2019年3月11日 (月)

どうすればやりたいことが仕事になるのだろう

サイトで見つけて、農水省にこんな本を送ってもらいました。
郷土料理の伝承は、ずっとずっと前から私の中にあるやりたい仕事の一つなのに、なかなか仕事に繋がるようなビジネスモデルが出来ません。本業に余裕があれば、副業としてスタートも出来ようというものですが、本業がないままにどうして副業やら兼業やらになろうか。
でも、郷土料理の伝承に尽力しているお母さんたちは日本中に沢山います。
自分を含めて早く着手しないとみんな年老いてしまう・・・
この人たちの力を借りないと出来なくなってしまう・・・と焦るのです。

1人では出来ないし。。。誰と組んで何を作れば、誰も真似のできない、そして社会に役立つビジネスに出来るのだろうか。。。

3月が終わって時間ができたら、やっぱりこれまで胸の中にあるアイデアを整理して、仕事に繋がるしくみで、「出来ない」を「出来る」ようにするための策を考えてみたいと思います。

Img_1676
Img_1677
Img_1678
 
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年2月27日 (水)

プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。

26日(火)、行ってきました。プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム。
いや~、面白かったし、役にたちましたねー。
その理由は、人選が良かったんだと思います。
去年、なみへいの夜の営業を終了するときに、これから地域に入り込んでやっていきたい企画の中にプロボノを入れましたが、まだ何のことだか理解できない人が多かったので、今回このテーマで400人を超える人が参加していると聞いて、すごいスピードで進んでいるんだなーと思いました。

いすみ市の事業が予想の3倍以上忙しかったので、昨年の企画はほとんど実現できなかったので、今年は、プロボノ含めてもっともっと地域に入り込んでいきたいと思っています。
頑張るぞー。

一番役に立ったのは、地方の経営者は、「働き方改革」は首都圏の話であって自分たちには一切関係ないと思っているということ、それと、「プロボノ」なんて言ったって、絶対に何のことだか通用しないという話でした。
やっぱりね。それにしても、兼業と副業ってどう違うの? と思って検索してみました。
---------------
「兼業」とは、「本業の他に他の事業・仕事を重ねて行うこと。また、その事業や仕事」という意味です。
「副業」とは、「本業を主体とし、本業よりも低い労力で行う仕事」のことを意味しています。
---------------
だそうです。

千葉県いすみ市と青森県平川市の仕事が終わったら無職になるので、私の場合は、副業も兼業もないので何と呼べばいいのかなー。(笑)

Img_1612


──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年2月24日 (日)

「空が青いからお寿司を巻くんです」

2月17日(日)、なみへいのかつお会員さんとサザエ会員さんが主催した、心のこもったイベントのご報告をします。

1部は「巻寿司大使・八幡名子さんの巻寿司教室~顔の見える生産者さんの食材で巻寿司を作ってみよう!」
2部はライブです。よくこういう方を探してくるなーと人脈の広さにびっくりです。

主催の中田さんがブログに、これもまたいつものように、丁寧に書いてくださいましたので、是非読んでみてださい。
https://bit.ly/2Efrwne



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH

|

2019年1月30日 (水)

1/29 千葉県を有機農業の里にするインフラ作りフォーラム

いすみ市のことは、伊勢海老と蛸と大原漁港があることしか知りませんでしたが、海だけでなく山もあるし、なんて自然豊富な地域なのだろうと思いました。

夏を過ぎたあたりから、無農薬無肥料で農業をしている人が多いなーと感じるようになったきっかけは、最初に知り合った佐野さんご夫婦でした。

つるかめ農園さんは、先日25日にNHKの首都圏情報ネタドリで放送された木戸泉さんで、つるかめさんの自然酒【afs源】を仕込んでくださっているそうで、肥料や農薬を使わない農業をやっている。みねやの里さんもそうだし、まだまだ他にもたくさんいらっしゃる。

いすみの魅力を発見して、情報発信するというミッションがあったので、今回いすみに入って一番発見したことが、私にとっては「いすみは自然栽培の地域」でありました。

それがわかると、いすみ市が全国初の、学校給食に年間通して有機米を出すことにしたという意味もよくわかったし、昨日今日の取り組みではなくこの地域に自然栽培が根付いているんだと理解できたのでした。

そんな時絶好のタイミングで、このフォーラムのお知らせが入ったのです。

やっぱりそうか、ならば、自分の目で、いすみ市だけでなく、千葉が有機農業の里になるということをちゃんと確かめてみたいと思って参加したのでした。


Img_1405

Img_1407


午前中は、大山千枚田(東京から一番近い棚田として知られている:下の写真)をみて、みんなみの里を視察して、鴨川自然王国の藤本八重さん(故藤本敏夫・歌手加藤登紀子の次女さん)のお話を聞いて、それから昼食でした。

Img_1382


この昼食が、郷土料理のお弁当で、本当に感動しました。
私としては滅多にやらない、食べている最中にfacebookにアップするということをやってしまったほどです。

メニューをみてください。説明を聞きながらじゃないと、なかなか感動は伝わらないかしら。この土地にずっと伝わってきた食材と、それを活かした地元ならではのお料理なのです。
Img_1390


Img_1393

Img_1392

お茶が1本ついて1200円でしたが、手間暇かかったでしょうに、1500円でも満足します。
棚田カフェ ごんべい さんというんですね。
本当に、素晴らしかったです。

出来れば、そちらのカフェに行ってみたい気もするのですが、何しろ、鴨川までいくのに片道3時間半もかかるので、日帰りカフェだけではちょっとつらいかなー。

もう一つ感動したことは、次回書きます。


三芳村生産グループのこと(千葉県南房総市山名地区) です。

|

2019年1月15日 (火)

料理研究家キムラカズヒロさん

今日のNHK ひるまえほっと に、大人数のときに時々お料理をお願いしているキムラカズヒロさんが、出演してました!しかも食品ロスを減らそう!だよ。

このショコラテリーヌ、おいしそう。黒豆とお餅も入っているそうです。

偶然、間に合ってよかった! もっと早く教えてよ>キムラさん。

Img_1095

Img_1093
Img_1091


いすみ市の大原漁港に食材探しに行ったとき、サトウキビで出来た黒蜜に興味津津のキムラさんと、秋芳さん。

当日の様子はこちら。

Img_8284

|

2019年1月 7日 (月)

ラジオ番組 レインボータウンFMに出演しました

青森の人たちが出演するラジオ番組。
毎月第1月曜日AM11:00~12:00 放送です。

何と、今日私が放送されたそうです。聞けなかったのですが、あまりに素敵で2回に分けて、来月も放送されることになりました。ナハハ。(^O^)/
来月の第1月曜日ってば、2月4日でねが。。。
動画もとるってるはんで、聞けねくてもいっが。。。
Photo


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  <番組予告>「Seva Dava Aomori !?」
 2019/1/7(月)AM11:00〜12:00
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
7日放送のラジオ番組「Seva Dava Aomori!?」は、大幅リニューアル!
育休明けのChiaki(G:+)を筆頭に、豪華ゲストとのインタビューを担当する”勝手に”青森応援団長/ライター:小畑智恵さんに加え、レギュラーコラムで、むつ市出身のシンガーソングライター:ずれやまズレ子も参加!
そして!今回は、青森を始め、各地から番組宛にたくさんのサポーターのみなさまからメッセージをどどどーん!とご紹介します!
お楽しみに!!!
■■■■■ラジオ番組情報(収録)■■■■■
★番組情報★
■番組名:「Seva Dava Aomori !?」
■レインボータウンFM www.885fm.jp
 イレブンミュージック「Seva Dava Aomori !?」
■放送日:毎月第1月曜日 AM11:00〜12:00
*「ListenRadio」で全国どこでもご視聴可能!もちろん、青森でもリアルタイムにお聞きいただけます! http://listenradio.jp
■メッセージの送り先:
① FAX:03-5634-0792
②e-mail.:info@885fm.jp
*タイトルに「青森」と入れて送ってください!
■■■■■番組出演者情報(レギュラー)■■■■■
■パーソナリティ/G:+(vocal):Chiaki
 http://g-plus-family.com
■”勝手に”青森応援団長/番組レポーター/ライター: 小畑 智恵
 https://aomori-iina.jp
■レギュラーコラム「下北キタキターーー♪」:
シンガーソングライター:ずれやまズレ子
 http://www.zureko.com/zz/top.html
■そのほか、豪華サポーターのみなさまからのメッセージをご紹介!(*詳細は別途アップします!)
★公式テーマソング★
「ジープラス/青森で逢いましょう」
★「Seva Dava Aomori !?」公式HP★
www.sevadava-aomori.com
■■■■■番組出演者情報(サポーター)■■■■■
★コーナー「Viva!青森」インタビューゲスト★
■全国うまいもの交流サロン「なみへい」(東京・神田)
 代表社員 川野真理子さん(平川市出身・東京在住)
 https://www.namihei5963.com/

★コーナー「下北キタキターーーー♪」インタビューゲスト★
■下北半島交流ショップ「むつ下北」(東京・亀戸)
 店主 河野 崇章さん(むつ市出身・東京在住)
 https://ameblo.jp/green-tabo/

★サポーターメッセージ★
■FMジャイゴウェーブ(田舎館村)
 パーソナリティ 藤原 あすかさん(田舎館村在住)
 http://www.fm-jaigo.co.jp/
■青森PR居酒屋「りんごの花」(東京・四谷三丁目)
 女将 茂木 真奈美さん(十和田市出身・東京在住)
 http://www.ringonohana.com
■野菜ソムリエプロ タナカ トウコさん(東北町出身・東京在住)
 https://ameblo.jp/nico-vege/
■平川市地域おこし協力隊 畳指 謙自さん(青森市出身・平川市在住)
 https://www.city.hirakawa.lg.jp/
■AoMoLink 〜赤阪〜(東京・赤坂) 店長 井筒 栄吉さん(青森市出身・東京在住)
 http://aomolinkakasaka.com
■畳店勤務 高森 えりかさん(八戸市出身・八戸市在住)
■学生 秋元 綜弥さん(平川市出身・東京在住)

|

2018年12月26日 (水)

バーチカルタイプが好き

手帳はバーチカルタイプが好きで、毎年、オアゾの丸善で買う。
去年は赤。今年はモスグリーン。

いつも同じ会社の同じタイプのものを買うので、本当はすぐに決まるのに、なんだかあちこちウロウロして、毎年結局同じものを買っている。

ところが今年は、左1列の上部にある月カレンダーが下にきているものを見つけた。
ここに1週間分のTODOを書ける。いいねー。

それで、手帳を買った後は毎年決まって同じ階にある早矢仕カレーを食べながら、手帳を開いて来年に想いを馳せる。

いい年になりますように! 今年もそう願いました。


Img_0714
Img_0715_2

|

2018年12月22日 (土)

私としたことが。。。

12月はなんだかんだと、やっぱり毎日忙しい訳。

地元に帰りついたのが24時回っていて、やたら喉が渇いてみかんが食べたくて深夜スーパーに寄って道々歩きながら3個たべて、帰ってから2個食べて全部で5個食べて寝ました。

翌日朝、改札を出る前からお腹がグルグル、あぁ、もう間に合わない!と死ぬほど走って改札を出て飛び込んで、やっとセーフ。危ない、危ない。

個室を出ながら、最近の男の子のタチション便器は大きくなったのねーと思ってトイレを出たら、そこはナント男子トイレなのでした。

逃げるように出ました。誰にも合わなくて本当によかった。


|

2018年12月19日 (水)

「ビレッジプライド」【公開私信レビュー】書きました!

今、売れに売れている寺本英仁さんの本、レビュー書きました。
出版されてから寺本さんに「川野さんのことも書いたからね」と言われ、びっくり仰天して買いました。
本当に、お世辞なく、面白かったです。



──☆★☆─────────────────────────☆★☆
        地域イベント企画代行&厨房貸会場
   集客・PR・イベントアドバイス・当日のスタッフすべてお手伝いします!
        なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
東京から故郷おこしの「なみへい」 TEL.03-6666-5963  FAX.03-6666-5964
  〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆─────────────────────────☆★☆
「食の街千葉県いすみ市を楽しむ」HP https://www.isumi-foodtown.com/
青森県平川市(川野真理子の故郷)を応援しています。https://bit.ly/2CLjqEH
■◇※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※◇■

|

2018年11月16日 (金)

メルマガ11月号 津軽の郷土料理食事会あるよ!

■□■──────────────────────■□■
   神田なみへいのメールマガジン 2018.11.16(金)
    コンセプトは 「東京から故郷(ふるさと)おこし」
   地域イベント企画代行 & 厨房付き貸し会場 
    小さい市町村と小規模事業者の東京拠点
 なみへいのお客様 6,000名超の方たちに配信しています
■□■──────────────────────■□■

目┃次┃  
━┛━┛  
【1】 津軽平川市の魅力度が1000番中956番目だなんて!
【2】千葉県いすみ市前半の活動報告
【3】故郷のために想いで働く「なみへい大使」募集説明会
【4】厨房付き「なみへい」 シェアして使ってくださる方募集
【5】かつお君とサザエさん主催イベント(会員)
【編集後記】 
本場の津軽弁と本場の津軽の郷土料理食べにこねが?(来ませんか)
 
■□■──────────────────────■□■
【1】 津軽平川市の魅力度が1000番中956番目だなんて!
■□■──────────────────────■□■
先日、地域ブランド調査2018が出まして見ていましたら、ナントいうことか、
我が故郷平川市は、市町村1000番のうち956番目でした。
ひゃ~、びっくり。 
参考までに、電車で15分の弘前市と比べるとこんなにも差があるのです。
認知度 弘前市116位/平川市994位
魅力度 弘前市105位/平川市956位  
    (近隣地域の詳細はこちら) https://bit.ly/2K8ehHO
知られていないというより、多分、町が豊かなので特に外に知らせる
必要も、シティプロモーションも必要なかったのかなーと思っているので
すが、今年はそうはいかない! だからこそ「なみへい」なんです。
頑張りますよ。
  12月に自慢の津軽の郷土料理食事会開催します!
  詳しくは編集後記で。
平川市のご紹介ページ
■□■──────────────────────■□■
【2】千葉県いすみ市前半の活動報告
■□■──────────────────────■□■
なみへいのセカンドステージは、地域に密着して1年間地域の仕事をして
みたいという希望叶って、いすみ市に入り、ようやく半年が過ぎました。
予算は終わったあとの支払いなので、中央区から融資を受けるところから
始まって、あっという間の半年でした。
とにもかくにも初めての経験、ガックリも含めて本当にいい勉強をさせて
もらっています。ありがたや、ありがたや。
この経験の、何をどうやって次につなげるか? それが問題だ。
(是非「なみへい大使」となって、なみへいをサポートしてください)
我ながら、よく頑張ったと思っているのですが、前半の結果、皆様、
どうでしょうか。 
直近のいすみイベントは11月23日(金・祝)【特別企画】です。
 お食い初めと言えばいすみ、いすみと言えばお食い初め
 いすみ在住でなくても大丈夫なんですよ。
 今ある高級食材を使った、新しいブランド創りへの挑戦です。


■□■──────────────────────■□■
【3】故郷のために想いで働く「なみへい大使」募集説明会
■□■──────────────────────■□■
10年前に開店したときからずっと考えていた、「故郷への想いが強い人」
を結集して、今こそ、首都圏にいる私たちが、故郷や地域のお役に立つ
べき時がきたと思うようになりました。
そこで、地域と繋がる仕事がしたい、2拠点生活をしたい、地域との
人脈を創りたい、ノルマで仕事するのではなくて、想いで仕事をしたい
人たちの首都圏ネットワーク「なみへい大使」を募ることにしました。
詳しいことはこちらに書きましたので、興味のある人は是非お読みください。
■□■──────────────────────■□■
【4】厨房付き「なみへい」 シェアして使ってくださる方募集
■□■──────────────────────■□■
なみへいは現在ランチ営業だけで夜は使っていません。
せっかく厨房があるというのに、今年はいすみ市とガッツリ組んで、地域の
仕事がしたかったため、覚悟の上で高い家賃を払っています。
どなたか、夜を使いたい、厨房貸してほしいという企業さんやNPOは
いらっしゃいませんか?
管理会社には了解をとっていますので、シェアできれば大変有難いです。
お心あたりのある方はご連絡ください。
TEL.03-6666-5963 


■□■──────────────────────■□■
【5】かつお君とサザエさん主催のイベント(会員)
■□■──────────────────────■□■
11/17(土)17時30分~ 
 実りの秋田応援感謝!日本酒を楽しむ会in「なみへい」
12/9(日)15時~ 沖縄やんばる★ゆんたくナイト
12/28(金)18時~ 長野県の新そばと、日本酒と、肴で大忘年会
■□■──────────────────────■□■
【編集後記】
本場の津軽弁と本場の津軽の郷土料理食べにこねが?(来ませんか)
■□■──────────────────────■□■
津軽の母さんたちが、青森県平川市からやってきます。
すべて手作りの津軽の郷土料理、是非皆さんに食べさせたいです。
私の故郷を自慢させてください。
私だって、津軽弁喋れますから、TVでしか聞いたことのない人は、
この際、是非、生の津軽弁をききにきませんか?
タイトルの「め~ど in ひらかわ」のめ~ど は うまいよ~、とかおいしいよ~の津軽弁です。
勿論、津軽の日本酒も数種類仕入れますよ。
皆さんのご参加を心からお待ちしていまーす!
平川市の主催ですので、これで4000円は私的には大盤振る舞いでしょうと思います。
12月14日(金)と15日(土)の両日、18時開始です。
お料理の写真もすべてアップしました。(^o^)
既に、14日(金)はあと10名で締切です。お早めに!
15日(土)は、仲間との忘年会として記念に残る会はいかがですか?


☆★☆───────────────────────☆★☆
   なみへい合同会社 代表社員 川野 真理子
  東京から故郷おこし なみへい TEL.03-6666-5963 
FAX.03-6666-5964  http://www.namihei5963.com/
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
──☆★☆──────────────────────☆★☆


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
のバックナンバーはこちら
◎東京から故郷おこし-なみへいで地域食材自慢
の配信停止はこちら

|

より以前の記事一覧