華やかな香りをもちながらエネルギッシュで野性的と言われるブドウである。カベルネ・ソーヴィニヨンよりも収穫量が多く、より幅広い土壌や気候に対応できるという特徴がある。」

どこかのタイミングでまずは飲んでみたい、と思っていたので、試飲と共にこの日、中田さんのこのワインのお話を直接聞けたことは本当にラッキーでした。素直に感動しました。かがり火に同封されていたチラシは見ていましたし、その後、ざっくりとかがり火の記事は読んでいましたが、行動を起こすまでに自分の感性が働いていなかったことの残念さと共に、違う意味で、やっぱり“人に会って話す”ことの大事さを思ったりしたのでした。

米さん一家が、60年前から異国で奮闘してきたワインが、ようやく中田さんの力を借りて、山形県に里帰りさせたというお話、目に見えない人の気持ちが続いて繋がっている。
我が人生にはこういうことはないので、本当に驚くというか、中田さんのすごさを思うというか、かがり火の忘年会の日には、私から差し入れで入れさせてもらおうと思っています。

お問い合わせは、サラダコスモちこり村ギフト係  0120-880-433 

1箱6本で9,000円(税込)送料無料

Img_0211

何度もアルゼンチンに通いながら、米さん一家の夢を果たすために支援し続けたサラダコスモ中田智洋さん。
美濃チコリ焼酎のはっぴを来て、ワインの宣伝をしています。(笑)

 

|

2019年10月18日 (金)

秋ですねー。津軽から栗入荷。

今日はマルシェの出店が出来なくなってしまったので、手配済みの津軽の栗を店に送ってもらいました。いつもいろいろ里の自慢や手作りの漬物などを送ってくださる津軽の芳子さんのからです。
1個30g以上もある立派な栗です。

今日中に売り切りたいので、お安く値付けしてみたら、ランチのお客様が7人も買ってくださいました。
ありがたや、ありがたや。

ディスプレイ用のイガクリまで入れてもらったので、本当に秋の風情が目の前に・・・と言う感じです。
インスタバエするというのでしょうね。

Img_0177

|

2019年9月23日 (月)

地元の人は地元の魅力がわからない(^o^)

第1回目のお試しマルシェのときには、青森県弘前市在住のりんご農家の芳子さんに、紅玉ジャムや清水森ナンバ醤油漬け、手作り味噌、寒こうじを送ってもらいました。「毛豆や梨、プルーンなども有りましたが漬物をとのお話でしたので絞ってみました。 」 ということで、もう少し寒くなってきたら、いよいよ漬物もお願いする予定。


漬物以外にどういうものがほしいの? と聞かれたのでまずは簡単に応えた。

1.津軽にしかないもの
2.添加物があまり入っていない手作りのもの 
3.ネットで販売していないもの
4.原価が高くなりすぎないもの

すると芳子さんからの返事は

「津軽にしかない物は、津軽しか知らない私にはわかりませんので教えて🎵だった。

思わず爆笑してしまった。そうだった。うっかりしていた。そうなんだよね。

何がほしいかと言われても、何があるんだっけ? と逆に聞き返す始末。

毛豆は勿論在来種の毛豆ということで今からが旬、これから全国的に人気が出てくる知る人ぞ知るの枝豆だから、ほしいに決まってる。
プルーンについては、以前TVで長野の生プルーンの取材をしていたのをみて驚いたけれど、生のプルーンって意外と食べたことのない人が多いので私も実家からもらったのをなみへいの店で生販売したこともあったっけ。


というわけで、こんなときに道の駅にスッと訪ねていければいいのになあと思いつつ、GW前に帰省したときに行った田んぼアート、田舎館の道の駅で写した写真をちょっと探してみた。
東京では食べられなくて恋しいものばかり。 あぁ、葉くるみの漬物食べたい。。。

Img_2185 Img_2182 Img_2186 Img_2184

#紅玉ジャム #清水森ナンバ醤油漬け #なみへいマルシェで販売

|

2019年8月29日 (木)

沼尾ゼミの打ち上げで

今日は地域活性化センター、全国地域リーダー養成塾沼尾ゼミの打ち上げでした。
もう、何年うちでやってくださったのでしょうか、沼尾先生は、今年で最後になるのだそうです。
沼尾先生には本当にお世話になりました。
シリーズ田園回帰(4)】 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」 に、なみへいを選んでくださり、大晦日まで原稿のダメ出しで打ち合わせをしました。いろいろ苦労したのに、10年を節目に閉店してしまって本当に申し訳ないことをしました。

来年からは、海外に日本を知らせるようになるとのことで、益々世界が広がってお忙しくなるんですねー。

Img_2897_20190830112001

 
Img_2899

Img_2905

全国から参加していらっしゃる自治体の方たちが、毎年地元から1品持ち寄って披露するのですが、私は岩手県宮古市産業振興部の職員さんから、こんなすごい日本酒を頂いてしまいました。嬉しい!
ところが、こんなにすごいお酒なのに、瓶と箱を参考にしてあちこち検索したけれど、全然たどり着けなかったすごい日本酒です。(笑)
そこに感動してどうする!(^-^;

ついには、くださった方にきいて、なんとか探し当てました。こんなことがあっていいのでしょうかねぇ。。。。

2018年KURA MASTER 金賞受賞のお酒です。

Img_2907_20190830112101

【HPの説明】
Kura Master は2017年からフランスで始まった、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒コンクールです。 審査委員長は、パリで最も格式と歴史を持つクリヨンのシェフ・ソムリエのグザビエ・チュイザ氏。58名のフランス人トップソムリエ達によって審査され金賞が選出されました。 https://www.ginga.or.jp/senkin/oursake/index.html

冷やして頂きたいと思います。ありがとうございました!

|

2019年8月 7日 (水)

自然栽培玄米と塩だけで作ったポンせんべいのこと

我が故郷、青森県平川市に、玄米と塩だけで作ったポンせんべいを作っている人がいます。
小野敬子さんといいますが、知り合ったのはもう20年近く前になるでしょうか。
2004年には、起業体験をお話するために上京して頂いたこともありました。
その頃彼女はHPももっていなかったので、何度も何度も何度も(本当にうるさいほど)ネットを使って販売した方がよいとアドバイスをしたことを思い出します。(何しろ、その当時は起業を応援するNPO法人を率いていましたから)
そのうちにようやくHPは出来ました。でも、そのHPには注文はネットではなくてfaxでと書いてあって、あれじゃだめでしょ!と、会うたびにいうものだから、しまいにはうるさがられるばかりで迷惑だろうなーと思って私が諦めたのを思い出します。

今年、久しぶりにLINEでつながって、HPを見に行ったら、今度はもうHPさえなくなっていました。(笑)(^-^;
でも、空港とか、スーパーとか、お寺とか、いろいろなところでこの商品をみていたので、アナログで頑張っているんだなーとずっと続いていることに感心しながら時々は買って帰っていました。

Img_2850Img_2849

地方には、こんなふうに、まじめにコツコツと手間暇かけて安心安全なおいしいものを作っている人たちがたくさんいます。
金賞受賞した手焼き煎餅を作っている人もいますが、やっぱりHPはもっていない人が多いのですよね。
本当にもったいないことだと思います。だから、地方にはこういう意味でも、起業複業のチャンスは多いと思います。

そこで、私は今年、こんな個人や家族経営で作っている人たちの良品を、首都圏で販売するお手伝いをしようと思っています。
勿論、これだけでは、労多くして功少なし・・・ですので、ここからスタートして実績を積み、故郷を想う出身者たちの力を借りながら、多くの人が幸せを感じることができるようなことで頑張ってみようと思います。

この10年は、地方から食材を首都圏に入れてきました。
次の10年は、今度は首都圏から地方に人を送り込む、そんな善循環を実現出来れば、苦労も悪くはないかもしれません。

UJIターンを希望している人が、現地で起業複業につながるような「しくみ」を首都圏で作れると、善循環が可能になりますかねー。



☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
★☆★───────────────────────★☆★

 

|

2019年7月 6日 (土)

青森県の郷土料理 棒鱈煮付け 試作&試食

息子の店「箕と輪」(みのとわ)は47都道府県の特産を出す飲食店として、もうすぐいよいよの開店に向かって準備中です。

それぞれ得意な地域をもっている人にアンバサダーになってもらって、「これはどうよ!」というご自慢の食材やお料理を推薦してもらっています。サンプルとったり見積もりとったり試食したりで、大変みたい。(よくわかる)

昨日は、青森県の郷土料理として、棒鱈の煮付けの試作&試食しました。調理したのも私なんです。エヘ。信じられないかな?!(笑)
乾物なので、これを水にふやかすこと5~6時間、出汁昆布をいれてまた1時間、それから味付けをして30分。さらに一晩寝かせて味を調整するということだからね。結構時間がかかります。でも、美味しい。私これ大好きなんです。

でも、この棒鱈の煮付けは、青森だけでなく東北の方では山形でも作っているし、きっと秋田や岩手にもあるかもしれませんねー。



Img_2548 Img_2445 Img_2446


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年7月 5日 (金)

今年もまた届きました。佐藤錦!

山形の柏倉さんから、今年もまた佐藤錦が届きました!

今年の初物です。年に一度のお楽しみ。柏倉さん、ありがとうございます!
甘くておいしいです。

Img_2533


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

|

2019年3月14日 (木)

郷土料理の本 岩手編

岩手の郷土料理の本も届きました。りっぱですねー。300ページあるんです!
お洒落でおいしそうなフレンチを見ているより、こっちの方にウットリしてしまう。
食べてみたいなーって思わせる。郷土料理っていいなー。

個人の興味って本当に不思議です。

Img_1680_3

Img_1679_2
Img_1681
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2017年6月13日 (火)

岩手県大槌町産新巻鮭の土鍋炊きご飯

今日は、7月の試作をしました。
まずは、新巻鮭の土鍋炊きご飯です。
文句なく、ウマかったです!

余談ですが、うちの料理長は、入社のときに、土鍋ありますかと聞いたくらい、土鍋でご飯を炊くのが好きで、雑炊に入れるご飯まで土鍋で炊いて、さすがにそれは辞めようよと私に言われたことがあるほどです。

Img_5651



▼▼▼  6月は山形県飯豊町です!▼▼▼
▼▼▼  7月は岩手県大槌町と復興支援の絆の長野県軽井沢です!▼▼▼
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
 【シリーズ田園回帰(4) 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」
 第9章に寄稿しました! 10人のお話→ http://goo.gl/plUJPw

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

3月特集の土浦市 現地訪問に行ってきました

三つ葉の(有)菜花さんです。この規模の大きさにびっくり!
生産量、土浦イチだそうです。

Img_1143

Img_4691

Img_4695

武井れんこん農園さんです。土浦マラソンに出場する人も、わざわざ武井さんのところによって蓮根を買うそうです。

Img_4649

Img_4645

Img_4647

まだ掘っていない蓮根の畑です。
創業329年の柴沼醤油(株) さんです、こんな歴史があって本当にすごい!

Img_4676

Img_4669

Img_4666_2
最後は常盤商店さん。70歳すぎのお母さんと兄弟でやってらっしゃいます。

Img_4701_2

Img_4698

Img_4705

Img_4712

やっぱり、作っている人のお顔をみて、お話をきくと全然違いますね。
毎回、現地訪問できるといいのですけれどね。

土浦市役所のみなさん、ありがとうございました!



 ◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
 ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子
全国うまいもの交流サロン なみへい TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧