カテゴリー「」の記事

2015年5月 8日 (金)

母の日です(^o^)

今日、私宛にとても綺麗なお花が届きました。

何だろうと思ったら、どうやら、「母の日」だったみたいです。
嬉しいな~。
少しも母らしくない母だけれど、息子は勝手にちゃんと育っていて、よかったねと、いつも、義理の妹に褒められる私。(笑)
しみじみ、多くの人に感謝。

Dsc_0410

◇───☆★☆───────────────────────☆★☆
      ニュープラネット合同会社 代表社員 川野 真理子

★全国うまいもの交流サロン なみへい  http://www.namihei5963.com/ 
  facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
  TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
------------------------------------------------------------
★ニッポンの郷土の食と地酒の店 Funeフネ http://www.fune5963.com/
   facebook https://www.facebook.com/fune2014
   〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
   ちよだプラットフォームスクウェア1F TEL&FAX03-5259-8051
◇───☆★☆───────────────────────☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

たまにはプライベートネタ

今週は、ずっと、満席貸切が続いています。

皆さん、すごいねと言ってくださいますが、先週今週は忘年会のピークです。
今ガラガラなら、「なみへいに明日はない!」(笑)

というわけで、気分転換で、たまには、息子ネタを。

先月末、かわいい義姪っ子の待ちに待った結婚式に、息子と、息子の父親と3人で呼ばれて行ってきました。何年かぶりに、元嫁ぎ先の親族にもお会いしてきました。いい結婚式でしたよ~。

息子が、母を呼んでくれて本当にありがとうと、義妹やおばあちゃんにお礼を言いました。仲良しの義妹に、「ほったらかしで育てたのに、いい子に育ったねー」と、褒められ? ました。(笑)

次におばあちゃんに会えるのは、息子の結婚式の時かな~。そんなときが来るのかな~。

Rimg0292

Rimg0278

12月の特集 北海道利尻・礼文・奥尻島のニューはこちら
http://www.namihei5963.com/index.shtml

★ご予約はこちらから.Tel.03-6666-5963
http://www.namihei5963.com/form-yoyaku/yoyaku.html

facebookページ いいねボタンよろしく!
http://www.facebook.com/#!/NAMIHEI5963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

自分らしい事業を!

経営者に、“あるべき姿”ってないんじゃないかと思うのね。

ものの本には、理想的な経営者像が書いてあるけれど、結局は、自分の性格にあった事業の進め方をしていくことが一番、“あるべき姿”なのだと思う。

自分を知ること。自分の得意を活かすこと。これがとっても重要なことだと思う。

是非とも、自分らしい、幸福な事業作りを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

プロとは

プロとは、もう一度この人と仕事をしたいと思わせる人のこと。

たとえば、イレギュラーなことがおこった時、おこらなかったとき以上の結果を出してお客様を喜ばせることができる人。

それが仕事仲間であれば、相手を責めたり諦めさせたりせず、希望をもたせる方向に持っていく。嫌な顔をしない。怒らない。

だけの人間性を持て! と、自分に言い聞かせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

息子に伝えたいこと

プロになればなるほど、世界はだんだんせまくなってくる。これは事実だ。

だから、息子に伝えたいと思う。

駆け出しのときでも、プロになったときでも、どんな時でも、嘘をついてはいけない。ひとたび嘘をつくと、嘘の上塗りをしなくてはならなくなるよ。

どんなときでも正直であれ。
結局は、それが一番自分を守り、信頼される生き方になるのだから。

自分の力など、たかが知れているのだから、そのことをしっかりと知れ!
誠実に、愛をもって人には対処しなさい。有名になる必要はどこにもない。

自分を守るな。プライドより愛が重要。怒りの種火を持ってはいけない。

失敗だらけの、いまだにチャレンジャーな私だけれど、これまで経験してきたことを、仕事を通して、現場でアドバイスしてあげたいと思うようになってきた。

謙虚であれよ、まずは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

コナン君一家が来日!

日本で生まれて、6歳まで江戸川で過ごしたコナン君が、実加ちゃんと旦那様と3人で里帰りしました。先週の土曜日、パーティーがあるというので、会いに行ってきたのでした。コナン君、すっかり大きくなっていて、ハンサムボーイだったよぉ。

チャキチャキとパーティーのお手伝いをしていたっけ。

実加ちゃんが、ちゃんとブログを読んでくれていて、息子に、ボストンのTシャツをおみやげにくれた。今はニューヨークではなくて、ボストンに住んでいるんだって。

Photo_3

Photo_2

息子は8月まで目一杯忙しくて、まったく時間がとれないということで、会えなかった。
8月にフジロックがあるから、その準備でてんやわんやなんだろうと思う。

息子の人生も無難に安定した人生とは無縁そうなので、もし、生き方を変えたくなったら、そのときは、しばらく日本脱出して、みかちゃんに連絡して、ボストンに行ってみるといいと思うよ。みかちゃんが、たくさーん、いろんな所を案内したいと言っていたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

助けてほしいって言えない30代

この間テレビをみていたら、牧師さんが路上生活をしている30代の若者たちに声をかけて、電話番号も住所も全部書いて、君は一人じゃないから連絡をよこしなさいというお手紙を渡して、その活動はもう10何年も続けているという番組をやっていた。

でも、本当に言ってこないのだそうだ。

彼らは自分を責めていて、どんなに苦しくても死にそうになっても、助けてほしいと言わない。どうして助けたり、助けられたりすることができなくなってしまったのだろうかと、牧師さんは言っていた。

どこかでそのことが気になっていたのかもしれない。

私が小学校の頃、父が、1か月とか、3月とか、時々知らない人を連れてきて、ご飯を食べさせていたことを思い出して、昔はそういうことが、珍しいことではなかったのかもしれないな~と思い出していた。

私は息子に、「人に迷惑をかけてもいいから、かけたことを忘れない人間になりなさい」とずっと言ってきた。迷惑をかけないなんて、そんな生き方どうすればできるの?

迷惑かけることなんて、たくさんあるよね。大人になっても。

息子が、いよいよ生きていく最低条件がかなわなくなった時、助けてほしいと言える人間かどうかわからないけれど、「人に迷惑をかけるな」という言葉は、もうやめようよ、と子育て中の大人に言いたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

息子よ 人格>技術 だよ

昨日、息子と彼女が遊びにきた。というより、明日ディズニーランドに行くというので、うちに泊まった方が近いから泊まるよというわけだ。

夜中の12:30に駅で待ち合わせして、土間土間で飲んで、また家で飲んで、彼女と3人でいろんな話をした。息子は、週6日、夜の仕事はすっごくきついけれど、これまでの人生で今一番一生懸命、120%働いているそうだ。きついけれど楽しいんだって。

よかったよ。
120%の力を出せる職場に巡り会えるなんて、なかなかないことだから、それはとても幸せなことだ。
120%の力を出し続けられれば、自分の力がどの位あるのかわかってくるから、ある時期は120%働くことが必要だと思うよ。

そして、
仕事ができるようになって、プロとして通用し始めたら、要注意だ。

「おごるなかれ、謙虚であれ、技術よりもっと大事なことは人間性なんだから、決して勘違いしないように。人間を磨きなさい。」と、いつもと同じことを私はあえて言う。

だって、何よりこれが、ゴーマン系の息子にとって一番の課題であり、人生痛い思いをしないためにも重要なことだから。

「お客さんも先輩も、みんなそんなことを言うんだよね」と言うから、いろいろお客さんに教えてもらってるのだろう。21歳っていいねぇ。みんないろいろ教えてくれて。

これが、30歳となると、いちいち言ってもらえないからね。

自分で気づけっていうことになる。

気づいて自分で克服せよ。自分を越えろ、という話しをしているうちに、夜も更けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

息子を開墾ツアーに誘ったら

息子に、5月3~4日の「なみへい開墾ツアー」のお誘いメールを送ったら、珍しく返事が返ってきた。

お袋よ、山梨県もいいが、俺はスウェーデンに行きたいのだ。コナン君達がいるのってスウェーデンだよね?

思わず母は返信した。

息子よ、スウェーデンもよいが、コナン君は、ニューヨークだよ。

コナン君というのは、生まれてから6歳まで江戸川区に住んでいた、私の友人の子どもの名前だ。江戸川区のコナン君という訳だ。今はもう、10歳とかになったかなぁ。

なんでまた、スウェーデンなのか、今度会ったら話をきくのが楽しみだ。
若いっていいねぇ。どんどんいろんなところに出かけるがいいね。

あたしは、青森に故郷別荘がほしい。

                                   トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

息子、久々に里帰り

金曜の夜、奇跡の早番だと言って、就職して初めて、息子が彼女と一緒に帰ってきた。
早番と言っても、勤務時間は18:00~23:00だというので、家に帰り着いたのは、24:30過ぎ。

今勤めている青山のお店には、かなり有名なロック歌手たちがくるそうで、名前を聞いてびっくり!聞けば、ロック系では有名な人たちが来る店なんだと。

ラベルをお客さんに見せながらお酒を注ぐやり方を実践して見せてくれたり、ほとんど11時間立ちっぱなしだとか、ロック系の他県でのイベントに店が参加することもあるとか、怒られる内容は、みんなそうだと思えることばかりだから、納得できるとか、DJや周辺関係者をつれて軽井沢に社員旅行に連れていってくれるんだけど、全額お店がもってくれるとか、まあ、いろんなことを話してくれた。

我が子ながら、この子は大人だな~と思うよ。
本人も、自分がまだ20歳にしかなってないのが、時々不思議に感じると言うから可笑しい。結局、明け方4:00まで話し込んで、起きたのはみんな昼を過ぎていた。

毎日ハードで、休みの日に彼女と一緒に食事をしに行くのが一番楽しみなんだと言っていたのが、何かいい感じだった。(笑) ありがとうね、彼女。息子がほっとさせてもらえて。

子どもが幸せそうなのは、何よりいいよ。

だから、秋葉原事件の親御さんのことを思うと、切なくて胸がつぶれそうになります。

彼女も来春美容の専門学校を卒業するので、今一生懸命就活をしているし、私もこんな感じでなみへいの準備真っ最中だし、みんな、新しい人生に向けて頑張ろうねという感じでした。

毎日、成長して夢を追いかけて、幸せな日々を過ごしてほしいと思うよ。

私もね。(^o^)

                                   トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)