2019年7月 4日 (木)

すみだ青空市ヤッチャバ


キラキラ橘商店街 の大和さんから、墨田商店街連合会の事務局長井上佳洋さんを紹介して頂いて、すみだ青空市ヤッチャバに行ってきました。

ヤッチャバさんについては、2016年3月に沼尾先生の 【シリーズ田園回帰(4)】 「交響する都市と農山村 対流型社会が生まれる」 に同じく寄稿させてもらいまして、出版記念パーティーでその当時の代表の松浦さんにお会いしていました。

今回は、なみへいで一つテントをお借りすることは出来るのだろうかということをお聞きしたくて、お訪ねしました。

しっかりしたコンセプトや理念のある団体さんですので、すぐに「はいではどうぞ!」という訳にはいかないので、まずはお話を聞いてみようと思いました。現在代表の細田さんにいろいろお話をお聞きしました。

雨降りだったので出店者はあまり多くありませんでしたが、帰りにあちこちのテントに寄っておしゃべりしている間にいろいろ買ってしまいました。

毎週土曜日に出店しているので、お客様もついているそうです。他では買えない手作りのものが多く、お客様がつくのも充分わかる気がしました。
私だっていい人たちからいいものを買えたなーと思って、帰り道は何だか幸せな気持ちになりました。スーパーで買うのとは全然違うんだよねー。

今回、お買い物をしたお店の皆さん。許可をもらいましたのでアップします。
曳舟駅前で毎週土曜に開催していますので、行かれたときには声をかけてあげてくださいね。

ぬれ揚げ餅や焼き芋を販売しているお父さんと一番長く話しました。1泊2日で来ると決して儲かりはしないのだけれど、これは恩返しなんだとお話されていて、気持ちのこもった方でした。故郷自慢プレゼン会で出そうかなと思ってぬれ揚げ餅を2袋も買いましたが、美味しすぎて我が家の口に入ってしまいました。

Img_2451 Img_2454 Img_2455 Img_2456

Img_2452_20190705113301


このお母さんのところからは、白菜の漬物と大好きな手作りおはぎと、お茶となんかのスープを買いました。白菜はこんなに多いと食べきれないと躊躇していたら、みんなそう言いながら、次の週にまた買いにくるよと旦那様が笑っておっしゃっていたので、では・・ということで買いました。1週間では食べきれなかったけれど、昔たべた懐かしい漬物の味で、家族で食べる分にはなくなるのもよくわかりましたImg_2461 Img_2459

Img_2458


こちらのお豆腐屋さんから、ゆばを買いました。お豆腐も買いたかったのですが、電車とバスに乗り継いで帰らなければならなかったので、荷物一杯一杯になってしまったので断念。
うちの近くにもこんな青空市があるといいのになーと、つくづく思ったことでした。

Img_2464


★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
 facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆ 

 

|

2019年6月18日 (火)

ふぃ~らあ倶楽部 に掲載されました!

2019年6・7月号に掲載してもらいました!

青森・弘前・黒石・平川・五所川原・つがる・八戸・三戸・十和田・むつのタウン情報が掲載されています。

 

 Photo_61

 Photo_62

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年6月13日 (木)

6年振りに眼鏡を買い換えました。

眼球の白眼のところに小さい異物の出来物ができていて、少しずつ大きくなってきているような気がしたので、5月に思い切って眼科にいって調べてきました。特に悪性のものでもなく、今のところこのままでよいということなので、それでは、眼精疲労といいますか、目があまりに疲れるので、今の眼鏡と視力があっているかどうかをついでに調べようと思って眼鏡屋にいきました。
結論としては、メガネをかけた状態での視力は劣っていなくて、本当に頑張っている我が眼球です。ありがとう。

でも、鼻パッドの跡は黒い色素が目立ってきているし、夕方からは本当に目がショボショボになるし、なんとかしなくちゃなーと思って数年。
思い切りました。眼鏡を変えることにしました。

鼻パッドのない眼鏡。赤いフレームの部分はまったく肌に触れません。宙に浮いている感じです。心配したズレもまったくなく、跡もつかないし汗もかかないので、半月経ちましたがバッチリです。約55,000円弱でした。
これに、置き忘れたときに「ここよ、ここよ」と言ってくれる機能がつけば最高だよね。(笑)

 

Photo_58

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年6月 3日 (月)

頭脳交換会 at 福島県白河市

一般社団法人 起業支援ネットワークNICe主催の頭脳交換会 in 白河 に参加してきました。https://www.nice.or.jp/archives/45593

正直なところ、イベントへの興味というよりは、NICeにはたくさんお世話になっているので、今回はお礼参加です。
なみへいの飲食業をやっている時は、営業のため平日の夜はどこにも参加することが出来ず、沢山の不義理をしていました。
日祝だってただただ疲労困憊の寝たきり状態で、外出する気にはとてもなれなかったので、少しでもお世話になった方たちへご挨拶を兼ねて参加しなくっちゃと思っていました。

でも、疲れていたり、楽しくなければ2次会まででいいのに、ナントびっくり! 今回は3次会のカラオケまで付き合ってしまいました。
これまでも年に1度は都合をつけて参加していた会は「街づくりフォーラム」(かがり火の支局長たちが中心になって、手弁当で現地開催をする会)で、どうにかこうにか頑張って参加していましたが、その時でさえ2次会まで元気に頑張れることは半分の確率でした。

それなのに、今回は苦手な煙草の煙も覚悟してカラオケに行って、ホテルに戻ったのは夜中の3時でした。行きたいと思わせる仲間と地元プレゼンターのおじさん社長や地元参加者でイケてる人や、とにかくみんなで意気投合してそんなことになりました。

いやー、楽しかった。すごくいい出会いでした。やっぱり人には会うべしだと、つくづく思ったことでした。
少しずつ、この人はイケてるなーと思う人を探せる直感が戻ってきているかなーと思えたことも嬉しい気持ちでした。

私は写ってないけれど、みんなで仲良く手をつないで帰った1枚の証拠写真です。(笑)

Img_2398 Img_2399 Img_2402 Img_2407 Img_2404 Photo_56 Img_2440 Img_2423

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年4月13日 (土)

10年ぶりに再会 開墾ツアー仲間

2009年9月に長野のNPO法人えがおつなげての曽根原さんのところに、みんなで開墾ツアーに行きました。
私は全部で6~7回位、開墾ツアーに行ったと思います。ハマッていました。

この日は、農商工連携サポートセンター「ちよだいちば」の大塚洋一郎さんが音頭をとってくださって、なみへいで10年ぶりの再会となりました。
本当に久しぶりに、10年も経てば、みんなそれなりにいろいろありますよね~。私だって、なみへい始めて10年なんですから。

お誕生日の人がいるということで、綿引さんが素敵なケーキを準備してくれました。なみへいからは素敵なローソクを出しました。
火をつけてから、この誕生日は4月生まれの人だと聞いて、その時初めて、えっ、自分も4月生まれだということに気がつきました。

56656153_616234615517350_577120039232287 56726480_585713165242861_542781143481581

また10年後に会いましょうということになりましたが、10年先は自信がないので(笑)、
5年先にしません?と提案して、5年後にまた会うことになりました。すごいなー。ウレシイ。
57155479_384868979018175_337734708653300

↓2009年開墾で根を抜く作業をしているところ。
ホント、楽しい曽根原さんにもしばらくお会いしてないな~。

Xo7lfrll Oaha7b_j Ulpq8gdf

おぉ、山名さんと2人で写した10年前の写真が見つかった!
Apda_hjq

 

──☆★☆─────────────────────────☆★☆
東京から故郷おこし なみへい合同会社 代表社員 川野真理子 
TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964 http://www.namihei5963.com/ 
facebook https://www.facebook.com/NAMIHEI5963
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆ 

|

2019年4月 9日 (火)

福島県川内町に1泊。三春の滝桜。

翌4月7日は、かねてから一度観てみたかった三春の滝桜を見に行きました。
が、残念なことに、まだ全然咲いていません。やっぱり、もう一回こないといけないなー。又来るね。

でも、ここで食べた三角揚げは本当においしかった。

   Img_1988 Img_1994 Img_2008 Img_2006 Img_2007

|

2019年4月 7日 (日)

福島県富岡町と川内村に行ってきました。

4月6日、全国ふるさと大使連絡会議と、福島絆の会の根本さん企画で1泊2日の徳岡町&川内町のツアーに行ってきました。
ちょうど桜祭りが始まり、富岡町の桜並木に次から次へとやってくるよさこいは、全国から参加しているようでした。
いわきのよさこいクラブの皆さん、山形県東根市のみなさん、秋田や神奈川など全部は覚えていませんが、色々な地域から参加されていました。
特に、最後に秋田から参加した若い子たちを見て涙出そうになりました。みんなこの日の為に練習したんでしょうね。
力強くて、天に祈りやエネルギーが届いたかもしれないと思う程素敵でした。みんな自腹参加だそうです。
この一年、あまりに忙しすぎて感性が鈍って心身ともにリハビリが必要だった私でも、踊っている姿をみているだけで、感動する感性があってそのこと自体もとても嬉しくほっとしました。

夜は、川内村に入って小松屋さんに宿泊。遠藤雄幸村長さんもきてくださいました。
特別に開けてくださった、小松屋の店主井出さんからもあの当時のお話をお聞きしました。

川内村って、
原発事故で隣の富岡町から人口の約3倍、8千人の避難者が移ってきて、それを受け入れたのだそうですね。
女性たちはお米を持ち寄って、一日一人400個のおにぎりを握り続けた。しかし防護服や安定ヨウ素剤など原発への備えはゼロ。さらに相次ぐ原発の爆発で、村全域が屋内退避になり物資が途絶えた。国や県から何の指示も無い中、役場職員の中にも家族を守るため村を離れる人が続出。村長は隣町の人々とともに「村を離れる」という苦渋の決断を迫られる。 という記録が出てきました。

本当につらい事故でした。



Img_1889 Img_1908 Img_1902 Img_1946 Img_1951 Img_1976 Img_1961 Img_1973 Img_1966 Img_1969

|

2019年3月27日 (水)

なみへいご当地ランチ3月で一旦終了します

試行錯誤の結果、皆様の口コミを感じるランチをご提供してきましたが、4月以降は、次の事業のため一旦ランチを終了させていただきます。
3月27日(水)、28日(木)、29日(金) のいずれかで、皆様是非ご来店くださいませ。

12時開店 13時30分ラストオーダー
ご予約が安全です。03-6666-5963  


茨城県行方市定食 1,000円
Photo_52


佐賀県鹿島市クリームうどんと一口角煮セット 1,000円
Photo_51


長崎県対馬市丼セット 1,100円
Photo_50

|

2019年3月11日 (月)

どうすればやりたいことが仕事になるのだろう

サイトで見つけて、農水省にこんな本を送ってもらいました。
郷土料理の伝承は、ずっとずっと前から私の中にあるやりたい仕事の一つなのに、なかなか仕事に繋がるようなビジネスモデルが出来ません。本業に余裕があれば、副業としてスタートも出来ようというものですが、本業がないままにどうして副業やら兼業やらになろうか。
でも、郷土料理の伝承に尽力しているお母さんたちは日本中に沢山います。
自分を含めて早く着手しないとみんな年老いてしまう・・・
この人たちの力を借りないと出来なくなってしまう・・・と焦るのです。

1人では出来ないし。。。誰と組んで何を作れば、誰も真似のできない、そして社会に役立つビジネスに出来るのだろうか。。。

3月が終わって時間ができたら、やっぱりこれまで胸の中にあるアイデアを整理して、仕事に繋がるしくみで、「出来ない」を「出来る」ようにするための策を考えてみたいと思います。

Img_1676
Img_1677
Img_1678
 
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年2月27日 (水)

プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。

26日(火)、行ってきました。プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。
いや~、面白かったし、役にたちましたねー。
その理由は、人選が良かったんだと思います。
去年、なみへいの夜の営業を終了するときに、これから地域に入り込んでやっていきたい企画の中にプロボノを入れましたが、まだ何のことだか理解できない人が多かったので、今回このテーマで400人を超える人が参加していると聞いて、すごいスピードで進んでいるんだなーと思いました。

いすみ市の事業が予想の3倍以上忙しかったので、昨年の企画はほとんど実現できなかったので、今年は、プロボノ含めてもっともっと地域に入り込んでいきたいと思っています。
頑張るぞー。

一番役に立ったのは、地方の経営者は、「働き方改革」は首都圏の話であって自分たちには一切関係ないと思っているということ、それと、「プロボノ」なんて言ったって、絶対に何のことだか通用しないという話でした。
やっぱりね。それにしても、兼業と副業ってどう違うの? と思って検索してみました。
---------------
「兼業」とは、「本業の他に他の事業・仕事を重ねて行うこと。また、その事業や仕事」という意味です。
「副業」とは、「本業を主体とし、本業よりも低い労力で行う仕事」のことを意味しています。
---------------
だそうです。

千葉県いすみ市と青森県平川市の仕事が終わったら無職になるので、私の場合は、副業も兼業もないので何と呼べばいいのかなー。(笑)

Img_1612


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

より以前の記事一覧