2019年11月26日 (火)

あなたの故郷作ります! 企画書(未完)

東京には故郷のない人がたくさんいます。

これまでずっと在京出身者を意識してきましたが、ある時「故郷のない人に故郷を作ってあげればいいじゃない!」と言われて、かなり新鮮に驚いたのでした。

その後も、マルシェの先の「これしかない、今しかない」ブランド作りのことや、岩手町に行ったり新庄村に行ったりする中で、これまでやってきたことや出来ること、そして何より、やりたいことは何か? などを考えている中でまとまってきた企画書です。

まだまだ未完ですが、これから、岡山県新庄村に受け入れ地域になってもらい、東京から人を連れていって、その人たちが地元の人と繋がること、また個人でも行きたくなること、何年かのうちには第二の故郷になっていくきっかけを作りたいと思います。
新庄村さん、よろしくお願いいたします。

とりあえず今現在の「あなたの故郷作ります!」企画書です。この中から一つずつ、時間をかけてゆっくりちゃんと実現できていけばいいなと思いますし、私的にはやっぱり「地域と食」をテーマにしていきたいと思っています。

そして大事なことは、現地の“足”になってもらう以外は、極力自治体の予算を使わないやり方で実践していきたいです。
協力して頂ける地域さん、受入れ検討の余地がある方はまずはご連絡ください。

TEL.03-6666-5963  wave★namihei5963.com(★を@に変えて送信してください)
担当は、なみへい合同会社 代表社員川野真理子です。 

Photo_20191203145801

1_20191203145801

|

2019年11月24日 (日)

岡山県新庄村に行ってきました!

11月20日(水)、ナント!日帰りで岡山県新庄村に行ってきました。
新庄村は「NPO法人日本で最も美しい村連合」にも加盟している、本当に美しい村です。人口約1,000人。

きっかけは、10月、お店に新庄村の村長さんが気てくださって、いろいろなお話をしてたのですが、一度新庄村に来てくださいということになり、はい! という訳で、本当に行ってきてしまいました。 
いすみ市でも、柿をもいでもいだ柿で和菓子作りの講師をお願いした後藤鈴子さんに声をかけたら、一発で行きたい! ということになり、トントントン拍子で行ってきました。

いやー、日帰りとは思えないほどの充実した旅でした。
あまりに楽しかったので、今度は、実際に女史たちをつれて1泊でいくことを約束しました。

さて、いつ頃行きましょうか。

内容は既に決まっています。(続きは「あなたの故郷作ります!」で)

Img_0772

 

Img_0751

Img_0750

Img_0777

Img_0756

Img_0766

Img_0764

 

Img_0769

Img_0756_20191203133101

 

Img_0774

Img_0749

次回はこの滝の前でバーベキューをやろう!と決まりました。(笑)

Img_0719

Img_0686


突然訪ねた工房で、お母さん達が新庄村特産のお餅を袋詰めしていました。
ここに90分もいて、一緒にお茶っこタイムにまで仲間に入れてもらいました。
ここが何より一番楽しかった! 田舎の母さんたち、大~好き。

 Img_0726 

Img_0743

バナナよりも甘い、ポポという果物だそうです。7年ぶりに木になったようだと言っていました。

Img_0740

Img_0736

Img_0690

農薬不使用、無化学肥料のもち米「ひめのもち」で作った玄米豆餅と豆餅、しゃぶ餅を、その場で購入させてもらって背負ってきました。

マルシェで売ります! この玄米豆餅はすごいよ!

地元の道の駅でも販売していない注文制のようでした。見つけた!見つけた! 地域の逸品!

Img_0784

鍋用のお餅です。東京ではちょっと珍しいかもしれませんね。

Img_0786

Img_0782

村長さんや偉い人と、今度はいついらっしゃいますかの密談。(笑)
企画書出します。

Img_0780

 

|

2019年11月18日 (月)

岩手県岩手町に行ってきました。-お食事編-

素晴らしかったお料理のこと、お料理に合わせて出てきた9種類のくずまきワインのこと、保険に入っているという器のこと、何から何まで本当に感動しました。
明日改めて書き足します。今日はまずは人編も含めて、先に写真だけアップしますね。

77284174_2562110457236068_34230936808508

Img_0482

Img_0483

Img_0485

Img_0490

Img_0491

Img_0492

Img_0502

Img_0430

Img_0496

Img_0669_20191118161801   

|

2019年11月17日 (日)

岩手県岩手町に行ってきました。-桜山荘編-

歴史的な建物である桜山荘(おうざんそう)。柴田和子さんが、おじいさまから引き継いだ個人の建物だそうで、普段はなかなかお邪魔できない特別の計らいでお邪魔させて頂きました。真っ赤なもみじがそれはそれは美しく見事でした。
屏風は、津軽のナナオさんという方が泊まって書かれたということです。
我が故郷津軽から、何のご縁があってここまで来られたのかなーと思いました。

Img_0418Img_0422

Img_0424 

Img_0428 Img_0442

Img_0440

Img_0429
夕方からここでお食事会が始まります。

 

 

|

2019年8月 4日 (日)

全国まちづくりフォーラム 福島県飯館村にて

8月2日から2泊3日で「第17回全国まちづくりフォーラム」に参加してきました。
今年の開催地は福島県飯館村です。飯館村の村長さんを中心に、役場の皆さんが本当に「までい」(「手間暇を惜しまず」「心を込めて」「丁寧に」「慎ましく」 という意味)なおもてなしをしてくださいました。バス4台、100人近くの人たちが一度に訪問するわけですから、準備は本当に大変だったと思います。ありがとうございました。
長谷川ファミリーの美しいソプラノと演奏、管野村長さんの講演、いいたて村食を考える会の皆さんのおいしい郷土料理、相馬野馬追で身に着ける具足の着装や、蔵にしまってある鎧の見学、今は使われなくなってしまった独創的な小学校の案内等々、少しでもたくさんの飯舘村をみてもらおうという気持ちが伝わるスケジュールでした。

Img_2736

村長さんの講演が翌日の新聞に掲載されました。

Img_2839

Img_2771

飯舘村も暑かったですねー。

Img_2774 

新しい交流拠点として作られた「いいたて村の道の駅 までい館」で一番特徴的なことは、天井から生花が下がっていて、自動的に肥料や水などが補充されるのだそうです。飯館訪問はこれで3回目ですから、いつ来ても枯れていないで綺麗に咲いているのですごいなーと思います。

 Img_2749

大越さんという個人の方が収集された鎧や兜、刀などを見せてもらいました。
蔵の隣にご自宅があるのですが、今はこんなりっぱなお家に住んでいらっしゃらないそうです。平穏な生活と人生が一変してしまったことを改めて考えてしまいました。

Img_2767

Img_2762

Img_2760

大交流会で、実際に鎧兜の着装を披露してくれました。

Img_2808

Img_2817
Img_2830

 

こちらは村長さんのご自宅にある蔵の中の美術館。 

Img_2743 

Img_2744_20190805130901

Img_2745

他にも「山津見神社」(狼を祭っている)や「長瀞帰還困難区域」への特別視察を許可して頂いて訪問しました。
山津見神社の写真は前回訪問したときの様子をアップしてあります。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-b00884.html

全村避難から8年。まだまだだとしても、管野村長さんの苦悩と覚悟と村人への愛情がなければ、こんなスピードでここまで復興は出来なかっただろうし、日本中からの応援と寄付を頂く理由がしっかりわかる研修ツアーでした。
経済や効率や成果だけでない、見えない心のシェアを忘れずに、まっとうに、までいに、人としてちゃんと生きていかないとなーと思ったことでした。

Img_2836 Img_2845

 

|

2019年5月18日 (土)

2度目の福島県飯館村訪問です

飯館村の村長、菅野 典雄(かんの のりお)さんの6月5日のコラムにこんなことが書いてありました。
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/site/mayor/4439.html

私達は、先月2019年5月17日に1泊2日で、私にとっては二度目の飯舘村訪問に行ってきました。
訪問の理由は、今年8月2-4日、毎年のように参加している「街づくりフォーラム」の今年の開催地が飯舘村なので、幹事の皆さんと一緒にこんな私でも8月に何か少しでもお手伝い出来ることがあるのかしらと思って、お誘いをうけて訪ねてみました。
幹事さんと言ってもすごいんですよ。オホーツクの船木さん、愛知県豊田市足助の佐久間さんたちが中心になって、もう何年も地域のキーマンたちとの交流を続け十何年も続けているそうなので、本当にすごい人たちで頭が下がります。

「街づくりフォーラム」が先で、その後、かがり火という雑誌(代表は菅原歓一氏)に賛同して、経営的に厳しいかがり火を支えているのが、支局長はもちろんのこと、この「街づくりフォーラム」の活動もあるようです。
かがり火は一度廃刊しているのですが、この「街づくりフォーラム」の船木さんや佐久間さんたちが中心になった、全国のかがり火を応援する支局長たちの一斉の声掛けで、幸か不幸か(編集中の菅原さんにとっては、本当はここで辞めたかったのではないかなーと思ったりするので)、全国から資金を集めて復刊した雑誌ですが、雑誌だけではなく、これは明らかに編集長である菅原歓一さんの人間力によるものですが、本物のヒューマンネットワークとしては他に類をみないのではないかと思って、毎年無理をしてでも参加させてもらっています。

それに、震災後のかがり火の忘年会は、必ず飯館村の村長さんの予定を優先してなみへいで開催して頂いていましたから、飯館村には特別な想いもありました。忘年会には、この日のためだけに、全国から想いの熱い方たちが集まっていらっしゃるので、有難いだけでなく、こういう本気の人たちとお付き合いできることに、そして、廃刊から復刊の感動的なプロセスを見せて頂いた時代に居合わせてもらったことに、私は心から感謝をしているのです。

そんな繋がりがありまして、2度目の訪問に行ってきました。今回は写真は少ないです。村長が嬉しそうに手袋をはめて雑誌をもっているのは、今では滅多に手に入らない当時のマガジンを図書館が出来る程? 寄付してもらったそうで、その報告の様子です。

前回の写真一杯の報告はこちらです。
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-c5d0e1.html
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-a06caf.html
http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-ee6006.html


山津見神社(やまつみじんじゃ) オオカミを祭っている珍しい神社。天井は全部オオカミの絵。

Img_2308 Img_2305 Img_2296_1 Img_2309


手打ちうどん ゑびす庵の女将さん

Img_2301

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2018年4月23日 (月)

飯館村へ行ってきました(菅野村長ご自宅編)

村長さんのご自宅も見せて頂きました。昔は牧場をされていたそうです。
蔵の中もすごかったですが、自宅のリビングはまぁ、入った瞬間、感嘆符があがるほどです。
写真がなくて残念です。

Img_7471 Img_7470 Img_7472 Img_7483

 

Img_7473Img_7481

|

2018年4月22日 (日)

飯館村へ行ってきました。

 

かがり火のみんなと、次回「街づくりフォーラム」の主催地となる飯舘村に行ってきました。

まずはともかく、写真だけ先にアップします。菅野村長が昔牧場をやっていたこととか、素晴らしいコレクションの蔵や自宅を案内してくださった写真とか、後で補足いれます。とりいそぎ!

Img_7440 Img_7434 Img_7430 Img_7435 Img_7431 Img_7433 Img_7428 Img_7438 Img_7437 Img_7436

|

2018年4月21日 (土)

飯館村に行ってきました。道の駅 他

 

Img_7458 Img_7455 Img_7460 Img_7464 Img_7456 Img_7488 Img_7489 Img_7466  

|